ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.02.29 | 更新:2016.03.24

先週末は、本来であればタイ人の友人達と、サイアムカントリーに「HONDA LPGA THAILAND 2016」の観戦に行くはずだった。

ところが前の晩に電話があり、急遽行くのは中止との事。

その日の順位表を見て、タイ人友達は皆行く気がなくなってしまったらしい。


去年も、最終日に観戦に行ったんだが、夕方の最終結果を待たずに さっさと帰ってしまった記憶がある。

こんなんじゃ来年は、「見に行こう!」何て話しすら出ないんじゃないだろうか。


最終的には L.トンプソン選手が優勝、おめでとうございます。


そんな訳で、バンコクで暇になってしまった俺は、いつもの習性で 取り敢えずラーメンを食いに行く事に。


フジヤマ55 @ スクムビットSoi39


最近は、「麺場きせき」がどうも波長が合わない。

七星は量が少なすぎ。

胃袋は準備万端だったので、「フジヤマ55」でガッツリ麺の補給をすることにした。
(場所:Google座標 13.733901, 100.571533 )

週末昼の部は、当たり前だが混んでいた。


注文


いつもは、「まぜそば」と 最後にご飯と卵でおじやを作って締めるんだが、この日は麺を食いたかったので大盛りを。

一応メニューの定義上は、大盛りは「麺 1.5 倍」と記載されている。


実食 「まぜそば 大盛り!」


20160229_fujiyama55_1.jpg
まぜそば 230バーツ
大盛り(500g) 40バーツ
Tax 7%
合計 279バーツ

ニンニクは自分で超マシマシ!
(写真はまだのせてません)

具が表面を覆っていて麺は見えないが、大盛り(1.5倍)なら、通常よりも もっと盛り上がっていてもいいような気がするが、、、


ここ何年か苦しめられた「しょっぱすぎ」はなく、本来の味に戻っている。

まあ麺大盛りなんで、その分味が薄まって丁度良くなったのかもしれないが。

「しょっぱすぎ」さえなければ、ここの「まぜそば」は、高度に安定してガッツリ食える。


勿論ニンニクも、追加でどっさり自分で入れる。


あまりの旨さに、あっと言う間に食べ終えてしまった。


ただし、、、


あれで大盛りなのかなあ???


メニューに普通盛りが350gと書いてあるので、大盛りは5割増しなので500g位だろうか。

レシートにも「大盛り 500g 40バーツ」と書いてあるんだが、どうも胃袋的には500g食った気がしない。

あれだったら、今の俺でも2杯は食える。

昔の事はさておき、今の俺は特別大食いでも何でもない、いたって普通の胃袋だ。


ここの店は開店当初から通っているが、初めの頃に比べて量が少なくなったような気がする。

二郎などでは、食べ慣れてくると胃袋がバージョンアップし、どんどん食える量が増えていくが、俺の年になって胃袋が進化するとは考えずらい。


バンコクのラーメン屋、1回の予算。


大盛りでも少ないとすると、次は「富士山盛 ( fujiyama mori ) 2.5倍 80バーツ」を選択か?

でも、ラーメンに一回 300バーツは出したくないなあ。


今の所 俺の中では、バンコクでラーメンを食う時は、全部でお勘定の時に250バーツ位までを目安にしている。(現在のレートで日本円で800円位)

今回も大盛りだと、279バーツとちょっとオーバーではあるんだが。


そう考えるとフジヤマ55では、やっぱり平日昼のサービス「ご飯と生卵無料」を利用して、普通盛りで食べるのが一番コスパが高いのかもしれない。


やっぱり最後は家二郎しかないのかなあ、、、、、


ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!


