↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2017年9月10日 AirAsia BIG Sale やってるよ!

2017年8月5日  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V107 アップデート


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20170807_mrt_cover.jpg

昨日も言ったが、ブログ夏休み中のマシマシです。(笑)
しかし、ちょっと急ぎで書いた方がいい事案があったので、昨日に引き続き 今日も1記事アップ。

おっと 昨日の記事も、同日中に数回追記があったので、日中読んだ人は 現在少し内容が追加されていると思う。
暇があったら読み直してみて欲しい。


訪タイの友達と バンコクで地下鉄(ブルーライン)移動


先週、早めの夏休みで訪タイしてきた友達と、バンコクの地下鉄(ブルーライン)[MRT Blue Line] で移動した。
俺と もう一人の友達は、地下鉄のICカード(日本のSuica, ICOCAみたいなやつ)を所有。
残りの3人は、券売機で切符(トークン)を買う為、長い列に並んだ。

俺たち2人は、

「しょうがねーなー、しょっちゅう来るんだからカード位買っておけよぉ。」

なんてプレッシャーをかけながら3人を待つ。


3人が切符を買い終わり、まずはカード所有の友達と俺が、さっそうと改札へ。


カード所有の友達

ブーーー 


そして俺

ブーーー 


「えっ???」

機械には、真っ赤なマークが。

そう言えば確か、、、


二人で駅のカウンター窓口(ブース)に行くと、かなり美人の女性係員から、

「このカードはもう使えませんよ。」

と言われた。


話しはそれるが、BTSやMRTの女性職員は(好みの問題もあるが)結構可愛いい子が多い。


数年間の猶予期間はあったけど、、、


俺も以前から、旧カードは使えなくなる事は知っていたんだが、数年先の話しだと思い、すっかり忘れていた。
確か 数ヵ月前にも、まだ使えた記憶があるんだが、、、
いずれにせよ、普段は車移動がメインなので、こういう事にはズボラになりがちな俺。


新カードに切り替え手続き


カウンターの美人のオネーちゃんに、どうすればいいのか聞いてみた。
すると

  1. まずは旧カードを返金処理

  2. 何か残高などを記入したA4の書類に 各自一枚 サインさせられ

  3. 「残高」と「デポジット(この時は2人とも50バーツだった)」の返却

  4. 新カードを新規購入

といった流れになった。

俺達2人の後ろでは、切符を買った友達に、
「おせーなー、何やってんだよー、早くしろよぉー」
と返しをくらい、もう踏んだり 蹴ったり 赤っ恥。


バンコク地下鉄 [MRT Blue Line] の新カード


20170807_mrt_1.jpg

前節「4.」で新規購入した地下鉄用の新カード。
「ICカード?」 「チャージカード?」 正確には何と言うのかよくわからんが。
一応その場で簡単に聞いた限りでは、

  • 料金は180バーツ

  • 100バーツ分のクレジット(運賃)付き。(残り80バーツは 発行手数料+デポジット)

  • 最大チャージ金額は 2,000バーツ

  • 有効期限は2年間

との事。

「2年って短くね?」 と俺が尋ねると、2年したら同じように解約して、新規購入できるから 「大丈夫ですよ~」 との事。
おそらくは、BTSとの共通カード「Mangmoon」(メンムム カード)の発行を控えているので、短い有効期限なのかもしれない。

基本タイ人の「大丈夫」はあてにならないが、俺も友達も、可愛いい彼女を前にして 目がハートマークになっており、それ以上突っ込んだ質問はできなかった。

本当に役立たずな「マシマシタイランド」!


初回支払い金額に関しては、俺達が払った時は全部で180バーツ/1枚だったが、MRTのウエブサイトによると、2017年8月12日からは200バーツらしい。
MRTのウエブサイト (外部リンク_英語)

尚、身分証の類は要求されなかった。


因みに、返金から再購入の手続きは少し時間がかかる。
地下鉄の窓口ブースは、通常切符を買うだけの人も並ぶので、混んでいる場合は 駅の逆側ブースへ行こう。
バンコク地下鉄(MRT)の駅窓口は、片方は混むが逆側はガラガラなんていう駅も多い。

今回も、逆側のブースの方が 職員が女性ばかりだったので 空いていたので、少し歩いて反対側の窓口で手続きを行った。


日本在住で 旧地下鉄カード保有者の方も早めの交換を!


