カオソーイ

ここでは、「カオソーイ」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.12.21 | 更新:2016.12.26
20161221_kuenhan_1.jpg

この日の俺は、用事があって、ラチャダーのフォーチュンタウン (Fortune Town) に。

向いのセンタン(セントラルデパート)が本格駆動し、逆にフォーチュンの駐車場はすいていて快適だ。


用事を済ませ昼飯時。

ここの地下には、以前読者の方から情報をいただいて 食べに行ったカオソーイ屋がある。

その時は残念ながら、ちょっとはずれを引いた様で、残念な思いをした記憶がある。

カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン


あれから丁度一年。

やっぱりスクムビット近辺でウロチョロしていると、ラチャダー方面は自然と足が遠のく。

久しぶりのラチャダー(昼)と言う事もあり、リベンジの為 地下のカオソーイ屋へ降りて行くことに。


「クンハーン」 [Kuen Han] お店の詳細


お店の名前は 「クンハーン」 [Kuen Han]。

お店の詳細に関しては、前回の記事をご参照いただきたい。


お店の様子


平日昼時にも拘わらず、空席がちらほら。

以前来た時は、店から客があふれていたのに、、、


やはり、向かいに出来たセンタン(セントラルデパート)の影響が大きいんだろうか。

まあ俺としては、ゆっくり食えるので 願ったりかなったりだが。


注文


注文はもちろんカオソーイ。

前回は品切れだった 「カオソーイ ガイ(鶏)」を注文。

待つ事暫く、俺の 「カオソーイ ガイ」がやってきた。

20161221_kuenhan_2_2.jpg
「カオソーイガイ」
50バーツ

おいおい、盛り付けも丁寧だし 旨そうじゃねーか。


実食「カオソーイ ガイ」


もう見るからに、前回とは全く別物。(笑)

20161221_kuenhan_3.jpg
鶏もも肉も 小ぶりだが何と3本も!

食べる前から旨さを確信。


鶏肉は柔らかく、こんな安さで3本も入っているとは驚きだ。

揚げ麺もパリパリ、麺もスープも非常に美味しく文句なし。


前回のは何だったんだ!

この味だったら、またこの辺に来た時には食べてみたいぜ。


前回の問題点


やはり以前は、人気がありすぎ・混みすぎで、オペレーションが雑になっていたんだと思う。

やはり忙しくなると 全体的にクオリティーが落ちてくるのは、何処の人気店でも同じな様だ。


前回のこの店の様子を 他店で例えると、現在のプロンポンにあるクイッティアオ屋「ルンルアン」の様な感じだったんじゃないだろうか。

関連過去記事
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか


つい先日もルンルアンで食ってみたが、店は相変わらずの激コミ。

肝心のクイッティアオは、、、

20161221_kuenhan_runruan.jpg

ここ数年は毎度の事だが、昔の様な 旨さと丁寧さは無かったなぁ、、、


このカオソーイ屋 「クンハーン」も、現在は、お店としては売り上げダウンなのかもしれないが、俺にとっては、安定して美味しく食べられそうな道筋が見えてきたので、今回は価値のある訪問だったと思っている。


それにしてもB級グルメは、色んな意味で安定性に欠けるのが、面白さでもあり難しさでもある。

今回も、それを痛感した一食だった。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
関連記事(カオソーイ@バンコク)
「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し!
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店
投稿:2016.01.13 | 更新:2016.02.22
この日は、シーロムで働くタイ人と早めのランチ。

行ったお店は、、、


シーロムで働くタイ人なら、知らない人はいないであろう超有名店。

20160113_kaosoi_1.jpg
「シップソーンパンナー」【Xishuangbanna】
(Google map 座標: 13.725574, 100.531327 )

いつも昼時には長蛇の列なんで、近くまで行けばすぐわかる。

20人位の行列は当たり前の店だ。


タイ人に大人気!日本人にも大好評!でも俺は苦手(笑)


このタイ人との昼飯は、しょっちゅうここ。

彼のお気に入りで、俺の苦手な一軒だ。

この日も、日本から訪タイ中の友人が一緒で、案の定この店へ。


「あ~、まただよ~」

と、心の中で思いつつも店へ向かう。


注文


タイ人・俺・日本人友人はカオソーイ。

タイ人の同僚の女の子はカノムジーンを。

周りを見ていると、カノムジーンを注文している客が多い。


俺の訪タイ友人も、カオソーイ2杯サクッと食べて、美味しい美味しいと大満足。

名様、大満足のお昼でした。(笑)


えっ?これだけ?



