ワイン

ここでは、「ワイン」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.05.06 | 更新:2016.05.06
今回の、タイで家飲みワインシリーズ。

本来であれば、現地のスーパーでの激安ワイン発掘が主眼なんだが、今回はちょっとズルして、日本からの補給物資で。


やはり日本はワインが安い!


一時帰国するといつも書く事だが、本当に日本はワインが安い。

というか、タイが高すぎ。

タイから海外に出た場合、通常であればタイに帰国時、免税でワインを1本買うのが俺のいつものルーティーンだ。

日本国内でも安く買えるんだが、鞄の中で割れると面倒なので、今までは渡航先での購入は避けてきた。


しかし今回は、あまりの安さにつられて、ついつい日本国内で1本購入。


コノスル『Cono Sur CABERNET SAUVIGNON』(赤)


いつも日本へ帰ると、コンビニで買って寝酒代わりに飲んでいるこのワイン。

今回は、その辺のスーパーで買って、タイに持ち帰って来た。

20160408_conosur.jpg
『コノスル・カベルネ・ソーヴィニヨン』(赤)
[Cono Sur CABERNET SAUVIGNON]
915円(税込)

今回は、時間も無かったので、免税や通販ではなく通常購入。

それでも、最近のレートだと300バーツ以下!

買ったお店は、免税サービスもある店舗だったので、そのカウンターに行って、荷造り用にプチプチも分けてもらった。


テイスティング


タイに戻ってからは、いつもの手順。

野菜室にしばしぶち込み、グラスに開けてグイッと飲む!

マシマシ流のテイスティング。


まあ、超有名ワインなので今更多くを語る必要もないだろう。

万人受けする、B級グルメご用達ワインだ。

本当は、勿体ないので 三日位に分けてチビチビ飲もうと思っていたんだが、あっと言う間に飲んでしまった。

味・値段、共に大満足の一本だ!


惜しむべきは、タイの税関の関係で 1本しか持って帰ってこれない事だ。


これで虎の子のワインストック?は無くなってしまったので、また次回からは、ローカルで激安ワインの開拓だ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)
タイで家飲みワイン 『CHASING CLOUDS RESERVE BIN 4』
タイで家飲みワイン 『CARMEN RESERVA Cabernet Sauvignon 2013』
タイで家飲みワイン『ROBERTSON WINERY CHAPEL RED SMOOTH DRY RED』
タイで家飲みワイン 『 MAR SOL Selection C 』(赤)
投稿:2016.02.19 | 更新:2016.02.19
ここしばらく、タイ安物ワインの開拓をしていなかったので、この日はいつもの大型スーパーBigCへ。

今回もフィーリングで選んでいくぜ!


今回のワイン選定基準


今回の選定基準もいつもと同じ様なもんだ。

300バーツ近辺の基準は変えないが、ワインの確固たる知識があるわけでもないマシマシ。

後は適当にひらめきのままに。

と言っても今回は、何故かあまり閃かなかったので、適当に数が置いてあるワインをセレクト。


『 MAR SOL Selection C 』(赤)


20160219_wine_1.jpg
299バーツ

このワイン、買う時は気が付かなかったが、よく考えたらタイ産のワインだ。

「Siam Winery」と書いてあったが、国名が無かったんでわからなかったぜ。

サイアムワイナリーの名前は、何度か聞いた事があったんだが、ほとんど飲まないので忘れていた。


タイ産のワインかぁ、そうと知ったら 応援の為にも気合を入れて、いつものマシマシ流テイスティングだ。


味の方は・・・


いつもの様に野菜室で少し冷やしてグラスに注ぐ。

軽く振って、ごくっと飲む!

色や香りはほとんど無視の、マシマシ流テイスティングだ。


まずは一口飲んだ感想は、、、薄ーい。(涙)

ワインの水割りかよ。

何か、気持ち変な苦さも。

もう、飲み進む気分ゼロ。


でもこのワイン、あちこちでよく見かけるんだよなぁ。

「よく見かける=売れてる=美味しい」

の方程式は、ワインの場合あまり通用しないんだろうか?