この夏タイを訪れる日本人旅行者の方でも、バンコクの旧地下鉄カード(Blue Line 用)保有者は、時間があれば早めの処理がお勧めだ。

いつも言っている事だが、「携帯の残高」や「 Easy Pass(タイ版ETC)の残高」、「銀行口座のほにゃらら」なんかだって平気で消えちゃうタイランド。
こういった手続きは、早め早めが肝心だ!


「2年間も放っておいた お前が言うな」
と言われそうだが、、、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
特典多数!「BTSのラビットカード」。飲食店の割引やポイントも。
「BTS ラビットカード」のポイントを金券に交換。
期間限定!タイのマクドナルドが大幅割引。ラビットカードのプロモ。
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ・ブログランキング
皆さん おはようございます。
只今ブログ夏休み中のマシマシです。(笑)

時間を見つけて細かいアップデートはしているんだが、新規エントリーはちょっとスローダウン。


最近のアップデート


と、まあ相変わらず、しょうもない情報ばかりの俺のブログ。(笑)


そんな中 夏休み訪タイ旅行者向けの重要情報が!


そんな中、いつもコメントを頂いている読者の方「kawasaki 様」から、貴重な情報を頂いたので、今日は新規エントリーを臨時で一本。

タイ語や英語のニュースでは中々伝わらない、ドンムアン空港入国時、悪夢の様な入国審査の激混みに関しての生情報だ!

俺自身は、[ctrl+c] [ctrl+p]と指先を2回動かすだけなので、現在多忙を極める この時期には 非常に助かる。(笑)


バンコクのメディアでの ドンムアン激混み情報


最近バンコクのメディアでは、ドンムアンでフライトの遅延などが重なり、入国審査場激混みのニュースがよく目につく。

Bangkok Post
http://www.bangkokpost.com/news/general/1301110/don-mueang-blames-extra-flights-tight-space-for-4-hr-wait
http://www.bangkokpost.com/news/general/1301219/don-mueang-queues-due-to-staff-shortage
(英語 外部リンク)

Skytrax
http://www.airlinequality.com/airport-reviews/bangkok-don-muang-airport/page/1/
(英語 外部リンク)

まあ全部英語なんで、写真と動画だけ見て雰囲気だけでも。

これだけなら、ただのローカルニュースとして笑って済ませられるところだが、実際には、激混み状態が慢性化している模様。


*********
2017年8月10日 追記
今日のBANGKOK POSTの記事にも、昨日午後のスワンナプーム国際空港での激混み状況の写真が、、、
http://www.bangkokpost.com/news/general/1303179/airport-crisis-tm-6-cards-scrapped-for-thais
これもひどいよなぁ
因みにタイでは、連日テレビのニュースでも取り上げられている為か、取り敢えずタイ人の出入国カード(TM.6)を不要とするらしい。
*********


日本人の方の 『大混雑のドンムアン 入国審査生情報』


下記、今回 読者の方から頂いた日本語での生情報を、そのまま転記させて頂く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
17/08/07
数日前に友人が成田よりAir ASIAで来タイしまして、話を聞いたところ、タイ時間午前1時30分に到着したにもかかわらず、空港を出られたのが、午前4時。

イミグレ前がC国人の団体で埋め尽くされ、どこに並んでいいかもわからない状況だったようです。
なんとか、比較的きちんと並んでいるところを探し、並んだものの、横入りしてくるC国人と格闘すること約2時間半、なんとかイミグレ通過したとのことです。

イミグレカウンターは、二人の係官が座れるようになっていますが、ほとんどのカウンターで片方は閉じた状態らしく、先に進むに従って一列になるように並ばざるをえず、大混乱。

ひどい目にあったとぼやいていました。

これからエアアジアを使用される方、要注意です。
要注意といっても、スワンナプームを使用する、とかしか
注意の仕方がないですが。あとは、これだけ待たされると、
友人は問題なかったようですが、荷物が紛失してしまうことも
考えられるかと思います。

ちなみに、友人はプレミアムフラットシートだったようですが、このイミグレでの格闘で相当疲労し、意味がないじゃねーかと怒っていました。。。

最近タイメディアでもニュースになっていましたが、そのニュースになった日だけでなく、かなり酷い状況が続いているようですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして本日、追加情報までいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017/8/9
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
在タイ日本人のツイッターを見ていたら、
同じく入国時の混雑に巻き込まれた人が、
混雑具合を写真や動画撮影したら警察につかまり、
罰金2000B払わされたというような情報もありますので、ご注意を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貴重な生情報、ありがとうございました!

