トラベル

ここでは、「トラベル」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2018.03.19 | 更新:2019.01.10
20180318_dmk_leftbaggage_1.jpg

前回、ドンムアン空港に新しく出来た荷物預かりサービス所「エアポーテルズ」に関する記事を書いた。

その記事の中で、以前から国際線第一ターミナルにある「24時間営業の荷物預かり所」に関しても触れた所、読者の方から「以前からある方は、もう随分前に別の場所に移転している。」との ご指摘のメールを頂いた。

長い事ほったらかしにしていてゴメンナサイ。(笑)
前記事も、早速訂正させていただきました。

そんな事もあり、移転先では細かいサービス等も若干変わっているので、新たに1エントリー上げる事に。


24時間営業の荷物預かり所


この荷物預かり所、俺の記憶が確かなら相当昔から第一ターミナルにあった。

以前はX線の機械も無く、ただカバンをホイっと渡して後ろの棚にしまうだけ、非常に 適当 シンプルな荷物預かり所だった。

しかし移転した現在の場所では、X線の機械もあり、荷物の集配サービスまで提供している。


見た目の怪しさは、以前と全く変わっていないが、、、

まあタイの場合、いい意味でも悪い意味でも、見た目と中身は全く比例しない事が多いので、あまり気にしなくていいだろう。


移転後の場所


移転後の場所は、ドンムアン空港の第一ターミナルと第二ターミナルを結ぶ連絡通路2階。

タイマッサージ屋(上記写真ピンクの看板)の隣にある。

当ブログの「ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ)」でマッサージ屋を見つけてもらえば、場所はすぐにわかると思う。


料金


料金は移転前と全く一緒。

20170331_dmk_5.jpg
以前の料金表

20180318_dmk_leftbaggage_2.jpg
移転後の料金表

但しよく見ると、新しい方は8日目以降の料金が追加表記されている。

相変わらず「24時間まで75バーツ」は、国際空港としては激安。

支払いは現金のみで後払い。

パスポートの確認有り。


「デリバリー・ピックアップ」サービス


20180318_dmk_leftbaggage_3.jpg

店構えをよく見ると、ドアの所に「bellugg」(Pick up/Drop off point)とデカデカと表示されており、前回紹介した「エアポーテルズ」の様に簡単な集配サービスも提供している。
(ここの場合は 多分委託業務と思われる。)

「ベルググ」とかって読むのかな?

詳しくは「bellugg」のホームページで。(日本語もあり)

興味のある人は、システムや料金等も こちらのサイトで確認できる。

ウエブサイトによると「スワンナプーム空港」「チャトゥチャック」「エムクオーティエ」「サートン」などにも店舗がある。


両店舗の比較


前回紹介した「エアポーテルズ」と今回の「24時間店舗」、どちらがいいかと言われると、、、

  • 見た目

  • 営業時間

  • 値段

  • 利用用途

などを考慮し、各自で判断して頂きたい。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ドンムアン空港 新たな「荷物預かり所」と「発送サービス」(前回の記事)

ドンムアン空港 施設・利用便 情報アップデート (2017年3月)(移転前の24時間営業店舗)


↓移転後の新しい場所は こちらの地図で確認を
ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)
投稿:2018.02.27 | 更新:2019.01.10
20180227_dmk_airportels_cover.jpg

今月 タイ国内旅行からの帰り、到着したドンムアン空港で、これまた新たな店舗を発見。

ドンムアン空港 国内線到着フロアーに、新しい荷物一時預かり店舗がオープンしていた。


「エアポーテルズ」


店舗名:「エアポーテルズ」[AIRPORTELs]

AIRPORTELs ホームページ
(外部リンク 日本語有り)

