ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.09.28 | 更新:2016.10.02
今回 (2016年9月)の一時帰国もエアアジア。

いつも通り自宅で事前にWebチェックイン。

往路分と復路分、共に2DバーコードがSMSで送られてきたので、あとはそれを空港のセルフチェックイン機で印刷するだけ。


空港で搭乗券を印刷


いつも通り当日空港で、搭乗券を印刷する。

すると、行きのドンムアンー成田分の搭乗券に、いつもと違う一文が。


FOR VERIFICATION OF ENTRY REQUIREMENT
Please proceed to our Document Check Counter.


今回俺の搭乗は、預け荷物無しの機内持ち込み手荷物だけ。

通常であれ ば搭乗券を印刷後、チェックインカウンターに寄らず、そのままパスポートコントロールへ直行出来るはず。

ところが、今回印刷した搭乗券には「ドキュメントチェックカウンターへ」と書いてある。


20160928_documentcheck_1_2.jpg
空港で印刷した搭乗券の該当部分


しかし、事前にメールで送られてきたPDFの搭乗券には、今まで通り、預け荷物がなければ直接保安検査へと、はっきり明記してある。

Without checked baggage

Proceed straight to
Security or Immigration

20160928_documentcheck_2.jpg
事前にPDFで送られてきた搭乗券


「どっちやねん!」


仕方がないので、その辺で聞いてみる事に。


ドキュメントチェックは本当に必要か?


まずは、チェックインカウンター入り口のセキュリティ従業員。

英語で聞くと、「ノー、ノー」を繰り返す。

多分「カウンターには寄らず、直接保安検査へ行っていい」 と言ってくれている様だが、こっちの英語が全く通じていない感じなので、とりあえず別の人間に聞くことに。


二人目は、チェックインカウンターの中にいた、白ワイシャツに赤いベストを着たエアアジアの研修生(トレイニー)の女の子。

聞いた理由は、とびぬけて美人だったから。


しかし実際には、英語も今一だし 現場経験が少ない様で、全く話しの要領を得ない。

顔は飛び切りかわいかったが、ありえないくらい使えない。

「天は二物を与えず」とはこの事か。

俺はにっこりと、引きつりながらお礼を言って、引き下がる。


3人目は、同じくチェックインカウンターの中にいるが、上着が赤がメインの制服のエアアジア研修生(トレイニー)。

この女の子は、容姿にはあまり恵まれていなかったが、英語も堪能、こっちの言うことを100パーセントきちんと理解し状況判断。

非常に頭の良さを感じさせる子だった。


ただやはりトレイニーなので、最終的にはカウンターでもう一度聞いてくれと、一番空いてるカウンターに案内してくれた。


最後の最後に、カウンターのベテランねーちゃん。

たった一言

「必要ありません。」

はぁ???

「不安ならここで別の搭乗券を渡します」 との事。

ムッとしながら、紙がもったいないので「不要」と答えた俺。


今まで必死に聞いて回ったのは、何だったんだよ??


やっぱりここはタイランド。

飛行機に乗る前から、本当に疲れる国だ。


今後の対策


しかしこの一文が、次回以降も表示されると、空港で、一応確認のためにカウンターへ行かなければいけないので、ちょっと面倒な事になるなぁ。

確認しない時に限って、パスポートコントロールやゲートで難癖つけられたら、たまったもんじゃない。

これから暫くは、メールで送られてきた搭乗券も、印刷して持って行くかな。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
エアアジアのWebチェックイン。ドンムアン空港からの出国。
エアアジアのWebチェックイン。DMK-NRT-DMK(2015年12月)

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)

関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
投稿:2016.09.26 | 更新:2017.12.23
先日ブログの中でも ちょっとふれた様に、今月は所用で日本へ一時帰国した。

今回の一時帰国は、荷物も少なく 機内持ち込みだけだったので、ドンムアン空港までは「BTS&A1バス」のコンビネーションを利用。


バンコク市内からドンムアン空港への行き方として、すっかり定着した「BTS(スカイトレイン)& A1, A2 エアポートバス」の組み合わせ。

BTS(スカイトレイン)で終点モーチット駅まで行き、駅下のバス停から空港行きのエアポートバス [A1, A2, Airport Bus] に乗るだけ。

BTSモーチットからドンムアンへ A1バス 必ず座れる裏技!

