携帯

ここでは、「携帯」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2018.11.22 | 更新:2018.12.01
20181122_applestore_cover.jpg

先日遂に、タイでは初となる 正規の「アップルストア」[Apple Store ICONSIAM]直営店が、川向こうの新しい商業施設「アイコンサイアム」[ICONSIAM]にオープンした。

俺は別にアップル信者でも何でもないんだが、タイ現地でのアップル製品の修理やリコール等 もろもろの事を考えて、一度行ってみることに。


場所と行き方


場所は、川向こうに新しく出来た「アイコンサイアム」[ICONSIAM]という商業施設内。

日本の高島屋も入っている。

場所Google座標 :13.727505, 100.509083


一般旅行者の人は、近くまで電車で行って、後はタクシーやバイタク若しくは船 っていう感じになるのかなぁ。


俺は車で行ったので、バンコク スクムビットエリアから高速利用。

座標も駐車場入り口の辺りを張っておいた。


印象はたった一言

「遠い!」

(↑これは、今回の話しでは非常に重要。)


バンコクでのアップル製品修理場所


今までバンコクで、アップル製品を正規に修理する場合、一般的には下記の場所へ持ち込むのが一般的だった。

  1. BTSチッロム駅近くのアマリンプラザ内、アップルサービスセンター。

  2. アップル公認店舗(「iStudio」「 Studio7」など)

  3. 「AIS」「TRUE」「DTAC」などの携帯キャリアショップ

などなど、各自が商品を買った場所や 故障・破損の状況によって、持込み場所は色々だ。


俺は今までいつも 「1」のアマリンに持ち込んでいたが、そこがなくなって川向こうに一本化されると非常に遠くなるので面倒だ。

サイアムエリアにも、将来「アップルストア」がオープンするようなので、そうなれば少しは楽になるんだが。


そんな訳で今回行ってみたんだが、やっぱり川向こうは遠いし渋滞もきつい。

スクムビットエリアに住む俺としては、川向こうには ゴルフの時以外は行きたくないというのが偽らざる感想だ。


タイでのアップルケアや携帯破損時の保険・保障


ちょっと話しはずれるが、以前読者の方からタイのアップルケアに関して質問があった。

その方にはメールで返信したんだが、ついでなんでここでも簡単に書いておく。


まずタイでは、アップル製品を落として画面が割れたり壊れた時などに、無償修理や交換をしてくれるアップルケアは、iPhone(携帯電話)には適用されない。

これは正規の「アップルストア」が出来ても変わらないようだ。


唯一、携帯の破損等に対する保険みたいなものをかけられるのは、俺の知る限り携帯電話のキャリアショップだ。


例えばタイ通信事業最大手「AIS」では、アイフォンの破損や盗難、さらには紛失までカバーする保険に入る事が出来る。

但し、加入できるのは同社での携帯購入当日のみ。

ちなみに、保険適用時の免責金額は結構高い。


正規「アップルストア」 店舗の様子


20181122_applestore_shop_1.jpg

さてと、肝心のアップルストアだが、、、、

別に普通の「アップルストア」、何も目新しいものは全くない。

20181122_applestore_shop_2.jpg

えーそれだけかよ、と言われそうだが、本当にそう思ったんだから仕方がない。

店舗内滞在時間は約5分。

遠いし 人も多いし、、、、、


バンコクでの正規「アップルストア」 利用のメリットは?


タイでは、バンコク市内などでアップル製品を買う場合、特定の色やモデルが店舗に在庫が無い時に、他店舗の在庫照会をしてくれる様な対応は中々望めない。

そういった場合、やはり現物在庫が一番多いのは、新規オープンの この正規「アップルストア」になると思う。


アップルの公式サイト(タイ語と英語 タイ国内送料無料)もあるが、ここを使った場合税金の還付[TAX REFUND]は利用出来ない。


と、そんな訳で、オープン間もないアップルスト訪問は、無駄足だった、遠いという事が分かっただけでも収穫としなければいけないのかなぁ。


余談だが、この日は平日にもかかわらず、ICONSIAM の駐車場で車に乗り込んでから、駐車場を出て表の道にたどり着くまでに、30分以上もかかった!