俺もドンムアンは頻繁に使っているけど、ここまでひどいのは記憶に無いなぁ。


上記リンク 「Bangkok Post」の記事でも、「深夜便が4便遅れて到着し、、、」などと言い訳がましく書いてあるが、基本すでにキャパシティーを超えている為、ちょっとした状況の変化でも、すぐに激混みが助長されてしまう現在のドンムアン国際空港。

記事の中でも、オーストラリア人のナタリーさんという方が、「イミグレで3.5時間 + タクシー待ち2時間だった」と書いていたが、もう「泣きっ面に蜂」 悪夢としか言いようが無い。


今後 今月の激混み対策


ここまで色々とニュースが出てくると、もし俺が今後、今月深夜に、上記ドンムアンの様な状況に直面したら、もう開き直って並ばずに、何処か寝られる所を探して、空くまで空港内でごろ寝かな。

デカいビニールのごみ袋を一つ 手荷物の中に入れておけば、両端を切って床に広げると、汚れずにゴロ寝が出来るぜ。(笑)
軽くて かさばらないのでお勧めだ。

まあ こんな事は、時間に余裕のあるバンコク在住者にして 初めて出来る選択肢かもしれないが、、、


これからの夏休みシーズン、訪タイを予定している方は、ドンムアン・スワンナプーム問わず、入国出国共に要注意。

「大型ビニールゴミ袋は必須だ!」

なんてね。


スワンナプーム国際空港での入国審査時のコツ


スワンナプーム国際空港での入国では、まずは入国審査場へ向かう通路(コンコース)で、大陸旅行者の団体や 機外に降りてきた乗客のかたまりなどがいた場合、見た目は少々恰好が悪いかもしれないが、少し小走りしてでも (ダッシュが出来れば尚可) 追い抜かすようにしよう。

これだけでも、かなり違う。


そしてこれは、殆んどの訪タイ リピーター旅行者は知っている事だが、スワンナプーム国際空港の場合は、入国審査場(パスポートコントロールエリア)が左右離れて2箇所ある。

勿論、どちらから入国しても構わない。

一方があまりにも混んでいる場合は、状況を見てもう一方へ。


後は、両方の空港で言える事だが、小さな子供連れの場合は、混雑時に係官が 優先レーンに誘導してくれる事もある。

この辺りは子供に優しいタイランド、これは空港でも変わらない。


ドンムアン空港国際線 出国審査場の混雑状況確認ポイント


最後に一つ マメ情報も。

ドンムアン空港で国際線出国時、パスポートコントロール エリア(出国審査場内)はパーテーションに囲まれており、中の混雑状況は一般エリアから見る事が出来ない。
そんな時は、T1とT2をつなぐ連絡通路の4階に登ろう。
T1側のエスカレータで3階から4階に登ってすぐの所から、T1の3階にある出国審査場内の混雑状況を見る事が出来る。

20170809_dmk_dep_itnl_passportcontrol.jpg
こんな感じで混雑状況を確認出来る。



まあ色々書いたが、 最終的には「この時間の何処は激コミ」 と言った様な正確な指標は無い。
タイミングがいいと、全く待ち列が無い事だってあるので、こればっかりは何とも言えない。

しかし8月は、東南アジアだけではなく 欧米諸国からの旅行者も大挙してタイに訪れる。
普段でさえ処理能力の限界に近い両空港、激混みに当たってしまった人は、ズバリ、


「災難だったと思ってあきらめよう」(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
20170802_kaomangai_cover_2.jpg

以前の、チェンライでの「カオマンガイ」シリーズでは、結局大した店を発見できずに記事を終えてしまった。

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」 (昨年の記事)

俺のタイでの準主食「カオマンガイ」、これは何とかしなければ。
そんな訳で、その後もチェンライでは 毎回 開拓に精を出していた。

ある時、チェンライでは珍しく、時計台西側の外れの辺りにあるホテルに宿泊した。
そんな事もあり、車ではなく徒歩で、その近辺をブラブラと歩き回りながらお店を開拓。
これが結果的には吉と出た。


