ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.07.19 | 更新:2016.07.19
20160719_peyangu_1.jpg

この日は、以前もエントリーを上げた、日本からの補給物資「ペヤングやきそば ニンニクMAX」を食した。

ペヤング「にんにくMAX」VS 普通の「ペヤングソースやきそば」

前回の記事では、オリジナルの状態で食って非常に旨かったので、今回はさらに、自分でニンニクマシマシ!


追加ニンニクの量


前回オリジナルの状態でも非常に旨かったので、今回はさらにニンニクを5片 自分で追加してみた。

20160719_peyangu_2.jpg
ニンニク5片

これをみじん切りに。

20160719_peyangu_3.jpg
二郎のニンニクと同じ位の粗さで


ニンニクの追加方法


入れ方は色々迷ったが、初回なので、半分をかやくと一緒にお湯を入れる前に。

残りの半分は、最後にお湯を切った後に入れた。


実食


3分待ってお湯を切り、残り半分のニンニクを入れてかき混ぜる。

20160719_peyangu_4.jpg
強烈なニンニク臭。(当たり前)


まずは一口。

んー、何かニンニクが多すぎて、全体的にパサつき気味。

味も、本来のおいしさが薄まってしまっている感じ。


どうも、オリジナルの味のバランスが崩れて今一歩と言ったところか。


次回の課題


色々考えると、後から追加したニンニクが、パサつきと味のバランスを崩す原因の様だ。

やはりニンニクは、スープや脂分など、多少液体系の物と絡まって、初めて旨さを発揮するのかもしれない。


次回は少しニンニクの量を減らして、全てのニンニクを お湯投入前に入れてみよう。

それとも、ニンニクを入れる前に、脂分の何かと和えてみるか。

もしくは、おろしニンニクにして投入するか。

いずれにしても 今後の課題だ。


後半半分は 色々入れて試してみた


ちょっと残念な結果だったので、後半は 家にある色々な物を入れて試食してみた。

  • オイスターソース

  • 豆板醤

  • そばつゆ

などなど、

しかしと言うか、やはり初めの追加ニンニクの味付け失敗が響いたからか、どれを入れても今一だった。

マヨネーズがあったらよかったのかなぁ。


残念ながら今回は撃沈。

補給物資の貴重な一食を無駄にしてしまった。


次回、ひと手間加えて「絶品ペヤング」に成功したら、改めてレポートさせていただく。


おまけ 「ペヤング 激辛 やきそば」


今回の日本からの補給物資、「ペヤングやきそば」「ペヤングやきそばニンニクMAX」と共に、
「ペヤング 激辛 やきそば」も買って来てみた。

20160719_peyangu_5.jpg
「ペヤング 激辛 やきそば」
146 円(免税価格)

しかし残念ながら、激辛王国タイランドで暮らしている俺には、ちょいと役不足。

20160719_peyangu_6.jpg
全く辛さが物足りない。

これはまあ、日本に住む人向きかな。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.18 | 更新:2016.07.21
先週の平日、いつものラーメン屋「麺場きせき」へ。

この日は日本村店に行ったんだが、なんと 「きせき郎」 が無し!

たまには普通の豚骨ラーメンでもよかったんだけど、何となく体に悪い物が食べたかったんで、他の店へ行く事に。


そんな訳で、久しぶりに一人でスクムビットSoi39の「フジヤマ55」へ。
(お店の場所: Google座標 13.733901, 100.571533 )


お店の様子


ピークの時間を外した為、駐車スペースにも空きがあり、難なく駐車。

店内は、3割位の入りだろうか。

まあこの近辺の店は、夜と週末が商売のピークだから 平日昼間はこんなもんだ。


最近この店では、連れがいたりする事も多く 写真もあまり取らず、ラーメンブログの割には殺風景なエントリーが多かった。

しかし今回は、連れも無し、店のお客さんも少なく、周りに迷惑もかからなそうだったので、静かにコソコソ色々写真を取って、久しぶりに世間並みのラーメンブログの様な記事を書いてみる事に。


注文


注文は、俺の中での「バンコク生活習慣病一直線メニュー」 ツートップの一角、

「まぜそば+そばめし」を。

もう一方の雄は、勿論 「麺場きせき」の「きせき郎+あぶらご飯」だ。(笑)

バンコクの「麺場 きせき」で、日本では幻の「脂ごはん」を再現!