なんだかなぁ~



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【関連過去記事】
iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その1 スリープボタンの不具合
投稿:2016.05.25 | 更新:2016.05.26
以前、タイ国内で使用できるデータSIM [i-Mobile 3GX] の、購入と登録について記事を書いた。
タイのデータSIM、未登録で購入し 店舗に行かず自宅で登録完了。

そして最近、その中の手持ちSIMのうちの一枚(有効期限6ヶ月・1GB)を使い切ったので、次のSIMを使う事に。


残りの手持ちデータSIM在庫


上記シムを使い切り、この時点で 残る手持ちストックのSIMは4枚だった。

  • 30DAYS-500M-99bath-有効期限無し : これが2枚

  • 6Month-1GB-199bath-有効期限無し : これも2枚


次のSIMとして、2番目の「6Month-1GB-有効期限無し-199bath」のうちの1枚を新たに使う事に。

*ここで言う有効期限無しとは、使用・未使用に関係なくSIM自体の有効期限の事。


新しいSIMなのに使えない!


ところが、新しいSIMを刺して、いつもの様に使おうとしたが、全く使えない。

何か嫌な予感、、、

色々試しても全くだめ。


仕方なくサポートに電話し 色々やり取りすると、俺の手持ちのSIM 4枚全部が有効期限切れとの事。

おいおい、有効期限は無しと言われて買ったSIMだぞ。

しかも、「6Month-1GB-199bath-有効期限無し」のSIM2枚にいたっては、まだ買って半年位しかたっていない。


「i-Mobile」 サポートの対応


サポートと、あーだこーだと話しをするうちに、ノンタブリの方(判り易く言うとドンムアン空港やインパクト展示会場の辺り)まで来れば、SIMを無料で交換してくれると言う。

俺がいるのはスクムビットエリアだ。

たかだか総額5-600バーツのシムの為に そこまで行くのは、金と時間の無駄遣い、どう考えてもバカらしい。

きっぱりと拒否。


すると翌日連絡が。

「もし新しいSIMが欲しければ 郵送します。」と。


おー、やればできるじゃん、タイもまだまだ捨てたもんじゃない。

先進国に追いつくのも、あと少しだな。


交換のSIM到着まで3週間


郵送しますとの連絡後、2週間待っても何も送られてこない。

しかしそこは、タイで 諦め 「忍耐」という言葉を学んだ俺。


紳士的にサポートへ連絡。

マ: 「新しいSIMがまだ来てないんだけど?」

サ: 「はーい、すぐに送りまーす」
(当然初めは言い訳から始まったが、むかつくんで割愛)


その後1週間位で、やっと交換のSIMが到着。

20160524_imobile_1.jpg
ところが何故か、4枚ではなく3枚だけ。

もう面倒なので、足りない1枚に関しては諦め。


新しいSIMの動作確認


俺の場合、通常データSIMは、旅行などの時の非常用なので、急ぎで必要と言う訳ではなかった。

ちなみにこのシムは、TOT(タイ版の「NTT」みたいなもん)の回線を使っている(MVMO)ので、地方でも非常にスピードが速く、外で飛行機やホテルの予約をするときに非常に重宝する。

後日 実際に使う時になって何か問題があるといけないので、取り敢えず到着した3枚のうちの1枚を使ってみた。

結果はなんと、

「また使えない・・・」


再度 サポートに連絡


怒りを抑えて、再度サポートに連絡をした。

マ: 「あのー、交換で送られてきたデータSIMが使えないんだけど。」

サポートに、3枚のSIMの番号を伝え調べてもらう。

サ: 「残高がゼロです。チャージしてから使って下さい。」

はぁ???

マ: 「交換前のSIMの残高(balance)はどうなっちゃうの?」

サ: 「それはもう無効です。新しいSIMにチャージして 新たに使ってくださいネ。」

と明るく言われてしまった。


やっぱり最後はタイランド


金額的にも5-600バーツの事なんで、もうこれ以上文句を言うのは諦めた。

長い経験からだ。


結局、ストックとして持っておいた「i-Mobile 3GX」 のデータSIMは、4枚全部パー。

新たにトップアップすれば使える事は使えるんだが、そんな「盗人に追い銭」みたいな事はちょっと避けたい。


この国では、一事が万事この調子だ。

ニコニコしながら 平気ではしごを外すタイランド。

本当に疲れる。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
タイの未使用SIM、登録義務化に伴い個人情報を登録。その3 i-Mobile
投稿:2016.04.11 | 更新:2016.12.31
以前このブログでも書いた様に、俺はサブの通話用SIMカードとしてトゥルーのインターシム[TRUE INTERSIM]と言うプリペイドSIMを使っている。