関連記事
「フジヤマ55」でニンニクマシマシ!@スクムビットSoi39
バンコク ラーメン定期巡回チェック@フジヤマ55 (Sukhumvit Soi39)
「濃厚つけ麺」 ニンニクマシマシ! @フジヤマ55 Soi39
ラーメン食い納め&年末年始休業情報(きせき、フジヤマ55、七星)
投稿:2016.02.25 | 更新:2016.02.26
まず初めにお断り。

前回のエントリーで説明させていただいた様に、今回の記事は、以前下記エントリーでコメントをいただいた“太陽様”からの情報を元にしています。

リタイアメントビザの更新(5)Lブースで更新(延長)申請。 (該当エントリー)


タイの定期預金、口座名義人死亡時の法定相続


俺の様に文才が無い人間の説明よりも、まずは太陽様から頂いたコメントをそのまま転記する。
(非公開コメントではないので、原文そのまま。)


Name:太陽
Title:リタイアメントビザの更新(5)Lブースで更新(延長)申請。

マシマシさん 初めまして!

「&%#%$$”’!」
「!*&¥・@$#!」

思わず、笑っちゃいました。他もそうですが、楽しく読まさせて頂きました。 
ところで、Kさんの預金は定期(普通)預金だとの事ですが、大変に失礼なの
ですが万が一、Kさんが突発的な事故、病気等で亡くなられた場合の相続は、
親族だと思いますが、故人口座解約の手数料金:30万THB程、掛かると思いま
すよ。定期預金は金利が良いですが、故人になられた場合の解約は手数料金が
掛かりますので良し悪しですよね。普通預金なら暗証番号を遺族に教えていれ
ばカードさえあれば下ろせますけど。参考情報まで。*手数料金とは、裁判所
による遺産管理人任命の命令書 の取得料金です。



故人の定期預金口座、相続時の費用・手数料。


この情報で、まずびっくりしたのは手数料だけで30万バーツもかかると言う事だ!

このコメントをいただいた記事の流れからして、リタイアメントビザ申請に要した定期預金80万バーツに対してであろう。

俺はこういった知識や経験がないので、こんなパターンでは全部ひっくるめても、所詮数万バーツ位だろうと勝手に思ってた。


手数料だけで30万バーツかかるとすると、故人の家族が日本にいる場合、渡航費用や通訳、弁護士費用なども入れると、半分以上吹っ飛んでしまう事になる。


大変失礼な言い方だが、70才前後のタイ在住ロングステイヤーの方で、ビザの証拠金80万バーツを 自分の亡き後誰かに残したいと思っている方には、非常に考えさせられる事案だろうと思う。


誰が一番得をするのか?


こういったお金は、所詮ゼロサムゲーム。

誰かが損をすれば、誰かが得をする。


故人の口座だって、全部を特定できるわけじゃない。

遺族が手続きをしなければ、最後は、、、


何処の国でも、他国の裕福なロングステイヤーは歓迎される。

その国の雇用も奪わず、ひたすらその国にお金を落とす。


そして上記の様な事が起こると、死んでからもなお、お金を落としてくれる。

国家単位のビックビジネスだよなぁ。


生前の、遺産協議の難しさ。


何処の家庭でもそうだろうが、子供が親と、生前に親の遺産に関して協議をするのは、非常に気難しさが伴なう。

親も当然いい顔はしないし、子供のほうだって奥歯に物の挟まった様な言い方になる。

特に頑固な親だと、

「俺が死んだらって、どういうことだ!(怒)」

何て言いかねない。


俺の知り合いのKさん、まさにこう言った感じの べらんべえオヤジ なんだよなあ。

本当は、真っ先に教えてあげるべきなんだろうけど、、、言いずらいなぁ。

俺の悩みは尽きないのであった。


最後になりますが、再度 お詫びとお礼を。


最後になりますが、コメントをいただきました太陽様。

その節は、本当に申し訳ありませんでした。

今回なんとか、頂いた情報を皆さんにお知らせする事ができ、ホッとしています。

ありがとうございました。

マシマシ


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


2016.2.26 追記
太陽様から、上記費用の明細に関して追加情報をいただきました。
下段のコメント欄で詳細が確認ができます。
太陽様、ありがとうございました。



関連記事
定年退職後 タイでカラオケ嬢にはまるロングステイヤーKさん
リタイアメントビザの更新(3)定期預金の残高証明
投稿:2016.02.25 | 更新:2016.02.25
読者の方はご存じの様に、俺はブログ運営に関する専門知識がほとんどない。