営業時間はホームページによると 08:00-23:00。

どっかで見た様な店の作りだと思ったら、MBKセンターにあるのと同じ会社だった。

スワンナプーム国際空港にも店舗がある様だ。


ドンムアン空港内 店舗の場所


預り所の場所は、ドンムアン国内線第二ターミナル1階、到着ロビーの一般エリア。

国内線で到着後ロビーに出て、一番右手になる。

20180227_dmk_airportels_1.jpg

と言っても一番国際線ターミナル寄りの場所なので、国際線利用者にも使い勝手は悪くない。


荷物一時預かり [Storage] サービス


預かる荷物をX線に通したりと、中々見た目はしっかりしている。

値段も、現在プロモーション価格で24時間69バーツ。

プロモ無しでも100bathと、比較的手頃だ。


荷物発送・受取 [Delivery] サービス


20180227_dmk_airportels_2.jpg

ここでは、荷物預かりと同時に、バンコク市内やタイ国内向けの発送サービスも受付けている。

値段は、カバン一つ当り

  • バンコク市内まで 249バーツ

  • バンコク市内から空港まで 299バーツ

  • タイ国内 一律 850バーツ


この値段を高いとみるか妥当とみるかは、人それぞれの利用状況によって異なるとは思うが、一応こういうサービスも有ると言う事を、知っておいても損は無いだろう。


ドンムアン その他の荷物預かり所


ドンムアン国際空港には、この場所以外にも、第一ターミナルと第二ターミナルの連絡通路2階に、昔から営業している荷物一時預かり所がある。
(以前は国際線第一ターミナルで営業)

ドンムアン空港 24時間営業の荷物預かり所 [集配サービスも有り]

こちらは24時間営業なので、各自 旅のスケジュールや用途に合わせて利用しよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


↓詳しい場所はこちらの地図で確認を
ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! (随時更新)
投稿:2018.02.26 | 更新:2019.01.10
20180226_dmk_cover.jpg

先日 ドンムアンで国際線利用時に、第一ターミナル(国際線ターミナル)をウロウロしていると、何と飲食業界のビックネームが2店もオープンしていた。


「スターバックス」 [STARBUCKS]


言わずと知れたコーヒー業界のモンスター「スターバックス」 [STARBUCKS]。

以前から、保安検査を通過後の制限エリアでは営業していたが、今回は国際線出国フロアの一般エリアに新規出店。

場所は、出国審査場(パスポートコントロール)へ入る入り口のすぐ横 (向かって右手)。

奥行きはさほど無いが、横幅が異常に広く、見過ごすのが不可能な位でかい間口だ。

20180226_dmk_starbucks_1.jpg
ここまで引かないと全部が収まらない!

スタバ好きには待望の一般エリア店舗だろう。


2018.03.18_ 追記
現在、上記店舗以外に 第一ターミナル国際線到着フロア(1F)にも、「スターバックス」店舗がオープンしている。

20180318_dmk_starbucks_T1_1F_1.jpg
第一ターミナル1階の「スターバックス」新店舗

20180318_dmk_starbucks_T1_1F_2.jpg
場所は、国際線で到着後、税関を抜けて到着ロビーに出た後、左側の一般エリアに進むと すぐ左手にある。


両店舗共、値段はバンコク市内店舗の1-2割高と言った感じ。
空港店舗としては良心的か?
但し、元々タイのスタバは、物価水準から考えると異常に高い。(ちなみに日本よりも高い!)
そう考えると、、、


「マクドナルド」


これまた飲食業界の巨人。

以前は制限エリア内や、国内線一般エリアの一番端でひっそりと営業をしていた。

それが今度は、国際線第一ターミナル一般エリア4階(国内線への連絡通路より)の便利な場所に新規出店。

20180226_dmk_mcdonalds.jpg
国際線一般エリア4階 新店舗

以前この場所は、出国審査ブース内の混雑を上から確認出来る穴場的な場所だったが、マクドナルドに取られてしまった。(笑)