その後、一人で店へ戻るマシマシ。


いつも言っている様に、俺は複数人数での食事の時は写真を撮らない。

だが、いつもそれじゃあ皆さんに申し訳ない。


そんな訳で、この日は友人たちと別れた後、自分の用を駆け足で済ませ、2時過ぎにお店へ再訪!

わざわざ写真を撮るためだ。

まあ、さっき食べただけじゃ足りなかったってのもあるが。


店員も、俺の顔を覚えていたらしく 「???」


それでは、この日2回目の訪問だが、わざとらしくレポートする。


注文


メニューは英語表記もあり、商品も番号付き。
外国人フレンドリー。

20160113_kaosoi_2.jpg
英語入りメニュー

さっきはガイ(鳥)だったので、 今度は カオソーイ(牛)を注文。

20160113_kaosoi_3.jpg
カオソーイ ヌア(牛) ピセット(大盛)
45バーツ

水 10バーツ


写真じゃ判りづらいが、量がメチャクチャ少ない。(大盛でも)

これが、俺がここを苦手な理由 その1。

わんこそばじゃないんだから。

一般の人でも、並盛3杯でも少ない位だ。


実食


上の写真を見てもわかると思うが、盛り付けは非常に丁寧。

こういう所は好感が持てる。

肉、揚げ麺、薬味の野菜類もいたって普通。

麺はストレート麺、俺は平打ちちじれ麺の方が好きだ。


問題はスープ。

ここのスープは若干だが甘めの味付け。

都会のタイ人の舌に合う様に、うまくアレンジされていると言えばそれまでだが。

たったそれだけの事だが、これが 俺がこの店のカオソーイを苦手な最大の理由。


以前カオソーイのエントリーで、「甘くて苦手な店」と軽く触れたのは実はこの店。

「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し! (過去記事)


カオソーイと言ったら、ピリっとしてコクがあり カレー味の効いたスープが俺の理想。

やはり、クイッティアオなどに砂糖を入れる人種に合わせると、こうなってしまうんだろうか。

そういえば、一緒に行った日本人の友人も甘党だったなぁ。


総評


結局、褒めてるんだか けなしてるんだか よくわからないリポートになってしまった。(笑)

以前も言ったが、カオソーイは 俺の周りでも意見が分かれるので、 これでいいのかな。


日本人の旅行者でも、辛いのが苦手だが、カオソーイは食べてみたい。

食べたことが無いんで、食事の合間に少しだけトライしてみたい。

なんて人には、お勧めの店かもしれない。


但し、ランチタイムは絶対に避けよう。

英語表記のメニューもあるとはいえ、小さな店内は激混みで、とても観光客がぶらりと行ける様な状況ではない。

俺は朝は行った事が無いが、早い時間からやっている様なので、早い時間か午後2時以降がいいだろう。
(但し、午後の遅い時間は売り切れの場合もある。)

20160113_kaosoi_4.jpg
営業時間


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(カオソーイ@バンコク)
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』
カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン


関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】
投稿:2015.12.15 | 更新:2016.02.22
アソークで、上品な?カオソーイを食べて、何だか少し物足りない。