費用も、電車(BTS) 40バーツ前後とバス代30バーツのみ、その利便性を考えると格安と言えるだろう。


利用条件 注意点


俺の場合 基本的には、以下の様な点を注意して利用する様にしている。

  • 電車(BTS)の利用は、区間にもよるが、平日 午前 7-10 時の間と 夕方の17-20 時は避ける。

  • カバンは、機内持ち込み若しくはそれより少し大きい位のカバンまで


などを目安に、状況に応じて 「タクシー」 や 「無料だが最終的には一番高くつく私設運転手」 などと共に使い分けている。


最近は、BTSも結構混んでいる。

ラッシュ時などは、大きな旅行鞄はかなりヒンシュクだ。

持ち込むことは可なんだから、当然の権利だと言われればそれまでだが。


上記以外の時間でも BTSは区間によって結構混む時が多く、預け荷物クラス(具体的には60L超位)の旅行カバンは、かなり白い目で見られる。

特にグループの場合は、いわずもがな。


節度を持って利用っする様にしよう。


BTSアソーク駅から 各ポイントまでの所要時間


今回は、俺が使った飛行機 (エアアジア成田行き) のドンムアン出発は 平日の10:40発。

この便を利用する場合、車だと7:30くらいまでに家を出る様にしているが、電車の場合 ラッシュを避ける為 朝の6時半頃には空港へ向かうようにした。

一応、旅行者の方の利用が多いであろうアソークの駅を起点に、各ポイントの所用時間を計ってみたので、参考にしていただければと思う。


平日朝利用

  • BTS アソーク [ASOK] 駅 出発 6:31
    乗車率7割、すでに結構混んでいる。

  • BTS サイアム [SIAM] 駅 6:38
    ここでかなり降りるので、空席は無いが乗車率4割位の感じ。

  • BTS モーチット [Mo Chit] 駅 到着 6:52

  • BTS モーチット駅下のエアポートバス乗り場到着 6:55

  • ドンムアン行き A!バス 出発 7:00
    なんと数秒の狂いもなく、7:00ちょうどに出発。
    ここはタイじゃないみたいだ(笑)

    このバスでドンムアン空港へ向かう途中の道は、空港近くで高速を降りて一般道に入ってからも、この日は渋滞無し。
    但し、この一般道区間は短いが、昼間は渋滞注意。

  • ドンムアン空港 到着 7:16


と、まあこんな感じ。


総所用時間 (BTS & A1, A2 エアポートバス) 


たまたまスムーズに乗り継げたと言うのもあるが、今回の計測では、


平日朝 [BTS & A1バス] 利用

  • BTSアソーク発  6:31

  • ドンムアン空港着  7:16

  • 総所要時間  45分

と言う結果だった。


モーチットでの乗り換え時間のロスも無く、バス区間の渋滞もほとんど無し。

よって、この所用時間を大体のミニマムと考えて、あとは、各自それぞれの状況や出発地に応じて、時間をプラスしたりマイナスしたりすればいいと思う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事 (2016年9月 一時帰国)
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
投稿:2016.09.24 | 更新:2016.09.26
今週は、豪雨の日が続いたバンコク。

移動中だったりすると、特定の場所に足止めされる事も多い。

そんな時にも重宝するのが、商業施設内のカフェ。


今日はそんな中で、タイ国内(特にバンコク市内)で、1杯 50バーツ以下でコーヒーが飲めるカフェチェーン店を2つ紹介しよう。

但し、両チェーン店共に、特定の割引を使っての利用の場合だ。


*ファーストフード店でも50バーツ以下のコーヒーはあるが、今回はそういった店舗は除く。


「メッツォ コーヒー」[MEZZO COFFEE]