時計台からほど近い タイ食堂のカオマンガイ


20170802_kaomangai_1_1.jpg

店名 : カオマンガイ 「スコータイ」
お店の場所 Google 座標:19.907810, 99.828652

鶏が5羽位(チェンライでは多い方 笑)つるしてあったので入店。
客はそこそこ入っていた。

店名にカオマンガイとは掲げているが、他にも色々あり、一般的なタイ食堂といった感じ。

20170802_kaomangai_1_2.jpg
カオマンガイ
40バーツ

まあ ここは普通かな。
ウォーミングアップといった感じだった。


カオマンガイ「ルーク ラック」 不愛想なお爺ちゃんの店


20170802_kaomangai_2_1.jpg

店名:カオマンガイ「ルークラック」 サナンビン通り支店
お店の場所 Google 座標:19.905622, 99.828454

同じく時計台西側エリア、ジョギング中に朝早くからやっていたので、早速入ってみた。
不愛想なおやじだが、ぶら下がっている鳥は旨そうだ。

20170802_kaomangai_2_2.jpg
「カオマンガイ」
40バーツ

肉は中々旨い!

ご飯も合格!

スープも合格!


ちょっと肉とご飯のバランスは悪いが、
中々やるねぇ、おじいちゃん。

ところが残念ながら、タレがサラサラで量も少ない。
ご存知の様に、グレイビーな ドロっとしたタレを、ドバチョとかけるのが大好きな俺。

俺のカオマンガイの優先順位は、

『鶏肉』 > 『タレ』 >> 『ごはん』 >>> 『スープ』

の順だ!


タレにはさほどこだわらない人には、この店はお勧め。


カオマンガイ「ルーク ラック」 こちらは息子が担当


20170802_kaomangai_3_1.jpg

上記カオマンガイを見つけた時に泊まったホテルの、すぐ近所にあった店。

店名:カオマンガイ「ルークラック」
お店の場所 Google 座標:19.907822, 99.825119

ぶら下がっている鳥の数は、かなり多い。
朝からかなりの客の入り。

20170802_kaomangai_3_2.jpg
カオマンガイ
40バーツ

肉は中々旨い!

ご飯も合格!

スープも合格!

しかしここも タレがサラサラ


何か前出の店と似てるなぁと思ったら、後で写真を見返して確認したら 同じ店名だった。
名前から察するに 一応前出の店が支店の様だが、正確にはどういった関係かは不明。
中華系一族の暖簾分けは、複雑だからねぇ。

こちらの店は、若い店主が切り盛りしていたので、取り敢えず息子と推測。(笑)

「鶏の肉」と「ご飯」が、優先順位の上に来る人には、この「ルーク ラック」2店は、チェンライでは中々お勧めだ。
俺みたいに、タレをマシマシでかける様な品の無い人には、あまり向かない店かもしれないが。

営業時間 :朝から営業
午後の2時前後には、売り切れ次第閉店。


灯台下暗し! 最後に屋台のカオマンガイ


20170802_kaomangai_4_1.jpg

20170802_kaomangai_4-2.jpg

時計台西側の、ぶっかけ飯屋が集まる通り。
角にあるセブンイレブンの敷地内に、午後から夜まで営業するカオマンガイ屋台がある。

お店の場所 Google 座標:19.906946, 99.829322

前から存在は確認していたんだが、「どうせ屋台なんて」と思い後回しにしていた。
しかし 何といっても狭いチェンライ、そんなに沢山のカオマンガイ屋があるわけでもないので、取り敢えず今回は しぶしぶ食ってみた。

20170802_kaomangai_4_3.jpg
「カオマンガイ」
40バーツ

鶏はジューシーでボリュームもタップリ。

旨い!

タレもおろし生姜が入り、ドロッとしていてグレイビーで合格!