タイ産ワインなので、応援したい所だったんだが・・・・・

完全に撃沈。


MAR SOL Selection の「M」 っていうのもあったが、これじゃあちょっと手がでそうにもない。


しかーし、これに懲りずに、これからもタイ安物ワインの開拓は続けて行くぜ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)
タイで家飲みワイン 『CHASING CLOUDS RESERVE BIN 4』
タイで家飲みワイン 『CARMEN RESERVA Cabernet Sauvignon 2013』
タイで家飲みワイン『ROBERTSON WINERY CHAPEL RED SMOOTH DRY RED』
投稿:2016.01.16 | 更新:2016.02.13
さてと、俺の激安ワイン発掘シリーズもすでに3回目、だったかな?

現在もまだ、地場のローカルスーパーでの物色が終了していない。

普段から色々見てはいるんだが、やはり「ロータス」より「BIG C」の方が在庫は多い。

かつ、「ロータス」に置いてある商品は、ほとんど「BIG C」にもある様なので、手間がはぶける。

てな訳で、今回も「BIG C」へ物色に。


今回の選定基準


今回も感を頼りに、、、と思ったが、結局よくわからない。

面倒なので今回は、目につく中で一番安いのを買ってみた。


前回前々回のワインの様に、多くは置いていなかった今回のワイン。

隅の方に数本だけ、ポツンと取り残された様に展示されていた。

ワインが「おーい、俺もたまには買ってくれよ~」と言って居る様だったので、可哀想になって思わず手が伸びた。


最近の最安値


今回買ったのは、下記のワイン。

20160116_wine_robertson.jpg
ROBERTSON WINERY CHAPEL RED SMOOTH DRY RED
南アフリカ産
269バーツ
(2016.2.13.追記:本日再購入、残念ながらB299に値上げ)

何処までが名前なんだかよくわからないゼ。


値段は最近の最安値。

日本円でも800円台だ。

大丈夫かなぁ~。

まあ、いつもの様に家に帰り、野菜室にしばしぶち込む。


テイスティング


タイトルを、「味」とか「味は・・」なんて書くと、タダでさえ安いワンンが余計みすぼらしくなる。

よって今回は、タイトルだけでも高級感あふれる様に「テイスティング」と銘打った。(笑)


テイスティングとは言っても、色や香りなんて全く無視。

グラスに開けて、軽くゆすって一気にゴックン。

マシマシ流のテイスティングだ、ハハハ。


まずは一口、

「・・・コメントなし」

何だ、不味いのかって?

そうじゃない。


別に抜群に上手いわけじゃないが、特に文句をつける所も見当たらない。

俺の嫌いな甘ったるさも全く無い。

前回の様な、コクの無さ(薄さ)も無く丁度いい。


3日位で開けたんだが、日にちがたっても美味しく飲めた。

これは合格、俺のツボにバシッとはまる一本だ。

新年早々ツキがあるぜ!


いつも言ってるが、ワインは体をアルカリ性に戻すための薬(笑)と考える俺。

普通に違和感無く飲めれば、多くは求めない。

マシマシ的には、このワインは定番決定だ。


但し残念ながら、俺の安物ワイン探索ミッションはまだ終わっていない。

次回もまた、新たな地雷原へ 激安ワインを求めて挑戦するぞ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)
タイで家飲みワイン 『CHASING CLOUDS RESERVE BIN 4』
タイで家飲みワイン 『CARMEN RESERVA Cabernet Sauvignon 2013』
投稿:2016.01.09 | 更新:2016.01.09
今回は、正月に飲んだワインを。