ランチは「ご飯と生卵」がサービス 太っ腹!


フジヤマ55では、平日ランチの時間帯は、ご飯と卵まで無料サービス。

20160718_fujiyama55_1.jpg
太っ腹!

但し平日のみ。

この点では「麺場きせき」は、ライスだけのサービスだが週末もなんで、平日行けない人には有りがたい。

まあどちらにしても、

両店共に 店主の好意に感謝!


「まぜそば」の食べ方


まずは、こんな感じで出てくる。

20160718_fujiyama55_2.jpg
「まぜそば」 236 バーツ

ニンニクは、デフォでもすでに乗っている。


どうやって食べるかと言うと、まあ簡単に言えば、色々あるトッピングを好きなようにかけて、名前の通り混ぜて食べる。

トッピングは本当に色々。

卓状には

  • ラー油


  • 唐辛子

  • ニンニク

  • 醤油(最近登場)



そして、まぜそば注文時にはさらに

  • 揚げパン粉

  • チーズ

  • カレー粉

  • マヨネーズ

が出てくる、

*ただし今回は、、チーズと揚げパン粉が無く、ゴマ系のトッピング二つに変わっていた。


勿論ニンニクは、卓上の物を追加でマシマシだ。

20160718_fujiyama55_3.jpg
自分でニンニクマシマシ!


実食「まぜそば」


好みのトッピングをかけて混ぜ終えると、こんな感じだ。

20160718_fujiyama55_4.jpg
お世辞にも綺麗とは言えないが・・・

まあ俺も含めて、こんな写真をみて「旨そう」なんて思う人は、完全に病気だな。

「体に悪い物は旨い!」 と脳にインプットされている二郎野郎には、たまらない一品。


まずは麺を食べ終えると、こんな状態に。

20160718_fujiyama55_5.jpg
麺 終了

ここから、第二弾の雑炊(そばめし)に移る。


「そばめし」(雑炊)の作り方


お店の言葉をかりて「そばめし」と書いているが、俺は作成前のスープに麺が残っているのは好きじゃない。

雑炊になった時に、食感が ご飯との相性が悪いからだ。

まあここは 人それぞれの好みだが、俺は麺を最後の一本まで綺麗に食べてから雑炊に移る。

20160718_fujiyama55_6.jpg
サービスのご飯と卵

20160718_fujiyama55_7.jpg
最後のスープに ご飯と卵を投入。

そして全部をマゼマゼ。

最後に、前出の多彩な調味料で 自分好みの味に調える。

20160718_fujiyama55_8.jpg
「そばめし」の完成!
(ちょっとボケてて失礼)


実食「そばめし」


もう説明の必要もないとは思うが、、、

うめぇぇぇえええ!!!!!

但し、健康診断で あっちもこっちも引っかかっている人は、絶対に食べるのはやめておこう。


ラーメン関係のブログって、食べた後の丼の写真を載せてるのが多いんだが、俺は今一 その意味がよくわからない。

まあ今回は、「世間一般 人並みのラーメン記事」と言う事で、おれもアップしてみる。(笑)

20160718_fujiyama55_9.jpg

ごちそうさまでした!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
「フジヤマ55」でニンニクマシマシ!@スクムビットSoi39
バンコク ラーメン定期巡回チェック@フジヤマ55 (Sukhumvit Soi39)
「濃厚つけ麺」 ニンニクマシマシ! @フジヤマ55 Soi39

ラーメン食い納め&年末年始休業情報(きせき、フジヤマ55、七星)

フジヤマ55で大盛り!もちろんニンニクマシマシ!@バンコク
「まぜそば」はタイ人にも大好評らしい @フジヤマ55 Soi39
5月5日は「GO GO DAY」 つけ麺全商品55%OFF!@フジヤマ55
投稿:2016.07.16 | 更新:2016.07.17
最近、俺のB級グルメは外しまくり。

ターミナル21
ルンルアン
ワッタナーパニチ
カスタードナカムラ
などなど。

(最近のエントリーを読んでない人は、最下段の過去記事を参照)