コンピューターにも疎く、取り敢えず 文章を書いてアップするのが精いっぱいなのが現状だ。


そんな俺が1ヶ月程前、とんだ失態をやらかしてしまった。

なんと、読者の方から頂いた貴重な情報のコメントを、誤って消してしまったのだ。


情報コメントをいただいた経緯


以前、自分の知り合いのKさんという エロ ロングステイヤー のリタイアメントビザに関する記事を連載で書いた。

リタイアメントビザの更新(5)Lブースで更新(延長)申請。 (該当エントリー)

その時に、太陽様という読者の方からのコメントで、非常に貴重な情報をいただいた。


ところが、出先から 慣れない携帯の操作でコメントを確認していたアホな俺は、操作を誤って そのコメントを消してしまったのだ。

内容は取り敢えず斜め読みを済ませ、後から時間がある時に熟読をと思ったんだが、その後 公開したはずのコメントが見当たらない。

もう、ショック・ショック・ショック としか言いようがない。


リカバリーに奔走する俺


ブログ管理の知識に乏しい俺は、FC2管理画面の中に、パソコンやフリーメールのゴミ箱の様なものがあり、データーが残っていないか必死に探した。

しかし残念ながら、そういったファンクションは無いらしく、一旦削除すると復活出来ない様だった。

ネット検索でキャッシュが残ってないかどうかも探してみたが、よく考えたら公開出来てないので、ネット上にキャッシュが残っているはずもない。


もう、茫然、、、

と言うよりも、せっかく貴重な情報を書いてくれた読者の方への、申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。


その後の対応


取り敢えずその時は、読者の太陽様の名前もわからなかったので、消してしまったコメント欄に、俺のお詫びのコメントを入れた。

後は俺に出来る事は、いただいた情報を無駄にしない様、自分で銀行へ行き、太陽様の情報を 再度直接 自力で調べる。

そして、それをエントリーに上げて、皆さんの役に立つ様にする事だと思っていた。


神様は俺に味方してくれた!


所が、あれから1か月程たった今週、珍しく(笑)自分の電子メールを確認していると、FC2からのコメント到着メールが多数未読になっている事に気が付いた。

何気なく無作為に一つを開けてみると、本文中に読者の方からのコメントオリジナルが表示されている。

これはもしやと思い、さかのぼって太陽様のコメントを探した。

すると・・・


あったぁ!!!


この一か月、ずっとくすぶり続けていた悩みが一気に晴れた!

そんな訳で、すぐさまそのコメントを元に 関連エントリーを書かせてもらう事にした。


この後すぐにアップします。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.02.24 | 更新:2016.02.24
先日、タイ南部の町チュンポンからの帰り道、丁度海の近くの道を走っていてシーフードが食いたくなった。

すぐ近くに、プラチュアップキリカン(プラチュワップキーリーカン)という海辺の町があったので、そこで店を探すことに。


プラチュアップキリカン [Prachuap Khiri Khan] はバンコクから南へ300キロ程の所にあり、さすがに観光客の姿もまばら。

やはり、バンコクから陸路近場のビーチリゾートとしては、パタヤ若しくは頑張ってもチャーム・ホアヒン辺りまでなんだろうか。


静かで雰囲気のいい海岸線


夕暮れ前には到着し、まずはビーチ沿いを流してみた。

パタヤやホアヒンの様にごみごみしておらず、砂浜にも人気(ひとけ)がほとんどない。

物凄く静かで落ちく いい所だ。


地元で評判のシーフードレストラン


地元で適当に聞いて回り、良さそうな店の情報をゲット。

早速車で向かう。


しかし、どういう訳か この日の俺には徹底的にツキが無かった。

まずは、お目当ての店に到着するも、まだ開店前の様だ。

20160223_Prachuap_1.jpg
店の前にはすでに当日の食材のカニが。

うまそー。

やっぱり地元情報は頼りになるぜ。


店の子に、何時に開店するか聞くと、

「今日は料理人が急病で、急遽お店は休みになりました。」

がぁ~ん


しょうがないので、その子に「どこか他にないか?」と聞いて、そこより少し北側ビーチ沿いの小奇麗なシーフードの店を教えてもらった。


「プローン サムット レストラン」 [Ploen Samut Restaurant]


(Google 座標 11.805253, 99.799024)