海外旅行中でも、使い方によっては非常に便利なマクドナルド、助かる人も多いのでは。


「After You」


そして、そのマクドナルドのすぐ向かいには、タイ国内では知らない人がいない位有名な「After You」というデザートカフェもオープン。

20180226_dmk_aftreyou.jpg
「アフターユー」 [After You]
ドンムアン空港店

サイアムパラゴンや その他バンコク都心部の店舗では、空席待ちになる事も多いこの店舗、ドンムアンの店は暇そうだったので、試しに入ってみるのもありじゃないだろうか。


2018年3月19日_追記

タイスキの「MK」 そして「やよい軒」も


20180319_dmk_mk_yayoi.jpg

さらに直近では、タイ飲食業界の巨人、タイスキの「MK」や「やよい軒」も登場。
但し3階連絡通路フードコートでのカウンター営業のみなので、タイスキ鍋の提供は無く「FAST FOOD」のみ。



と、そんな訳で、特に今年に入ってからもドンムアン国際空港では、次々に新店舗が現れ、まだまだ開発途中と言った感じだ。

ドンムアン空港を頻繁に利用する俺としては、これからも、出来るだけ最新の情報を随時アップデートしていく様、努力していきたいと思っている。

尚、今回記事にした店舗の詳しい場所は、下記「ドンムアン空港 フロアガイド」で確認して欲しい。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


↓各店舗の詳しい場所は こちらの地図で確認を
ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! (随時更新)
投稿:2018.01.29 | 更新:2018.03.18
20180129_hotel_keycard_cover.jpg

当たり前だがタイは暑い。


冷房の効いたホテルで部屋から一歩出ると、灼熱地獄が待っている。

汗だくで帰ってきても、冷房が効いて部屋がキンキンに冷えていれば気分も最高!

しかし、キーカードを抜き 外出し、汗だくで部屋に戻った時に部屋の中まで蒸し暑かったりすると、何か暗~い気分になる。


それ以外にも ホテルの部屋から出る時、パソコンやカメラ等の充電を外出中にしておきたい、なんて事もあるだろう。


タイでは、一流ホテル以外では、キーカードを1枚しかくれないホテルも結構あるので厄介だ。

特に地方へ行くと、そういった宿の比率は格段に上がる。


そんな訳で、まずはそう言った場合の 通常の対抗手段を整理しておこう。


外出時の充電対策


外出時に、携帯・パソコン・カメラのバッテリー等々を充電しておきたい場合。


ホテルにもよるが、基本 冷蔵庫と同じ場所のコンセントだけは、キーカードを抜いても電源が落ちない仕様になっている所が殆んどだ。

但し、そのコンセントが一つしかない場合も多く、その場合 冷蔵庫か充電の2者択一となる。

冷蔵庫を犠牲にすると、戻ってきた時に冷えたビールが飲めないといった問題点も。(笑)


中長期滞在なら、その辺でタコ足配線のタップを買ってくると言う手もある。

タイならスーパーなどで100バーツ(350円位)前後で購入できる。

但し、タコ足配線による電流電圧等の問題は自己責任で。


部屋の普通の鍵にデカいカードプレートが付いているタイプ


20180129_hotel_keycard_plate_2.jpg

これに関しては、鍵とカードプレートみたいな奴を繋げているわっかから、鍵だけを外し外出。

分離したカードプレートは、カードスイッチのフォルダーに刺しておく。


但し鍵だけだと小さくて無くしやすいので、持ち出す場合は、自分のキーホルダーにつけるなど 必ずなにがしかの対策を。


しかしホテル側も 「そんなのは お見通し」 とばかりに、輪っかを加工して鍵が外せなくしてあるホテルも多い。

そんな場合は、ホテルの強烈なメッセージととらえ、分離するのは素直に諦めよう。


尚キーカード(カードプレート含む)が特殊な形状の場合を除き、通常は次の手順に進む。


カードキーが部屋の鍵も兼ねるタイプ


キーカード自体がカギになっているタイプ。

このこのパターンで部屋全体の電源を落としたくない場合、今まで俺はいつも、下記の手順を試していた。

  • まずはメモ帳などの紙
    これを適当な厚さまで折り曲げカードフォルダーに挿入

  • それがダメな場合、手持ちの財布の中にある各種店舗のメンバーカードやポイントカードを利用。
    必要に応じて1枚だったり複数枚重ねて挿入したり。

  • その他、カードキーの形状に応じて 物理的に何かを突っ込む。
    日本では、細長いキーカードなどもあり、ボールペンや歯ブラシその他で対応する事もあるが、タイではこのタイプは殆んど見かけない


