ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2015.09.28 | 更新:2016.03.24

俺は、よく食べに行く 定番ラーメン 以外にも、新しいラーメン屋や、ちょっと気になるラーメンの味の変化を確認する為、定期的に巡回リサーチをすることにしている。

地雷を踏む事も多い作業だが、誰かが人柱にならなければいけないのは世の常だ。


今回の巡回リサーチは、スクムビットSoi39の「フジヤマ55」【Fujiyama 55】へ。
(場所:Google座標 13.733901, 100.571533 )

店自体は、もう何十回も行っている。

以前のブログで「まぜそば」を注文し、ちょっと残念な結果に終わったあの店だ。
「フジヤマ55」でニンニクマシマシ!@スクムビットSoi39 (過去記事)

今回はその「まぜそば」ではなく、この店の売りの「つけ麺」でもない。

以前気になって、何回か食べたが今一つだった為、1年以上放置していた「あるメニュー」の定期的な再チェックの為だ。


以前の味から進化が無ければそれまで。

美味しくなっていれば、俺の定番らーめんに追加だ。


「五郎ラーメン」 野菜マシ ニンニクマシマシ 


このラーメン、以前のエントリーでも軽く触れたが、以前食した時 味的に今ひとつピンとこなかったので、1年以上放置状態だった。

しかし最近、俺のラーメン2トップの一角「まぜそば」が脱落してしまった以上、代替商品の発掘は急務だ!

よって、この日はこれを定期チェックに訪れた。

20150928_55_goro_1.jpg
「五郎ラーメン」
野菜マシ
ニンニクマシマシ 
209バーツ(B195+7%)

ネーミングやビジュアル的には、非常に話題性のあるラーメンだろう。

以前と比べて進化しているようであれば、ぜひとも俺の定番ラーメンに加えたい一品だ。

ところで、、、


何故、今回のトッピング詳細表記は 、野菜は「マシ」が一回で ニンニクは「マシマシ」と記載したのか?


いつもブログで「マシマシ」「マシマシ」と連呼している俺だが、あくまでも雰囲気であって、間違ってもお店で「XXマシマシ!」などと節操のない注文はしていない。

「トッピング増し」は、あくまでもお店のご厚意だという事を忘れてはいけない。

皆さんも、節度を持って注文していただきたい。


日本の二郎でも、お店での注文時に「マシマシ」「マシマシ」を連呼し、逆に少なく盛られているアホな客をよく見かけた。


では、今回の上記写真下の詳細は、何故 野菜は「マシ」が一回でニンニクは「マシマシ」なのか?


実際に注文した時には、「野菜マシ、ニンニクマシで」 とお願いした。

しかしこの店には、卓上で刻みニンニクが置かれているので、これを更に自分で追加。

すると、ニンニクに関してはリアル「マシマシ」が完成するのだ!


くだらない話を長々と語ってしまい申し訳ありません。


それでは実食。


野菜と豚


ここの野菜は、もやし多めのキャベツ少な目、ちょっと二郎っぽいバランスだ。

ただ、茹で加減も浅くもやしが多い為、量が多く見えても全く腹にはたまらない。


豚は、、、

豚というほどの厚さではないので語弊はあるが。

まあ普通のチャーシュー、脂身の割合が比較的多い。

可もなく不可もなく。


麺とスープ


麺はさすがのつけ麺専門店。

ブレも無く、安定して旨い。


じゃあ以前も何がダメだったのか?

それはズバリ「スープ」だ。


あっさりと言えば聞こえはいいが、何と言ってもコクが無い。

他の具材にも全く絡まず、野菜は野菜、麺は麺と、全然別の料理を食べている感じだ。


まあ人それぞれ好みもあるが、二郎インスパイア系の様な名前を付ける以上、それなりのスープであってほしいもんだ。

ビジュアル重視・話題性重視の人には、丁度いいラーメンかもしれないが。


定期巡回チェック、今回の結論。


まあ野菜の盛りは評価できるが、やはりあのスープは俺の好みから若干はずれる。

現状では、俺の定番ラーメンに加えるのには ちょっと難しい。


取り敢えず、むこう一年間は「フジヤマ55」ではつけ麺一本だな。


ニンニクマシマシ!

次回はつけ麺一本勝負だ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.24 | 更新:2015.11.20
今月は、いつもの恒例、俺の90日レポート申請期間がやってきた。

前回同様、今回も当然オンライン申請に挑戦だ!
(前回の詳細に関しては、この記事の最下段、関連記事をご参照いただきたい。)

前回のオンライン申請成功で自信満々のマシマシ、今回も鼻歌交じりでパソコンに向かった。


オンライン申請日


今月はちょっとバタバタしていたので、週末のオンライン申請になってしまった。

当然役所関係は休みになっているので、前回の様に翌朝の返答という訳には行かないだろう。

まあ、先の事は置いておいて、まずは前回同様パソコンでサクサク・サクサク、のはずだった。

ところが、、、、、


初めの関門


オンライン申請時に、普通の人がイミグレのページから順調に進んでいき、まず初めに引っかかるのは、

20150924_imm_90drep_1.jpg
赤く囲った所をクリックした後の


20150924_imm_90drep_2.jpg
この画面だろう。

セキュリティーに関する警告で一瞬ギョッとはするが、ここは素直に、

「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)。」

をクリック。

今回苦戦したのは、その後だった。


不具合連発のオンライン申請


上記の関門を潜り抜け順調に進んでいくと、Step1-4の入力画面に進む事になる。

Step1 : Fill up Personal information (パスポートや入国詳細)
Step2 : Fill up Present Address (ビザタイプ、現住所連絡先など)
Step3 : Submit Notification of Staying (TM.47) (上記入力内容の確認画面)
Step4 :レポート提出受理画面

