生活一般

ここでは、「生活一般」 に関する記事を紹介しています。
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2017.02.23 | 更新:2017.03.16
最近は、ブログを書く気が全く起こらない俺。(笑)

まあ書く事は山の様にあるんだが、、、、


「俺の知ってる些細な事が、誰かの役に立つならば、、、」

これが俺のブログのもっとうなので、取り敢えず最近書こうと思った事を、今回は かいつまんで列記しておく。

面倒なんで写真も無し、過去記事リンクも無し、暇な人だけ読んでくれ。


後で気が向いたら、それぞれ記事を書いてアップする、、、かも。


「鶏そば七星」


VATがかかる様になった。

味噌ラーメンがメニューにあった。(未食)

有料のニンニクトッピングが加わったらしい。(未確認)

GWの店で まぜそばが始まってた。


トンローのラーメン店 「博多一幸舎」


麺類は、日本と全く遜色なし。

卓状に、無料の「高菜」「にんにく」トッピングあり!


一口餃子は、、、ちょっと具がスカスカ。

もう少しジューシーさが欲しいかな。


アイドルタイムにラーメンだけサクッと食って出れば、駐車場代は無料(短時間の場合)。

ラーメンダイニングといった雰囲気の店だが、お水も無料でサービスチャージも無し。

車で移動時に、おやつ代わりに軽く食べるにはちょどいい。


ガソリンスタンドのオマケ


今日、「Bangchak petro」の給油所で1000バーツ分ガソリン入れたら、500mlのペットを4本もくれた。

デカいペットボトルを1本もらうより、何か得した気分だ。


ヘンチュンセン(ラマ4)のヌアトゥン


去年は、一年を通してダメだったラマ4のヘンチュンセン(毎月定期確認済)。

何回食っても、もう一軒の方(アナロンの方)より、はるかに下だった。

アナロンの方(市場の裏)の方が満席で、ラマ4の方はガラガらなんて事も多かった。


しか~し、今年に入って 何故か突然旨くなった。(笑)

間違えかと思い、最近は ラマ4の方で毎週食っているが、何回食っても旨いのでブレではない模様。

気のせいか丁寧に作っているので、以前よりも出てくるまでに時間がかかる。


牛煮込み 全部入り + ご飯 + 水  
67バーツ

いつまでこの味が続くかわからないが、行くなら今だ!


日本のテレビなどにも出ていて有名な「モーファイ」(180バーツ)は、、、

あんまり食べてる人は見ないけど、観光客の人はどうぞって感じかな。


バンコクのイミグレ 居住証明に90日レポートが必要


チェーンワタナのイミグレーションで、居住証明の発行に90日レポートが必要と言われた。

現在は長期ビザがあっても、最新入国日以降の初回90日が済んでいないと発行出来ないらしい。

係官もしきりに「ソーリー ソーリー」と言っていたので、嫌がらせではないようだ。


しかも以前は、Jカウンター(観光ビザの延長など)のJ1ブースで、キューを待たずに手続き出来たが、現在はJ2ブースで観光ビザ延長の人達と同じように待つので、えらく時間もかかる。

現状バンコクでは、イミグレの居住証明はお勧めしない。


話しは飛ぶが、以前記事を書いた このイミグレ フードコートの絶品ヌアトゥン(牛煮込み)、一回目は写真が無かったが、再訪したので写真をアップした。

現在 暫定だが、バンコクのヌアトゥンNo1。


タイで400バーツの激安携帯


家に置きっぱなしの、日本に電話をかける専用の携帯が壊れたので、ガラケー(2G 3G用)を新たに買った。

(SIMは、日本へ1分1バーツのTRUEのSIMを入れてある。)


今回買ったガラケーは 、たったの400バーツ。(笑)