B級グルメに限らず、今のバンコクでは、飲食関係の浮き沈みが本当に激しいと思う。


絶対に外さない昼飯が食いたい! しかし現実は・・・


安定したものが食べたければ、日本食にすれば?なんて思うかもしれない。

しかしバンコクでは、日本食屋だからといっても安心はできない。


例えば俺が、大昔から数えきれない位通っていた「ラーメン亭」。

そんな老舗の店でさえ、あの最低賃金300バーツの頃からかなあ、メニューや値段の迷走が始まり、そのうち味までぶれだした。

そして俺の足も遠のき、最近では、全くと言っていいほど行かなくなってしまった。


しかし、本当に長い年月、俺にリーズナブルで美味しい物を提供してくれたので、変な感情はまったくない。

行かなくなった今でも、本当に感謝している。


昔はラーメン亭で、

「ビール、餃子、野菜炒め、そして締めに 味噌ラーメンの小(卓状のニンニク マシマシ!)」。

これが鉄板だったなぁ。

懐かしい、、、、、


最後の駆け込み寺


そんなハズレまくりの昨今に、いい加減うんざりな俺。

そんな時は、いつも何故か 自然と タニヤの「浪花」へ足が向く。

20160716_naniwa_0.jpg

400バーツ500バーツ出せば、何処ででもそこそこの日本食ランチが食えるバンコクだが、200バーツ台前半だと やっぱりここしかないだろう。

20160716_naniwa_1.jpg
魚味噌
220バーツ

20160716_naniwa_2.jpg
浪花定食(日替り)
210バーツ


意外と質素に見えるかもしれないが、だからこそ ごまかしがきかない。

毎度の事だが、いつ行っても 文句のつけようが無い味だ。


昼も夜も、休む事無くカウンターに立ち続ける店主に、この店の姿勢を感じる事が出来る。

味だけではなく安定感も、その辺の日本食屋とは別物だ。


俺の様なタイブログの末席にいる者の声が届くとは思わないが、この場を借りてお礼申し上げたい。


いつも、美味しい物を手頃な値段で提供していただき、本当にありがとうございます!


末永く、手頃な値段で美味しいランチを提供していただきたいと切に願う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事 「浪花」
「浪花」でランチ@シーロム タニヤ。値段と味のバランスは最強。
シーロム(タニヤ)の「浪花」でランチ。いつ行ってもコスパ最強。

関連過去記事 「ハズレシリーズ」
どうしたんだ? ターミナル21 フードコート!
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!
投稿:2016.07.15 | 更新:2016.12.16
最近、バンコク中心部のB級グルメでは、味のぶれが目立つ店が多くなってきている。

味だけではなく、量が少なくなったり、無料の水でも氷代を取る所なんかも増えてきた。

みんな厳しいんだなぁ、というのを本当に肌で感じる今日この頃。


バンコクのB級グルメは過渡期なのか


俺の巡回コースの中でも、「ターミナル21のフードコート」 「ルンルアン」 そして前回の「ワッタナー パニチ」など、今まで鉄板と思われていた場所でも、ハズレを引く事が多くなってきた。

関連過去記事
どうしたんだ? ターミナル21 フードコート!
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!


B級グルメと言えるかどうかは微妙な所だが、バンコク中心部、日本人に人気のタイ海鮮中華の店(ポーチャナー)なんかも、昔に比べると明らかに味の落ちている所が多い。

最近では、安くて旨いローカル飯を食おうと思うと、どんどん中心部からハズレて、郊外に出ていくパターンが多くなってきた。


おまけに先日は カスタードナカムラのメンチカツまで


おまけに最近では、俺の好物「カスタードナカムラのメンチカツサンド」までが ぶれだした。

絶品!メンチカツサンド@カスタードナカムラ

先日も訪店時に、相変わらず山の様に積まれていた「メンチカツサンド」を購入。

いつも通り買って食するも、衣が一部硬く焦げてたり、ソースを塗ってない所があり味がしなかったりと、何か今までじゃあ絶対なかったようなハズレ。

ハズレた時に、ブログのエントリーとしては上げなかったが、「それは無いでしょう」という位ひどかった。


但し今週も買って食べてみたが、今回は何とかいつも通り。

20160715_1.jpg
ほっと一安心。

再発が無い事を祈る。

2016.12.16 追記
やはり最近も、味が今一。
詳しくは、上記リンクのエントリーで。



もう、バンコクのB級グルメは限界なんだろうか?