20170802_kaomangai_4_4.jpg

しかも、かけ放題だ。
追加の生姜もあり。

ご飯は、、、ちょっと普通。

スープ、鶏ガラまで入って これまた旨し。


という訳で、結局チェンライでは、この屋台が 一番俺の口には合うカオマンガイ屋だった。
その後も何度か食べたが、味も非常に安定している。

難点は、ちょっとご飯が、鶏をゆでたスープで炊いたと言うよりは、普通のご飯に毛の生えた程度という事だろうか。
まあ俺の場合は、タレをどばちょとかければ、それも解決。(笑)
それさえ気にしなければ、非常にレベルの高いカオマンガイだ。

今の所、次回チェンライに行ったら、カオマンガイはここだな。



さて、今回の北タイ情報シリーズは、これで一旦終了だ。
随分と記事数も多かったので、取り敢えずは ざっと斜め読みをしておいて、概要だけでも頭の中に入れておいてもらえればと思う。
後は実際に その街を訪れる時にでも、再度 情報確認のために戻ってきてくれればいいんじゃないだろうか。


おっと、すでにもう8月だ。
今年も日本から、「日本人の恥」 と言ってもいい様な俺の友達が、大挙してバンコクにやってくる。

明るく 楽しく 元気よく!
ワー
パーッと行こうぜピンクの部!


何書いてんのかな 俺は、、、
このブログも、ちょっとの間 夏休みかな。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】

「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】

雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】

ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】
「メーサイ」 タイ最北部 ミャンマー タチレクとの国境の町 【タイ北東部旅行 2017年(18)】
「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(19)】
「メーサイ」から「タチレク」へ 陸路国境を越えミャンマーへ入国 【タイ北東部旅行 2017年(20)】

「タチレク」ってどんな所? 5分でわかるミャンマーのタチレク 【タイ北東部旅行 2017年(21)】
「タチレク」 餃子屋の美人従業員を尾行せよ! 【タイ北東部旅行 2017年(22)】
「チェンコーン」 メコン川を挟み 対岸にラオスのフエサイをのぞむ町 【タイ北東部旅行 2017年(23)】
恐怖!犬の町「チェンコーン」 街中でピットブルも放し飼い 【タイ北東部旅行 2017年(24)】
「チェンコーン」 B級グルメ最強ガイド キラリと光る名店揃い 【タイ北東部旅行 2017年(25)】

「チェンコーン」 黄色くないけど絶品カオソーイ 旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(26)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年7月) 【タイ北東部旅行 2017年(27)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「その他」 【タイ北東部旅行 2017年(28)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「絶品 牛肉煮込み麺」 新店舗! 【タイ北東部旅行 2017年(29)】

チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇

タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】

【チェンライ B級グルメ最強ガイド】 2017年7月 最新リスト
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」 (2017年7月22日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」 (リンクは本文中に表示済み)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」 (2017年7月23日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」(2017年5月22日_追記)
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年1月)
20170731_nuatun_cover.jpg

チェンライは小さな町なので、B級グルメに関しても、旅行者が訪れやすい店に関しては あらかた書いたつもりだった。
ヌアトゥン(牛肉煮込み)の店も、以前紹介した「赤服」のヌアトゥン屋以外、目ぼしい店は見当たらなかった。

しかし今年に入って、思わず 新しくエントリーを上げずにはいられない店舗が出現。
最近できた新しい店だ。


お店の場所


20170731_nuatun_1.jpg

お店の場所は もう非常に簡単、旅行者の方でもサルでも行ける わかりやすい場所にある。
チェンライ中心部の町中を南北に走るメインの通り、現在新規工事中のバスターミナル近辺から少し南の、信号がある交差点のすぐ横くだ。

店名:不明
お店の場所 Google 座標:19.900925, 99.832588

チェンライ中心部に泊まっている人なら、ほとんどの場所から歩いて行ける絶好の立地。
車の場合も、店は交差点のすぐ脇だが、裏のマーケットの敷地に駐車が可能だ。


お店の雰囲気


お店は、まだ新しい店舗にも関わらず、昼時などは 地元のタイ人で大繁盛。

当然メニューはタイ語オンリー。
何故か表示金額まで タイ語オンリー。(笑)

ご存知の様に タイ語文盲の俺マシマシ、はじめは何の店かわからずに入店し、店員に何が食えるのか直接聞いた。
一応、「牛肉煮込み」[ヌアトゥン] と 「豚煮込み」[ムートゥン] の、麺類かガオラオ(具だけのスープ)だと簡単な説明を受けた。


注文 「牛肉の煮込み タイヌードル 細麺」


取り敢えず麺類を食いたかったので、「センレック・ヌアトゥン」(牛肉煮込み タイヌードル細麺)を注文。

待つこと暫く、俺の「センレック・ヌアトゥン」がやってきた。

20170731_nuatun_2.jpg
「センレック ヌアトゥン」
50バーツ


実食「センレック ヌアトゥン」


まずはスープを一口。

うめぇぇぇえええ!!!!!