教えてもらった店は結構な大箱、道の角 ビーチ沿いの一等地にありにすぐにわかった。

20160223_Prachuap_2.jpg
「プローン サムット レストラン」 [Ploen Samut Restaurant]

店も綺麗で、海に沿ってテーブルが並んでいるので眺めもすごくいい。

早速、カキ、蒸し蟹、カニチャーハンなどなど、適当に頼む。


注文した料理が運ばれてきたが、、、


まつこと暫く、料理が運ばれてきた。

20160223_Prachuap_3.jpg
カキ
色つやも何だか、、、

20160223_Prachuap_4.jpg
蟹チャーハン
見た目は旨そうだが、まあ普通。

20160223_Prachuap_5.jpg
蒸し蟹
出てくるまで異常に時間がかかった。
その割には、甲羅の近辺は暖いが、足の方は何故か冷たかった。
身もスカスカで、鮮度の悪さが俺にもわかる。

周りを見ると、客は結構入っているが、タイ人は皆炒め料理類ばかり頼んでいる。


さっきも言ったが、この日の俺にはツキが無い。

嫌な感じはしたが、取り敢えず腹が減っていたので、ささっと食ってバンコクへの帰路に就いた。


帰りの道中も、何だか胃がムカムカする。

二郎で鍛えた俺の胃がだ!


やっぱり当たった。朝方に吐き気と下痢が。


ついてない時は、とことんついてない。

バンコクに着いて床に就き 翌日の朝方、案の定グーグーピーピー。

トイレに直行。

吐き気は有ったが、重度の下痢ではなかったので、何とか1日苦しんで回復した。


おそらくカニだろう。

生ガキだったら、こんなもんじゃ済まないからだ。


ついてないぜ、まったく。


次回は再訪問で仕切り直しだ!


今回食べた店は、サービスも悪くクソだった。


しかし、プラチュアップキリカン自体は、のどかでパタヤやホアヒンとは違った良さがある。

次回はぜひ、泊りがけで訪れてみたいと思う。


今回 臨時休業だったシーフードの店もぜひ行きたいので、近いうちに必ずリベンジだ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.02.23 | 更新:2016.02.23
昨日はマカブーチャ(万仏節)、その由来はインターネットでググれば山ほど出てくるので、ここでは省略。

仏教関係の祝日だってことは、誰でもわかる。

禁酒日だっていうのも皆知ってる。

お寺に行くって言うのもわかってる。


じゃあ具体的に、タイ人はどの様に この一日を過ごすのか?


過ごし方を3通りに分けてみた


まずは大雑把に、3通りに分けてみた。

  1. 全く気にせず遊びに出かける。

  2. お参り(タンブン)だけ行く。

  3. 結構真面目に色々やる。


まあ1.のタイ人はかなり少数かな。


2.は、通常のお参り(タンブン)と同じように昼間行く人や、マカブーチャ(万仏節)の儀式に沿って、日が暮れてからお寺で3回まわってお祈りする人。

これは旅行者の方でも、経験のある人も多いと思う。


今回は3のパターン、俺の知り合いのタイ人家族を例に、一日の行動を紹介してみよう。


まずは朝から食事の用意


まずは自宅で、午前中にお寺に持って行き寄進する食事を作る。

自分で作らずに、行きがけに買っていく人もいるが、そこは人それぞれ。


午前中にお寺へ到着


家で作った(若しくは途中で買った)食事をもって、午前中にお寺へ行く。

お坊さんの食事の儀式が11時位から始まるので、遅くとも10時半位までにはお寺に到着しなければならない。

持参した料理を小皿に少しずつ小分けし、お坊さんに寄進する。


しかし、こんな大切な日ですら遅れて到着し せっかく食事を持ってきたのに、寄進に間に合わなかったタイ人が何人もいた。

やっぱり、タイ人はタイ人だ(笑)


