ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.08.31 | 更新:2016.08.31
今月も、俺の90日レポートオンラインの申請可能日がやって来た。

昨今の懸案事項は、個人情報を記入する別紙 「Foreign National Information Form」 の存在。

現在の状況を、俺の知っている範囲でまとめてみる。


個人情報申告書 「Foreign National Information Form」の状況


  • 今年の春先、タイ国内のイミグレーションで、銀行・使用車両・立ち寄り先・SNSなどの情報を記載する用紙の情報が出始めた。

  • 前回俺のオンライン申請(2016年6月)では、そういった項目は見当たらず。

  • その後はパタヤだけでなくバンコクでも、役所での対面申請では、申請用紙の存在情報が各所で上がってきた。

  • そして今月俺が、再度オンライン申請。

これが、今までの流れだ。


今回の申請のタイミング


今回は、週末にオンライン申請を試みた。

前回は、週末 イミグレの90日申請サイトにアクセス不可だったが、今回は普通に申請ページまでたどり着けたので、いつも通りにサクサク入力。

最終確認ページまで、特にエラーも無く受理された。


唯一のエラーは、受理された事を示す 黄色い文字で「PENDING]表記のあるページが、最後のステップで表示されなかった事。

相変わらず、不安定なこのシステム。


受理画面の確認


仕方がないので、申請状況を確認する「STATUS」の項目で確認すると、きちんと「PENDING」表示が確認出来たので一安心。


週末、機械は動いているが役所はお休み。

週明けの返答(承認)を待つ。

 

承認通知メール


週明けの月曜日、午前中11時30分頃には 承認された旨のメールが到着。

イミグレサイトの「STATUS」画面で,承認された旨の表示「APPROVED」を確認。

今回は、非常に素早いイミグレーション。

やればできるじゃ~ん!


なーんていい気分で、承認された紙を印刷しようとすると、エラー連発で印刷不可。

やはり、一筋縄ではいかないタイのイミグレ。


しかし、この承認された書類は、印刷してパスポートに挟むので、絶対に必要だ。

何回か、「Next Appointment (print)」をクリックするも、エラーが出て印刷出来なかったが、1ステップ前に戻ったりして、行ったり来たりを繰り返し、何とか無事に印刷成功。


今回も 個人情報記載フォームは無し


通常でさえ不安定なこのシステム。

そんなにすぐに、追加フォームを反映できるとは思っていなかったが、案の定今回も、追加フォームは影も形も無し。

せっかく、よく行く店の欄に「麺場きせき」や「フジヤマ55」と書いてやろうと思って、手ぐすね引いて待っていたのに、それもかなわず。

この勝負、次回に持ち越しだな。(笑)


まあ多少のエラーはあるにしても、やっぱりオンライン申請は楽でいいや。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
90日レポート オンライン 受理!
90日レポート オンライン 成功! 承認されました。
90日レポート オンライン チャーンワタナのお墨付き。
90日レポート オンライン まとめ & 攻略方
90日レポート オンライン申請、2回目も成功! 但し今回は大苦戦。
90日レポートオンライン 銀行口座やSNS、車両情報等の任意提出は?
投稿:2016.08.29 | 更新:2016.08.30
知り合いのタイ人が、奥歯を抜歯に行くという。

不謹慎だが面白そうなのでついていった。


歯医者の場所


場所は、ウドムスックのスクムビット通り沿い。

何でこんな遠い所まで来るのか聞いたら、この辺りは歯医者が多いからだそうだ。

なんでそんなに多いのかと、突っ込んで聞くと、

「そこまでは知らない!」

と、抜歯前でかなり苛立っている模様。


確かにプナウィティからウドムスック2駅の間は、車の中からざっと見ただけでも、かなりの数の歯医者がある。

ウドムスック通りもしかり。

何でこの辺に集中しているのかは不明だが。


ただ歯医者と言っても、そのほとんどがホワイトニング・矯正・インプラントなどの広告を前面に出している。

そっちの方が利幅が大きいからだろう。


目的の歯医者に到着。

ほとんどウドムスックの駅の近くなので、電車の方が楽だった。


奥歯の抜歯なのに予約も無し


予約も無しで行ったのだが、本人曰く、平日の昼間だから大丈夫だという。

この辺は、自分に都合のいい様に物事を考えるタイ人。

電話一本してから行くとかっていう発想は無いらしい。


ただまあ、以前の診療時に、痛くなったらすぐ来いと言われていたとの事。

日本人なら、下の奥歯の抜歯なんて、絶対予約のパターンだろ。


確かにクリニックのカウンターで症状を伝えると、すぐに奥に通された。

中は7-8部屋個室があり、それぞれの先生の部屋になってる。

流行ってないわけではなさそうだ。


診察の流れ


まずは問診で、治療方法や金額を説明されて、患者の了承を得てから作業にかかる。

ここは、お金が全ての国タイランド。

何を差し置いても、まずは費用が一番重要だ。


かなりてこずる抜歯治療らしく、金額は5000バーツ、時間は1時間から1時間半と言われた。


治療開始


商談(笑)が成立すると、早速治療開始!

そして俺の方は、かなり待たされた。


結局は、3時間以上もかかり、本人はもう即死に近い顔で治療室から出てきた。

日本でもそうだが、奥歯(特に下の奥歯)の抜歯は てこずると地獄だ。


後で聞いたところ、麻酔をバカバカ打たれ、奥の歯茎を切開し、歯を5個くらいに粉砕して抜いたらしい。

聞いてるだけで鳥肌が立ってくる。


俺も長い事タイに住んでるが、まだこの国で 歯医者デビューはしていない。

今回の件で、さらに足が遠のいた。


奥歯抜歯の費用と時間


結局治療費は、当初の予定時間を大幅にオーバーしたにもかかわらず、事前の説明通り 5000バーツ。

下の奥歯の抜歯 2回目 (今回)

  • 費用 約5000バーツ

  • 所用時間約 3時間

ちなみに、数か月前にも逆側の奥歯の抜歯もしたらしい。

その時は、

下の奥歯の抜歯 1回目

  • 費用 約3200バーツ

  • 所用時間 1時間

だったそうだ。


これって安いのか高いのか?