前回のエントリー
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』

こんな時にまた、二郎時代の「連食」の悪い癖が。


以前、読者の方に教えて頂いたフォーチュンタウンのカオソーイを思い出す。

アソークからなら地下鉄で2駅。

普段は動きの鈍い亀の様なマシマシだが、こういう時だけは ウサギの様に素早い。

気が付くと、フォーチュンタウンのお店の前に立っていた。


「クイッティアオルア・クンハーン」【Kouay Teau Roue Kuen Hang】


20151215_kuenhang_1.jpg
これが店名の模様。

メニューにも英語で、「Kouay Teau Roue Kuen Hang」 と書いてあった。

無理やりカタカナに直すと、「クイッティアオルア・クンハーン」でいいかな。

クンハン?クンハーン? 、店の正面にでかでかと飾られた日本語雑誌の紹介欄に、「クンハーン」と書いてあったので、この雑誌の命名を尊重しよう。


お店の場所


場所は、フォーチュンタウンの地下。

一番北の端の方。

建物に入ったら、まずは1階をずっと北の方に歩いて、フードコートを目指そう。

フードコート目の前のエスカレーターを降りれば、真下にあるのが その店だ。


お店は午後でも大繁盛


休日という事もあり、3時近かったが ほぼ満席。

お店は、通路を挟んで両側に席がある。

20151215_kuenhang_1_2.jpg
看板が出ている方はメインのお店とキッチン。

20151215_kuenhang_1_3.jpg
逆側はソムタム用キッチンと客席。


注文


メニューはタイ語・中国語・英語

ラチャダーは中国人多いからねぇ。

中国大使館もあるし。

20151215_kuenhang_2.jpg

20151215_kuenhang_3.jpg
「猪肉」って書いてあるのが豚なのかな。

香港なんかでも、ローカルのお店に行って、日本人は なんとなく注文出来てしまう感覚に似ている。

この店でも、無意識のうちに、英語メニューより中国語の漢字を見てしまうリアルジャパニーズのマシマシ。

取り敢えず、カオソーイ・ガイ(鳥)を注文。


暫くして、ウエイトレスが俺の席に、

「ガイ(鳥)」は売り切れで「ムー(豚)」しかないとの事。

仕方が無いのでカオソーイ・ムー(豚)に変更。


注文変更後、あっと言う間にカオソーイが来た。

早っ!


本当に鶏が売り切れだったのか???

ここは ご存じタイランド。

まあ、この辺は突っ込まない様にしよう。


カオソーイ・ムー(豚)


20151215_kuenhang_4.jpg
カオソーイ・ムー 40バーツ
水 10バーツ
氷  1バーツ

やはり都心のアソークと違って値段は安い。

見た目の盛り付けは、、、ちょっと雑な感じ。

一応 念のために書いておくが、食べる前の写真だ。

店頭にでかでかと飾ってある、日本語雑誌の写真とはかなり違う。(笑)


まあ休日で混んでるし、仕方ないのかな。


カオソーイ屋でよく出てくる付け合わせの薬味は無し。


取り敢えず食べてみる事に。


実食



スープ


まずはスープを一口。

かなりカレーの味が強い。

コクもある。

ローカルだけあって辛さも若干強め。

俺はタイ暮らしも長いんで、辛いのは全く問題ないんだが、旅行者で辛いのが苦手な人は、スープを一気に飲むのはやめておこう。


カオソーイとして食べるよりも、カレーに近い感覚で 白いご飯と共に食べたかった。


具材


豚肉は別に普通の薄い こま切れ肉。

骨付きとかではなく、クイッティアオなんかと兼用の肉だと思う。

敢えてレポする様なもんでもない。


高菜みたいな野菜は、忙しいからか、20センチ位の切ってないやつが入ってた。

麺より長いぜまったく、、、



麺はカオソーイの定番、黄色っぽい平打ちちじれ麺。

俺の大好物。


残念ながら、この日は麺ゆで不足。

麺が粉っぽく若干ベチャベチャっとしていた。


俺はラーメン野郎なんでよくわかるんだが、タイのラーメン店でも 太麺だと たまにあるパターン。

麺をゆでるお湯の温度が低いとこうなる。

麺自体は美味しいのに勿体ない。


次回のプラン


スープもコクがあるし、麺の素材も悪くない。

カレー味がかなり強いのは、好みの分かれる所だが。


休日午後のアイドルタイムでも満席なのは、間違えなく美味しい店の証。

このポイントだけは、写真や文章ではごまかせない。

後は、外国人の自分がどれだけ当たりを引けるかだ。


まあ今回俺は、若干はずれを引いてしまった様だが、二郎のはずれに比べりゃ可愛いもんさ。

次回は平日の、ピークを外した時間に来てみよう。


クイッティアオ・ルア(タイヌードル・豚の血入りスープ)は店名にもなっているので、こちらも非常に興味がある。
[これも俺の大好物]

よって次回の作戦は、、、


まず訪店は、余り混んでない時間を狙う。

そして、カオソーイは香辛料も強く後味が残るので、まずはクイッティアオ・ルアを先に食べる。

その次にカオソーイ・ガイを注文。


のダブルオーダーでチャレンジしてみたいと思う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(カオソーイ@バンコク)
「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し!
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店


関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】
投稿:2015.12.14 | 更新:2016.02.22
先週は、週の半ば2日を除いてほぼ休みばかり。

1週間ほとんどが、お休みモードのバンコクだった。

ずっとバンコクにいたマシマシ、当然 麺食比率も異常な数値(笑)


先日、日本から来た年配の方とゴルフをする機会があった。

その方は、訪タイ歴も長く 多方面にわたって色々に詳しかった。

そんな中で「カオソーイ」の話になり、アソークのパックベーカリー『PAK BAKERY』を強く勧められた。

その人の一押しで、かなりお勧めとの事。


次回会った時に必ず聞かれると思ったので、取り敢えず連休中に行ってみる事に。


パックベーカリー 『PAK BAKERY』 の場所


場所は、BTSアソークの駅から、夜は通り慣れた(笑)Soi23を進み、ちょっと行って右に曲がったところ。

(google座標 13.738344, 100.563952)