SIMフリーの物を買ったが、キャリアのSIMロックなら250バーツと言われた。

サムスンじゃないぜ。


日本でも使えると店員は言っていたが、詳細は不明。

見た目も、極端な安っぽさは無く悪くない。

あまりにも安いので、意味も無く思わず5個程買ってしまった。

先日訪タイした友達にも、バンコク滞在中用にあげたりと、中々重宝している。


カバンの修理 「Mr Bag Fix」


今回、以前(だいぶ前だが)修理した旅行鞄のハンドルが壊れたので、いつもの「Mr Bag Fix」で再修理。

同じ箇所の再修理は、期間がたっていても割引きで修理してくれた。

400バーツ。

尚、基本2ヶ月以内なら(何回カバンを使っていても)保証で無料修理らしい。


タイのICチップ付きATMカード


タイの銀行では、ICチップの付いてないATMカードは、数年以内に使えなくなる。

早めに交換すれば、再発行手数料がかからない銀行も。

残高や口座のランクにもよるので、この辺はケースバイケース。


暗証番号は基本6桁に変更となるので、事前に考えておこう。

2017.3.16 追記
「考えておこう。」なんて書いてる割には、適当人間の俺。
今日、一行 ICに切り替え忘れがあったので銀行へ。
行員の前での暗証番号6ケタ入力、どうせ後でATMですぐに変更するので、取り敢えず123456と入れたらオッケー。(笑)
以前別の銀行では、ダメだと言われた。
銀行によって、連続番号だとシステム的に弾かれる銀行と、問題ない銀行がある模様。



因みに「ICカード」と言うよりも、「チッ(プ)カード」と言った方がタイ人には通じる。

日本在住でタイ銀行の口座保持者は、次回の訪タイ時にでも銀行へ。


新しいカップヌードル


新しい日本のカップヌードルを、遅ればせながら初めて食った。

肉(コロチャー)が少なくなって、卵ばかりが増えている。

ちょっと悲しかったなぁ、、、、、



他にも書く事は 色々あるんだけど、もう気力が無いんで この辺で。

関連過去記事のリンクを貼る気も起きないんで、その辺は「全記事一覧」か 右上の「検索フォーム」から各自見つけてほしい。



あ~ 二郎が食いたいなぁ、、、、、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2017.02.08 | 更新:2017.02.11
20170208_mbk_wifi_1_1.jpg

最近バンコクの 観光客が多数訪れるショッピングセンターでは、全館に無料のWi-Fiを飛ばしている所も多い。

しかし、巨大闇市集合体の様な総合デパートMBKセンター(マーブンクローン)では、、、


まずは普通に聞いてみた


最近では、MBKのFREE Wi-Fiというのは、ほとんど聞いたことが無かったので、今回は 一階のインフォメーションカウンターで 「FREE Wi-Fiはあるの?」と聞いてみた。

すると、受付の英語ペラペラのおネーちゃんに、

「ありません。テナントのコーヒーショップなどの独自のWi-Fiを利用して下さい。」

と、キッパリ言われた。


しかし その後、実際には一部のエリアで「FREE Wi-Fi」が提供されているのを発見!

その時の 受付のネーちゃんがアホなのか、そう説明する様に言われているのか、その辺りは不明だが。



「FREE Wi-Fi」 利用可能エリア


MBKセンター内で「FREE Wi-Fi」が利用可能なのは、5Fにあるちょっと高級なフードコート「The Fifth Food Avenue」内だ。

20170208_mbk_wifi_1_2.jpg
「The Fifth Food Avenue」

MBKは建物自体が細長く エリア分けされており、このエリアは「5階」の「A zone」と区分けされている。


このフードコート内には、前回紹介した完全無料の「ツーリストラウンジ」もあり、そこでもこの「FREE Wi-Fi」を併用している。

20170208_mbk_wifi_1_3.jpg
Tourist Lounge

関連過去記事
MBK(マーブンクロン)のツーリストラウンジ 何と全て無料で利用可!