服装


出来るだけ白い服がベターだが、厳格ではない。

食事まで持って来て、本堂に入る様な人達、は8割方上下白服。

お参りだけの人は普段着が多い。

気になる様であれば、上着だけでも白っぽい服を着ていれば、浮くことはない。


お坊さんの食事とお祈り


11時位から一斉に、お坊さんの食事の儀式が始まる。

寄進された食料は大量にあるので、お坊さんも全てを食べる訳ではない。


食事の儀式の後は、お坊さんがお経をあげてくれる。


お祈り終了後、残った食事は、食事を寄進した人たちが再度持ち帰る。

ここで一旦自宅へ引き上げ。


持ち帰ったものは、自分達で食べたり、周りに配ったりと色々。


食事の寄進による効用


お坊さんに食事を寄進する事によって、来世でも食べ物に不自由しないらしい。

さすが、「自分が一番大切!」なタイ人。

自分の為なら、何でも一生懸命!(笑)


夜は再度お寺へ


日が暮れる頃から、再度お寺に行って、みんなが知ってる儀式を行う。

花やロウソク何かを持って、お寺の周りを3回まわって、お祈り。

これでやっとマカブーチャ(万仏節)の一日が終了する。


朝 食事の支度から始めると、なんだかんだで丸一日費やしてしまう。

友人家族の子供たちも、一生懸命手伝っていた。

ご苦労様でした!


写真の撮影


俺も今回、友人家族と一緒に 食事の寄進などで お寺の本堂にも入ったんだが、意外にも写真を撮ってる人が少なかった。

特に撮影が禁止されている様ではなく、一部撮っている人もいたが、本当にごく数人。

あの写真好きのタイ人が(笑)

そんな訳で 俺自身も撮影は控えたので、今回は写真無しで。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.02.22 | 更新:2016.04.30
先日所用で、タイ南部の町チュンポン(チュムポーン若しくはチュンポーンと書く人も)へ行ってきた。

チュンポンって何処だよ?っていう質問も出てきそうだが、、、


タイ南部の町「チュンポン」[Chumphon]


タイ南部の、結構大きな町。

サムイ島・パンガン島・タオ島なんかにいく高速フェリーの出発地でもある。

地理的には、タイランド湾に面しており、ラノーンなどにビザランで行く人は、ここで西側に進路を取り、アンダマン側に抜ける交通の要所でもある。

しかし、特に名所等があるわけでもなく、ツーリストには素通りされる可哀想な町だ。


何故かそんな街まで出かけた俺は、用事を済ませて地元の奴と遅めの昼飯に。


地元民から絶大な人気のクイッティアオ店


お店の名前は「タピスット ヌードル」[Tha Phi Sut Noodle]

20160222_noodle_1.jpg
「タピスット ヌードル」[Tha Phi Sut Noodle]

タイの田舎によくある、掘立小屋に毛の生えた程度の店。

ランチ時には、地元民で激コミらしい。

俺達は確か2時位に行ったので、時間的には丁度良かった。


場所は、チュンポンの町はずれ。


場所はハッキリ言って、チュンポンの町からも外れた場末の場末。
(Google 座標 10.510866, 99.109887 )

足が無ければ絶対に行けない。

まあ、車で移動できる人限定だな。

2016.4.30. 追記:
現在お店は、道を挟んで反対側に移転しています。
骨付き豚肉の旨さには、全く衰え無し!
最近では、ムーサテーも人気商品。
新店舗 Google座標: 10.511400, 99.109769


20160430_shop_replacement_1.jpg

20160430_shop_replacement_2.jpg
新店舗外観


注文


取り敢えず、連れのお勧めを注文。

20160222_noodle_2.jpg
骨付きブタ肉のクイッティアオ トムヤム
60バーツ

20160222_noodle_3.jpg
シーフードのクイッティアオ トムヤム
50バーツ


両方とも、麺・スープ共に文句なく旨い。


特筆するのは、豚の骨付き肉だ。

じっくり煮込まれており、口の中でとろけていく!