20160924_mezzo_1_2.jpg

日本にいる方は、タイにあるコーヒーチェーンはスターバックス位しか 頭に浮かんでこないかもしれないが、タイには星の数程コーヒーチェーンがある。

そんな中で、このコーヒーチェーン「MEZZO COFFEE」は、バンコク市内の色々なデパート等の商業施設に入っている。

他店に比べて割安な値段設定なので、割引が無くても、俺も普段からちょこちょこ利用する。

読み方は「メッツォ コーヒー」でいいと思う。

お店の場所


バンコク中心部で比較的日本人の利用が多いのは、「ゲートウェイ・エカマイ」あたりかな。

車で動く人には、「メガバンナー」などにも。


お店の場所は、下記のリンク先右上の、「See all on Google Map」で確認する事が出来る。

MEZZO COFFEE HP (外部リンク)


割引方法


以前紹介したラビットカード。

特典多数!「BTSのラビットカード」。飲食店の割引やポイントも。

このカードを、BTSの駅にある機械にかざし、割引クーポンを発券する。

20160924_rabbitmachine.jpg

「Mezzo」マークの下のボタンをポチッ

このクーポンを提示しラビットカードで払うと、全ての飲み物 (any bevarages) が 20パーセントオフ!


ラビットカードのホームページで確認すると、条件の欄に一応 「1 Coupon/1 receipt」 となっているので、多人数で行っても、一度に注文すれば全員分が割引きになりそうだ。(但し俺は未確認)


クーポンの有効期限も長いので、すぐに利用するあてが無くても、発券して財布にでも入れておけば、いざと言う時役に立つ。

因みに今回俺が発券した時には、「2017年3月15日迄」と書いてあった。


この店は確か、都心部と郊外では若干値段が違ったと思う。

今回は「メガバンナー店」を利用。

20160924_mezzo_2.jpg
定価60バーツのコーヒーが20%割引で 48バーツ。


ゲートウェイなどは、若干これより高かった様な気が、、、

まあ、大した差じゃないけど。


しょっちゅうカフェを利用する人や、高い飲み物を頼む事が多い人、大人数で行く人なんかには、2割引きは結構でかい!

2016年9月26日 追記
本日、クーポン無しで利用したところ、ラビットカードで支払うと10バーツ割引だった・
後で確認したら、上記割引と同時並行で、クーポン無しでもラビットカードで支払えば、ドリンク全て10バーツ割引きのプロモもあり。


Free Wi-Fi


この店の フリーWi-Fi は、カウンターでパスワード(手書きの店舗が多い)を書いた紙を貰い接続すればオッケーだ。

時間制限は無い。



「コーヒーワールド」 [Coffee World]


20160924_coffeeworld_1_2.jpg

このチェーン店も、バンコク市内の色々な商業施設に入っている。

まあスタイルは、上記の「メッツォ コーヒー」と似た様なものだ。

大した店じゃないのに、通常だと中々強気な値段設定なので、俺は割引の時しかあまり利用しない。

お店の場所


「メッツォ コーヒー」よりもさらに、日本人が行く事の多い場所に、多数出店している。

「ゲートウェイ・エカマイ」や「メガバンナー」などは元より、「ターミナル21」「サイアムパラゴン」「マーブンクロン(MBK)」などなど。

詳しい店舗の場所は、下記リンクで。

Coffee World HP (外部リンク)

割引方法


この店で割引を使うには、携帯電話のSIMカードが「DTAC]というタイの通信大手である必要がある。

店舗でコーヒーを注文する時に、店内に表示されている「DTAC」のコマンドを電話に打ち込み、送られてくるSMSを店員に見せるだけ。

そうすると、アイスコーヒーやホットコーヒーなど特定の商品には限定される様だが、49バーツで飲むことが出来た。

*これとは別に 現在 10 パーセント割引のプロモーションもあるが、俺は試してない。


但し、今回のこのプロモーションは、細かい条件がごちゃごちゃ書いてあるので。詳しく確認したい人は下記リンクで。

DTAC HP (外部リンク)