日本人が行っても同じ位の値段なのか?

医療保険の充実した国で育った俺としては、さっぱりわからないが、まあメモ代わりに書いておく。


因みに、結構若そうな女の先生が多かったぞ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.08.28 | 更新:2016.08.28
先日、友人の訪タイなどの関係もあって、バンコク市内の安ホテルに数泊した。

小さなホテルの最上階、客も少なく静かな部屋だった。

幸いにも、夜 友達と出歩いている時には雨も降らず、快適に過ごすことができたが、夜中にホテルへ帰り 寝る頃になると、外での雨音が少しずつ激しくなってきた。


夜中の集中豪雨


そして夜中は、ものすごい集中豪雨。

最近はこんなパターンが結構多い。

夜中にまとめて降ってくれる分には、朝方も涼しく、日中雨が降らない事が多いので、過ごしやすく非常に助かる。


朝起きて顔を洗おうとすると、、、


次の日は朝が早く、ちょっと早めの4時頃起床。

まだ外は暗いが、雨は止んでいるようだ。


まずは顔を洗おうと洗面所に向かうと、部屋の足元の床で

「ビシャッ」

足が水につかる感覚が伝わってきた。

まだ、寝ぼけてんのかなぁ~?


しかし、浴室の中ではなく、部屋の床でだ。

「ピチャッ」なんて軽い物ではなく、まさに「ビシャッ・ビシャッ」。

ビックリして下を見ると、部屋の床が畳2畳分位 完全に水たまりになっていた。

足が1センチ近くも水に浸かっている。


一瞬水道の蛇口の出しっぱなしを心配したが、バスタブ等があるわけではないので、それはありえない。


雨漏りの原因


普通は雨漏りと言うと、天井や壁の上からというのが相場。

天井や壁の上をくまなくチェックし、水の進入口を確認するも、上の方は水漏れの形跡が無い。


冷蔵庫からの水漏れも確認したが、その気配もなし。

クーラーは全く逆の位置だったので、そこからの水漏れも除外していいだろう。


床は安物のフローリング調の床材、踏んでみると「グチュ」「グチュ」と水がにじみ出てくる。

どうやら前夜の豪雨で、水が何処からか伝わって、床下から一気に部屋へ流れ込んできた様だ。

おれもタイでは、雨漏り自体はあちこちで体験しているが、建物の最上階で床下からってのは初めてなんで、ちょっとビックり。

洪水じゃないんだから。


取り敢えず小さなホテルなんで、メイドもまだ来ていないであろう時間帯だったので、部屋にあるバスマット等で ある程度自分でふき取ったが、慌てていたんで、写真を撮るのを忘れてしまった。(笑)

ある程度とは言っても、結構な水の量だったので、タオルに水を含ませ絞る事数十回、朝っぱらから、とんでもない手間だったぜ。


幸いその近辺に荷物等は置いていなかったので、実害はなかったが。


ホテルの対応


朝、出がけにフロントで 状況を説明して、早めの部屋清掃を依頼した。

夕方ホテルに戻って確認すると、やはり床下からの雨漏りだったらしい。

「綺麗に拭いておきましたよぉー」

と明るく言われて終わり。


口ぶりからは、どうも以前も同じことがあった様だ。

もう一泊の予定なので、また雨が降ると同じことになると思ったが、面倒なんで部屋の交換は依頼しなかった。


この辺が、現地生活も長く タイ人化した俺。

文句を言うより、あきらめの方が先に来る。


部屋に戻り、雨水がたまってた辺りの床を歩くと、まだ少し「グチュッ」と音がして 若干だが水がにじみ出てきた。

何だかなぁ。


ここはご存じタイランド。

ホテルの方からは、部屋交換等の打診も全く無く、「ごめんなさい」 の一言も無いのはお約束。

まったく疲れる国だぜ、本当に。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.08.26 | 更新:2017.04.29
海外に住んでいると、日本とはつくづく食生活が異なると痛感させられる。

幸いにも俺は、タイのB級グルメ大好き人間、基本タイでの食生活に不満は無いんだが、たまには自炊をする事も。

自炊をする理由は、「味」 「食の安全」 「外食との値段差」 「健康を考えて」 など さまざまだ。

但し、凝った料理を作るわけではない。


カレーを作ろうと思った理由


そんな中で 皆が大好きな 「カレーライス」、これは今まで 俺の中では完全な外食アイテムだった。

理由は簡単で、作るのが面倒だと思っていたから。


しかし、以前タイに遊びに来た料理好きな友達から、

「カレーなんてメチャクチャ簡単、ルーを買って、正確に説明書通りに作れば普通に旨い。」

と言われた。


大昔誰かに、ルーは2種類混ぜると旨いなどと言われたが、そんな事も必要ないと言う。


まあ そんな訳で、騙されたと思って 前回の一時帰国でルーを買ってきて、遅ればせながら先日作ってみた。


大まかな方向性


今は便利な世の中だ。

ネットでググれば、作り方なんて 腐るほど情報が出てくる。

そんな中でも、出来るだけシンプルな方法を選んだ。

具材も最小限、しかも料理が趣味な訳ではないので、出来るだけ簡単な方法で作る事に。

一応備忘録の意味も含めて、今回書いておくことに。


用意するもの 材料

  • カレールー 今回は 「House ザ・カリー 辛口」

    20160826_curry_1.jpg
    「House ザ・カリー 辛口」 320円(税込)

  • 牛肉もしくは豚肉 300g

  • タマネギ 大き目2個

  • ニンニク 1かけ スライス

  • 唐辛子 5本 種は取る
    辛いのが苦手な人は 2本位で

  • 無塩バター 20g (1cm角x2個位が目安)

  • 砂糖 小さじ1杯

  • 塩コショウ 少々

  • サラダ油(又はオリーブオイル) 適量


レシピ 手順

  1. まずは大き目のナベにサラダ油(オリーブオイル)を敷き、必ず常温の状態からニンニクと唐辛子を入れ弱火で香りを移す。
    以前も書いたが、俺は自炊でサラダ油を使わないので、オリーブオイルを使用。