あっと言う間に平らげたぜ。


これだけ旨けりゃ、はやるわけだ。

バンコクへ出店しても、十分勝負できるだろう。


バンコクのラーメン屋のチャーシューなんて、足元にも及ばない。


20160222_noodle_4.jpg

60バーツのクイッティアオ屋で これだけバカ旨の骨付き豚肉が出せるのに、なぜ バンコクの日本式ラーメン屋で出てくる豚(チャーシュー)は、しょぼい物ばかりなんだろう。

まあ、ここは田舎の店と言う事もあるだろうけど、それを差し引いてもあまりにも差がありすぎる。

バンコクで、こんな豚が乗っるラーメン屋があれば、週3訪問確定だよ。


チュンポンなんて、あまり行く機会もないだろうけど、次回も再訪は決定だ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.02.20 | 更新:2016.07.17
今週はシーロムで用事があったので、昼飯はいつもの「浪花」へ。
(場所:google 座標 13.729373, 100.534412)


この日は「魚味噌漬け定食」


この日は、日替りの「浪花定食」が サバみそ煮何とかで、残念ながら俺のこの日の気分と合致せず。

10バーツ高い(と言っても220バーツだが)「魚味噌漬け定食」を。

これも去年までは180バーツだったんだよなあ、、、(涙する貧乏人マシマシ)


気のせいか、この日はお客さんの入りが若干少なかった。

2月は、タイでも景気が落ち込むのかな?


カウンターで、日本のテレビを見ながら待つ事暫く、俺の注文した定食がやってきた。

20160220_naniwa_1.jpg
「魚味噌漬け定食」
220バーツ

旨い!味は勿論 文句なし。


メインの魚は勿論の事、小鉢の「あんかけ揚げだし豆腐」も、日本を思い出し涙する味。

味噌汁も、きちんとダシが出ている。

ご飯も完璧。

いやあ、やっぱり文句無しに旨いや。


まあ昼の定食なんで、料理に派手さが有るわけでもなく、ちょっと表現するのが難しいけど、「本当の日本料理の味」って感じかな。

その辺で食べる、日本食モドキとは雲泥の差だ。


ごちそうさまでした!


系列店「博多」


写真を見ると、何故かハシの袋が系列店「博多」のだ。

箸袋の在庫整理なのかな。(笑)


「博多」は、昔ちょこちょこ行ったんだけど、ランチに関しては「浪花」にはちょっと及ばないかなぁ、と言うのが俺の正直な印象。

暫く行ってないんで、今度久々に行ってみるかな。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
「浪花」でランチ@シーロム タニヤ。値段と味のバランスは最強。
投稿:2016.02.19 | 更新:2016.02.19
ここしばらく、タイ安物ワインの開拓をしていなかったので、この日はいつもの大型スーパーBigCへ。

今回もフィーリングで選んでいくぜ!


今回のワイン選定基準


今回の選定基準もいつもと同じ様なもんだ。

300バーツ近辺の基準は変えないが、ワインの確固たる知識があるわけでもないマシマシ。

後は適当にひらめきのままに。

と言っても今回は、何故かあまり閃かなかったので、適当に数が置いてあるワインをセレクト。


『 MAR SOL Selection C 』(赤)


20160219_wine_1.jpg
299バーツ

このワイン、買う時は気が付かなかったが、よく考えたらタイ産のワインだ。

「Siam Winery」と書いてあったが、国名が無かったんでわからなかったぜ。

サイアムワイナリーの名前は、何度か聞いた事があったんだが、ほとんど飲まないので忘れていた。


タイ産のワインかぁ、そうと知ったら 応援の為にも気合を入れて、いつものマシマシ流テイスティングだ。


味の方は・・・


いつもの様に野菜室で少し冷やしてグラスに注ぐ。

軽く振って、ごくっと飲む!

色や香りはほとんど無視の、マシマシ流テイスティングだ。


まずは一口飲んだ感想は、、、薄ーい。(涙)

ワインの水割りかよ。

何か、気持ち変な苦さも。

もう、飲み進む気分ゼロ。


でもこのワイン、あちこちでよく見かけるんだよなぁ。

「よく見かける=売れてる=美味しい」

の方程式は、ワインの場合あまり通用しないんだろうか?


