iPhone

ここでは、「iPhone」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2018.11.22 | 更新:2018.12.01
20181122_applestore_cover.jpg

先日遂に、タイでは初となる 正規の「アップルストア」[Apple Store ICONSIAM]直営店が、川向こうの新しい商業施設「アイコンサイアム」[ICONSIAM]にオープンした。

俺は別にアップル信者でも何でもないんだが、タイ現地でのアップル製品の修理やリコール等 もろもろの事を考えて、一度行ってみることに。


場所と行き方


場所は、川向こうに新しく出来た「アイコンサイアム」[ICONSIAM]という商業施設内。

日本の高島屋も入っている。

場所Google座標 :13.727505, 100.509083


一般旅行者の人は、近くまで電車で行って、後はタクシーやバイタク若しくは船 っていう感じになるのかなぁ。


俺は車で行ったので、バンコク スクムビットエリアから高速利用。

座標も駐車場入り口の辺りを張っておいた。


印象はたった一言

「遠い!」

(↑これは、今回の話しでは非常に重要。)


バンコクでのアップル製品修理場所


今までバンコクで、アップル製品を正規に修理する場合、一般的には下記の場所へ持ち込むのが一般的だった。

  1. BTSチッロム駅近くのアマリンプラザ内、アップルサービスセンター。

  2. アップル公認店舗(「iStudio」「 Studio7」など)

  3. 「AIS」「TRUE」「DTAC」などの携帯キャリアショップ

などなど、各自が商品を買った場所や 故障・破損の状況によって、持込み場所は色々だ。


俺は今までいつも 「1」のアマリンに持ち込んでいたが、そこがなくなって川向こうに一本化されると非常に遠くなるので面倒だ。

サイアムエリアにも、将来「アップルストア」がオープンするようなので、そうなれば少しは楽になるんだが。


そんな訳で今回行ってみたんだが、やっぱり川向こうは遠いし渋滞もきつい。

スクムビットエリアに住む俺としては、川向こうには ゴルフの時以外は行きたくないというのが偽らざる感想だ。


タイでのアップルケアや携帯破損時の保険・保障


ちょっと話しはずれるが、以前読者の方からタイのアップルケアに関して質問があった。

その方にはメールで返信したんだが、ついでなんでここでも簡単に書いておく。


まずタイでは、アップル製品を落として画面が割れたり壊れた時などに、無償修理や交換をしてくれるアップルケアは、iPhone(携帯電話)には適用されない。

これは正規の「アップルストア」が出来ても変わらないようだ。


唯一、携帯の破損等に対する保険みたいなものをかけられるのは、俺の知る限り携帯電話のキャリアショップだ。


例えばタイ通信事業最大手「AIS」では、アイフォンの破損や盗難、さらには紛失までカバーする保険に入る事が出来る。

但し、加入できるのは同社での携帯購入当日のみ。

ちなみに、保険適用時の免責金額は結構高い。


正規「アップルストア」 店舗の様子


20181122_applestore_shop_1.jpg

さてと、肝心のアップルストアだが、、、、

別に普通の「アップルストア」、何も目新しいものは全くない。

20181122_applestore_shop_2.jpg

えーそれだけかよ、と言われそうだが、本当にそう思ったんだから仕方がない。

店舗内滞在時間は約5分。

遠いし 人も多いし、、、、、


バンコクでの正規「アップルストア」 利用のメリットは?


タイでは、バンコク市内などでアップル製品を買う場合、特定の色やモデルが店舗に在庫が無い時に、他店舗の在庫照会をしてくれる様な対応は中々望めない。

そういった場合、やはり現物在庫が一番多いのは、新規オープンの この正規「アップルストア」になると思う。


アップルの公式サイト(タイ語と英語 タイ国内送料無料)もあるが、ここを使った場合税金の還付[TAX REFUND]は利用出来ない。


と、そんな訳で、オープン間もないアップルスト訪問は、無駄足だった、遠いという事が分かっただけでも収穫としなければいけないのかなぁ。


余談だが、この日は平日にもかかわらず、ICONSIAM の駐車場で車に乗り込んでから、駐車場を出て表の道にたどり着くまでに、30分以上もかかった!