1分1バーツで日本の固定電話にかけられる。

但し他の用途は全く無いので、普段は家に置きっぱなし。

最近は あまり使用する事も無く、チャージもしてなかったので、残りの有効期限が少なくなってきた。

そんな訳で、追加チャージ(トップアップ)をして期限を延ばす事に。


最安で最も効率のいいチャージ(トップアップ)方法


有効期限の延長方法は、キャリアによって色々な方法があり、しかもコロコロ変わる。

ある一定の金額を払って、有効期限だけを延ばすやり方なんかもある様だ。


現在トゥルーの場合、一番安く効率よく期限を延ばせるのは、トゥルーショップの機械で10バーツづつチャージ(トップアップ)するやり方だ。


20160411_true_charge_1.jpg
チャージ(トップアップ)の機械


このやり方は、以前このシムの有効期限がトゥルーの周波数問題のごたごたで一方的に消滅してしまった時、トゥルーショップの兄ちゃんに教えてもらった方法だ。

一回10バーツのチャージで、1ヶ月有効期限が伸びる。

そして、その10バーツ分も、しっかり残高(クレジット)として反映される。


今回もアソークに用事があったので、ターミナル21のトゥルーショップでトップアップをしてきた。


事前の準備


まずは10バーツコインが必要なので、BTSアソーク駅のカウンターで両替(笑)

今回は100バーツ札をだまって出し、10バーツコインが10枚出てきた。

これを持って、目の前にある「ターミナル21」の6階 トゥルーショップ[TRUE SHOP]へ。

ショップの入り口右側に、その機械が置いてある。


機械の操作方法


機械本体は全てタイ語表記なので一瞬戸惑うが、スクリーンの中で英語に切り替えができる。

操作自体は非常に簡単だが、一応手順を書いておく。

  1. 画面一番左上の「ALL TRUE BILL」を選択

    20160411_true_charge_2.jpg

  2. 画面右下のボタンで英語を選択

  3. 電話番号を入力

  4. 左下の「TOP UP」ボタンを押す

  5. 次の場面に変わったら、機械に10バーツコインを一枚入れる

  6. 画面の金額欄に「10B」と表示されたのを確認して、その右下の「Top Up」ボタンを押す。

    20160411_true_charge_3.jpg

  7. 完了。携帯にSMSが届き、期限が1か月伸びたことを確認。


これを今回は10回繰り返し、10ヶ月の有効期限延長をゲットだ。


総予算100バーツ、100バーツ分の金額も しっかり残高(credit)に反映される。

慣れてしまえば、あっと言う間に終了する。


わからなければ、たいがいは近くでブラブラしている店員がいるので、言えばすぐに教えてくれる。


通常のチャージでは、結構まとめた金額をトップアップしても、大して期限が伸びなかったりと、よくわからない事が多いので、安く確実に有効期限を延ばすには、この方法はお勧めだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した!
TRUE INTER SIM、消えた有効期限 その後。 今度は期限が増えてる!
TRUE INTER SIM、TRUE MOVE のサービス停止に伴いSIMの交換。
投稿:2016.01.11 | 更新:2016.05.24
明け方にかけて、またしても乾季に雨が降った今日のバンコク。

まったく、いつまでこんな天気が続くんだろう。


さてと、今日は年末に買ったデータSIMの話しを。


インターネットをあまり使わないマシマシ。

ヘビーユーザーとは程遠い。
  • 普段は家のWiFi。

  • 外出時は、その辺のフリーWiFiか、若干速度は遅くなるが携帯のデータ通信。

これでだいたい事足りる。


しかし、まれにだが接続が無かったり、ネット環境が悪くスピードの速い接続が必要なときがある。

あとは地方に行った時とかかな。


そんな時用に、一応持っているのがデータSIM。

今回も、年末年始の旅行に備え、一応ストックの補充をした。


i-Mobile 3GX Data SIM


最近はほとんど、アイモバイル のデータシムを買う事が多い。

しかしこのデータシム、どういう訳かバンコクで取り扱っている店が非常に少ない。

通信キャリアのデータパッケージが普及したこともあるが、そうでもない昔からも、目にする機会は少ない。

需要が少ないのかなぁ。


そういう俺も持ってはいるが、ほとんど使わずに有効期限切れになったり、無くしてしまう事も多い。


容量、有効期限、金額。


前回までは、

『500Mb、30日、99バーツ』
(500Mb 30days B99)