その過程で、今回は不具合が連発だった。

20150924_imm_90drep_3.jpg

  • まずはStep1の最下段、数字認証でエラーの連発。

    初めは中々次に進めなかった。

    数字認証のエラーを解消する為、認証数字のリフレッシュボタンを押すも改善されず。

    結局ブラウザを閉じてやり直したり、リフレッシュボタンを何度も押して認証数字を再表示させ、何とか次へ進む。


  • Step1と2では、入力欄の右側の虫眼鏡マーク(プルダウンメニュー)が機能しなかった。
    入力欄に初めの数文字を入れると、初めて候補が現れる。


  • Step2から、3の入力データ確認画面に行く時に、Step1と2で入力したデータが反映されておらず、何度も「Back]キーを多用。

    結局、画面を戻っても改善されないので、一旦ブラウザを閉じ1時間位後に再トライ。

    この場合、全部初めから入力し直し!

    まいったよ本当に。


結局、上記の色々な作業を何度も無作為に繰り返し、行ったり来たり。

数時間後にやっと「PENDING」まで足り着いた。

前回の申請では翌日回答(承認)が得られた為 「Pendingまで進めれば成功」 と書いたが、今回はちょっと様相が異なり、その後も俺に さらなるプレッシャーが、、、


申請受理後の、やきもきする日々。


前回の申請では、翌朝一番には承認のメールが届いていた。

今回は週末申請の為、週明け朝一の承認通知を期待していたのだが、、、


月曜日、メールチェック。

「来ていない。」

まあ、ここはタイランド。

そういう事もあるよ。と自分で納得。


火曜日

「今日も、まだ来ていない」

?????


水曜日・木曜日

一抹の不安を抱えつつ毎日メールチェックをするが、

「来てない、、、」「来てない、、、」

「マジかよ!」

焦るマシマシ。


心臓に悪いぜ。

これじゃあまるでチキンゲームだ!


「あー、2匹目のドジョウはいなかったのか・・・」

と天を仰ぐ俺。


未承認の場合の対策を練る


いつまでたっても承認のメールが来ないので、頭を切り替える必要が。

イミグレのホームページを読んでみると、一応「申請後7営業日以内に・・・」と書いてある。

但し俺の場合、先週の週末申請なので、日数的にはすでに1週間もたっている。

翌週は結構忙しく、俺に残された時間は少ない。

  • イミグレに電話で問い合わせをするべきか

  • 今回はオンライン申請を諦めるべきか

2者択一を迫られる。


最後の最後で どんでん返し


いつまでたっても承認のメールが来ないので、半ばあきらめモードの俺。

週末の夜、もう一度だけと思いメールを確認するも、やっぱり何も来ていない。


最後の最後に念のため、イミグレのページでステイタスを確認すると、

「APPROVED」の文字が、目に飛び込んできた!

なんと 承認されていた!!!!!

90日レポート オンライン申請、2回目も成功だ!


それにしても、ヒヤヒヤもんの1週間だったぜ。

最後の最後までエキサイティングなタイランドだ。


後日、承認通知メールは後回しになったのかと思い 何回も確認をしたが、結局未だに来ていない。

今回は、承認通知のメールは無しという事らしい。


昨今の、タイでの社会的大事件の影響か、イミグレ内部もバタバタしていているのかもしれない。

これに懲りずに、次回もオンラインで挑戦してみよう。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
90日レポート オンライン 受理!
90日レポート オンライン 成功! 承認されました。
90日レポート オンライン チャーンワタナのお墨付き。
90日レポート オンライン まとめ & 攻略方
投稿:2015.09.21 | 更新:2016.03.24

週末は俺の体のガソリン補給に、いつものラーメン屋「麺場 きせき」へ。
(場所:google 座標 13.724322, 100.579579 )

トンロー駅近くのマンゴー屋で、目の飛び出る様な値段(B380/kg)を見ながらテクテク歩いてお店へ向かう。

この日は昼の部に訪問。

ランチの時間帯を外したので、お客さんはまばらだった。


少し腹が減っていたので大盛りを食べようと思っていたんだが、厨房を見ると日本人スタッフがいない模様。

ブレを警戒して普通盛りにしようか少し悩んだ。

大盛りを注文して、悪い方にぶれまくったら目も当てられない。


まあしかし、ここは本店。

過去 極端に悪くぶれた事はないので、予定通りに注文。

20150921_kiseki_1.jpg
きせき郎 大盛り ニンニクマシマシ! B230
(+お水 B20)

年齢を考え健康の為、サービスのライスは我慢。


まずこの日の第一印象。豚(チャーシュー)が分厚い!