もう、この時点で当たりを確信。
相当旨いぜ このスープ。

牛肉も、薄切りではあるもが、しっかりと煮込まれていてトロトロ。

20170731_nuatun_3.jpg
これはヤバい!

そして意表を突いたのが、ルークチン(すり身ボール)だ。

20170731_nuatun_4.jpg
ルークチン(すり身ボール)

通常俺は、ルークチンに関しては、どこで食べてもあまり旨いと思ったことはない。
しかしここのは、粗びきでスープとの相性も抜群。

いやー、タイ北部のチェンライで、こんなに旨いもんが食えるとは!


「ガオラオ ヌア」 (牛肉煮込みスープ)


後日再訪し、今度は 「牛肉煮込みスープ」[ガオラオ ヌア] と 「白ごはん」 の組み合わせも試してみた。

見た目 かなりのボリューム。

20170731_nuatun_5.jpg
「ガオラオ ヌア」+「ごはん」 
70バーツ

しかし具財に関しては、「前出の麺物 センレック ヌアトゥンの具に、野菜が少し増量+内臓類をちょっと追加」 と言った感じ。
器は大きかったが、中味は大して変わらない。

俺としてはこの店では、麺類の方の「クイッティアオ・ヌアトゥン」をお薦めする。


営業時間:朝の8時頃から
休業日:月曜
メニュー : タイ語のみ、写真ナシ。
こんな店の割にはフリーWiFiあり。


さて次回は、今回の北タイシリーズ最終のエントリー。
去年不作だったチェンライのカオマンガイ、そのリベンジだ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】

「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】

雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】

ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】
「メーサイ」 タイ最北部 ミャンマー タチレクとの国境の町 【タイ北東部旅行 2017年(18)】
「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(19)】
「メーサイ」から「タチレク」へ 陸路国境を越えミャンマーへ入国 【タイ北東部旅行 2017年(20)】

「タチレク」ってどんな所? 5分でわかるミャンマーのタチレク 【タイ北東部旅行 2017年(21)】
「タチレク」 餃子屋の美人従業員を尾行せよ! 【タイ北東部旅行 2017年(22)】
「チェンコーン」 メコン川を挟み 対岸にラオスのフエサイをのぞむ町 【タイ北東部旅行 2017年(23)】
恐怖!犬の町「チェンコーン」 街中でピットブルも放し飼い 【タイ北東部旅行 2017年(24)】
「チェンコーン」 B級グルメ最強ガイド キラリと光る名店揃い 【タイ北東部旅行 2017年(25)】

「チェンコーン」 黄色くないけど絶品カオソーイ 旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(26)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年7月) 【タイ北東部旅行 2017年(27)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「その他」 【タイ北東部旅行 2017年(28)】

チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇

タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】

【チェンライ B級グルメ最強ガイド】 2017年7月 最新リスト
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」 (2017年7月22日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」 (2017年7月23日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」(2017年5月22日_追記)
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年1月)
これまでチェンライに関しては、色々なB級グルメの記事をアップしてきたが、今までのカテゴリーにに含まれない店もある。
そういった店は今後、この「その他」のエントリーに随時追記していく様にする。

まず今回は、取り敢えず一件。


「テイスティー ハウス」 朝から大人気のサンドイッチ屋


20170729_cei_tastyhouse_1.jpg

俺がいつも行く 「裏通りのぶっかけ飯屋(スコータイ食堂)」の3件隣り。
朝からサンドイッチが、数百食分以上も山積みになっている店がある。

店名:「テイスティー ハウス」[Tasty House]
場所 Google 座標:19.908052, 99.826823

20170729_cei_tastyhouse_2.jpg
サンドイッチ
20バーツ

確かに、普通に旨い。
タイでこの値段帯(20バーツ前後)だと、日本人の想像からは かけ離れた、なんちゃってサンドイッチが多いんだが、ここのはまとも。
パンも安っぽい食パンではなく、中々美味しい。
サンドイッチも山積みだが、客も途切れない超人気店。