賃金の上昇、材料費や家賃の高騰、などなど。

一般の生活でさえ、高くなったなぁと思う事が多いバンコク。


B級グルメの店は、俺達の様な外国人を楽しませてくれると共に、タイの一般庶民の生活をも支えている。

極端に値段を上げられないので、一時的に味やサービスにしわ寄せが来る事も多い。


加えて都内のあちこちでは、屋台街の撤去なども加速してきており、良き昔のタイの風景が どんどん消えて行っているのは 本当に寂しい限りだ。


近い将来 屋台での食事も、

クイッティアオ 100バーツ
カオマンガイ 100バーツ

なんて時代が、もうそこまで迫ってきているのかもしれない。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.14 | 更新:2016.07.14
先日、いつもの俺の牛肉補給店「ワッタナー パニチ」へ。

関連過去記事
『ワッタナー パニチ』 バンコクでの牛肉補給はやっぱりここだ!

(お店の場所 ; Google 座標 13.734158, 100.587621 )


お店の様子


この時は、いつもの巨大ナベ担当のおばちゃんがおらず、店主のオヤジが盛り付け。

従業員といろいろ話しながら、営業中なのに肉を全部ナベから上げていた。

問題があって、味の調整でもしてたんだろうか?

何か嫌な予感。


注文


注文は、定番の牛煮込みスープ(ガオラオ ヌアトゥン)。

20160714_Wattana Panich_1
牛煮込みスープ
ごはん
110バーツ

いざ食べ始めると、初めの予感は悲しくも的中。

この日は、肉も硬いし何か今一。

今までこんな事は ほとんどなかったのになぁ。


しかしここは、俺のバンコクでの牛肉補給定番店。

崩れてもらう訳にはいかない。


再訪


どうも納得がいかないので、数日置いて 確認の為 再度訪問。

ナベ番は いつものおばちゃん。

前回と、まったく同じ物を注文した。

20160714_Wattana Panich_2
牛煮込みスープ
ご飯
110バーツ

しかしと言うか、やっぱりと言うか、残念ながら結果は前回と同じ。

何か肉も薄いし硬いし・・・

これじゃあ、その辺で食べるヌアトゥンの方が安いし旨いだろう。

マジでかなりショック。


この店の メリット・デメリット


正直ここは、他の店よりも値段が若干割高、交通の便も良くない。

しかし、肉のボリュームがあって旨いんで 俺は長年通ってきた。

それが何で・・・


名店と言われる所以


名店と言われる店には理由がある。

長年お店を続けていくためには、色々な環境の変化を乗り越えなければならない。

そんな荒波を乗り越えて、長年やってきたからこそ、名店としての現在があるのだ。


「ワッタナー パニチ」だって、そういう店の一つ。


しばらくすれば、軌道修正を終えて、今まで通り美味しい物を提供してくれるだろう。

但し、ここしばらくはちょっとパスかな。(笑)


代替店の発掘


バンコクでの俺の牛肉補給店「ワッタナー パニチ」がダメとなると、毎回「牛野屋」って訳にもいかないんで、最近は 急遽代替店の発掘作業中。

そんな中、先日タイ人友達に教えてもらい 一軒開拓。

20160714_Wattana Panich_3_2
牛煮込みスープ
ごはん
63バーツ!

スープはちゃんとクレイポットに入って出てくる。

もやしもパリパリで、中々いいアクセント。

20160714_Wattana Panich_4
肉も プリプリ トロトロ

ズバリ 旨い!