何故かこの日は豚が妙に分厚かった。

いつもの1.5-2倍位の厚さだ。

左は脂身ほぼゼロの豚、右は脂身のある豚。

とんかつのヒレとロースみたいに2種類の豚を分けて作っているんだろうか?

ラーメン版Tボーンチャーシューだな。


問題は、この左の脂身無しの豚だ。

厚さがいつもの倍近くある。

これでいつものガチ豚だったら、いくらスープに浸しても、食ってる途中で顎が攣っちまうぜ。

俺ももう歳だ。若い時の様にあんまり噛まずに、肉の塊りを無理やり飲み込む様な荒っぽい真似はもうしたくない。

覚悟を決める。


豚は後回しにして、まずは上の方からかたずけていく。


スープ、麺、野菜は、いつもの安定度


スープ、麺、野菜、共に安定したいつもの味。

大盛にしたが、心配したブレは無かった。


まあ大盛と言っても、ここの店は丼ぶり自体が小さいので麺の量もたかが知れてて、ほとんど増量感は無い。

正直、普通盛りと大盛の差がよくわからないので、その日の気分で注文だ。


取り敢えず、さっさとかたずけ問題の豚へ。


進化する豚?


20150921_kiseki_2.jpg
写真左。問題の、分厚い見た目ガチ豚。

顎の骨が痙攣するのを覚悟でかぶりつく。


「厚さが2倍のいつものガチ豚かぁ」と思ったが、

なんと意外や意外、この日は予想に反して柔らかかった!

スジ豚なんで、ちょっとコンビーフの様な感じだが、いつもの様に噛み切れない硬さではない。

調理法を変えたんだろうか?

スープに漬けながら無事にいただいた。


そして次に、右側の脂身も適度に入った豚。

これは100点。文句なく旨かった。

あーこの豚が2枚だったらなぁ、とつぶやく俺。


最近の脂(アブラ)は高レベル安定


そして最後は、スープに浮いてる脂。

最近ここの脂は高レベルで安定している。

当初の様な硬さはなく、プリプリ・トロトロ、脂自体に旨みがある。

結局この日も、全部すくって食べてしまった。

激しく反省。

いつもの事だが、健康の為 馬杉脂は要注意。

頭では解っているんだけどなぁ、、、

あー、生活習慣病まっしぐらだぜ。


大満足。ごちそうさまでした!

ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!


いつもの注意:
実際には、お店でタイ人の店員さんに「ニンニクマシマシ!」とは言いません。
あくまでもイメージです。
特に日本の二郎で注文する時の様に、低くドスのきいた声で注文してはいけません。
「ニンニク多めでね」と優しく言ってあげましょう。


関連記事
ニンニクマシマシ!
麺場 きせき(本店)@トンロー
病み上がりの栄養補給と言えば、やっぱりこれだぁ!
連休中もマシマシだ!@麺場 きせき(トンロー本店)
「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)
投稿:2015.09.17 | 更新:2017.02.10
前回は、バンコク到着便でのカバン(預け荷物)の破損とクレーム修理について書いた。

それに関連し今回は、バンコクでのカバンの独自修理に関しても書いておこうと思う。


以前の記事で書いた様なポリカーボネイトなどの特殊素材本体の修理は、やはりメーカー対応でないと素材強度の問題から難しい。

そういった場合結局は、各メーカーにて側面パーツの丸ごと交換などになると思う。


しかし、それ以外の細かい各種パーツ修理に関しては、タイのローカル業者でも十分に対応できる。


タイは気候も日本と違って超高温。

皮やビニール製品に使われている素材や接着剤等の劣化も驚くほど速い。


俺の場合も保有する鞄や靴が、見た目は全く新しいのに、はがれたり壊れて使えなくなる事が非常に多い。

そんな時に、バンコクで俺がいつも使っているのは、


ミスター・バッグ・フィックス【Mr Bag Fix】


あちこちのSCなどにも取次ぎカウンターがあるので、ご存じの方もいるだろう。

旅行鞄のファスナー、伸縮式のハンドル、ブリーフケースの取っ手など、かなり器用に直してくれる。

ゴルフバックの修理なんかを持ち込む人もいる。


俺は他人様に比べて各種カバンを酷使するので、

カバン=壊れる=修理

が、俺の中でのマイルール。


キャスター付旅行カバンの伸縮ハンドル修理


修理後、ハンドル真ん中のスイッチは無くなるが、通常の使用に特に影響はない。

リモワ[RIMOWA]やトゥミ[TUMI]その他色々なメーカー品もお願いしたが、その後も特に不自由なく使えている。


1段式や2段式のハンドルがあるので、持込時に確認しよう。

通常小さめのカバンは二段式、大き目のは一段式で上がってくる。


以前は350Bだったが、直近で修理したのは500Bだった。

値段が上がったのか、その時は仕様が一部違ったからか、その辺は不明。


ブリーフケースの取っ手など


手作りで表面が皮になるので1000バーツと言われ、ちょっとためらったがお願いした。

仕上がりは、実に綺麗なものだった。


ただ、そんなに高くないカバンだったので、取っ手の修理だけにこの値段は若干違和感があった。

もっと色々探して安い所で修理した方が良かったのではと今では思っている。

まあこれも勉強料かな。


有名メーカー旅行カバンのファスナー交換


この場合は通常、カバン一周ファスナーの丸ごと交換になる。

修理後ロックキーが使えるが不安だったが、持込時に、

「引き手の形状は変わるが使用は可能」

と明確な答え。


やはり本業だけあって、メーカー品の修理にもかなり慣れているようだ。

修理代は忘れたが、非常に安かったと記憶。


取次店


ここは取次店がバンコク市内各所にあるので、通常利用する人はそちらへの持込みを。

取次店はバンコク各地に。

トンロー、センタンバンナー、ラマ3、エンポリアム、ファッションアイランド、等々。

詳しくは「ミスターバックフィックス」のホームページで。 


急ぎの修理や特殊な依頼の場合、ここに持ち込むのがお勧めだ!