ってのを使ってた。


しかし今回、あちこち探したんだが全く見当たらない。

やっと見つけたのは、センタンバンナーの小さな出店で数枚のストックのみ。

しかも、現在手持ちのストックとは異なり、


『1000Mb、6ヵ月、199バーツ』
(1000Mb 6Month B199)


以前、90日有効の同社シムで、30日しか使えなかった事が何度かあった。

有効期限6ヵ月は非常に不安だ。

買うのをためらったが、他にないので、しぶしぶ3枚全部購入。

20160111_dsim_reg_1.jpg
在庫3枚全部お買い上げ。


因みに有効期限30日のシムで2カ月位使えた事も何度かあるので、まあこの辺は痛み分けと行った所だろうか。


SIMの登録、個人情報・使用者情報。


このデータシム、一応電話番号もついているので、使用者情報の登録が必要なはず。

以前の手持ち分は全て登録済み。

タイの未使用SIM、登録義務化に伴い個人情報を登録。その3 i-Mobile (過去記事)


今回も購入時に、店のネーちゃんに登録してくれと言うと、

「データSIMだから必要ない。」

と言われた。


但し、何かあったらパッケージ裏面のサポートに電話してくれと追加の一言。

タイで「何かあったら」と言われる時は、必ず何かある。


パッケージのステッカーが二重になってる!


家に帰って、買ってきたシムのパッケージをよく見ると、コンディションを表記した白いラベルが2重になってる。

何かの上から、再度貼った感じだ。

興味があるので、ゆっくりはがしてみると、

20160111_dsim_reg_2.jpg
6ヵ月表記の下には90日と、、、

『1000Mb、90日、199バーツ』
[1000Mb 90days B199]

のステッカーが現れた。

げぇー!

この条件のシムは、以前買って1か月しか使えなかった事が頻発したやつだ。

あ~、また地雷を踏んだのかなぁ。


取り敢えず使ってみたが、案の定使えなかった!


まずは、一枚取り出し使ってみる。

案の定使えない。

「何かあったら=必ず何かある」

が、お約束のタイランド。

仕方がないのでサポートに電話。


i-Mobileのサポート


i-Mobileのサポートは基本タイ語。

ダメ元で、英語の人をお願いすると、

「少々お待ちください」と。


数分後、英語を喋れるスタッフが不在との答え。

過去に何回も電話しているが、英語で用が済んだ事など一度もない。


仕方がないので、俺のド下手なタイ語で経緯を説明。


メールでSIMの登録


やはり未登録のシムなので、使えなかった様だ。

MBKの i-Mobile Shop まで行くのは面倒なので、何かいい方法は無いかと聞くと、パスポートのコピーをメールしてくれれば、サポートの方で登録出来るとの事。

それじゃあ、本人確認の意味ないじゃん。(笑)

さすが、アメージングタイランド。


取り敢えず、パスポートのコピーをメールするが、その後のレスポンスがあいまいだ。

30分くらいして、電話してみる。


サポートのねーちゃん、俺のメールを確認し、1時間位で使える様にするとの事。

その旨メールもくれるらしい。

30分位でメールが来て、無事にシムが使える様になっていた。


データSIMのまとめ買いをする理由


今回は、未体験の有効期限シムと言う事もあり購入は3枚にとどめた。

まあ、3枚しか在庫が無かったというのもあるが。

前回まで買っていた [500Mb 30days B99]のシムは、通常5枚とか10枚まとめて買う様にしていた。


理由は3つ

  • 第一の理由:なくなるたびに99バーツの物を買いに交通費をかけて出かけるのは非効率だから。
    挙句の果てに、在庫が無くて探し回ると、交通費の方が高くついてしまう。

  • 第二の理由:今回は、前回購入より有効期限が伸びているが、俺の記憶も不確かだが、以前は年々有効期限や容量・値段等の条件が悪くなってきていたから。

  • 第三の理由:MBKなどでは、流通量が少ないのをいいことに、業者が買い占めて倍の値段で売っていたりするから。
    まあ確かに、観光客相手であれば需要はあるだろうから、倍でも売れるんだろう。


今回のデータSIM、6か月と有効期限が長いのがちょっと気になる。

また以前の様に、1か月位で使えなくなったりしたら 目も当てられないぜ。

でもあるんだよなぁ~、この国では普通に。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
タイの未使用SIM、登録義務化に伴い個人情報を登録。その1 TRUE
タイの未使用SIM、登録義務化に伴い個人情報を登録。その2 DTAC
投稿:2015.10.19 | 更新:2016.01.12
過去のブログエントリーで、その過程を何回か書いてきたが、

ある日突然 TRUE INTER SIM の有効期限10ヶ月分がが消滅した!(過去記事)
TRUE INTER SIM、消えた有効期限 その後。 今度は期限が増えてる!(過去記事)

遂に、現在使っているTRUE MOVE のTRUE INTER SIM 、「サービス停止と切り替え期限」の最後通知のSMSが来た。


According to NBTC announcement, True Move will end the service on 18Nov.2015. To continue using this number, pls contact your customer service by 17Nov.2015.