好調時のワッタナーパニチ程のボリュームは無いが、値段も安く、これぞ本当のバンコクB級グルメだ。


もうすでに何回か通っているが、味のぶれも無く安定している。

あと何回か通って、いけそうだったらエントリーを上げてみようかな。

場所はちょっと不便なんだけど、当分はここでいいや。


そして、「ワッタナー パニチ」の復活を待つとしよう。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.13 | 更新:2016.07.13
「常識」「非常識」、国や立場が違えば、その基準も大幅に変わってくる。

今回は、俺がタイで生活をしている中で、「???」 と思った日本人の事を書いてみようと思う。


但し、そういう俺だって完璧な人間ではない。(むしろダメな部分の方が多い位だが)

よって今回のエントリーは、他人の行為を頭ごなしに否定する訳ではなく、自分自身に対しても 「人のふり見て我が身を直せ」と言い聞かせながら書いていこうと思う。


フジヤマ55で、日曜昼間に居座る日本人の団体。


以前 日曜の昼間に、バンコクの人気ラーメン店「フジヤマ55」へ行った。

到着13時少し前で、7-8人の待ち。

一番忙しい時間帯だからしょうがない。


俺の順番が来て中に入ると、6人掛けのテーブルに8人で座っている日本人のグループが。

全員食事は終わっており、酒も飲んでいない。


俺も初めは気にもかけず、自分の注文を。


団体さん、かなりうるさい。

特に中心にいる女性、喋りっぱなし。


俺の「まぜそば」が来る。

俺が食べてる間も、ひたすら喋りまくるその女性。

周りの客も怪訝な顔。


俺が食べ終わっても、その団体 まだ勘定もせずに席に居座って話しをしている。

日曜昼のピークの時間、55 にとっても一番の かきいれ時だ。

いくら外が見えづらい席とはいえ、待ち客があるの位は、わかりそうなもんだが。


それでも、あいたコップに一生懸命水をつぐ けなげな従業員。


俺は勘定を終え退店。

その団体の、特に真ん中の女性は、まだ元気に大声で話していた。


多分チップを 3,000バーツ位置いて帰るのかな ?????


イミグレーションに サンダルやハーフパンツで来る日本人の年配者


以前のエントリーでも軽く触れた、イミグレのドレスコード。

リタイアメントビザの更新(1)Kさん&謎のネーちゃんとイミグレへ


じつはこの時も、ブログの中では書かなかったんだが、実はサンダル履きやハーフパンツの日本人の年配者が何人もいた。

20160119_immigration_dresscode.jpg

英語は読めなくたって、あの看板見れば わかると思うんだけどなぁ、、、


眼鏡を家に忘れてきちゃったのかな ???


マクドナルドを無料会議場に使う日本人


先日、マクドナルドで飯を食っていると、スーツ姿の日本人が5人程入ってきた。

席に座り、一人だけがコーヒーを1杯買って、後の人は何も頼まず。


書類やパソコンを広げて、仕事の打ち合わせを始めた。

1時間程たって 打ち合わせが終わったからか、何事も無かったかのように全員で店を出て行った。

例え飲み物だけでもいいから、一人一品位は何か頼もうぜ。


きっと忙しすぎて、買うのを忘れちゃったのかな ???


「鶏そば七星」で、シャッター大音量で写真を撮りまくる日本人。


先日、トンローの人気ラーメン店「鶏そば七星」でラーメンを食っている時、近くの男性客が 携帯で写真を撮りまくっていた。

まあ写真を撮るのは自由だろうけど、携帯電話のシャッター音全開でメチャクチャうるさい。


メニューを1ページずつ全部 「パシャ」「パシャ」「パシャ」

壁の張り紙を一枚づつ 「パシャ」「パシャ」「パシャ」

ラーメンが来たら、さらに「パシャ」「パシャ」「パシャ」。


周りの客も全員、怪訝そうな顔をしていた。


音を小さくするとか、マナーモードで撮るとかが出来ない携帯ってあるのかな?

それにしても うるさかったぜ。

こういう人を見ると、俺も 本当のお気に入りの店とか、ブログで紹介する気がなくなるよなぁ。


風邪でもひいてて、耳がよく聞こえなかったのかな ???