どうしても急ぎだったり複雑な依頼をお願いしたい場合は、下記の本店へ直接持ち込む事をお勧めする。

但し、ちょっと不便な場所なので車など足がある人のみ。


取次店の分も、最終的には全てここに持ち込まれる。

20150917_mbfx_1.jpg
本店とは行っても、住宅地の中の目立たない普通の家屋なので、いつもに様に座標を張っておく。
(場所 Google座標 13.739526, 100.619577)

大雑把に説明すると、パタナカーン ソイ29を入っていった住宅地の中。

かなり辺鄙な所だが、週末で道路がすいていれば、プロンポン・トンローエリアの奇数側から車で15~20分位で着くと思う。


せっかちな俺は、いつもここに持ち込んでいる。


女性用のブランドバックなんかも、結構器用に直してくれるぜ。


長年使った愛着のあるカバンは、壊れても修理に出すことでさらに愛着が増し、自分の体の一部になっていくってもんだ。

次回もし愛用のカバンが壊れた人は、すぐに捨てずに、ぜひここで修理をして再使用してみてはいかがだろうか。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.14 | 更新:2016.11.18
日本とタイを往復する以上、旅行カバンは欠かせない。

日本からタイへの便で預け荷物の破損があった。


■ リモワのカバンが、受け取るとバキッと割れていた!


日本からバンコクへ、レガシーキャリアを利用しスワンナプーム到着時の事だ。

スワンナプーム空港で荷物を受け取ると、なんと RIMOWA のカバンが思いっきり割れていた。

本体の側面が結構広範囲に割れていたのだ。

旅行カバンの預け荷物での破損は初めての経験。


今回のカバンはリモワの100L位でポリカーボネイトのやつ。

結構デカい。

以前買う時にも、ちょっと大きすぎてヤバいかなとは思っていたが、案の定壊された。


こういった、薄くて軽いが強度はあるなんてのが歌い文句の素材の鞄は、大きくなればなるほど強度が落ちてしまうのは仕方がない。

常に中身をパンパンに詰めれるわけでもなく、同タイプの小さなカバンに比べて、どうしても破損の確率は高くなる。


詰められる量も多い分重量も重くなり、空港なんかでラフに放り投げられたら自重でも壊れてしまう。


まあ、壊されてしまったものは仕方がない。

取り敢えずスワンナプーム空港のクレームカウンターで申請をする。


■ スワンナプーム空港のカウンターでクレーム申請


案の定、受付のねーちゃんはLINEに夢中。やる気のかけらも感じられない。


俺の場合バンコク在住なので、壊れた鞄を自宅集荷、修理後自宅まで配達してくれるとの事。


ポリカーボネイト素材のカバン、タイの国内で修理なんて出来るのかよ。


確かにタイに住んでいると、各方面の職人の器用さには驚かされる事がある。

但しそれは、ローテクアイテムに限る。


これはタイに限らずすべての発展途上国共通だ。


例えば車の修理なんかがいい例だ。

技術が発展し、電子制御や何かが増えれば増えるほど、メーカー以外では扱えなくなってくる。

プリウスのハイブリットシステム修理を、街中の、20年前のカローラ修理が得意な匠の職人に預けるようなもんだ。


こんな事を、空港クレームカウンターのバカ丸出しネーちゃんに言ってもしょうがないので、黙って書類にサインをし、集荷を依頼した。


こういったところは、日本にいる時よりも押しが弱くなった自分を感じる。

ここはタイ、強く言っても時間の無駄。

疲れるだけだ。


■ 集荷>修理完了>返却


翌日集荷と聞いていたが、案の定、家に鞄を取りに来たのは1週間後。

1週間で治ると言われたが、まったく音沙汰なし。

催促の電話も面倒なので、しばらく放置。

戻ってきたのは1ヶ月後。

見事なまでのタイ スタンダード。


■ 修理は完了して戻ってきたが、、、


カバンの表面は、見た目中々綺麗に塗装がされていた。

若干、元々の割れたラインはまだ見えるがまあ良しとしよう。


だが、表面のリペアだけでは、どう考えても強度的には無理がある。

ボディのの裏面も何か強固なもので補強してあると想定し、カバン内側の布張りをめくってみてみると、、、


厚さ2ミリ位の薄い発砲スチロールみたいなのが貼ってあった。

たったそれだけ!