大した金額の話しじゃないので、事前に色々確認するのも面倒だ。

俺の様に実際行ってやってみて、使えればラッキー位の気持ちでいた方がいいと思う。

なんたって、ここはタイだから。

Free Wi-Fi


この店のフリーWi-Fiは、商品購入時に貰うレシートに、パスワードが記載されている。

この店のFREE Wi-Fiも、時間制限は無い。



まあ こういった店は、スターバックスの様なバリューは無いが、ちょっとした時間つぶしや待合わせ等であれば、50バーツコーヒーで俺には十分用が足りる。

皆もタイで、そんなシチュエーションに出会ったら、思い出して使ってみてくれ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
プロンポンで「85バーツの豚骨ラーメン」。思った以上の高レベル!
「BTS ラビットカード」のポイントを金券に交換。
期間限定!タイのマクドナルドが大幅割引。ラビットカードのプロモ。
投稿:2016.09.23 | 更新:2016.11.10
俺は昔から、気に入った店には徹底的に通う傾向がある。

勿論、日々の新規開拓も欠かしてはいないが、どうしても性格上、大して旨くもない店を 旨そうにブログに書くことができない不器用な人間だ。


必然的に、行く店も非常に偏る。

ラーメンだったら、日本では「ラーメン二郎」、タイでは「麺場きせき」や「フジヤマ55」みたいな感じだ。


今回紹介するカオマンガイ屋も、俺がよく行く そんな店の一軒だ。

ただし今回の店、旅行者の方には全く縁のない不便な場所にあるので、読み進める方は その辺をまず ご理解いただきたい。


お店の場所


お店の場所は、バンコク東の方を南北に走る「シーナカリン」と言う かなり大きな通りから少し入ったところ。

このシーナカリン通り沿いには、「シーコンクエア」をはじめ、数多くのショッピングセンターやスーパーが通り沿いに立ち並ぶ。

そして夜は、タイ人向けのピンクな通りとしても有名。


今回のお店は、そんな大通りから少し入ったところに、ひっそりと店を構えている。

20160923_kaomangai_1.jpg
店名 : タイ語が読めないんで看板で見てくれ

(お店の場所 Google 座標 13.693628, 100.645340 )

大通りから、シーナカリン ソイ40 を 100メートル位入ったところ。


なんでこんな所?と思うかもしれないが、実はこの店の前の道、渋滞のシーナカリン通りを通らずに、前出のショッピングセンターなどへ行ける、いわゆる裏道(抜け道)になっているのだ。

しかも店の前が、ちょっと広場の様に広くなっていて、非常に車が止めやすい。


そんな訳で 特に俺の場合、シーナカリンのゴルフ練習場に行く時などは、「ここでカオマンガイを食べて、その後練習場へ。」というのが、完全にルーティーン化している。


お店の様子


お店は、裏通りながら 道路の角地で絶好の立地。

お店も清潔で、値段も良心的。

地元タイ人の人気も高い。

俺はほとんど昼間の利用なんだが、午後の遅い時間になると、売り切れの時もあるので、営業時間は「昼前後がメイン」位に思っておいてくれ。


メニュー


取り扱いは、「カオマンガイ」と「ダック(アヒル)」「ムーデン(焼き豚」「ムークロープ(揚げ豚三枚肉)」「バミー(卵麺)」など。

人気があるのは「カオマンガイ」や「カオナーペット (アヒル肉乗せご飯)」かな。

タイ人はダック(アヒル)好きだよなぁ(特に中華系)。


俺は勿論、いつも いつも 「カオマンガイ」!

あまり満腹になるとゴルフ練習に影響するので(ヘボゴルフファーのよくある言い訳)、ちょっと量が少ないが ぐっとこらえて並盛りを頼む時が多い。

どうしても我慢できないと、「バミー」を追加。(笑)