タイの安アパートで、上半身裸でゴミを捨てに行く日本人。


バンコクで仙人の様な生活をしている、とある日本人MM。

たまにブログも書いている。


ある日彼が、ラチャダーにある知り合いの安アパートにいた時の事。

ゴミ捨て部屋が廊下の端の方にあるので、部屋を出てゴミを捨てに行く事に。


面倒なので、トランクス一枚 上半身は裸で廊下に出て捨てに行った。

まあ安アパートなんで、問題ないだろう。


朝の出勤時間帯だったこともあり、同じアパートの可愛いOLさんなどともすれ違った。

勿論俺は、超さわやかに挨拶。

「サワディーカップ!」

可愛いOLさん、うつむき加減に俺とすれ違っていった。

「おネーチャン、俺に惚れちゃあ いけねーぜ。」

と 呟きながらゴミ捨て完了。


その後、MMが出かける時に、一階管理人のおばちゃんから、

「あんた、ごみを捨てに出る時は、何か服を着てから部屋を出てね!」

と注意されてしまった。


ちくしょう、さっきのOL ちくりやがった。

俺の連れは、恥ずかしさで もうプンプン!


例えローカルの安アパートと言えども、日本人として恥ずかしくない身なりや行動を心掛けよう。


「???」な日本人 夜の部


本当は夜の部は、もっとひどい話しが沢山あるんだが、「下半身に人格を求めてはいけない」 というのが俺のモットーだ。

今回は割愛させてもらう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.12 | 更新:2016.09.10
最近は、ゲートウェイに七星がオープンした事もあり、ゲートウェイ・エカマイに行く事も多くなった。


実は、ここの一階フードコート内で、前から気になっていたブースがある。

場所は、エスカレーターを降りて来てすぐ右手。

20160711_wandoryoku_1.jpg
「碗努力」

俺はタイ語が読めないので、店頭に表示されていた漢字の部分を、タイトルの店名に使った。

多分これが店名だと勝手に推測。(笑)

無理やり読むと「わんどりょく」ってか?

2016.9.10 追記
読者のけんたろう様から、タイ語読みの店名を教えて頂きました。
『椀努力はタイ語で店名チャームマーナ(チャームは丼ぶり)。バミ―ムーヤーン、(焼豚そば)クィッティアオプー(かにそば)と書かれています。』
ありがとうございます!



1店舗で他店の倍、2コマ分の場所を取り、タイ人のお客さんの入りも上々だ。


そんな訳で、早速何回か食ってみた。


ワンタン入り卵麺 スープ無し (バミーキアオ ヘーン)


まずは「バミーキアオ ヘーン」(ワンタン入り卵麺 スープ無し)。

20160711_wandoryoku_2.jpg
「バミーキアオ ヘーン」
80バーツ

通常の店だと、ヘーン(汁無し)の場合 別途で頼まないとスープは出てこないが、この店では 自動的にスープも一緒に出てくる。

よっぽどスープを飲ませたいのか?


まずは、そのスープを一口すすってみた。

これが何と バカ旨!


ローカルの値段に比べると、80バーツと言う値段はちょっと高く感じるが、このスープは飲んでみる価値あり。


ワンタンも なかな旨い。

但し、作った後時間がたっているからか、ちょっと冷たかった。

スープに入れて、しばらくしてから食べるのがお勧め。


麺も、茹でてからちょっと時間がたっているので、若干くっつき気味。

この辺が少しマイナスポイント。


全てが出来立てであれば、おそらくは抜群に旨いであろうと推測できる。


量は若干少な目なので、まあ おやつ代わりかな。


カニ肉入りバミー


お店の看板に、でかでかと写真が載っている、「蟹肉入りバミー」(汁無し)。

どうやらこれが一押しの様だ。

これも取り敢えず食べてみた。

20160711_wandoryoku_3.jpg
バミー プー ヘーン
80バーツ

看板にでかでかと「55」とあるが、これはカニ肉無しの値段。

多分客から文句が出たからか、上の方に「80」と小さく訂正した値段が貼ってある。


ここのカニ肉は、多分小さな蟹の足の部分で、ほぐしていない。

あまりジューシーさも無く、別に普通だった。


同じ値段なら、ワンタンの方がお勧めかな。


焼き豚入り卵麺 スープ有り (バミー ナーム ムーデーン)


上で書いた様に、どうも 具材と麺の作り置きが気になる。

そんな訳で別の日に、スープ有りで食べてみた。

20160711_wandoryoku_5_2.jpg
バミー ナーム ムーデーン
55 バーツ

こちらの方が、具材や麺がスープと馴染み温まり、全体的には美味しく感じられるかもしれない。


総評


いやあーそれにしても、灯台下暗しだったなぁ。

あそこまでスープが旨いとは。


俺が、タイのヌードル系でスープまで飲み干す店は、バンコク広しと言えども そう何件もない。


飲み干した後 食後のもたれ感も無く、むしろ体に優しい感じのスープだ。

飲み干すたびに、寿命が縮む様な感覚に襲われる二郎のスープとは 対極をなす。(笑)