タイ飯に飽きた人なんかには お勧めだ。
俺はよく、チェンライから何処かへ車移動する前に、この店でサンドイッチを買ってから出発する。
小腹が空いた時なんかには丁度いい。


先日、こんなのも売っていたので買ってみた。

20170729_cei_tastyhouse_3.jpg
揚げバナナのお菓子。
20バーツ

塩味が効いているのに、バナナの甘みが全く出てこない。
ハッキリ言って、これは今一だった。(笑)

まあ、全てにおいて 完璧を求めてはいけない。
この店では、サンドイッチの一択だ。


さて次回は、今年に入ってから、チェンライで新規開拓した、お薦めのB級グルメ店を紹介する。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【タイ北東部旅行 2017年】
「チェンマイ」 「チェンライ」 「タイ北東部」 旅行記 2017年 【タイ北東部旅行 2017年(1)】
絶品カオマンガイ 秘伝の調理法を遂に見た! 「ダンカオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(2)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ダン カオマンガイ 郊外店」 【タイ北東部旅行 2017年(3)】
チェンマイ カオマンガイ最強ガイド 「ヌン カオマンガイ」 【タイ北東部旅行 2017年(4)】
チェンマイで「1日99バーツ」のレンタルバイクを借りてみた 【タイ北東部旅行 2017年(5)】

「フジヤマ55」 [Fujiyama Go Go] チェンマイ店 【タイ北東部旅行 2017年(6)】
「メーテン」「チェンダオ」 チェンマイから北へ向かう 【タイ北東部旅行 2017年(7)】
「ファン」[Fang] タイ北部 ドイアンカーンの麓の町 【タイ北東部旅行 2017年(8)】
「ファン」 何もないけどグルメな町 お薦めローカル食堂! 【タイ北東部旅行 2017年(9)】
ミャンマー国境の村でパリパリジューシー餃子! [チェンダオ] 【タイ北東部旅行 2017年(10)】

雲海と桜の名所 「ドイ アンカーン」 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(11)】
「ドイアンカーン」 ミャンマーとの国境地帯 雲海と桜の咲く山 【タイ北東部旅行 2017年(12)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 行き方編 【タイ北東部旅行 2017年(13)】
「ドイメーサロン」 茶畑が広がる高原の避暑地 宿泊と過ごし方 【タイ北東部旅行 2017年(14)】
「ドイメーサロン」 この村に来たら やっぱり中華料理だ! 【タイ北東部旅行 2017年(15)】

ドイメーサロンで 『ラーメン二郎』を思いだし涙する 【タイ北東部旅行 2017年(16)】
「ドイトゥン」 タイ北部屈指の人気観光地 【タイ北東部旅行 2017年(17)】
「メーサイ」 タイ最北部 ミャンマー タチレクとの国境の町 【タイ北東部旅行 2017年(18)】
「メーサイ」 B級グルメ最強ガイド 雲南系は旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(19)】
「メーサイ」から「タチレク」へ 陸路国境を越えミャンマーへ入国 【タイ北東部旅行 2017年(20)】

「タチレク」ってどんな所? 5分でわかるミャンマーのタチレク 【タイ北東部旅行 2017年(21)】
「タチレク」 餃子屋の美人従業員を尾行せよ! 【タイ北東部旅行 2017年(22)】
「チェンコーン」 メコン川を挟み 対岸にラオスのフエサイをのぞむ町 【タイ北東部旅行 2017年(23)】
恐怖!犬の町「チェンコーン」 街中でピットブルも放し飼い 【タイ北東部旅行 2017年(24)】
「チェンコーン」 B級グルメ最強ガイド キラリと光る名店揃い 【タイ北東部旅行 2017年(25)】

「チェンコーン」 黄色くないけど絶品カオソーイ 旨すぎ注意! 【タイ北東部旅行 2017年(26)】
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年7月) 【タイ北東部旅行 2017年(27)】

チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇

タイ北西部旅行 (2016年1月)
全18エントリー
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】

【チェンライ B級グルメ最強ガイド】 2017年7月 最新リスト
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」 (2017年7月22日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」 (2017年7月22日_更新_2軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」 (2017年7月23日_情報更新)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」 (2017年7月22日_更新_1軒追加)
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」(2017年5月22日_追記)
チェンライ B級グルメ最強ガイド アップデート(2017年1月)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。