フードコートは厳密には お金を払って何かを食べるので、理屈上MBKでは、「ツーリストラウンジ」だけが純粋な「FREE Wi-Fi」エリアって事になるかな。

まあ、そんな重箱の隅をつつく様な事は言わないのが俺のブログ。

その辺はどうでもいいや。


「FREE Wi-Fi」の利用方法


ここの「FREE Wi-Fi」、ちょっと利用の仕方が変わっていて、

  • 自分の「Twitter」「フェイスブック」「インスタグラム」アカウントを使ってログイン

  • 若しくは、画面上で自分で登録を行い利用。

と、この二通りの利用方法がある。

「FREE Wi-Fi」利用時に極力個人情報はさらしたくないので、俺は「自分で登録」を選択する事にした。


登録方法



  1. まずはWiFiで SSID

    20170208_mbk_wifi_2.jpg
    「The Fifth Food Avenue」を選択

  2. 出てきたログイン画面を

    20170208_mbk_wifi_3.jpg
    下にスクロール


  3. 20170208_mbk_wifi_4.jpg
    「Registration」をクリック。

    一見、色も黒字でアンダーラインも無く、クリック出来ない様な表示だが、実際には選択すると次に進める

  4. 登録画面が現れる。

    20170208_mbk_wifi_5.jpg
    Planで 「FREE WiFi [365 Day(s)]」を選択。
    (と言うか、これしかない。)

    恐らくは一度登録すれば、今後一年間継続して使える様だ。

  5. 個人情報の情報入力は、いつもの様に全部適当。

  6. 注意点!
    登録画面の中に「Picture」と言う項目がある。(必須の印アリ)

    20170208_mbk_wifi_6

    何の事かよく解らなかったが、写真アップロードの方法選択の画面もある為、身分証か自分の写真をアップしろという事なんだろうか?

    20170208_mbk_wifi_7
    しかし、アップ方法選択のどれかを選ぶと、すぐにエラーになり全部初めからやり直し。
    何回もエラーが出たので、必須の印を無視してスキップすると、先に進めた。

    この項目は無視して、先を入力しよう。

  7. 次に「UserName」と「Password」を自分で決め入力。
    このユーザーネームとパスワードは 次回以降も使えるので、再訪予定若しくは、当日 断続的に複数回利用予定のある人は、何らかの方法で必ず控えておこう。

  8. 最後に 「Registration」(登録)をクリックすると、やっとFREE WiFiが使える様になる。
    次回からは、自分が入力した「ユーザーネーム」と「パスワード」で利用が出来る。

めんどくせー。(笑)


後書き


さすがは、怪しい商品の総合デパート 「MBKセンター」。

「無料ラウンジ」の場所と言い、「FREE Wi-Fi」といい、一筋縄ではいかない様だ。


しかし、あらかじめこういった情報を頭に入れておけば、特に一日歩き詰めでクタクタの観光客の方などには、利用価値が非常に高いと思う。

ラウンジ自体も、館内の一般カフェなどと違いザワザワしておらず、静かで ゆったりしているので、そこで一休みしながら「FREE Wi-Fi」を使ってちょっと休息、なんて利用方法がいいんじゃないだろうか。


次回のタイ旅行、MBKセンターに行った時には、ぜひ利用してみよう!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
サイアムパラゴン 「フリー Wi-Fi」最新情報と「新 無料ラウンジ」
エンポリアム・エムクオーティエの フリーWi-Fi [Free Wi-Fi]
ターミナル21のフリーWiFiは時間無制限。パスポートはコピーでOK。
投稿:2017.02.06 | 更新:2017.02.09
20170206_mbk_lounge_1.jpg

先日 ちょっと用事があって、バンコクの中心部にある、ご存じMBKセンター(マーブンクローンセンター)へ行ってきた。


用事を済ませるべく グルグルと館内を回るも、中々目当ての物が見つからない。

基本ごちゃごちゃした館内で、かつ建物自体も細長いので、要件が複数あると非常に疲れる。


ちょっとカフェで一休みでもするか、と思っていると こんな看板が。

20170206_mbk_lounge_2.jpg
無料ラウンジ案内のポップ


高級デパートならいざ知らず、怪しい物満載の総合デパートMBKでラウンジ???

本当かなあ、早速行ってみる事に。


ツーリスト ラウンジ [TOURIST LOUNGE] の場所


通常は何処のデパートでも、こういったお得な無料ラウンジは、極めてわかりにくい端の方にある事が多い。

目立つところにあったら、あっと言う間に満室になってしまうので、当然と言えば当然。


案の定今回も、かなり探した。(笑)


案内のパンフレットには、5階のAゾーンにあると書いてあった。

まずは表示の通り5階へ行き、 書かれていた「A zone」の当たりをグルグル回るも、、、見当たらない。

20170206_mbk_lounge_3.jpg
ゾーンの案内板

ふと見ると、高級フードコート入り口の横に、さっきと同じ様な看板が。

20170206_mbk_lounge_4.jpg

20170206_mbk_lounge_5.jpg
フードコートの左側入り口


ここのフードコートは、高級フードコートでよくある、入り口でカードを渡され後で精算する方式。

ふらっとは入りずらい雰囲気だ。


フードコート入り口のおねーちゃんに聞いてみると、目指すラウンジは、このフードコート内の さらに一番奥にあると言う。


フードコートでは 何も食うつもりはないが、一応入場の為にカードを貰いさらに奥へと進む。

20170206_mbk_lounge_6.jpg
やっと ラウンジの入り口発見!