TRUE MOVEの「トゥルー インターシム」が、遂に使用停止へ。


電脳系には弱いマシマシ。

正確な理由はわからないが、今使っているシムが2015年11月18日をもって使用できなくなる事は確かだ。

一応同じ番号を継続したいので、サイアム パラゴンの「TRUE SHOP」へ行って手続きする事に。。


トゥルーショップでシムの交換手続き


「TRUE SHOP」は、AISやDTACなどに比べ、サービスカウンターが何故かいつも激コミだ。

12時前なら少しは空いているだろうと考え、平日の昼少し前に行ってみた。

ところが客も少ないが、スタッフも少なかった。

12時を回ると、シフトの関係か新規スタッフが大量に出てきたが、結局30分は待たされた。


但し大型SCのカウンターがいいのは、必ず英語対応のスタッフがいる事だ。

タイ語のつたない俺には非常に助かる。


作業自体は20分位で終了。

新しいSIMを渡された。

3日位で旧SIMが使えなくなるので、そうしたら新SIMへ交換してくれとの事。


俺が確認したかったのは下記の3点だ。

  1. 以前同様 「00600」 を使って、日本の固定電話に1分1バーツでかけられるのか?

  2. 新SIMに移行後は、旧有効期限は引き継がれるのか?

  3. 現在の残高はそのまま移行されるのか?


1.の件を聞いた時点で、スタッフの兄ちゃんは「オッケー・オッケー」を連発。

「こいつ、何も調べないで、日本への通話料金が全部わかるのかよ???」

適当指数100%

この時点で、2と3は聞くのをやめた。

タイでの長い経験からだ。


あとは出たとこ勝負。

SIMが切り替わってから対応しよう。


旧シムのサービスが、翌朝いきなり停止!


3日程で切り替わると言われていたので、翌朝は旧シムのままお出かけ。

外出先から日本に電話する用事があったので、旧シムの刺さった携帯から電話。

ところが、、、

かけられない!

受信も出来ない!


アンテナは立っているが、どうやらすでに新シムに切り替わり使えなくなっている様だ。

まだ数日あると思っていたので、新シムは持って来ていなかった。

まいった、まいった。


新シムへの交換と動作確認


家へ帰って早速シムを交換する。

SIMデータ移行手続き確認のSMSが来ていた。


Your number is now upgrading to TrueMoveH. There may be some effect on calls & data. Once completed, your TrueMove signal will be lost or you can't use your phone as usual. Pls turn off and on your phone to start service with TrueMove H. Thank you.



無事に機能する事を確認。

おー、残高もきちんと移行されている。


有効期限は、、、

これも移行前と同様だ。

但しこれに関しては、本来文句を言いたい。

一時期、チャージにより使用期限が最長2016年の6月まで伸びたが、その後減ったり増えたり。

ひどい時は、一日で10か月分の有効期間が減った。

まあ変だと思ったんで、あまり残高を残さない様にチャージしていたので、大きな被害は受けないが。


「00600」 日本の固定電話に1分1バーツは継続


後日、所用で日本の固定電話へかける用事が出来た。

丁度いいので、通話時間と残高の減りをチェックしてみた。

おおよそ1分あたり1バーツ台の計算で通話ができたので、おそらくこのサービスも継続の模様。

一安心だ。


ここ何ヶ月か、トゥルーには本当に振り回された。

メインのシムでなかったのだけが幸いだ。


その後さらに数日後、新SIMにTRUEから再度

「このシムは使えなくなるので、番号継続を希望する場合はカスタマーサービスへ」

と、手続きが終わっているのにも関わらず、再度SMSが送られてきた。

アホ丸出しのトゥルー!

呆れて言葉も出ない。


こんな事も日常茶飯事。

受け入れていかなければいけないのがタイランド。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