但し、バミーナーム(スープ有り)で食べると、若干だが 麺や具材の味もスープに溶け出してくる。

純粋にスープの味を楽しみたい人は、「ヘーン(汁無し)」がお勧めだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
リンガーハットで日本の味を懐かしむ@ゲートウェイ・エカマイ
投稿:2016.07.11 | 更新:2016.07.11
週末、朝起きると何故かバンジャークにいた俺。

(バンジャーク [Bang Chak] : 大体の場所は、BTSの駅で言うと、トンローから4つ郊外へ、ウドムスックより2つ都心より)

二日酔いで頭はガンガン。


えっ?何でお前「バンジャーク」にいたのかって。

俺も男だ、色々ある。

そこは、あまり突っ込まないでくれ。


最近はウエスト周りとの関係もあり、夜飲んだ後に色々と食べない様にしているので、二日酔いの朝でも みょうに腹が減っている。

二日酔いと空腹が同時に襲ってくる、何とも奇妙な状況。


それにしても バンジャークなんて、陸運局以外ほとんど来る用事もない。

タイ運転免許 国際免許からの書き換え(1)陸運局への行き方


せっかくなんで、朝のバンジャークで B級グルメ探索をしてみる事に。


駅前でも 下町の風情が色濃く残る街


取り敢えず、駅周辺の奇数側をブラブラしてみた。

20160711_bangchak_1_2.jpg

都心に近いにもかかわらず、駅周辺は未だに未開発な部分が多い。

但し、所々地上げで整理された広い土地があり、こうした風景も あと数年でガラリと変わってしまうだろう。


まずは「カオマンガイ」


色々と歩き回り、旨そうな店を物色。

まず一件目は BTSバンジャーク駅のすぐ近く、スクムビット通り沿いの店。

20160711_bangchak_2_2.jpg
(お店の場所 google座標 13.698926, 100.604477 )

タイ語が読めないんで 店名は不明。

カオマンガイのブースは、店頭ではなく何故か店の奥にあった。

20160711_bangchak_3_2.jpg
カオマンガイ
45バーツ

おー、中々旨いぜ。

近所だったら、十分普段使いで通える味だ。

ちょっとタレがサラサラだが、結構カラメで、少量でも鶏やご飯と相性がいい。


但し、普通盛りなのに結構いい値段。

まあ、今のタイの状況を考えれば、仕方がないか。


2軒目はトムルアットムー


二日酔いだが腹はペコペコだったんで、カオマンガイの後もう一食。

今度も駅のすぐ目の前、道路脇の屋台の店。

20160711_bangchak_4.jpg
(お店の場所 google座標 13.697724, 100.605203 )

テーブル数が多く、かなりの繁盛店の様だ。

20160711_bangchak_5.jpg
トムルアットムー
ご飯
45バーツ

*トムルアットムー: 豚の肉や内臓、血の煮凝りなどを 煮込んだスープ。

いやー、二日酔いの胃袋には、こういったスープ物は最高だぜ。


このトムルアットムーに入っていた内臓類、柔らかくてメチャクチャ旨かった。

俺が今まで食ったトムルアットムーのホルモンの中では、3本指に入る旨さだ。

但し、ホルモンの量がもう少し多かったら 嬉しかったんだけどなぁ。



今回は、行き当たりばったりで、適当にはやっている店で食ってみたが、他にも旨そうな店が何件もあった。

やはり、地元の固定客相手の店なので、混んでる店は 味に間違えが無い。

都心のB級グルメがどんどんすたれていく中、ちょっと郊外で 地元民相手の商売をしている店は、まだまだ旨い店の宝庫なのかもしれない。

また機会があれば訪れてみよう。


いやぁ それにしても 下町の人達、中々旨いもん食ってるなぁ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.09 | 更新:2016.07.10
先日、日本からタイへの帰国日の成田空港。

空港内出国フロアのセブンイレブンを利用したことは、前回のエントリーで書いた。

エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年6月利用)

