TRUE

ここでは、「TRUE」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.04.11 | 更新:2016.12.31
以前このブログでも書いた様に、俺はサブの通話用SIMカードとしてトゥルーのインターシム[TRUE INTERSIM]と言うプリペイドSIMを使っている。

1分1バーツで日本の固定電話にかけられる。

但し他の用途は全く無いので、普段は家に置きっぱなし。

最近は あまり使用する事も無く、チャージもしてなかったので、残りの有効期限が少なくなってきた。

そんな訳で、追加チャージ(トップアップ)をして期限を延ばす事に。


最安で最も効率のいいチャージ(トップアップ)方法


有効期限の延長方法は、キャリアによって色々な方法があり、しかもコロコロ変わる。

ある一定の金額を払って、有効期限だけを延ばすやり方なんかもある様だ。


現在トゥルーの場合、一番安く効率よく期限を延ばせるのは、トゥルーショップの機械で10バーツづつチャージ(トップアップ)するやり方だ。


20160411_true_charge_1.jpg
チャージ(トップアップ)の機械


このやり方は、以前このシムの有効期限がトゥルーの周波数問題のごたごたで一方的に消滅してしまった時、トゥルーショップの兄ちゃんに教えてもらった方法だ。

一回10バーツのチャージで、1ヶ月有効期限が伸びる。

そして、その10バーツ分も、しっかり残高(クレジット)として反映される。


今回もアソークに用事があったので、ターミナル21のトゥルーショップでトップアップをしてきた。


事前の準備


まずは10バーツコインが必要なので、BTSアソーク駅のカウンターで両替(笑)

今回は100バーツ札をだまって出し、10バーツコインが10枚出てきた。

これを持って、目の前にある「ターミナル21」の6階 トゥルーショップ[TRUE SHOP]へ。

ショップの入り口右側に、その機械が置いてある。


機械の操作方法


機械本体は全てタイ語表記なので一瞬戸惑うが、スクリーンの中で英語に切り替えができる。

操作自体は非常に簡単だが、一応手順を書いておく。

  1. 画面一番左上の「ALL TRUE BILL」を選択

    20160411_true_charge_2.jpg

  2. 画面右下のボタンで英語を選択

  3. 電話番号を入力

  4. 左下の「TOP UP」ボタンを押す

  5. 次の場面に変わったら、機械に10バーツコインを一枚入れる

  6. 画面の金額欄に「10B」と表示されたのを確認して、その右下の「Top Up」ボタンを押す。

    20160411_true_charge_3.jpg

  7. 完了。携帯にSMSが届き、期限が1か月伸びたことを確認。


これを今回は10回繰り返し、10ヶ月の有効期限延長をゲットだ。


総予算100バーツ、100バーツ分の金額も しっかり残高(credit)に反映される。

慣れてしまえば、あっと言う間に終了する。


わからなければ、たいがいは近くでブラブラしている店員がいるので、言えばすぐに教えてくれる。


通常のチャージでは、結構まとめた金額をトップアップしても、大して期限が伸びなかったりと、よくわからない事が多いので、安く確実に有効期限を延ばすには、この方法はお勧めだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した!
TRUE INTER SIM、消えた有効期限 その後。 今度は期限が増えてる!
TRUE INTER SIM、TRUE MOVE のサービス停止に伴いSIMの交換。
投稿:2015.10.19 | 更新:2016.01.12
過去のブログエントリーで、その過程を何回か書いてきたが、

ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した!(過去記事)
TRUE INTER SIM、消えた有効期限 その後。 今度は期限が増えてる!(過去記事)

遂に、現在使っているTRUE MOVE のTRUE INTER SIM 、「サービス停止と切り替え期限」の最後通知のSMSが来た。


According to NBTC announcement, True Move will end the service on 18Nov.2015. To continue using this number, pls contact your customer service by 17Nov.2015.