タイ産ワインなので、応援したい所だったんだが・・・・・

完全に撃沈。


MAR SOL Selection の「M」 っていうのもあったが、これじゃあちょっと手がでそうにもない。


しかーし、これに懲りずに、これからもタイ安物ワインの開拓は続けて行くぜ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
日本はワインが安い! というよりタイが高すぎ?
タイで家飲みワイン 『MONT CLAIR BIN 9 Reserve FULL&DRY』(赤)
タイで家飲みワイン 『CHASING CLOUDS RESERVE BIN 4』
タイで家飲みワイン 『CARMEN RESERVA Cabernet Sauvignon 2013』
タイで家飲みワイン『ROBERTSON WINERY CHAPEL RED SMOOTH DRY RED』
投稿:2016.02.18 | 更新:2016.02.18
先週末は、友人と約束がありサイアムパラゴンで待合わせ。

パラゴンで「JAPAN EXPO IN THAILAND 2016」を開催していたので、それを覗きに。

20160218_jpexpo2016siam_1.jpg
Japan Expo in Thailand 2016 @ SIAM PARAGON

初めはブログにレポートしようと思ったが、あまり日本人には関係も無く展示会自体も面白くなかったので、書くのはやめた。

その代り、その時ついでにやってきた、ラビットカードのポイント交換について書くことに。


BTS サイアムの駅に、約束時間より少し早く着いた俺は、空いた時間を使ってラビットカードの貯まっていたポイントを金券に交換した。


Carrot rewardのポイント残高の確認方法


「ラビットカード」のポイントシステムは「キャロットリワード」[Carrot Reward]と別の名前がつけられており、少々ややっこしい。

20160218_rabbit_1.jpg
この機械でポイント残高確認。

カードをかざすだけ、サルでも出来る。

カード内のチャージ済み金額も同時に確認出来る。


交換比率と金券の種類


駅の機械で俺のポイントを確認すると約800ポイントあった。

600ポイントで、100バーツのBTSの金券と交換できる。

BTS金券の他に、TOPSやセンタンのフードコートの商品券とも交換可能。

Topsはあまり行かないので、BTSの金券に交換する事に。


ポイント交換の手順


  1. まずは上記の様に、機械で自分のカードのポイント残高を確認。

  2. 右下のクーポン交換ボタンを押すと、ペラペラのレシートが出てくる。

    20160218_rabbit_2.jpg
    この右下の緑のボタン

  3. それを持って、BTSサイアム駅構内のサービスセンター(BTS SIAM駅の場合、BTS Chilom駅側の駅構内)で金券に交換。

    20160218_rabbit_3.jpg
    Rabbit&Carrot Service Senter

  4. 発券してもらった緑の金券を持って、今度は通常のBTSの両替やチャージの窓口へ行き、ラビットカードに金券分の金額(今回はB100)をチャージしてもらって終了。

Carrot Reward サイトのポイント交換に関するページ (外部リンク、英語)

キャッロットリワードのサイトの中では、ネットで申し込んで、翌日以降にサイアム駅のサービスセンターでピックアップと書いているが、SIAM駅の機械で上記の様にやれば、その場でバウチャーを貰える。

所用時間5分位かな。

簡単!

なはずだったが、、、


身分証と本人確認


まずはカウンターでパスポートを要求された。

まあ、タイの免許でオッケーだった。


ところが、免許を見たカウンターの兄ちゃんの顔が曇り、俺に質問。

「このカードは、誰のですか???」

初めは何の事だかわからなかったが、しばらく考えて思い出した。

昔インターネットで個人情報を登録する時、適当な名前で登録していたのだ。


ちょっと怪訝な表情をされたが、色々説明して、最終的にはメールアドレスを覚えていたので、何とか発行してもらえた。


まあ、他人の落としたカードを使って金券発行に来る奴もいるだろうから、当然といえば当然だ。


家に帰ったら、登録を正しい情報に変更する様に言われ、何とかセーフ。


ちょっとヒヤヒヤのポイント交換だったぜ。


本当にメリットはあるのか?