いい加減、地図の貼り方位覚えないとまずいかなぁ。byマシマシ


午後だったが、曇り空でそんなに暑くも無かったので、散歩がてらに歩いて行った。

10分~15分位歩いただろうか。


お店は道の角にあり、非常にわかりやすい。

何か、来た事ある様な、、、


お店の雰囲気


扉を開けて中に入ると、左手にパンを並べたショーケースが。

パンが申し訳ない程度に並んでおり、その奥がレストランになっている。

ベーカリーって店名に入っているけど、パン屋じゃないのかよ。


客はざっと見て、タイ人とファラン(白人)半分ずつ位。

店内には、ジャズソングのBGM。

貧乏性の俺には落ち着かない空間だ。


俺、カオソーイ食いに来ただけなんだけどなぁ。


因みに、客で短パン・サンダルは俺だけ。

だってパン屋(ベーカリー)って聞いてたから・・・


非常に場違い感漂う中、取り敢えず着席。


注文


メニューを貰ってカオソーイを探す。

メニューには100バーツと書いてある。

こういう店だと、通常 サービス料や税金を取られたり、水も高かったりすると、150バーツ近く行ってしまう事もよくある。

まあ、どっちにしても食うしかないんで、水と一緒に注文。


店名入りの水


値段も見ないでお願いした水。

店の名前入りのペットボトルでご登場だ。

20151214_pakb_1.jpg
店名入りの水

値段いくらなんだろう?

B30、B40、B50、???

頭の中で想像が膨らむ。


あとは、カオソーイが来るまでお店のFreeWiFiで暇つぶし。


カオソーイ・ガイ(鶏)


ビビりながら水を飲む事暫く、カオソーイが運ばれてきた。

暫くと言っても結構時間かかったなぁ、20分位待ったと思う。

   
注文のカオソーイが到着。

20151214_pakb_2.jpg
カオソーイ・ガイ(鳥)

普通盛りなので、見た目非常に小ぶりなカオソーイ。

そりゃあそうだよ、店の雰囲気からして「ピーセッ(大盛)!」なんて言える雰囲気じゃなかったからな。

付け合わせの薬味類もこじんまり。


味は結構薄味だった。


まずはスープを一口。

上品で薄味、バランスも良く、ピリッと辛さも効いている。

化調に侵されている俺の舌には、ちょっと物足りないが。


麺は、他店で見られる黄色ではなく白っぽいちじれ麺。

表面もツルツルで、あまりスープと絡まない。

俺はこの麺、あまり好みじゃない。


入っている骨付き鳥のもも肉も、大きさは十分だが可もなく不可もなく。


この店は、色々な料理の一部としてカオソーイを出している。

よって、カオソーイ自体の味が強すぎると、他の料理の味を損なってしまうので、あたりさわりのない味になるんだと思う。


俺には場違いな、店内の雰囲気。


それにしても、客層と言い流れている音楽と言い、俺には間違えなく場違いな店。

最後の方で、若いファランのカップルが、サンダル履きで入ってきてくれたのが唯一の救いだった。


お勘定


「ゲップタン・・・」(タイのローカル屋台で勘定をしてもらう時の決まり文句)

と言いかけたが、慌てて

「チェックビン」(レストランなどでのお勘定の時の言い方)

と小さな声で言いって、指で勘定をお願いするしぐさを。


お勘定が来た。


カオソーイ 100バーツ
水 15バーツ
氷  5バーツ

合計120バーツ


サービス料も税金も無し。

心配していたお水の値段も良心的。

なんだ、ビクビクして損したぜ。

まあ、カオソイ単体で食べる値段としては、ちょっと考えてしまうが。


こちらは短パン・サンダルと言う負い目もあったので、チップは20バーツ挟んでおいた。


屋外のテーブル席


外に出て、来た時とは逆の方向に歩いていくと、

20151214_pakb_3.jpg
外には、屋外のテーブル席も。

何だよ、中に入らず外で食えばよかった。

ここなら短パン・サンダルでも、何の違和感も無い。


おまけにFREE PARKINGの表示も。

車で来ればよかったぜ。


実は何回も来ていた店だった。


そしてその日の夜になって、やっと思い出した。

この店は、タイに仕事でよく来る友人が接待なんかで使ってた店だ。

随分昔の話だが、俺も何回かそういったシチュエーションで、この店で同席したことがある。

その時は、もちろん俺だって靴にズボンにワイシャツだったぜ(笑)