20160708_7-11_jal_1.jpg

成田空港ターミナルのセブンイレブン、レジは 当たり前だが、タイと違ってきちんと一列並び。

さすが日本。

次が俺の番という状況で並んでいると、新しいレジが開き、女性店員が「次の方どうぞ」と手を挙げた。


俺が列から踏み出し、新しく開いたレジへ向かおうとした その時、なんと、俺の後ろに並んでいた女性が、俺を抜かしてそのレジへ小走りに。

店員に、「順番にお願いします」と注意され、そそくさと元の列に戻ってきた。

店員 GJ。


ラーメン二郎での割り込みには厳しいが、タイでは 理不尽な割り込みに慣れているマシマシ。

初めは、非常識な中国人観光客か何かだろうと思ったが、よく見ると、何と JALの制服を着た地上勤務の女性職員!

名札を見ると変わった名前だったので、今でも苗字をしっかり覚えている。


普通の街中ならいざ知らず、ここは日本の表玄関 成田空港 ビルの中。

外国人旅行者の方だっていっぱいいる。

日本人の恥さらしだぜ、まったく。


おい、JALのバカ女「○○」。

実名さらすぞ!

入社試験の一般常識テストから受けなおせ!


こういうバカ社員がいるから、JALはいつまでたってもJALなんだよなぁ。

フラッグ・キャリアだった昔から ちっともかわっていない。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.07.08 | 更新:2017.04.06
今回の一時帰国、利用便はXJ607便、ドンムアン到着は深夜の00:55だった。

荷物をピックアップし税関を抜け、1階の到着ロビーに出た時は、すでに深夜の1時30分すぎだった。

飛行機が遅れたり荷物のピックに手間取ると、深夜2時を大幅に回ってしまう事も考えられる。


前回も書いた様に、空港内に乗り入れるバスはすでに終わっている。

3階の、客を乗せてくるタクシーも時間的にほぼ無理。


今回は国際線第一ターミナル1階の、正規待合所からタクシーを利用したが、問題はそこに1台しかタクシーがいなかった事だ。

俺の後の人たちはどうしたんだろう。


そこで今回は、夜中の そんな時間に到着した人向けの、タクシー確保の方法を。


国際線 第一ターミナル外 一般道のタクシー


この件に関しては、以前すでにエントリーを上げているので、そちらを参照。

ドンムアン到着、流し(空港施設外)のタクシーの拾い方。

但しこのケースでは、狭くて急な階段を降りなければいけないので、荷物が多いとかなり厳しい。(今回の俺のパターン)


あともう一つ、もしかしたら深夜は、一般道に出る扉が閉まっている可能性も。

申し訳ないが、この点に関しては俺も今回利用していないので不確かだ。


国際線 第1ターミナルの正規タクシー乗り場


20160707_xj607_9.jpg

今回は、第1ターミナルの正規乗場から 最後の1台のタクシーに。


空港敷地を出るまでの間、タクシーの中から空港内を注意深く観察してみた。

すると、第1ターミナルのタクシー乗り場は最後の1台だったが、国内線の方(第2ターミナル)の乗り場は、5台位空車が待っていた。

あんな時間でも、国内線客っているのかな?


国内線 第2ターミナル外 一般道の ローカルタクシー


その後 さらに注意して見ていると、第2ターミナルの正規タクシー乗り場から、空港外の一般道に出る出口のすぐ表脇にも、一般タクシーが5-6台たむろしていた。

あそこなら、第1ターミナル外の一般道に出る時の様に 細くて急な階段を下りずに済み、荷物が多くても 空港内の道路を渡るだけでたどり着ける。

但し俺の記憶では、普通の時間に見た覚えが無いので、たむろしているのは深夜だけなのかもしれない。

まあ最悪ここにもタクシーがいなくても、ここは表通りでかつ路側帯が1車線あるので、流しのタクシーも拾う事が出来る。


万が一、空港ビル内のタクシーが 第1・第2ターミナル共に全くいない場合を考えて、ぜひオプションの一つとして、頭の中に入れておこう。


詳しい場所は、数日中に下記エントリーの地図に明記してアップデート予定。

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
エアアジア XJ607 成田-バンコク [夜便] (2016年6月利用)