100Bと聞くと、安飯なら軽く2回は食える。

結構お得感がある様に初めは感じたが、今回トンローからBTSのサイアム駅へのBTS代が往復で68バーツ。

金券で100バーツ貰っても、あんまりお得感は湧いてこない。

まあポイントがたまったら、「BTSが一回無料で往復乗れる。」位の気持ちでいた方が気楽だろう。

そう考えると、BTSってやっぱり安くないよなぁ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
特典多数!「BTSのラビットカード」。飲食店の割引やポイントも。
プロンポンで「85バーツの豚骨ラーメン」。思った以上の高レベル!
投稿:2016.02.16 | 更新:2016.02.22
【タイ北西部旅行 2016年1月(18)】

超満腹で、何とか昼前にチェンマイを出発、バンコクへと向かう。

山岳地帯のクネクネ道と違って直線道路が多く、眠くならないようにコーヒーがぶ飲み。

安全運転、安全運転。


中国ナンバーのドゥカティ


途中、中国ナンバーのDUCATIが、女性を後ろに乗せて並走してきた。

20160216_thnw_cmtk_1.jpg
中国から、陸伝いでタイにツーリングで来たんだろうか?

後ろの女性は、バイク走行中にも関わらず両手でスマホいじり。

全く気楽なもんだぜ。


タークで飯屋を物色


朝から3件連食したせいか 昼は食べておらず、午後の3時近くなった頃、ターク近辺で腹が減ってきた。

まあ今回最後の一食だ、取り敢えず何でもよかったんだが、軽く腹に入れておきたかったので、タークの街中をフラフラと。

今回の旅行は麺類ばかり食べていたので、麺類以外を物色。

適当にその辺のカオカームーの店へ。


激ウマ カオカームー、期待していなかった場末の店。


20160216_thnw_cmtk_2.jpg
店名不明
(Google座標:16.870158, 99.125582 )

店はお粥とカオカームーの店舗、朝からやっているらしく もうすぐ閉店といったかんじだった。

お粥はもう無いとの事なので、カオカームーを注文。

まあ、何の期待もしてなかったんだが、、、

20160216_thnw_cmtk_3.jpg
カオカームー 30バーツ

ところがどっこい、一口食べてもうびっくり!

肉の部分もトロトロで味も抜群。

おまけに付け合わせの高菜みたいな野菜が激ウマ!


普段バンコクでは、この付け合わせの野菜はまずい所が多く、あまり手を付けない時が多いんだが、ここのはお代わりしたい位の旨さだった。

唯一残念なのは、肉の量が少なく、大盛にしなかったことを激しく後悔。


こんな田舎町(ターク住人の方ごめんなさい)で、最後の最後にサプライズ。

これが、行き当たりばったり旅行の醍醐味ってもんだぜ!



絶品のカオカームー屋を後にして、その後も安全運転、暗くなった頃には無事にバンコク到着。

無事故が何よりのお土産だ。

お疲れさまでした~。


以上で、2016年1月のタイ北西部 ドライブ旅行記は終了です。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


** タイ北西部旅行 2016年1月 一覧 **
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】
メーサリアン [Mae Sariang] 俺が気に入ったタイ北西部の静かな町。 【タイ北西部旅行 2016年1月(2)】
カオ コモン ケーブ [Kaeo Komon Cave] 大理石の洞窟(鍾乳洞) 【タイ北西部旅行 2016年1月(3)】
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
クンユアム[Khun Yuam]  旧日本軍博物館とヒマワリ畑 【タイ北西部旅行 2016年1月(5)】
タイ北部でキャンプ@メースリン タイ最大の滝のをまじかに臨む 【タイ北西部旅行 2016年1月(6)】
タイ北部旅行 メーホンソーン[Mae Hong Son] 【タイ北西部旅行 2016年1月(7)】
メーホンソーンからパーイへ 道すがらの観光名所 【タイ北西部旅行 2016年1月(8)】
タイ北部旅行 パーイ [pai] 若者に一番人気の町 【タイ北西部旅行 2016年1月(9)】
タイ北部 お勧めキャンプ場 「フアイナムダン国立公園」 【タイ北西部旅行 2016年1月(10)】
フアイナムダン[Huai Nam Dang] からチェンマイへの道 【タイ北西部旅行 2016年1月(11)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
ドイステープ [Doi Suthep]@チェンマイ 本には載らないマメ情報 【タイ北西部旅行 2016年1月(13)】
タイ北部ドライブ旅行 チェンマイ[Chiang Mai] 【タイ北西部旅行 2016年1月(14)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】
ソムタム バーンパワーン (ソムタム ウドン)@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(17)】