おまけに、カオソーイも何回か食べた記憶が。

いつも友人の仕切りだったし、夜で酒も入ってたんで忘れていた。


まあ使い道としては、日本から知人が訪タイ、「カオソーイは食いたいけど、あんまりローカルな店はいやだ。」なんて、わがままな奴を連れて行く時位かな。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(カオソーイ@バンコク)
「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し!
カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店


関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】
投稿:2015.10.23 | 更新:2016.02.22
この日はどうしてもカオソーイが食いたくなった。

シーロムにいたんだが、車で少し離れた PORT(タールア)方面へ。

シーロムでも美味しいカオソイ屋はあるが、そこのカオソイはちょいと甘目。

都会のタイ人用に少しアレンジしているのか、俺はちょっと苦手。


中心部を離れれば旨い店は何件もある。

しかし、どういうわけかバンコク北部(モーチット方面やさらに北の方)に多い。

タイ北部料理だからって、バンコクでまで北部に店を出さなくてもいいのにと思う。

いづれにしても、ちょっと俺の普段の行動エリアからは外れる。


そんな訳で、シーロムから少し離れたPORT(タールア)のお店へ。

20151023_kscm_2.jpg
「カオソ-イ チェンマイ」


「カオソ-イ チェンマイ」の場所


google 座標 13.713667, 100.567709

ちょっと普通の人には馴染みのない場所だ。

しかし、グーグルマップで近場の有名処からの距離を計測してみると、観光客に人気のシーフード 「ラマ4のソントーン」 から850メートル位。

そう言われると、そんなに遠くは感じないだろう。

ただ、足が無いとちょっと不便かな。


車の場合は目の前の通りに路駐。

店はソイの入り口角にあるんだが、車は必ず店より先の道路沿いに停めよう。

このソイは大型車トレーラーが頻繁に通るので、店より手前のパクソイ角近くに停めると大ヒンシュクだ。

ソイの中のパクソイ近くも同じ理由で避けた方がいいだろう。


ここ数年は、日本人の客もチラホラ見る様になった。

さっき見たら、グーグルマップにも日本語で店名が載っている!

有名じゃないと思ってずっと通っていたのは俺だけ?

まあ今や、情報はネットで飛び交い、人々が知らない隠れた名店なんてありえないのかもしれない。


本日の注文


20151023_kscm_1.jpg
カオソーイ ガイ(鳥) ピーセッ(大盛) 80B

鳥(チキン)は写真に1本しか映ってないが、スープの中にもう一本。

しっかり2本ついてくる。

この鳥がまた肉付きもよく、カオソイのスープともよく合う。


麺も硬すぎず柔らかすぎず俺好み。


そして、俺がこの店を一番気に入っている理由はスープだ。

上の方で書いたシーロムの店や、他にもあちこち偵察に行っているんだが、どうしてもスープが甘ったるい店が多い。

甘いもの好きの都会っ子タイ人に合わせているのかもしれないが、どうも俺は好きになれない。


まあこの辺りは好みの分かれる所だろう。

俺の周りで聞いても、カオソーイ屋は意見が割れる。


ここの店のスープは、味のバランスが非常に良く、決して特定の味が飛び出る事も無い。

思わずスープも完飲しそうになるが、そこは鉄の意志をもって我慢する。


大満足、ごちそうさまでした。


最後に一つチョイメモを。


訪問シーズンと座席の選択


この店はさっきも書いた通り、大型トレーラーが頻繁に通るソイの入り口にある。

奥の方にコンテナヤードか何かがあるらしい。

現在は雨季(もうすぐ終了だが)なので問題ないが、乾季(特に3,4,5月酷暑の時期)になると、ソイを通る大型トレーラーの砂埃がはんぱじゃない。

訪れるなら、「雨季の現在」や「乾季であれば交通量の少ない土曜(日曜定休)」などがお勧め。

もしそれ以外での訪店であれば、まあ状況にもよるが 「座るならソイや通りから離れた席 店の奥の方の席」などをお勧めする。


味はマシマシのお墨付き。

いつ行っても味のブレが全くない。

観光客でも時間がある人はぜひ行ってみてくれ。


カオソーイチェンマイ Facebook タイ語 (外部リンク)


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(カオソーイ@バンコク)
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』
カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店


関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】