なんだかなぁ~



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【関連過去記事】
iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その1 スリープボタンの不具合
投稿:2015.06.29 | 更新:2016.01.12
先日 iPhone 5 が新品になって戻ってきた話しをエントリーした。

iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その1 スリープボタンの不具合 (関連過去記事)

しかし、残念ながら保護フィルムは、新しい物に貼り直しになった。

かなり前だが、iPhone 5 の電池無償交換プログラム(リコール)があり、その時は、本体交換ではなく内部バッテリーの交換だけだったので、フィルムは再度貼られて戻ってきた。


交換品の新品をゲットし、アップルのサービスセンターを後にした俺は、新品についているフィルムをはがさず、そのままの状態で、保護フィルムを張りにMBKへ向かった。


せっかく新品になったので、またすぐに壊れたらやだなーと思い、初めてのトライではあるが、

Focusの 「 ANTI SHOCK 」

というフィルムを表に張ってみた。

裏面フィルムはタマダー。

全部で300バーツ。


5分位で綺麗に張ってもらい、満足して帰路につく。


ところが、何回か使っているうちに、妙な違和感を感じる様になった。

見た目も何か、以前と違う。

よく見ると、表に貼ったアンチショックのフィルムが異常に厚い。

横から見ても段差がわかるほどだ。


おまけにホームボタンも、その厚さゆえに、かなり陥没している感じがする。


2-3日使ったが、その違和感の差にどうしても納得できず、近所のスーパーの出店で、表も通常の薄いフィルムへ張りなおしてもらった。

100バーツ。

たかが保護フィルム、0.何ミリの差がこんなに大きいとは思わなかった。

おかげさまで現在は、元通りの使用感。

毎日ストレスも無く使えている。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.06.26 | 更新:2015.09.21
交換まで2週間位と言われていたが、意外に早く 1週間ぐらいでアップルから電話があった。

「商品到着しましたので、取りに来てください。」との事。

サービスセンターは土日もやっているので、週末アマリンプラザへ。

担当したのは、前回とおんなじオネーちゃんだった。


預かり控えを渡すと、裏から真新しいiPhone5を持ってきて俺に手渡す。


「こちらが交換品です」(もちろん新品)

「綺麗になりましたねー」(この部分だけボソッとタイ語)

俺の ボロボロ iPhone を覚えていたらしく、まったく余計なひと言だ。


取り敢えず お礼を言って、早速その場で復元作業。

動作に問題はない様だ。


これで遂に、3年近く使ったiPhoneが新品になった!


本当に絶妙のタイミングで故障してくれたもんだ。

これも日頃のタンブンのおかげか。

iPhone 5 は、4よりも軽く6よりも小さく、片手で操作できる大きさなので 結構気に入ってる。


本体丸ごと新品交換なので、内部のバッテリーも当然新品だ。

これでまたしばらくは、携帯を買い替える必要は無くなった。

「ラッキー・ラッキー」

ニコニコしながらサービスセンターを後にした。


以上 iPhone 5 新品交換への道でした。


iPhone 5 を使っている方は、もしボタンの反応が少しでも悪かったら、

すぐにアップルへGO!

俺と同じ機種じゃない人も、保証期間終了後の機械で調子が悪くなったら、自己修理の前に、まずはネットで無料修理交換等が上がってないか調べましょう!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.06.25 | 更新:2016.01.12
アマリンのAppleサービスセンターを後にして伊勢丹へ。