「外面はいいが、中身はまるで駄目」

まるでタイ社会の縮図を表現している様な修理だ。


もう、航空便の預け荷物には絶対使えない。

預けても一発で壊れるだろう。


家でキャスター付きの荷物入れにするか、船旅クルーズ用の専用旅行カバン(一生行く事は無いと思うが)なんかにするしか使い道がなくなってしまった。


結果からいうと、航空会社に強くクレームを入れて、リモワのメーカー修理にしてもらうべきだったのだろう。

若しくは、旅行保険の適用を申請すべきだったのだろうが、もう面倒なので放置状態だ。


このあたりは、タイに長く住みすぎて、言うだけ無駄みたいな考え方が染みついてしまっているのかもしれない。

本当に疲れる国だ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.10 | 更新:2017.11.26
現在バンコクで、俺が通い続けているバクテー(肉骨茶)屋は2件ある。


一件は以前紹介したヤワラのお店、

絶品バクテー(肉骨茶) 「イー バクテー」@ヤワラート (過去記事)。


そしてもう一軒は、今回紹介するウドムスックの 「カイシン ディムサム」 [KAIXIN DIMSUM] だ。


この二件が、現在俺の中での 「バンコク バクテー2トップ」。


「カイシン ディムサム」 (KAIXIN DIMSUM)


20150910_KSDS_2_2.jpg

20150910_KSDS_1.jpg

もうここに通って何年になるだろう。随分と前から通っている。

ヤワラのバクテー屋も美味しいんだが、なんせ遠い。

気軽にバクテーを食いたくなると、どうしてもこの店が近場なので優先されてしまう。


ウドムスックが近場かどうかは住んでる場所にもよるが、少なくともスクムビットエリア在住であれば、BTSの利用で気軽に行ける。

車で行く場合も、無料で止められる駐車場があるので便利だ。


お店の場所とアクセス


(お店の場所 google座標 13.678844, 100.612225 )

BTS利用の場合は、ウドムスック駅から徒歩5-6分。

ウドムスック通り(Sukhumvit Soi 103)沿いなので、座標を頼りに行ってもらえれば、すぐわかると思う。

2017.6.25 追記
お店の休み(休業日)は、年間を通して4月のソンクランだけだそうです!
(聞き取り調査は、読者のマクアさんより。)
マクアさん、ありがとうございま~す。



駐車場の場所


車利用の場合は、かなり分かりづらいが店の裏の方に無料駐車場がある。

まず初めに、俺の知識が乏しいので文章でしか説明出来ない事をお詫びする。

「本来は地図を張って場所を表示して、、、」なんてするんだろうが、どうやったらいいのか全く分からない。


車の場合、スクムビットからウドムスック通り(Sukhumvit Soi 103)に入ってSoi5を左に曲がる。

曲がるとすぐに料金所の兄ちゃんがいるので、ディムサム食いに来たと言って、停める場所を教えてもらってくれ。

文書で書くと スクムビットからウドムスック通りへ>Soi5で左折>料金ゲート(ただの掘立小屋だが)通過>すぐの二股を左>すぐ右に砂利の空き地があるのでそこへ入って停める。

まあ、100人読んでも99人はわからない文章だが、一応載せておく(笑)


入る時か停めた後に、掘立小屋の兄ちゃんがチケットをくれるので、お店でこれにハンコを貰えば無料。


この駐車場は、スクムビットの101/2からも入ってこれる。

食事ではなく、101/2からウドムスック通りにショートカットするだけなら5バーツ。


2016年3月 追記
以前は、駐車場もガラガラだったんだが、最近は何故かいつも激コミ。
電車やタクシーで行ける人は、そっちの方がいいかも。

2016年11月 追記
最近では、上記の様に駐車場の混雑から、現在 無料駐車時間は一時間となっている。



この日の注文


この日は俺一人だったので、こんな感じで注文した。

20150910_KSDS_3.jpg
バクテー(全部入り)+飲茶3+白ごはん、お茶
234バーツ

一人ならこの量で充分だ。


バクテー(肉骨茶)


20150910_KSDS_4.jpg

バクテーは、ヤワラの店ほど肉は多くないが、よく煮込まれていて味的にはこちらの方が俺の好み。

ぐつぐつ煮えたのが出てくるので、そこに冷やされて出てきた野菜を自分で一気に入れる。

パクチーも別皿なので、苦手な人は入れない事もできる。


「飲茶」 [DIMSUM] マシマシお勧めの食べ方


この店で旨いのはバクテーだが、店名の通り飲茶の種類も豊富だ。

ホテルとかの高級点心と比べるのは無理があるが、味は十分合格点。

一皿25Bからで、俺の様なB級グルメ人間には丁度いい。

この店での飲茶のマシマシ的お勧めな食べ方は、卓上の醤油ではなく、バクテーに付いてくるちょっと濃い目のタレを付けて食べる方法だ!