利用資格と手順


受付で利用条件等を聞くと、初回は登録してくれと言われ、パスポート(コピーOK)を出して、用紙に色々記入。

いつもの様に、パスポート上のデーター以外は全部適当だ。


それが終わると、しょぼいペラペラのメンバーカードをくれる。

20170206_mbk_lounge_7.jpg
ラウンジカード


次回からは、これを見せるだけで利用できるらしい。

但し有効期限は、発行後一カ月間。


近所に住んでいれば別だが、そんなに月に何回もは来ないよなぁ~。


使用料は完全無料。


設備とサービス


サービスの概要は、下記パンフレットに書いてある様な感じ。

20170206_mbk_lounge_8.jpg
サービスの概要


このラウンジ、あまりにもわかりづらい場所にあるからか、案の定中はガラガラ。

20170206_mbk_lounge_9_2.jpg
ゆったりとした空間

MBKの あの雑踏からは、想像もつかない位静かだ。

ラウンジ内の椅子は、中々座り心地がいい。


一応、フリードリンクのカウンターもあり、安っぽい飲み物2種類とインスタントのコーヒー、クッキーなどが置いてある。

20170206_mbk_lounge_10_2.jpg
ソフトドリンクカウンター(無料)


雑誌類は、英語と中国語の新聞雑誌が少々。


20170206_mbk_lounge_11.jpg
椅子の横には電源設備も。


トイレスペースには、シャワーやロッカーもついている。

案内板を読む限り、シャワーの利用だけは、MBKで5,000バーツ以上買い物が利用条件の様だ。


「Free Wi-Fi」もあるが、実はちょっと複雑なので、これに関しては次回別途でエントリーを上げる。


ソフトドリンクなどは形だけと言った感じだが、ソファーは座り心地が良く、席の間隔もゆったりしているので、「ちょっと静かな所で一休み」 といった利用にはうってつけだ。

但し静かすぎるので 爆睡注意かな。(笑)


ここは お勧めだぜ !!!



MBKセンター [MBK Center]
場所 Google 座標 : 13.744515, 100.529898
MBKセンターの営業時間 : 10:00 - 22:00
ラウンジの営業時間 : 11:00 - 21:00



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
「サイアム・パラゴン ツーリストラウンジ」 そんなのあったぁ??
サイアムパラゴン 「フリー Wi-Fi」最新情報と「新 無料ラウンジ」
投稿:2017.01.23 | 更新:2017.01.23
先日 ちょっと用事があって、バンコク屈指のショッピングセンター「サイアム・パラゴン」 [Siam Paragon] へ行ってきた。

(場所 Google 座標 : 13.746827, 100.534920 )


以前の記事で、このショッピングセンター(SC)のツーリストラウンジとフリーWi-Fiに関する記事を書いた。

「サイアム・パラゴン ツーリストラウンジ」 そんなのあったぁ??


しかし最近は、そのラウンジ近辺がリノベーションで ずっと工事中だった。

今回訪れると その工事も終わり、新たな飲食店舗がテナントとして開業していた。


超お得な無料ラウンジ消滅 (笑)


最新の「FREE Wi-Fi」状況


以前サイアムパラゴンでは、上記のツーリストラウンジに行かないと館内のフリー Wi-Fiは使えなかった。

ラウンジが無くなってしまったので、代替えのフリー Wi-Fi は、、、


仕方がないのでBTS(スカイトレイン)の駅に一番近い入り口の「サイアムパラゴン インフォメーションカウンター」で尋ねてみた。

20170122_paragon_wifi_1.jpg
Information Counter


すると現在では、全館で使える「FREE Wi-Fi」 があるらしい。

但し、使用可能時間は1時間。

セコイなパラゴン (笑


「FREE Wi-Fi」の手順


  • まずは受付(インフォメーションカウンター)でパスポートの提示(コピー可)。

  • 次に、以前ツーリストラウンジで記入させられたのと同じ用紙を出されるので、色々書き込む。
    パスポートにある情報以外だと、ホテル名・滞在予定日数・メールアドレスなどは適当でオッケーだ。