  2. その後玉ねぎを入れ弱火で炒める。
    タマネギの炒め具合はお好みで。
    俺は、若干歯ごたえが残ってトロっとした位まで炒める。
    この状態だと、煮込んだ後には トロミだけが残り、ほぼルーと一体化。

  3. 牛肉・豚肉は、硬くなるので一緒には煮込まないかった。
    軽く塩コショウをして、別のナベでソテー。
    面倒だったら、タマネギの後に鍋に直接投入してもいい。

  4. 具材の炒めが終わったら、水を入れ煮込む。
    この時、水の量と時間は説明書の通りきっちりと。

  5. 火を止めて唐辛子を取り除く

  6. バター・砂糖を入れ、少ししてバターが溶けたら軽くかき混ぜて、その後ルーを投入。
    説明書の時間通りにさらに煮込む。

  7. 肉を別で炒めた場合は、最後に肉を入れて軽く温めたら出来上がり!


本来は、一晩寝かせるといいなんて話しもよく聞くが、面倒だったので粗熱だけとって、さっさと冷凍。

20160826_curry_52.jpg
最後に1食分づつ冷凍して保存。

ルーの箱に5人分と書いてあったので、説明書通りに5等分。


味と感想


いやあ、思っていたより簡単だった。

調味料類は家にある物で間に合うので、基本的には肉とタマネギだけ用意すればオッケーだ。

特に俺の場合、具材ゴロゴロや揚げ物トッピング付のカレーより、こういったシンプルなカレーの方が好みなので、手間もはぶける。


しかも、俺の好みからすると、外食するより 圧倒的に旨かった!

マジでバカ馬!


ルーだけでも、何かと絡めてつまみでもいけそうだ。

これからはカレーも絶対に自炊品目だな。


俺と同じように海外在住者で、「カレーなんて面倒だ」 なんて思っていた人、いつもの様に完成品の写真は無いんだが、俺のド下手な写真を載せるよりは、まずは騙されたと思って作ってみてくれ。

これは絶対に お勧めだぜ。

今週の週末にでも ぜひ!


ただし、カレーと共に旨いラッキョウが食いたい時は、バンコクだと やっぱりタニヤの「青りんご」かな。(笑)

バンコクで 旨いラッキョウが食いたければ 迷わずここだ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ



追記:2016年8月31日
後日、一時帰国で買ってあった別の種類のルーで再度作ってみた。

S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー(辛口)


20160831_dinnercurry_1.jpg
S&B フォン・ド・ボー ディナーカレー(辛口)
265円(税込)

感想は、まあ普通かな。
やはり前回使ったルーの方が、格段に旨かった。
今後もまた、同じ作り方で、色々な種類のルーを試していこうと思う。
結果はその都度、このページで報告していく。



追記:2016年10月31日
その後新たに、2種類のルーで作ってみた。

ハウス ジャワカレー (辛口)


20161031_curry_1.jpg
ハウス ジャワカレー (辛口)
バンコクのフジスーパーにて購入
値段失念

はじめは何か安っぽい感じがしたが、作ってみるとこれが中々旨かった。
「ハウス ザ・カリー」ほどではないが、十分合格点。
俺の作り方だと、ハウスのルーは比較的美味し感じがする。


横浜舶来亭 BLACK辛口


20161031_curry_2.jpg
横浜舶来亭 BLACK辛口
324円 (税込)

パッケージがいかにも旨そうで、「カレーフレーク売り上げNo1」という文句につられて、一時帰国で買ってきた。
作ってみたが、残念ながら今一。
このカレーは、説明書でもニンジンの使用を明記してあるので、ニンジンを入れた方が美味しく作れるのかも?

また後日、別のルーでも試してみるが、やっぱり今の所しばらくは、「ハウス ザ・カリー」が定番かな。



関連記事(自炊)
自炊で生そば、この銘柄はお勧め!
タイ産納豆 徹底比較! 『TSUBAKIミニ納豆』VS『社長さんの納豆』
『丸美屋 麻婆豆腐の素』 ひと手間加えて激ウマに!
ペヤング「にんにくMAX」VS 普通の「ペヤングソースやきそば」
「ペヤングやきそば ニンニクMAX」 さらに自分でニンニクマシマシ!
投稿:2016.08.24 | 更新:2017.08.06
いつも読んでくれてる読者の方々はご存じの様に、俺のブログは 「本当は大したことがないのに、読んでて美味しそうに見える店」 を綴るブログではない。

特にタイのローカル店舗に関しては、どんな有名店でも、不味いものはハッキリ不味いと書く。


但し、日本人の方が経営している店舗に関しては例外で、皆さん異国の地で それぞれ頑張っていると思うので、不味いと思っても出来るだけ書かない(というか、基本的には記事にはしない)様にしている。

異国の地に来てまで、同じ日本人を悪く言う様な さもしい人間にはなりたくないからだ。


今回は、丁度前回 BTSバンジャーク駅近辺のローカルB級グルメの話題を色々と書いたんで、その流れから、この駅の真正面にある 超有名クイッティアオ屋についても書いておこうと思う。

本当は、あんまり書きたくないんだけど、、、


テン タイ チャイ フワット [Teng Tai Chai Huad]


20160824_tentaichaihuad_1_11.jpg

「テン・タイ・チャイ・フワット」 (フアッド、フワッド) [Teng Tai Chai Huad]、あちこちで紹介されている、タイヌードル(クイッティアオ)の有名店。

(お店の場所 Google 座標 13.696815, 100.605119 )

BTSバンジャーク駅のエレベーターを使って下に降りると、そこがもう店という 驚異的な立地。


バンジャークを語って、この店を語らないのは片手落ちって位有名な店だ。

「自家製ルークチン(魚のつみれ)」や「エビつみれ」などが有名で、店内には有名人との写真も多数飾ってある。


20160824_tentaichaihuad_1_12.jpg
勿論 「緑のお盆」 の店。


珍しい麺 センベーン


俺はまあ、色々な理由から、ここにはチョコチョコ通っている。

あとは この店、『センベーン』という平打ちの卵麺を扱っている数少ない店なので、たまに普通のクイッティアオやバミーに飽きた時食いに行く。

今回も、前回紹介した、BTSの駅を挟んで向かいのハイソなOLさんが集まる 「Coffee Shop」で昼飯を食った後、一応バンジャークの有名店なので、敬意を表して寄ってきた。