このタレが、ちょっと安っぽい飲茶をコクのある料理に大変身させてくれる。

ご飯も進むよもーりもりって感じだぜ。


飲み物はやっぱり中国茶が合う


温冷お好みで。

この店はポットとカップを別々で持って来るが、持ってきてすぐはまだお茶がよく出ていない。

冷たいのを注文した場合、すぐに氷入りのコップに注ぐとただの氷水になってしまうので、5分位たってから注ぐのがコツだ。


注文量


一人だったら、上記の写真の様に

  • バクテー全部入り 1

  • 白ごはん

  • 点心3種類


が基本かな。これで十分お腹いっぱいだ。

小食な人は、ご飯無しでもいいと思う。


2人で行ったら、バクテー1、ご飯2、点心7~8品、位で丁度だろう。

特に飲茶類は、食後に腹が膨れて時間差で満腹感が来るので、注文しすぎには注意だ。

2016年3月 追記
以前書くのを忘れたんだが、飲茶は10個頼むと1個ダタのプロモーションあり。
(現在でも継続中)
多人数で行くときにはお得。



お勘定


この日1人で行ってのお勘定は234バーツ。

2人で行って上記の様に頼んでも、2人で大体300バーツ台。

財布にも優しいね。

お勘定の時、駐車券にハンコをもらうのを忘れずに。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.07 | 更新:2015.11.20
いつものお断り

俺は基本、複数人数で食事に行く時には写真を撮らない。
よって俺メモだけ。

「そんなブログ、ネタの乗ってない寿司みたいなもんだろ!」
とお怒りの方は、ここまでで。

==========================

やはり8月9月は休みの関係か、友人たちの訪タイも重なる。

必然的にこのブログも、観光客向けレストラン系の話題が多くなってくる。

この日も、訪タイの友人たちとプロンポンでマッサージの後、近場のコカへ。


COCA RESTAURANT


スリウォンのお店は何回も行っているが、Soi39の店は何故か初めてだった。

ご存じの様にタイスキの有名店。

何が有名かって?

俺もよくわからない。まあ観光客に有名ってことで。


夜だったが客の入りは3割程度か。

活気のある本店とは雰囲気がかなり違う。

従業員も、やる気のなさそうなのばかり。

隣のテーブルの日本人家族も、奥さんが半分キレてた。


注文はまあタイスキなんで、何処でも似た様なものを。


味も、別に・・・って感じ。

サービスの悪さも重なって、皆もあまり橋が進んでなかった。


まあ結果から言うと再訪は100%無し。

スリウォンの店とはえらい違いだった。


ここに来るなら、「MK GOLD」辺りに連れて行った方がよっぽどましだ。

自分で個人的に行くのはもちろん「普通のMK」だが、、、


まあ久しぶりに後味の悪い店だった。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.04 | 更新:2015.09.05
いつものお断り