距離はあるが、スカーウォーク>センタンワールドの中経由なので、暑くもなくストレスはあまりない。

早速教えてもらった伊勢丹の4階へ到着。


が、、、、SIMのアダプターなど売ってる気配もない。


よく考えてみれば、天下の日本のデパートがバンコクくんだりまで来て出店し、50バーツのSIMアダプター
何て売るはずがない。

同じフロアーにドコモ代理店のカウンターがあり、日本人の方がいたので聞いてみた。

どうやらフロアーは同じでも、伊勢丹を出てセンタンワールド側のフロアーに、携帯のショップが軒を連ねてる様だ。

日本人の方、ありがとうございました。


何店かで値段を聞いて回ると、ほとんどがアダプターセットで200-300B。

50バーツなんて一件もネーよ!アップルのオネーちゃんたのむよ~。

20150625_sim adp_1

20150625_sim adp_2
多少のボラれ感を残しつつも、一つの店で200Bで購入。

「nano SIM・mini SIM・通常SIM対応アダプター・シム取り出しピン」 がセットになったやつだった。


早速手持ちのボロ携帯に挿入、動作を確認し金を払う。

その時気づいたのだが、そのぼろ携帯には連絡先が入っておらず、知り合いに電話が掛けられない!


早速家に帰って、昔のデーターを引っ張り出し、当面1-2週間で必要となるであろう電話番号を、メモ用紙に書き写した、


とても、このハイテク時代21世紀の作業とは思えないが仕方がない。

新しい携帯が届くまでは、このメモだけが頼りだ。


昔の携帯なので、データ通信なんて夢のまた夢。

原始時代に逆戻りした感じだ。


でも、これはこれで心地がよかった。

毎日毎日、何処に行ってもネットにつないであーだこーだとやる必要もない。

初日はちょっと不安だったが、日が経つにつれ、外でネットのない生活に心地よさを覚えだした。


あとは、アップルからの電話を待つだけの平和な日々。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.06.24 | 更新:2015.09.21
早速修理へ。

俺の場合、携帯電話会社経由での購入ではなく、アップルから直接購入なので、チッロムのアップルサービスセンターに直接持ち込む。

場所は、BTSチッロム近く「アマリンプラザ」の中にある。

いちいち行くのは面倒だったが、タダで直してくれるんならしょうがない。

BTSを下車し、外には出ず スカイウォークで直接建物内へ。


ここのサービスセンターには、番号札とかが全くない。

カウンターのあいてる椅子に座り、直接近くの従業員に声をかける。


当然、若干の割り込みも出てくるし順番もデタラメだが、その辺のDQNな底辺タイ人はほとんどいないので、大きな混乱になる事は無い。

以外に皆さん節度を守ってる。


座ってしばらくして、近くの女性従業員から声がかかったので、経緯を説明し無償修理を依頼する。

後は流れ作業で機械的に、テキパキ・テキパキ、、、のはずだったが、俺のiPhoneを見た従業員、一瞬顔色が曇る。


実は俺、携帯カバーやケースなどは一切付けてなく、表裏の薄いフィルムだけで使っている。


通常はズボンのポケットに入れて持ち歩き、一緒に入っている小銭や鍵束と共に常にシェークされている。


よって、表も裏もエッジの部分は上下左右全部傷だらけ。

落下も何回かあるので、それはもうかわいそうな位見た目もアグリー。


MBKなどでも、買った携帯に傷がついてると、保証修理してくれないケースもよくある。


カウンターのおねーさん、怪訝な顔をしながら奥へ。

5分ぐらいバックヤードで、あーだこーだとやっていたが、やっと出てきて俺の所へ。


「無償修理で受付ます。修理と言ってもボタンだけの交換ではなく、機械丸ごと新品への交換になりますが、シンガポールに送るので2週間ほどかかります。よろしいですか?」

やったぁー!

もちろんよろしいよー!


2週間は長いが仕方がない。

しぶしぶ顔で承諾。

が、内心は新品交換を喜ぶ 性格のゆがんだ俺。


交換品は届き次第、電話をくれるそうだ。

代替品のレンタルは、多分無いと思ったから聞かなかった。


その場で携帯を初期化して預かり証を作ってもらう。

初期化のプロセスの途中で SIM を抜くオネーさん。

途中で抜いても問題ないらしい。


暫くは、予備のボロ携帯にこのシムをいれて使うことになる。

ナノシムなので通常シム対応の携帯には下駄(アダプター)が必要だ。


MBKまで行くのは面倒だったので、おねーさんに近くで売ってないか聞くと、

「伊勢丹4階で50バーツ位で売ってますよ」

と教えてもらい、ここでの手続きを終了し、徒歩で伊勢丹へ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