いつもの激安ワイン開拓では、日々地雷原を歩く様な状況なので、新年くらいは安心して飲みたい。

そんな訳で、エムクオーティエのワインショップにて、今まで何度も飲んでる安全パイを。

20160109_wine_carmen.jpg
『CARMEN RESERVA Cabernet Sauvignon 2013』
695バーツ

この上に「GRAN RESERVA」ってのもあるんだが、俺には違いがよく分からない。

何と言っても、化調に侵された舌を持つB級グルメの俺様。

正月用と言ってもこんな程度の値段のワインで十分満足だ。


簡単に評価すると、普通の人が普通に美味しく飲めるワインといった所だろうか。

気軽に友達と飲むときは、これを選ぶことも多い。


正確には、今回 正月旅行の旅先で飲んだので家飲みではないんだが、まあ、

「家飲みワイン=ある程度安くて手頃な価格帯のワイン」

みたいな括りでいつも書いているんで、その辺はご理解を。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)
タイで家飲みワイン 『CHASING CLOUDS RESERVE BIN 4』
投稿:2015.12.04 | 更新:2015.12.05
昨日はエントリーで、「最近では雨も全く降らなくなり、乾季到来。」なんて書いたが、その数時間後の夕方、バンコクでは激しいゲリラ豪雨が。

世界一あてにならない、俺の天気予報。(笑)

まったく、どうなってるんだよバンコク。


まあそんなことは置いといて、今回のミッション。

前回の家飲みワイン発掘調査に続き、今回は2回目だ。

前回のワインは、ローカルのスーパー「テスコ ロータス」での購入だったので、今回は競合店の「BIG C」へ行ってみた。

同じ客層がターゲットの店舗だが、俺は「BIG C」の方が品揃え的に好みだ。


「BIG C」 のワイン売り場


今回も店内に入ると、まっすぐにワインを売っているコーナーへ。

ロータスよりも品揃えは豊富だ。

しかしながら、300バーツ前後をターゲットとすると、やはり選択肢はかなり限られる。


相変わらず何の知識も無いまま、感だけを頼りにワインを物色するマシマシ。

その中で、いかにも高級感の無い アニメの気球の絵が描かれたラベルのワインが目に入った。

第一印象は、


「何かまずそう」


しかし、他の殆んどのワインが1列しか場所を取らずに陳列されている中、そのワインは2列に渡って置かれていた。

場所を広く陳列されると言う事は、「売れている」か「店側が売りたい」かどちらかだろう。

選択肢も限られるので、前者であることを願い、今回はそのワインをチョイス。


『 CHASING CLOUDS RESERVE RED BIN 4 』


今回買ってきた家飲みワイン

20151204_wine__1.jpg
『 CHASING CLOUDS RESERVE RED BIN 4 』
328バーツ

オーストラリア産の赤ワイン。

値段もばっちり、俺の設定レンジ内。

アニメチックなラベルが、可愛いと言えば可愛いし、安っぽいと言えば安っぽい。


さっそく、前回同様 家の冷蔵庫の野菜室に突っ込んで、しばらくしてから飲んでみることに。


味はというと・・・


前回は、俺の一番苦手な甘々ワインだったので、今回はまずそこに集中。


まずは一口。

おー、前回の様な甘ったるさはない。

よしよし。


しかし、2~3口飲んでみると、どうも物足りない。

何かが足りないのだ。


残念ながら、ワインの評価に疎い俺。

ここからは、得意のラーメンを例に説明だ。(笑)


何かが足りない、ラーメンでいうとコクの無いスープみたいな感じなのだ。

まるで、フジヤマ55の「五郎ラーメン」のスープの様。

別の言い方をすると、普通のワインを水で割った様な感じ。

さらっとしてていいと言う人もいるのかもしれないが、俺はダメだ。


ちょっと他にも用事があったので、グラスに注いだワインをほったらかしに、用事を先に済ませる。

1時間位して、ワインも常温に戻ってしまったが、もったいないので残りをグイッと飲み干した。


すると、さっきの「コクの無さ」は何処へやら、普通の美味しいワインに変身していた!

空気に触れてコクが出たのか、常温にしたのが良かったのかは素人の俺には不明だが。

いずれにしてもこのワイン、あんまり冷やさない方がいい様だ。


この味であれば 俺の家飲みワインとしては十分合格。

残りは全部常温で、安ウイスキーの助けも借りずに美味しくいただいた。


また同じのを買ってこようと思ったが、俺のミッションはまだ終わっていない。

次回も、新しい安物ワインに挑戦だ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)