TRUE MOVEの「トゥルー インターシム」が、遂に使用停止へ。


電脳系には弱いマシマシ。

正確な理由はわからないが、今使っているシムが2015年11月18日をもって使用できなくなる事は確かだ。

一応同じ番号を継続したいので、サイアム パラゴンの「TRUE SHOP」へ行って手続きする事に。。


トゥルーショップでシムの交換手続き


「TRUE SHOP」は、AISやDTACなどに比べ、サービスカウンターが何故かいつも激コミだ。

12時前なら少しは空いているだろうと考え、平日の昼少し前に行ってみた。

ところが客も少ないが、スタッフも少なかった。

12時を回ると、シフトの関係か新規スタッフが大量に出てきたが、結局30分は待たされた。


但し大型SCのカウンターがいいのは、必ず英語対応のスタッフがいる事だ。

タイ語のつたない俺には非常に助かる。


作業自体は20分位で終了。

新しいSIMを渡された。

3日位で旧SIMが使えなくなるので、そうしたら新SIMへ交換してくれとの事。


俺が確認したかったのは下記の3点だ。

  1. 以前同様 「00600」 を使って、日本の固定電話に1分1バーツでかけられるのか?

  2. 新SIMに移行後は、旧有効期限は引き継がれるのか?

  3. 現在の残高はそのまま移行されるのか?


1.の件を聞いた時点で、スタッフの兄ちゃんは「オッケー・オッケー」を連発。

「こいつ、何も調べないで、日本への通話料金が全部わかるのかよ???」

適当指数100%

この時点で、2と3は聞くのをやめた。

タイでの長い経験からだ。


あとは出たとこ勝負。

SIMが切り替わってから対応しよう。


旧シムのサービスが、翌朝いきなり停止!


3日程で切り替わると言われていたので、翌朝は旧シムのままお出かけ。

外出先から日本に電話する用事があったので、旧シムの刺さった携帯から電話。

ところが、、、

かけられない!

受信も出来ない!


アンテナは立っているが、どうやらすでに新シムに切り替わり使えなくなっている様だ。

まだ数日あると思っていたので、新シムは持って来ていなかった。

まいった、まいった。


新シムへの交換と動作確認


家へ帰って早速シムを交換する。

SIMデータ移行手続き確認のSMSが来ていた。


Your number is now upgrading to TrueMoveH. There may be some effect on calls & data. Once completed, your TrueMove signal will be lost or you can't use your phone as usual. Pls turn off and on your phone to start service with TrueMove H. Thank you.



無事に機能する事を確認。

おー、残高もきちんと移行されている。


有効期限は、、、

これも移行前と同様だ。

但しこれに関しては、本来文句を言いたい。

一時期、チャージにより使用期限が最長2016年の6月まで伸びたが、その後減ったり増えたり。

ひどい時は、一日で10か月分の有効期間が減った。

まあ変だと思ったんで、あまり残高を残さない様にチャージしていたので、大きな被害は受けないが。


「00600」 日本の固定電話に1分1バーツは継続


後日、所用で日本の固定電話へかける用事が出来た。

丁度いいので、通話時間と残高の減りをチェックしてみた。

おおよそ1分あたり1バーツ台の計算で通話ができたので、おそらくこのサービスも継続の模様。

一安心だ。


ここ何ヶ月か、トゥルーには本当に振り回された。

メインのシムでなかったのだけが幸いだ。


その後さらに数日後、新SIMにTRUEから再度

「このシムは使えなくなるので、番号継続を希望する場合はカスタマーサービスへ」

と、手続きが終わっているのにも関わらず、再度SMSが送られてきた。

アホ丸出しのトゥルー!

呆れて言葉も出ない。


こんな事も日常茶飯事。

受け入れていかなければいけないのがタイランド。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.07.17 | 更新:2016.01.12
やっとインフルエンザから復活したマシマシです。

せんだって、俺の使ってるTRUE INTERSIM(インターシム)の残高確認時に、元々あった有効期限が10か月も消滅したブログを書いた。
ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した! (過去記事)

その後も相変わらずサポートの電話は通じず、トゥルーのショップへ行く時間も無かったので、ほったらかしにしてあった。

しかし最近、少し状況に進展があった!


今度は、何もしないのに有効期限が増えた!


前回有効期限消滅後の新しい有効期限「2015年7月17日」が近づいたので、再度*123*を押して残高と有効期限を確認してみた。

すると、、、

今度は6か月増えてる!

もう本当にアメージングタイランド。

文章で書くとわかりづらいので時系列のデーターを下記に。

  1. 2015/5/18 確認 > 有効期限 2016/5/15

  2. 2015/6/22 確認 > 有効期限 2015/7/17  *有効期限が10か月消滅

  3. 2015/7/15 確認 > 有効期限 2016/1/13  *有効期限が 6か月復活

  4. *ちなみに「2」と「3」の間に、トップアップはしてません。

  5. そして昨日(2015/7/16)、下記のSMSがこの電話番号に
    TrueMove will continue providing services until 1800MHz auction date and new licences annoucement.
    We have cordially extended the validity for 180 days. More info pls call 026479999 or 1200 (free).