俺は基本、複数人数で食事に行く時には写真を撮らない。
よって俺メモだけ。

「そんなブログ、ネタの乗ってない寿司みたいなもんだろ!」
とお怒りの方は、ここまでで。

==========================
日本から来た友人達と、もうベタベタな観光客ご用達レストラン「ソンブーン」へ。

以前は友人の訪タイが重なって、3日連続でという事も過去にあった位だ。

さすがにこの時は、頭からカニの爪が生えてくるかと思ったぜ。

情報は出尽くされている感もあるが、だからこそ敢えて、この店に対する俺の最新の意見を書いてみたいと思う。


「ソンブーン SOMBOON」


載ってない観光本を探す方が難しい、バンコクの超有名シーフードレストラン。

ご存じ「ソンブーン」

現在はバンコクだけで7店舗。観光客ばかりかと思いきや、昔に比べ意外にタイ人の利用も多い。


日本人の利用が多いのは、何と言っても「スリウォン支店」と「本店」とだろう。


「スリウォン支店」は場所柄、若いオネーちゃん同伴の日本人観光客が多く、店も大して綺麗じゃない。

食べてすぐにタニヤに直行なんて人にはいいかもしれないが、それ以外であればあまりお勧めしない。

場所柄従業員の接客も、チップありきみたいな態度が俺は好きになれない。


仕事絡みであれば「本店」を利用する方が多いようだ。

やはり接待相手も、日本に帰ってから、

「日本の皇族の方や首相も利用したソンブーンの本店で・・・」

なんて話題にもなるからだろうか。


俺の場合今回は、日本人がよく行くスリウォンや本店ではなく、MRTホイクワン(MRT Huai Khwang)3番出口目の前の「ホイクワン支店」へ。

正確には「ラチャダー支店」と言うらしいが、場所が特定しにくいのでここでは勝手に「ホイクワン支店」と呼ばせてもらう。


「ソンブーン ホイクワン支店」


ホイクワン支店のいいのは、店も大きく清潔で古さが無い。

予約が無くても、しばらく待てばほぼ確実に座れる。

予定をコロコロ変える日本人旅行者相手でも、振り回される心配がない。


おまけに地下鉄出口からもすぐなので、待合わせの場合などでも不慣れな旅行者も迷わず行ける。

「地下鉄ホイクワン 3番出口 出てすぐ目の前。」

と言えば、よほどのアホでない限りはたどり着ける。


従業員の接客態度も以外によく教育されていて、こちらからチップを払ってあげようという気にさせてくれる。


ちょっと中国人客も多いのが玉にキズだが、極端に不愉快な思いをしたことは無い。


日本人のリクエストで注文する料理は、いつもほとんど一緒。


料理はもう、誰と行っても判で押した様に毎回同じパターンのリクエスト。

  • 空芯菜の炒め物

  • カニカレー

  • エビ焼き

  • エビ蒸し

  • オースワン

  • エビ若しくは蟹と春雨の土鍋蒸し

  • 魚は蒸しか揚げ

  • 骨付き豚肉の煮込み

  • 白ごはん

  • チャーハン

  • カオニャオマンムアン

などなど

写真はネット上に腐るほどあるので、見たい人は各自ググってくれ。


人数が少ない場合は、必ず小さなサイズで注文しよう。

注文しすぎて、大量に残して帰る日本人が非常に多いのもソンブーンの特徴だ。

いつもカラオケ屋のネーちゃんも不思議がってる。

「中華料理は食べ散らかして残す物だ」なんてうそぶいてたら、タイ人にまで馬鹿にされるよ。

ここは中国じゃないんだから。


安定の味


ベタベタな有名店だが、誰を連れて行っても味の評判は悪くない。

しかもここの店はのすごいのは、店舗が増えても味のばらつきが少ない所だ。

タイリピーターの人の中には、「あんな観光客だらけの店」と意味もなく敬遠する人も多いが、意外に灯台下暗しだ。


俺も街中の小さな有名ポーチャナーなどにもよく行くが、正直最近は昔ほどの感動は無い。

それどころか、「最近味が落ちたなー」と思う店の方が数は多い。


何だかんだ言ってもシーフードレストランは、繁盛している店の方が素材の回転もいいので鮮度にも分がある。


人気料理に隠された秘密


日本人に人気なのは、やはり有名どころの「カニカレー」(プーパッポンカリー)。

白いごはんによく合う。


この料理は、皆が写真を撮り終えてある程度食べ進むと、だいたい殻の硬い部分が残ってくる。

そのタイミングでホスト役の人は、ウエイターにお願いして殻を割ってもらおう。

昔友人で、無理やり手で蟹の爪の殻を割ろうとして怪我したアホがいた。


但し皆ばくばく食ってるが、この料理はかなり油が多く、大量に食べると次の日強烈に胃がもたれる。

それを知っている俺は、あまり手を付けない様にしている。


カオニャオマンムアンも大好きな日本人は多い。

皆この料理のカロリーを知っているんだろうか?

こんなものばかり食べているから、タイ人は糖尿病一直線なんだよなぁ。


リーズナブルな「お勘定」


料金も、だいたいいつも一人700ー1000バーツ位。

近辺にもう少し安いシーフードレストランもあるが、日本からの旅行者などが一緒の時は、一人100-200バーツの差の為に変なリスクは負いたくない。

結局、無難なソンブーンに足が向く。


さあ今回も、食事を終えて皆上機嫌。

何故か店の前で解散だ。?

各自、歩いて・電車で・タクシーで、全く好き勝手バラバラに夜の街へ消えていった。

さすがタイリピーターのつわもの達だ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2015.09.02 | 更新:2016.05.24
知っている人は知っている。最近の、タイ国内でのFC2ブログの一部不具合。

初めは一時的な事かと思いあまり気にしなかったが、1か月以上たっても全く改善されない。

よって、今後の為にも備忘録として書いておくことにした。


ご存じの様に、俺はブログを初めてまだ日が浅い。

俺の現在の、ブログ知識とそのレベル。


ハッキリ言ってコンピューターにもあまり強くない。

ブログのホームページも未だに文書だけの未完成。見栄えも最悪。

トップページに何かスカッとする写真でも乗せたいんだが、それもよくわからず。

未だに地図もブログに貼れない。

おまけに、トラックバックだのRSSだのQR何とかだの、訳のわからない言葉が自分のホームページ上に飛び交っている。

そんなアホな俺に、追い打ちをかける様な出来事が!


FC2ブログ、タイ国内で不具合連発!


ご存じの方も多いと思いますが、最近タイ在住FC2ブログユーザー及び閲覧者限定で、ある特定のネットワーク接続時に限り不具合が連発!

俺も、そのババを引いてしまった一人だ。

一般的な症状


一般的な症状としては、次の様なものがあるようだ。

  • 管理画面に入れない。=ブログが更新出来ない。

  • ログインすると、他人の管理画面が表示される。

  • アップした写真が表示されない

  • ブログ内外のリンクをクリックすると、関係ない他のページに飛んでしまう。

などなど、

俺の様な「鼻くそブロガー」への影響は後に回すとして、有名なブロガーさんや、ご商売を兼ねて運営されている方には死活問題だ。

ざっと巡回してみただけでも、

不具合と格闘中の方 その1
不具合と格闘中の方 その2
不具合と格闘中の方 その3

すっぱり諦めて引越しされた方

などなど、

問題をブログの記事に上げてない方も多数いらっしゃると思うので、実際に被害を受けている方は、相当数になると想像される。


現時点では、タイ国内プロバイダーの問題と言われており、タイ国内で特定のネットワーク経由での接続の場合にのみ症状が出ている模様。


「タイ在住某初心者ブロガー、マシ○シさん」の場合。

(って言うか何で伏字やねん。笑)