  • ユーザーネームとパスワードを書いた紙きれをもらう。
    接続するSSIDは「SPW TRUE FREE WiFi」だと教えてもらう。

  • 接続してユーザーネームとパスワードを入力
    20170122_paragon_wifi_2.jpg
    入力画面1

  • 次の画面で、またパスポート番号とメールアドレスを入力する画面が出てくるので、適当に入力。
    20170122_paragon_wifi_3.jpg
    入力画面2


これで、インターネットが使えるようになる。


無料の新ラウンジ


館内をブラブラ歩いていると、一階飲食店街の一角に見覚えのある椅子やテーブルが。

20170123_paragon_loubge_1.jpg

そう、以前 無料のツーリストラウンジで使っていた、あの不必要に豪華な椅子とテーブルだ。


場所は一階のレストランエリア、「マンダリンオリエンタルのカフェ」と「タリンプリン」に挟まれた辺りの場所。

20170123_paragon_loubge_3.jpg
オリエンタルのカフェ

20170123_paragon_loubge_4.jpg
タリンプリン(右手)

一見すると、何処かのテナントの店舗 若しくは何かの上級会員専門のスペースの様だが、実はここで誰でも自由に座って休息できる。

20170123_paragon_loubge_2.jpg
さすが高級デパート「サイアムパラゴン」!

但し、全く何の表示も無いので、知らないと一瞬利用をためらってしまう。


以前のラウンジ同様、飲食は不可。

各テーブルにも、その旨表示がある。


以前のツーリストラウンジの様に、きちんと壁で仕切られた空間ではないし、専門の受付も無いが、店内の そのへんのベンチよりは はるかに居心地がいい。

休息ベンチ以上、ラウンジ未満といったところだろうか。、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事 (Free Wi-Fi)
ターミナル21のフリーWiFiは時間無制限。パスポートはコピーでOK。
エンポリアム・エムクオーティエの フリーWi-Fi [Free Wi-Fi]

関連記事 (サイアムパラゴン フードコート)
俺が3桁食ったカオマンガイ 「ラック カファエ」[Rak kafae]
投稿:2017.01.21 | 更新:2017.01.21
タイでは色々なタクシーの配車サービスがあるが、一応俺の場合は、以前紹介した「オールタイタクシー」[ALL THAI TAXI] と「グラブタクシー」[GRAB TAXI]の2本立てで利用している。

【ALL THAI TAXI】全車新車のプリウス。アプリを使って乗ってみた。
徹底比較 [ALL THAI TAXI] VS [GRAB TAXI]。配車サービスの軍配は?


利用する配車サービスの優先順位


俺の場合、優先順位はまず「オールタイタクシー」だが、何せ台数が少ないんで、近くにいない時は「グラブタクシー」を使う。


オールタイタクシーのうたい文句

  • 乗車拒否しない

  • きちんとメーターで行く

  • 自社アプリで配車可


などが有名だが、最近一部では、そうでないパターンにあたった利用者の方も若干いらっしゃる様だ。(笑)


しかしここは、いい加減と適当の渦巻くタイランド、何事にも100%を求めるのは難しい。

車の快適さや、平均的なサービスの良さは、やはりまだ「GRAB TAXI」より「ALL THAI TAXI」の方に分があると俺は思っている。

そんな訳で今でも、俺の優先順位トップは「ALL THAI TAXI」だ。


アプリの不具合


しかし最近、いつの頃からか「オールタイタクシー」のアプリが使えなくなった。

不具合???