20160824_tentaichaihuad_2.jpg
平打ち卵麺 (汁無し)
[センベーン ヘーン]

52バーツ

ここの 『センベーン』自体は、量も非常に少なく 味付けも極薄 (というか今回は 全く味がしなかった) なので、調味料でたっぷり自分流に味付けをしないと、食った気がしない。

20160824_tentaichaihuad_3.jpg

もう少しオリジナルの状態で、きちんと味をつけ欲しいもんだ。

「おい店主、もう少し まじめにやれよ!」

まあ そんな訳で、今回も不味くもないが旨くもないと言った一食だった。


エビつみれ


この店で超有名なのは「エビつみれ」。

まあ、結論から先に言うと ハッキリ言って 全然大したことない。

練り物自体は、確かにエビの味や香りが多少は出ているが、何といっても揚げる時の油の温度が高すぎるからか、「ふわっと」なんてお世辞にも言えない食感だ。

俺はこの店で何十回も食っているので、たまたま何て事はありえない。


他のルークチン(魚のすり身)類も、まあ別に普通。


麺とスープ


スープの味も今一だし、麺の量も普通盛りだと極端に少ない。

センレック(細麺)の「汁無し」などで注文すると、嫌がらせかと思う位少ない時がある。

普通の店の半分、最悪だと1/3 位しかない時も。


特に最近は、一杯の値段をこれ以上 上げられないので、麺の量を減らして2杯食べてもらおうという 店の方針が露骨すぎ。

最近こういったクイッティアオ屋は結構多い。

ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか


「大したことが無いのに たまに行く」 不思議な関係


俺は、過去に何十回も この店で食っているので、文句を言う権利は十分にある。

ここの店でいつも思うのは、まず、お客さんに美味しい物を提供しようと言う気持ちが、全く伝わってこない事だ。

先代から伝わった味をきちんと守ってやれば、間違えなく旨い物を出せる力はあるのに、それをしていない。

本当に腹が立つ。


但しそれでも、BTS駅の真正面という 驚異的に便利な立地も相まって、「今回こそは旨いもんが食えるんじゃないか」などと淡い期待をいだきつつ、ついつい利用してしまい、そのたびに裏切られ いやな気分にさせられる、本当に不思議な関係が長年続いている。(笑)

まあハッキリ言って、観光客の方がわざわざ行く様な店じゃない事だけは確かだ。

因みに、俺の周りのグルメなタイ人達は皆、「あんな店、もう何年も行ってないよ。」と、鼻で笑っている。


とは言っても 一応は有名店なんで、どうしても食ってみたいと言う人は、普通のスープ麺 [センレック・ナーム] を選ぶようにしよう。

クイッティアオの汁無しやイェンタフォーは、ごまかしがきかないので、一番 店の味や力の差が出るアイテム。

しかし、普通のスープ有りの細麺 「センレック ナーム」なら、どんな店で食べてもそうだが、そこそこ無難に食べる事が出来るからだ。


お気に入りのクイッティアオ屋の見つけ方


最近は、今回紹介した様な 「???」 な有名店が増えてきている。

とくにクイッティアオ(タイヌードル)なんて、本当にタイの大衆食だ。

わざわざ遠くまで食いに行ってハズレを引くよりも、自分の行動エリアの中で、気軽に食べれる「そこそこ」美味しい店を見つけるのが一番だと思う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事 (クイッティアオ)
「バミーコンセーリー」@トンロー。連休中はさらに連食!(その1)
セーウ【Seaw】@トンロー。連休中はさらに連食!(その2)
「鶏そば七星」VS 隣の「セーウ」 日タイ麺対決! その1 セーウ
ワンタン超山盛り!下の麺が全く見えないドカ盛りバミー
魚のすり身麺(センプラー)でダイエット@セーウ[SEAW]
碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!
オンヌットに イェンタフォーの名店が新規開店
たった25バーツの「塩焼きそば」 これが意表を突く旨さだった!
完璧! 「ワンタン入り バミー(卵麺)」 さすがの俺も脱帽だった
「クイッティアオ ルア」 暑さに負けないスタミナ麺 @オンヌット
「テン チャイ フワット」 俺がタイで 一番食べてるタイヌードル!

関連記事 (バンジャーク)
週末は バンコクの下町でB級グルメ探索 バンジャーク [Bang Chak]
外資系のOLさんが集まる店でランチ @下町バンジャーク
投稿:2016.08.22 | 更新:2016.08.22
以前、諸々の事情から?バンジャーク[BangChak]で目覚め、下町の朝の様子とB級グルメに関する記事を書いた。
(最下段 関連記事参照 まあ暇だったら後で読んでくれ)


後日 性懲りも無く、またしてもバンジャークで目が覚めてしまった俺。

あー、またやっちまったぜ。


今回は起きたのも遅かったので、平日昼間のバンジャークを探索してみる事に。


昼間のバンジャークの様子


まずは、前回朝 活気のあった市場の様な通り。

20160822_bangchak_0.jpg
朝は人でごった返していたが、、、


昼間は打って変わって、人影がまばら。

20160822_bangchak_1.jpg
がら~ん。

やはり、朝晩が一番活気がある様だ。


バンジャークは現在、駅前を次々と地上げ中。

今の所オフィスビル等も少なく、昼間は意外に閑散としている。

20160822_bangchak_2.jpg
駅前の何カ所かは、すでにこの通り。

地上げも完了し、後は上物を建てるのを待つばかり。

昔に比べて、飲食店等もかなり減ってきている印象だ。


この日のランチ


取り敢えず BTS バンジャーク駅の真正面に、お客さんでいっぱいのレストランがあったので入ってみた。

20160822_bangchak_3.jpg
「コーヒーショップ」 [Coffee Shop]

これが店名の模様。

(お店の場所 Google 座標 13.696377, 100.605787 )