症状は1か月以上前から出始めた。

初めは何の知識もないので、「何で俺だけが!」と途方に暮れていた。

次第に周りの状況もわかってきて、「俺だけじゃなかった」という、変な安心感と自信に浸る今日この頃。


原因究明


まずは、段階的に原因を絞り込む方法を取った。


原因の分類


まずは原因と思われる事の、大雑把なグループ分けだ。

取り敢えず「パソコン」「ネットワーク」「FC2」の3グループに分け、この3つを順番に潰して行く事にした。


各グループごとの原因究明作業


パソコン

ハード(機材)、設定、ブラウザ、OS(Win, iOS)、等、個別に潰していき、一応クリアー。


ネットワーク

不具合発生ネットワーク

不具合無しのネットワーク
  • 携帯AISのデータ通信

  • i-Mobile Data SIM (TOT MVMO)

  • 街中の公共無線LAN(SCやスーパー、ファーストフード店等)

  • 友人のサービスアパートのロビーWifi


FC2

これに関しては、何分初心者なんで、特殊な設定でもあるのかと色々調べたが見つからず。

一応プラグインの削除と再追加などをやったが効果なし。

FC2へメールで問い合わせるも、俺の様な「鼻くそブログ利用者」には返答無しだ(笑


結局原因は、、、


取り敢えず、問題をプロバーダーとFC2までは絞り込めた。

他の方のブログを見ると、FC2からの回答は「タイ国内プロバイダーの問題」との返答を得ている方が多い。

俺のFC2へのメールは無視されたが、、、

よって現在の所は、FC2曰く タイ国内のプロバイダーが原因らしい。


したがって、症状の出る人は、

  1. タイ国内からのネット接続

  2. タイ国内の、ある特定のネットワークに接続して、FC2ブログを閲覧する人。

この両方に該当する人に限定される。

ただ、ブログ関係で不具合がでてるのは、FC2だけなんだよねぇー。


対処法


結局俺は知識がないので、この問題を根性と行動力だけで乗り切る事にした。???

そのうち誰かが、理論的な解決方法を探してくれるだろう。

それまでの辛抱だ。


取り敢えず目先の対策


まずはブログの作成

何とか管理画面に入れたら素早くアップできる様、出来る限りオフラインで下書きを済ませておく。

勿論写真も、同時にきちんと用意しておく。

出来る事といったらこれ位か。


ネットワークへの接続

1.メインのネットワーク

一番メインで使っているネットワークは、建物全体をカバーするWifiなのでプロバイダーは不明だが、残念ながら不具合連発。

ゆえに現状では、根性論優先?のマシマシ的対抗策は

  • 第三者のブログ゙を閲覧時、内部リンク等で別のページに飛ばされたらF5の連打
    (iOS Safariの場合は、アドレスバー内一番右端の「X」の所を連打)

  • 管理画面に入れたら、作業が済むまでログアウトしない

  • 管理画面で不具合が出たら一旦ログアウト

  • 一旦ブラウザを閉じる。

  • 履歴・キャッシュのクリア。ctl+shift+deleteで素早く可能

  • 1分位してから、再度ログイントライ。

  • FC2ログイン時、メインページ>ログインページ>管理画面選択ページ と、すべての画面で、右上のプルダウンメニューで日本語を選択。

  • 常に管理画面でログアウトする。
    (これはこちらの方のブログ記事からの情報です)

等々を実行し、現状何とかブログをアップしている。

まあ、「駆け出しの鼻くそブログ」はコメント返しとかも特にないので、これで70%はしのげる。

但し有名ブログ管理者の方々などは、こうはいかないだろう。


2.携帯のテザリング使用での接続

現状AISのデータ通信で不具合は全くないが、パソコンへのテザリングは速度が遅いので、あまり実用性は無い。

緊急時のみ。

まあ、俺のブログで緊急なんて絶対にないが。


3.「i-Mobile Data SIM」(TOTのMVMO)

ルーター経由。不具合皆無でスピードも全く問題なし。

但しSIM1枚の容量が500M(30days 99bath)なので、あまり大容量・長時間使っていると、すぐに容量が無くなってしまう。

サクッと確実に管理画面等に入り、短時間で用件を済ませたい時用。


4.公共無線LAN

これが皮肉にも、現在スピード・容量・時間等のバランスからみて最も安定している。

だが、いちいちブログの為に、毎回外に出て公共電波を拾いに行くなんて、とてもじゃないがやってられない。


結局は、不安定を承知で、上記1番の今自分がメインで使っているネットワークを利用しているのが現状だ。


抜本的解決策


ブログの引っ越し

上の方でも書いたが、すでに引越しをされた方もいらっしゃる。

まあ、この状況が長く続くようであれば、今後も間違えなくそういう流れになっていくだろう。

管理者だけでなく、タイ国内からアクセスする一部の読者にもストレスとなり、迷惑をかけてしまうからだ。


しかし、俺の場合は、、、、今の所 絶対無理!

今現在のFC2ブログでさえチンプンカンプンなのに、引越しなんて夢のまた夢。

タイ国内からアクセスされる俺の読者の方々は、こういった不具合がでたら、

「F5の連打」でしのいでいただきたい!
(iOS Safariの場合は、アドレスバー内一番右端の「X」の所を連打で)


独自ドメイン

同じ理由で、俺には夢のまた夢。


そのうち誰かが、抜本的な解決策を、理論的に発見してくれる事を祈ります。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