俺は機械関係には強くないし面倒なんで、しばらく放置していたんだが、先日読者の方からも 「アプリが最近使えないんだけど 使えてますか?」みたいなメールをいただいた。


ナコンチャイエアー NCA (オールタイタクシーの母体の会社)に電話するのも面倒だったので、もう一度自分の携帯でピコピコいじってみることに。


尚 ここからの話しは、iOS(最新バージョン)で「ALL THAI TAXI」のアプリを使用した場合として話しを進めていく。


症状


症状は 平たく言うと、携帯のデータ通信をオンにしてインターネットに接続された状態でも、アプリの方では「RESERVE(予約)」の段階で「インターネット接続がありません」みたいな表示がされ、先に進めない。

ちなみに携帯自体は間違えなくインターネトに接続しており、Safariでのブラウジングも問題なく出来る状態だ。


通常インターネット接続があると、このアプリの目的地入力欄で、例えばドンムアン空港を入力する場合、[Don ]と入れると下の方に検索候補で[Don Mueang Airport]が出てくるんだが、これも出てこない。

20170121_allthaitaxi_2.jpg
入力候補の表示

無理やり全部自分で入力しても、「RESERVE」を押すと「インターネット接続無し」と表示される。


但し、なぜかWi-Fiを利用した場合は、問題なくこのアプリは使用できる。

こうしたアプリは、屋外で配車依頼や車両待ちをする事が多いので、これじゃあ実際には使えない。


対処方法 設定


色々コチョコチョ試してみた結果、「設定」の中で下の方に[ALL THAI TAXI]のタブがあり、これをタップすると「ALL THAI TAXIにアクセスを許可」の欄の一番下、「モバイルデータ通信」の所がが、初期状態ではオフになっていた。

こんなところを自分でいじった記憶は無いので、過去の何処かのアップデートの段階で、デフォルトでオフになってしまった模様。

この設定をオンにする前に、最初に携帯の、「設定」>「モバイルデータ通信」で「モバイルデータ通信」がオンになっていないと、この部分はグレーアウトして操作(オンに)で出来ないのでそこだけ注意。

20170121_allthaitaxi_1.jpg
上のキャプチャーはグレーアウトの状態
この時は赤丸の中をオンに設定済み

これで、今まで通り使えるようになる。


と思って安心していたんだが、、、、

早速昨日、アプリのアップデートがあった。

これで不具合も全部解消か!と思ってアップデートしたら、、、


新アプリ


アップデートが終了し、早速アプリを開いてみると、今までとは全く違った新しい画面に。

ユーザーネームやパスワードの再入力

アップデート後アプリを開くと、今度はいきなり、登録してあるユーザーネームとパスワードの入力画面。

20170121_allthaitaxi_3.jpg
新しい画面

以前のバージョンで入力したユーザーネームやパスワードは、引き継がれない様だ。

出先で急にアプリを使う場合なんかは、「そんなの覚えてねーよ!」って感じだぜ、まったく。

仕方がないので、家に帰ってゴソゴソ探して再入力。


現在「オールタイタクシー」のアプリを入れている人は、今回のアップデート後、使用前に一度アプリを開いて、あらかじめユーザーネームとパスワードを入力し、記憶させておくようにしよう。


その他の設定

おまけに、上の方で書いた。

「設定」>[ALL THAI TAXI]>「ALLTHAITAXIにアクセスを許可」>「モバイルデータ通信」の欄を確認すると、またデフォルトでオフになっていた。

20170121_allthaitaxi_4.jpg
これもONにし直して、やっと使えるように。

しばらくは、アップデートのたびに、この設定は確認した方がよさそうだ。


上のキャプチャーで見ると、

「Appのバックグラ・・・」

という項目が増えていたが(初期状態でオンになっていた)、これが何なのかは俺にはわからない。(笑)


アプリの完成度は 明らかに「GRAB TAXI」の方が上だが、、、


アプリの完成度は、やはり「GRAB TAXI」の方が明らかに上。

(俺の様な機械音痴にも優しいという意味で)


こうしたシステム投資は、やっぱり巨大資本の方が強いんだろうか。

一応タイでは、配車アプリのシェアもナンバーワンだし。


でも個人的にはこういう体質の会社は好きじゃないんだよなぁ。

不愉快な「GRAB BIKE」の比較広告。タイ人はどう思っているのか?



俺はこれからも、タイの地場企業「ナコンチャイエアー」を応援するぜ。

頑張れ 「オールタイタクシー」!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