使わなかったが、FREE Wi-Fi もある様だ。


中は冷房がバッチリ効いており、客層も 少し収入のいいサラリーマンやOLと言った感じ。

殆んどの客は、近所の外資系 「DKSH」 (スイスの流通大手)の社員の様だった。


男性の中には、一人で来て英語のペーパーバックを読みながら食事をしているタイ人も。

おいおい、ここは下町バンジャークだぜ。


OLさんは、下町バンジャークにしては中々かわいい子が多く、目の保養にもなる。

美人と言うよりは、いかにも育ちの良さそうな子たちと言った感じ。

さすが外資系企業、下町バンジャークと言えども粒がそろっている。


注文


店名は「コーヒーショップ」となっているが、昼間は食事の方が儲かるからか、注文で何でも作ってくれるタイ料理屋(アハーンタムサン)をやっている。

早速俺も、 周りのOLさん達に気を取られながらも ガパオライスを注文。

20160822_bangchak_4.jpg
ガパオライス(目玉焼き付き)
ボトルの水と氷
合計 75バーツ

味はまあ、その辺のアハーンタムサンで食べるのとまったく一緒。

ごくごく普通。

値段は、ローカル飯屋と比較すると若干高めだが、冷房とオリジナルペットボトル代、そして目の保養代と考えて割り切ろう。


何故かソムタムが人気の様で、何処のテーブルでもたのんでいた。


このお店の用途


上でも書いた様に この近辺は、以前と比べて 食事場所がどんどん減ってきている。

特にタイの運転免許の用事で、バンジャークのクソ暑い陸運局に来た人、不快な思いをしながら汗だくで待ち時間を過ごし 昼時を迎えた人。

タイ運転免許 国際免許からの書き換え(1)陸運局への行き方

昼飯位は、冷房の効いたところで 可愛いOLさんたちに囲まれてホッと一息つきたい人は、このレストランへレッツゴーだ。


バンジャーク駅周辺 その他昼時の食事処


駅の北側、陸運局での用事の合間に食事ができるのは、上記の食堂を除くと、選択肢はあまりない。

前回紹介したトムルアットムー屋台(Soi95/1のパクソイ)は1時30頃まではやっている。
(最下段関 連記事参照)


ローカルタイ人相手の、注文で何でも作ってくれるタイ料理屋(アハーンタムサン)は、そのソイ(Soi 95/1)の数十メートル奥右手に数件。

20160822_bangchak_5.jpg
Soi95/1のアハーンタムサン

(お店の場所 Google 座標 13.697805, 100.605412 )


さらにオンヌット寄り Soi93 をすぎた辺りに、前回紹介したカオマンガイ+クイッティアオ屋。
(最下段 関連記事参照)

但し今回昼間は、カオマンガイは売り切れていた。


と こんな感じで、バンジャークで昼飯の選択肢は、昔に比べると格段に少なくなってきている感じがする。

バンジャークに用事のある人(と言っても、せいぜい陸運局かジムトンプソンアウトレット位のもんだが)は、参考にしてくれ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
週末は バンコクの下町でB級グルメ探索 バンジャーク [Bang Chak]
投稿:2016.08.20 | 更新:2016.08.22
先週集中してエントリーしたパタヤ情報、少しは皆さんの役にたっただろうか。

読者の中には、夏休みを利用してパタヤに行く人もいると思ったので、情報関係のエントリーだけは、連続して先にアップをさせてもらった。

さて今日は、その時俺がパタヤで偶然目にした、とんでもない光景に関して書かせてもらう。


パタヤに大挙して押し寄せる大陸人


まあ最近では いつもの事だが、パタヤも相変わらず大陸からのの観光客が非常に多い。

タイ各地でも、色々と物議をかもしている彼ら。

ニュース等では俺も色々と見聞きしていたが、今回はまさか 自分でそれを目の当たりにするとは、、、


パタヤ一等地の高級ホテル 「ヒルトン パタヤ」


ある日俺は、パタヤビーチ沿い中心部のデパート 「セントラル フェスティバル (通称センタン)」 の脇を歩いていた。

ここは、上層階がヒルトンホテルになっており、入り口はセンタンの建物の脇にある。

脇とは言っても そこはヒルトンホテル、しかもパタヤの一等地。

エントランス近辺には、水の流れるオブジェ等があちこちに配置され、いやがうえにも高級感をかもしだしている。

20160819_c_tourist_1_11.jpg
「ヒルトン パタヤ」 エントランス


特に、ビーチに向かうスロープに配置された小川の様なオブジェでは、水が緩やかに流れ 見た目にも清涼感がたっぷりだ。

20160819_c_tourist_2_11.jpg
「ヒルトンホテル」のスロープ沿い
水の流れるオブジェ

ビーチリゾート パタヤで、道行く人達に 涼しさを演出してくれている。


マシマシ激怒!!


ある日俺が ここを歩いていると、目を疑う とんでもない光景が飛び込んできた。


「ヒルトンホテル」 エントランスのオブジェで足を洗う、大陸人観光客の集団!

20160819_ctourist_3_2.jpg
ありえん!

怒!


ヒルトンの前の通りはセンタンの敷地内だが、ビーチロードからセカンドロードへ抜けれるので、ヒルトンホテル利用者以外の歩行も多い。

ビーチへ行った大陸人観光客の団体が、裏通りのホテルへ帰る途中に、砂の着いた足をここで洗っていたのだ。

順番に5人から10人位づつ、何十人も。


最後の方にやっと、後ろの方にいて旗を持っていたガイドが気づき、慌ててやめさせていたが時すでに遅し。

彼らの殆んどは足を洗い終え、何事も無かったかの様に セカンドロードの方へ歩いて行った。


いやあ、ほんとに呆気にとられたよ。

特にタイでは、足は、、、、、

怒!怒!怒!


しかも2枚目の写真、実際には水が流れるこのオブジェの上の方には、お写真が飾られていた。

こんな事が、タイで世間に広まったら大問題だぜ、まったく。

怒!怒!怒!怒!怒!


俺はタイ人じゃないけれど、久しぶりに怒りが込み上げてきた瞬間だった。

タイに住まわせてもらっている俺としては、これは絶対に許せない。


こういう奴らには厳罰を!