まあ、この辺までが一般的な対処方法かな。

こういった手順を踏んでもダメな場合、今までは仕方がないので諦めていた。

特にタイでは、上記の様な物理的挿入だけでは通電出来ないホテルが結構多い。


そして先日も、タイ国内で泊まったホテルで 上記対抗策が全て撃沈。

しかしその時、何気なく バンコクでは同じみのあのカードを挿すと、何と通電に成功!


それは、、、タイならではの超裏ワザ


ラビットカード !!!


20180129_hotel_keycard_rabbit.jpg

バンコクでは、皆が持っている タイの交通系ICカード 「ラビットカード」 [Rabbit Card]。

上記宿泊時、一般手段が全て撃沈した後に、何気なくラビットカードを挿してみると、何と通電成功したのだ。

20180129_hotel_keycard_1.jpg

20180129_hotel_keycard_2.jpg
別のホテルでも通電

その後も宿泊時に、ラビットカードを挿すと部屋の電源が落ちないホテルが何件もあった。

ラビットカードの内部構造と、タイの一部のホテルのカードキーフォルダー(カードスイッチ)の何らかの構造がマッチして、部屋の電源が落ちなくなる様だ。

「ラビットカード」なら、残高もたかが知れているので、万が一データーが飛んでも大した影響はない。


タイでの宿泊時、前出の一般的な対処方法が全て撃沈した場合、皆さんもぜひ「ラビットカード」でトライしてみて欲しい。


利用に関しては自己責任で


俺も機械にはあまり詳しくない。

万一、色々なカードで試して、データー等が紛失してしまう事も考えられる。

今回書いた色々な方法は、あくまでも自己責任でお願いしたい。


尚 俺の場合、クレジットカードやATMのキャッシュカード等に関しては、万が一データーが飛んだりすると面倒だし 盗難のリスクもあるので、使用しない事にしている。

因みにラビットカードで通電に成功したホテルで、日本の「スイカ」 [Suica] も試してみたがダメだった。

こういったICカード系には、見た目が似ていても中身は色々な種類がある様だ。


次回は、バンコク地下鉄 [MRT] のICカードもトライしてみようと思う。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


タイ 交通系ICカード 関連記事
特典多数!「BTSのラビットカード」。飲食店の割引やポイントも。
「BTS ラビットカード」のポイントを金券に交換。
期間限定!タイのマクドナルドが大幅割引。ラビットカードのプロモ。
バンコクの旧地下鉄カードが使用不可能に 交換するのを忘れてた!
投稿:2017.12.27 | 更新:2019.01.10
20171227_jpn_cover.jpg

今月の一時帰国、エアアジアの手荷物に関しては前回のエントリーでまとめたので、今回はそれ以外の どうでもいいような 情報のアップデートを。
上の写真からして、このエントリーのどうでもよさを物語っているが、、、(笑)


「コーラルラウンジ」で 無料マッサージを受けてみた


ドンムアン国際線のコーラルラウンジで、無料のショルダーマッサージを受けてみた。
時間は15分。
技術的には、まあ可もなく不可も無くと言った感じかな。

他のお客さんに施術中の場合は、ちょっと合図するなどしておけば、終了後に回ってきてくれる。


ちなみに冬場だからだろうか?