TRUEのお詫び(言い訳?) SMS が携帯に。


「4」は、簡単に言えば、このシムが使っている1800MHz周波数のライセンス入札で、何かもめてるみたいだ。

そんでもって「そのライセンス入札日及びその発表まで、私たちは誠意をもって有効期限を180日延長します」みたいな事を書いてある。

最後には、お決まりの全く繋がらないコールセンターの電話番号。


*Cordinatelly 辞書で引くと
手厚く・親切な方法で・心から・誠意をもって、などの意味が出てくる。

何が「CORDINATELLY」だよ!

おそらくは、いきなり有効期限を「2」の今年7月17日までにして、クレーム続出だったんじゃないかな。


いづれにしても、こういう事を平気でやるのがタイランド。

減った俺の有効期限どうしてくれるんだ!

金の問題ではなく、気分が悪い。


どうせ3番目の有効期限が来たら、チャージした残高も消滅とかあるんだよなー、この国。


それが普通だと思わないと、この国では生きてはいけません。

まあしばらく様子を見よう。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.06.22 | 更新:2016.01.12
本当は、今日からまた別の話題を書こうと思っていたが、急遽変更。


俺は現在、日本の固定電話に電話する時用に、「TRUE InterSIM」というのを使っている。

古い携帯にSIMをさして家に置きっぱなしだが、用件が複雑だったりして通話時間が長くなるのは、ほとんど自宅からなので、置きっぱなしでも問題はない。


携帯から日本の固定電話への通話が格安。1分1バーツ!


「00600」で始まるアクセスだと、購入当初 日本の固定電話に1分1バーツでかけられた。

今では若干値上がりしてるのかもしれないが、それでも他のキャリアより割安で残高の減りも圧倒的に少なかった。


特に日本の航空会社や電化製品のサポート等、オペレーターにつながるまで時間がかかる通話は、この電話を使っていた。

ふざけた話だが、この手の通話は20-30分かかる事がざらだからだ。


今回も、このシムの残高が減ってきたので先程数百バーツほどトップアップ。


有効期限消滅の時系列


前月チャージ後の有効期限は 

XX/05/2016 (2016年の5月)


そして本日のチャージ後の有効期限を確認すると 

17/07/2015 (2015年の7月)


はぁ??????????????

有効期限が減っている!


以前もEASY PASS(日本でいうETCです)の残高の減り方などでも納得がいかず、釈然としない思いをしたもんだが、今度は携帯のシムかよ!

チャージ後の金額は間違っておらず、期限の問題だけだが、それにしても・・・。


多くのタイ人が、電子マネーや銀行残高でさえ信用しない理由が最近よくわかる。


TRUE ウエブサイト上の言い訳?広告。


20150622_true_1.jpg
軽く調べようと、まずはTRUE MOVEのHPを見ると、いきなり初めの画面がこれだ。

当然、上記画面に記載されている 1200 に電話してみるも、

「英語は2番を」とのガイダンス > 2を押す > タイ語のアナウンス??? > その後永遠とつながらず。

とタイのコールセンター王道のパターン。


タイでは以前、移動通信業者の周波数免許の取得や有効期限の問題を耳にした事があるが、その絡みだろうか。

おれはその辺かなり疎い。


只でさえ、1800Hz,2100Hz,とか2G,3G,4G,LTEとか意味不明な用語が乱立する昨今、また新たな難問が俺に押し寄せてきた。


この手の問題はいつもそうだが、日本語で説明を受けてもよくわからないのに、ましてや英語やタイ語で説明してもらっても、わかるはずがない。


おれは声を大にしていいたい、

「普通に電話がかけられて、普通に話せればそれでいいんだよ!」


俺の様なモバイル原始人には、面倒な手間は勘弁してほしい。


後日、TRUEショップを訪れて解決策をさぐる予定。


今週はかなりバタバタなので、TRUE SHOP へ行って尋ねる時間も多分ない。

結果報告は遅くなると思いますが、いずれアップします。


まだ立ち上げたばかりのブログなんで、皆さんに助けを求めようにも、見てくれている人が少ないので、幅広く意見を求める事が出来ないのが現状だ。


タイ語の喋りも夜のネオン街程度。読み書きゼロ。

これじゃあ、先が思いやられる、、、、、、、、、、、、、、、、


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