あそこは、上の方でも書いた様に セカンドロードへの通り道。

将来また、同じ事をやる大陸人の団体が必ず出てくると思う。


場所的には、センタンを挟んでパタヤ警察のすぐ横だ。

次回はまとめて現行犯でぶち込んで、重罪に処して欲しいもんだ。

それぐらいしないと、あいつらは目が覚めないだろうから。


いくら金を落とす上客の観光客と言えども、許せる事と許せない事がある。

パタヤ警察の皆さん、宜しくお願いしますよ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


追記:今回の文章は、一部ぼかし気味に書いている部分もあり、タイをあまりよく知らない日本人の方には、俺が激怒した理由がわからないかもしれないが、まあ そのあたりは ご勘弁いただきたい。


関連記事(パタヤ)
パタヤに 初めてバスで行ってみた! パタヤバス(エカマイ発)
「北パタヤ バスターミナル」から ホテルへの移動手段
パタヤの超有名レストラン 「セーラー」が値上げ!
パタヤでカオソーイ これが意外にも「ほぼ」絶品だった!
「センタン パタヤ」 FREE Wi-Fi・カフェ・フードコート
パタヤ ソイLKメトロ近辺のB級グルメ タイ飯食堂ならここの一択! 「青いひさしのタイ飯食堂」
ガウン姿の美人と食べる 絶品イェンタフォー @パタヤ ブアカオ 「赤いひさしのクイッティアオ屋」
ソイLKメトロ近辺マメ情報 B級グルメ・レンタルバイク・洗濯など
パタヤからバンコクへ タクシー利用 料金とその手順
投稿:2016.08.19 | 更新:2016.08.20
20160819_naiouan_2.jpg

今週、中華系タイ人の友達から連絡があり、オンヌットに新しく出来たイェンタフォーの有名店を訪ねた。

*イェンタフォー : 紅豆腐乳(発酵させた豆腐)が入ったピンク色のスープ。


「ナーイ ウアン イェンタフォー」 [Nai Ouan Yentafo]


20160819_naiouan_1.jpg

店名 : 「ナーイ ウアン イェンタフォー」 [Nai Ouan Yentafo]

(お店の場所 Google 座標 13.707084, 100.600970 )


お店の歴史


こういうサブジェクトは、俺のブログが一番苦手とするところ。

何年続く名店だとか、どうやって作っているとか、取材みたいなことをいくら書いても、結局は旨いか不味いかだ。

今回も、友達から聞いた説明を、出来るだけ簡単に書いて済ます。


この店はもともと ヤワラートの先、カオサンの手前あたりが本店らしい。(いわゆる旧市街)

創業は1970年、現在では何処だったかのフードコートにも出店している模様。

まあ推測だが、本店で儲かったんで、代替わりも絡んで 多店舗展開に打って出たってところだろうか。

よくあるパターン。


お店の様子


まだオープンて数日しかたっておらず、店舗は真新しい。

場所はBTSのオンヌット駅からすぐ。

スクムビットのソイ79を少し入って左側。

オンヌットの有名イタリアン 「カフェ・ディ・マリア」 [Cafe di Maria] の隣だ。


さすが有名店らしく、オープンしたてにもかかわらず、スタッフは10人近くいた。


ピーク時間を外していったので、客は俺達以外は、何故か中国人の観光客カップルが2組だけ。


店内では、「ナーイウアン」がタイのテレビ(3ch)で紹介されたときの映像を、繰り返しモニターで流していた。


名物のイェンタフォー


早速、店の看板メニュー 「イェンタフォー」を注文。

20160819_naiouan_3.jpg
平麺のイェンタフォー
[センヤイ イェンタフォー]
59バーツ
水 10バーツ
氷 2バーツ


まずはスープ、これはハッキリ言って中々旨かった。

卓状の調味料を加えなくても、十分飲める完成度。

但し、デフォでもちょっと辛いので 苦手な人は注意。


俺は、麺はセンヤイ(平麺)を選択、麺量は少ないが普通に旨い。


まあ褒めれるのは、この辺までかな。


上にのる具材は、全体的に全然普通。


特に、お勧めの「エビのつみれ」は衣が硬すぎ。

隣で食ってた中国人カップルは、単品で頼んでほとんど残していた。

可哀想に、、、


友達は、センレック(細麺)のイェンタフォーを頼んだが、麺が生ゆでガチガチ麺。

センレックの「バリカタ」なんて、シャレにもならないぜ。

友人激怒(笑)

同じ中華系としては 許せなかった様だ。(この店も当然中華系)


名店の修正力に期待しよう


まあ結論から言うと、今のところは全くダメ。

但し俺自身は、開店語後間もない店舗をいきなり評価するのは あまり好きじゃない。

当然オペレーションだって不慣れな部分も多いだろうし、本当に安定してくるには1か月以上かかる場合も多々ある。

(安定してくるとすればだが)

行ってみたい人は、少し期間を開けてからの方がいいと思う。


友人曰く、「ナーイウアン本店」の方はかなり有名らしく人気店らしい。

まあ、あの近辺(バンコクの旧市街)は、B級グルメの有名店が目白押しだ。
(遠いし渋滞が激しいので、俺はあんまり行かないが。)

そんなエリアで有名な店であれば、きちんと本店の味を継承できれば、美味しい物を出せるポテンシャルは大いにあるはず。


しかし、上の方でも書いたが、俺にはそんなゴタクは関係ない。

とにかく、目の前の一杯が旨いかどうか、それがすべてだ!