20171227_dmk_coral.jpg

コーラルラウンジは、日が低くさして午前10時位でもかなり暑かった。
カーテンやブラインドの類は無いので、窓側の席はかなり暑い。


ドンムアン国際線 制限エリア内の水の値段


相変わらず、薬局ブーツ[Boots]のみが9バーツ。
他の店は軒並み40バーツ(市価はだいたい7バーツ)。


日本の 『吉野家』


20171227_jpn_yoshigyu.jpg
「牛丼 つゆだく 卵 !」

一時帰国でいつも思う事。
何でこの牛丼が、バンコクでは再現できないんだろう。
二郎は無理としても、吉野家の牛丼くらいは、店舗があるんだから何とかして欲しいもんだ。
毎回日本へ帰るたび、切実に思う。

タイのヌアトゥン(牛煮込み)なんて、足元にも及ばないこの旨さ!
日本の吉野家に、タイ人客が多いのもうなずける。

日本に住んでいる人には、この「吉野家のありがたさ」、わかんないだろうなぁ~。(笑)


成田空港内の回転寿司 「元祖寿司」


成田空港第二ターミナル内の回転すし店(元祖寿司 成田空港第2ターミナル店)が、以前は現金のみだったが、現在はクレジットカードやスイカが利用可になっていた。
出国前に小銭が増えないので、俺の様な一時帰国者には助かる。


我ながら、本当にどうでもいい様な情報ばかりだぜ。(笑)


ドンムアン到着 入国審査の並び 所用時間


ドンムアン国際空港のパスポートコントロール(入国審査場)は、今年に入っていつからだったか 1列並び方式になっている。
並び口が2か所ある時もあるので、その場合は列の短い方へ。

今回はエアアジアの夜便だったので、深夜の1時頃ドンムアンに到着。
見た目はそんなに混んで無さそうだったが、結果的には約40分待ちでパスポートコントロール通過。
これ位が普通と思っておかないといけないのかなぁ。

到着便の案内スクリーンを見たが、やはり午前1時前後は東南アジア近隣諸国(特に中国)からの到着便が集中しており、こればっかりは運とタイミング。


タイ出入国カード 外国人用


タイの出入国カード、一部では「新しいフォームが」といったニュースも散見されるが、なぜか今回俺の時は、機内で旧フォームを配られ、何も考えず普通にそれに記入して入国審査完了。

旧カードの在庫が無くなるまで 新旧カードを併用しているのか、若しくは実はまだ変わっていないのか、その辺はちょっと不明。
まあ、タイらしいと言えばタイらしいが。


ラーメン二郎


最後になるが、今回の一時帰国では連日連夜の忘年会で、なんと二郎が食えなかった!

日本滞在中は、毎日毎日朝から晩まで飲みっぱなし。
多数の飲み会やら小旅行まで企画してくれた友人達には感謝しているが、来年からは、もう少しゆるいスケジュールでお願いしたいもんだ。

人間ドックの結果が気になる今日この頃、普段は粗食を心掛けているマシマシタイランド。
それでもSoi39のFujiyama55で、二郎に向け 日頃の胃袋のイメージトレーニングは欠かさなかった。

20171227_fujiyama55_1.jpg
「まぜそば」 デフォの状態

20171227_fujiyama55_2.jpg
勿論 ニンニクマシマシ!

20171227_fujiyama55_3.jpg
+雑炊セットのご飯と卵
(平日お昼はなんと無料)

これ全部で236バーツ、何とも太っ腹な「Fujiyama55」!
今年も一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします!


と、トレーニングも欠かさなかったのに、、、二郎を食えなかった今年の年末。

まあ、そんな一時帰国もあるさ。

来年もガッツリ食うぞ!


ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!



とまあ、かなりてきとう 簡単だけど今回はこんなところかな。
これ以外の情報に関しては、あまり大きな変化はないので、以前の記事を読んでない人は過去記事を参照して欲しい。

年末年始、タイ旅行に出かける方、日本に一時帰国される方、共に良いご旅行を!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ドンムアン空港 全てのラウンジを目的別に完全ガイド!【最新版】