まあ、BTSの駅からもすぐなので、暇な人は行ってみてもいいんじゃないかな。


いやあ、それにしても最近俺のブログは、「???」な有名店の特集みたいになってきたぜ。

完全にシリーズ化してしまっている。(笑)


でも、いくら有名な店でも 不味い物を旨いとは書けないしなぁ、、、。


結論としては またしても 「???」な有名店


てなことで、結局この店も 俺の中では現在の所、

「???」な有名店

の仲間入り。(笑)

但し オープンしたてなので、まだ抜け出せる可能性は十分あり、といったところかな。


わざわざオンヌットまで食べに行ったのに、結果は「撃沈」。(笑)


先日パタヤで食べた「絶品イェンタフォー」には、はるかに及ばなかった。

ガウン姿の美人と食べる 絶品イェンタフォー @パタヤ ブアカオ 「赤いひさしのクイッティアオ屋」


最近 特に都心部では、本当に B級グルメの旨い店が減ってきたよなぁ。

一緒に行った友達は中々グルメな奴だが、彼も同じような事を言っていた。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事 (「???」な有名店)
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!
バンコクのB級グルメは 何処へ向かうのか?


関連記事(B級グルメ 麺類)
「バミーコンセーリー」@トンロー。連休中はさらに連食!(その1)
セーウ【Seaw】@トンロー。連休中はさらに連食!(その2)
「鶏そば七星」VS 隣の「セーウ」 日タイ麺対決! その1 セーウ
ワンタン超山盛り!下の麺が全く見えないドカ盛りバミー
魚のすり身麺(センプラー)でダイエット@セーウ[SEAW]
碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!
投稿:2016.08.17 | 更新:2016.08.17

体に悪そうなラーメンが大好きな俺。

前回に引き続き今回も、興味のない人には全く 面白くもなんともないラーメンの話しだ。(笑)


いつも「麺場きせき」や「フジヤマ55」のエントリーでは、『体に悪い物は旨い!』何て書いており、両店には常々申し訳なく思っている。

そんな訳で前回は、いつものラーメン屋「麺場きせき」の『きせき郎』を、出来るだけ健康的に持ち上げて書いてみた。(かなり無理はあったが・・・)

久しぶりの 『きせき郎』 実は栄養バランスも最高で体にいい?

「麺場きせき」を取り上げた以上、もう一方の俺のツートップ 「フジヤマ55」も、持ち上げて書かない訳にはいかないだろう。

てな訳で、早速翌日行ってきた。


お店の様子


平日昼間、お昼のピークも過ぎているのに駐車場はほぼ満車。

一部テナントが内装工事をしており、殆んどがその関係車両の様だ。

それにしてもここのモールは、昼間は客も大していないのに いつも駐車場が一杯。

何とかしてほしいもんだ。


店内は、ピークを外した事もあり お客さんはまばら。


注文


この日は連れがいたので2品を注文。

連れは、最近お気に入りの 『まぜそば』。


連れに定番を取られた俺、初めは無難につけ麺を注文しようかと思った。

しかし、もうかなりの期間 『五郎ラーメン』を定期チェックしていないのを思い出し作戦変更。


フジヤマ55の 『五郎ラーメン』


フジヤマ55のメニューの中でも 『五郎ラーメン』は、「野菜マシ・ニンニクマシ」共に無料と歌っており、名前からして いかにもラーメン二郎を想像させられる。

開店当時からこの店に通っている俺は、何度もこれを注文し、そのたびに残念な思いをしてきた。

『五郎ラーメン』に関する過去記事
バンコク ラーメン定期巡回チェック@フジヤマ55 (Sukhumvit Soi39)

しかし俺は、少しでも可能性のある店や商品は、一回二回で見捨てる事はしない。

ここの 『まぜそば』だって、一時期味がしょっぱすぎて、一年近く食わなかった時もある位だ。


そんな訳で今回は 『五郎ラーメン』 を 久しぶりに地雷チェックしてみる事に。


実食 『五郎ラーメン』


注文して暫くすると、俺の 『五郎ラーメン』がやってきた。

今回は連れの目を盗んで撮影成功。

20160817_fujiyama55_1.jpg
『五郎ラーメン』
野菜マシマシ にんにくマシマシ
209バーツ

まあこの店には 卓上に無料ニンニクが置いてあるので、にんにくはマシマシで注文する意味は全くないんだが。

以前このラーメンには、何度も痛い目にあっているので、「期待に胸を膨らませて」なんてことも一切なく、粛々と食べ始める。


まずはいつも、味もコクも全くないスープからチェック。

おっ?

ちゃんと魚介のダシの味がして、薄味だがコクもある。

まあちょっと薄味だが、七味をドバっとかければ、二郎の化調に侵された俺のバカ舌でも、十分美味しく食べられる。

スープ自体もアブラギトギト系ではないので、まあ一言で言えば体に優しいスープって感じだ。

以前の、味もそっけもない 抜け殻みたいなスープからは、だいぶ良くなっている。


豚(チャーシュー)も、いつもの脂身90%のチャーシューとは異なり、赤身と脂身の比率もなかなかいい。


野菜もたっぷり、キャベツともやしがどっさり乗って、麺やスープと一緒に食べると非常に旨い。

いやー、体の中が洗われるようだったぜ。


あのスープをキープできるんなら、ガッツリ食べたいけどギトギト系が苦手な人には、ピッタリのラーメンじゃないだろうか。


健康診断の前に日にもお勧めだ!

(*但し 健康診断の結果については責任は負いかねる)


「フジヤマ55」 の従業員はレベルが高い


『五郎ラーメン』 の進歩に満足した俺。

連れの注文は 『まぜそば』。

20160817_fujiyama55_2.jpg
『まぜそば』 (具材の「味付きひき肉」 は今回欠品)
236バーツ

この日は、いつも乗っている 「味付きひき肉」が在庫切れ。

しかしこの事は 事前の注文時、 接客担当のタイ人従業員から きちんと説明されていたので、これに関しては全く問題ない。

この辺り 「フジヤマ55」は、社員教育のレベルの高さを感じさせられる。


えっ、そんなの当たり前じゃないかって?

それは日本在住者の発想だ。

俺の言ってる意味が解らなければ、暇な人は後で こちらを読んでみてくれ。

それは無いだろうマクドナルド やっぱりタイ人はタイ人だった

ここはタイ、日本人と同じレベルを求めるのは 無理がある。


あっちがよければ こっちがダメ


『まぜそば』 を食いだした連れ。

見ると、何だか浮かない顔。

聞いてみると 「まぜそば がショッパイ」 と。


あちゃー、『ショッパイ まぜそば』 復活かぁ?

あっちがよければ こっちがダメ。

あー、バンコクのラーメンって難しいよなあ。


仕方がないので、連れの残した 『まぜそば』 を代わりに食い(確かにしょっぱかった)、お昼のサービスの雑炊セットで最後をしめ、テーブル上の清掃完了。(笑)


ごちそうさまでした!


ニンニクマシマシ!

ラーメン食って健康になろうぜ!


関連記事
「フジヤマ55」でニンニクマシマシ!@スクムビットSoi39
「濃厚つけ麺」 ニンニクマシマシ! @フジヤマ55 Soi39
ラーメン食い納め&年末年始休業情報(きせき、フジヤマ55、七星)
フジヤマ55で大盛り!もちろんニンニクマシマシ!@バンコク
「まぜそば」はタイ人にも大好評らしい @フジヤマ55 Soi39
5月5日は「GO GO DAY」 つけ麺全商品55%OFF!@フジヤマ55
「まぜそば+そばめし」@フジヤマ55 体に悪い物は旨い!
投稿:2016.08.15 | 更新:2016.08.16

パタヤへ行ったり、夏休みで訪タイした友達の相手をしたりと、何かと忙しいここ数週間。

そんな間を縫って、この日は久しぶりに、いつものラーメン屋「麺場きせき」へ。


先日読者の方から、「麺場きせき」はシンガポールでも出店していたとの情報をいただいてから、この店を見る目がちょっと変わった。(笑)

従業員一つとっても、シンガポール人とタイ人では、(言葉を濁して言えば)言葉では言い表せないほどの相違点があるのに、よくタイなんかで出店して頑張ってるよなぁ、ってのが正直な感想だ。


さてと本題、この日は平日昼の部に訪問。


お店の様子


お客さんの入りもまあまあで、タイ人のお客さんもチラホラ。

タイ人にも人気が出ると客足が安定するので、お店にとってもいい事だ。

この辺だと日本人客は、平日夜と祝祭日に偏るからねぇ。


最近では店内も冷房が涼しく快適快適、これならタイ人客が来ても違和感なく食事が出来るだろう。


厨房は太っちょタイ人おねーちゃん。

しかし見た所、だらけた感じは全くなく、真剣なまなざしで調理をしている。

日本人スタッフは無し。


注文


この日も、馬鹿の一つ覚えで いつもの 『きせき郎』。

一応この店の名誉のために言っておくが、普通の豚骨ラーメンは、バンコクでもトップクラスの旨さだ。

通常の味覚の方は、そちらを食していただきたい。


実食 『きせき郎』


20160815_kiseki_1_v102.jpg
『きせき郎』 ニンニクマシマシ 200バーツ
お水 20バーツ
お昼のサービスご飯 無料!

いやあ、盛りもいいし野菜タップリ。

いつも 「体に悪い物は旨い!」 なんて、お店には失礼な表現をしているが、これだけ野菜たっぷりだと、意外と体にいい健康食かも? と無理やり自分に言い聞かせる。


まずは野菜、硬すぎず柔らかすぎず 量もたっぷりで、野菜不足を補うにはもってこいだ!

麺はいつも通りちょっと少なめだが、ヤサイと合わせて食べて行けば、栄養のバランスも最高!

20160815_kiseki_2_v102.jpg

スープもいつも通りプリプリ脂が浮いていて、 体に悪そうで 実に旨い!

ブタ(チャーシュー)も、厚さも十分で柔らかーい、完璧!


最近では、完成の域に達しているのか、ほとんど文句のつけようが無い。

さすが、シンガポールでも出店していた 「麺場きせき」。


そして最後は真打 『脂ごはん』


そして最後は、こまめに箸でつまんだ脂をご飯に乗せて、いつもの 『脂ごはん』。

『脂ごはん』 をご存じない方は、過去記事を参照。
バンコクの「麺場 きせき」で、日本では幻の「脂ごはん」を再現!

20160815_kiseki_3_v102.jpg
マシマシ作 『脂ごはん』

今回は、拾えた脂が ちょっと少なかったが、相変わらずのプリプリトロトロ脂。

プリプリ脂の量が少ない分、卓上調味料を活用させてもらい、ゴマ・唐辛子・醤油を少し垂らして味をつけてみた。

20160815_kiseki_4_v102.jpg
ゴマも入って栄養満点!(ちょっと無理があるかなあ)

それでもやっぱり、


うめぇぇぇえええ!!!!!


ごちそうさまでした!


ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!


今回は、麺場きせきの「きせき郎」が、いかに健康に良いかを 無理やり 書かせてもらった。

読者の皆さんにも伝わっただろうか?????



いつもの注意:
実際には、お店でタイ人の店員さんに「ニンニクマシマシ!」とは言いません。
あくまでもイメージです。
特に日本の二郎で注文する時の様に、低くドスのきいた声で注文してはいけません。
「ニンニク多めでね」と優しく言ってあげましょう。



関連記事
ニンニクマシマシ!
麺場 きせき(本店)@トンロー
病み上がりの栄養補給と言えば、やっぱりこれだぁ!
連休中もマシマシだ!@麺場 きせき(トンロー本店)
「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)
週末は「麺場 きせき」で栄養補給。ニンニクマシマシ 大盛りだ!
「麺場 きせき」で きせき郎、日本の二郎と決定的に違う事!
麺場 きせき @ トンロー。 油攻め! 熱攻め! きつかったぁ~。
タイのラーメン店、味のぶれ方は二郎並み? そして昔の習性再び!
豚が神だった「きせき郎」!! @ 麺場 きせき(トンロー本店)
今週の「麺場きせき」、高レベルで安定の味。&サービスも向上?
異常気象のタイランド 2016年。今年もラーメンでスタートだ!
麺場 きせき(トンロー本店) 営業時間の変更
麺場きせき@日本村店 久しぶりの日本村訪問!
暑いバンコク、店内も暑い「麺場きせき」へ。しかし豚は激旨だった!
久々に 大満足の「きせき郎」@麺場きせき 日本村店
進化した「麺場きせき 本店」@トンロー 旨い!涼しい!
体に悪い物は旨い! @麺場きせき 日本村店