実食 「カオマンガイ」


この日も、練習場へ行く前に立ち寄ったので、並盛(タマダー)を注文。

ほどなくして、俺のカオマンガイがやってきた。

20160923_kaomangai_2.jpg
カオマンガイ 35バーツ

俺の度下手な写真だとわかりずらいかもしれないが、とにかく肉がジューシー。

俺は、カオマンガイの肉がバサバサに乾燥してたりジューシーさが無いのが大嫌いだ。


バンコクでは、そういった肉を平気で出す有名店も少なくない。

肉がバサバサで不味くても、タレで何とか誤魔化して 食べれてしまうのが、カオマンガイのすごいところではあるんだが。


ここのは、そういった意味では 非常にはずれが少ない。


切り盛りのバランスも良く、特定の部位に偏った盛り付けがなく、皮と身のバランスも非常にいい。


以前も書いたが、カオマンガイで一番重要なのは、切り盛りする人間の腕(バランス感覚)だ。

旨い店では、必ず店主や熟練店員が担当する。

まあ、二郎の麺上げ担当みたいなもんだな。


そして、ここの ご飯はちょっと固め。

鶏のスープでしっかり炊かれているので色艶がいい。

但し、こういうライスは 見た目以上に高カロリーなので、ダイエット中の人には要注意だ(笑)


ソースはちょっとさらっとしているが、肉とご飯にしっかり味がついているので、ソースをドバっとかけて誤魔化さなくても、非常に美味しく食べられる。

20160923_kaomangai_3.jpg
さらっとして コクのあるソース


この近辺では、安定して美味しい「カオマンガイ」を提供してくれる貴重な店。

観光客にはちょっと縁のないエリアだが、バンコクで車やバイク移動が出来る方には是非お勧めだ。


後書き


いつも書いていることだが、こういったB級グルメは 所詮はタイの庶民の食事。

自分の行動範囲の中で、安定して自分の口に合う店を見つける事が一番大事。


今回の店も 中心部からは離れており、ちょっと観光客向けとは言い難い。

日本の読者の方々には、タイ在住者は こんな所でも食べているんだなぁ、という 雰囲気だけでも味わってもらえればと思って書いてみた。


「おいマシマシ、旅行者の役に立たない事ばかり書くな!」

と、お怒りの読者もいらっしゃると思うので、下記 少しだけだが、市内中心部のカオマンガイに関しても書いておく。


バンコク中心部 観光客にお勧めのカオマンガイ


俺は、3日と開けずにカオマンガイを食べるカオマンガイ大好き人間。

バンコクのそこそこ有名な店は、殆んど食べている。


普通の旅行者の人は、シーロム界隈若しくは、スクムビットエリアに泊まる人が多いと思う。

まあバンコク中心部で、上記の様なエリアからのアクセスも良く、観光客の人も安定して美味しいカオマンガイが食べたければ、今だったらクロントゥーイの「ソムポーン」 [SOMPONG] がお勧めかな。

20160923_sompong_1.jpg

あれっ、まだこの店 エントリーを上げた事無かった。(笑)

まあ有名店だし 俺もちょこちょこ行くんで、そのうち書けばいいや。


取り敢えずお店の簡単なデーターだけ書いておくので、時間がある人は行ってみよう。


カオマンガイ 「ソムポーン」 @クロントゥーイ


お店の場所 google 座標:13.721190, 100.556333 

営業は、昼時が終わって鶏がなくなり次第終了。

隣りは、ヌアトゥンやモーファイで有名な 「ヘンチュンセン」 (ラマ4通り沿いの方の店)。



電車移動がメインで、あとは暑くて歩きたくない人は、サイアムパラゴン フードコートのカオマンガイも、手軽で美味しくお勧めだ。

俺が3桁食ったカオマンガイ 「ラック カファエ」[Rak kafae]



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
イサーンの田舎町で 地鶏のカオマンガイ。何とこれが驚愕の旨さ!
投稿:2016.09.21 | 更新:2017.01.10
20160921_yabatontaniya_0.jpg

さてと、低価格路線んでタニヤに出店、勝負に出た「みそかつ 矢場とん」 [Misokatsu Yabaton]。

トンローの店は、ちょっと敷居が高く近寄らなかったが、ここの値段なら完全に俺の守備範囲だ。(笑)


開店後 暫くしてからのエントリー


いつもの事だが 俺の場合、タイでオープンしたての日本の店に関して、開店直後のレポートは ほとんどしない。


理由は二つ。

一つは、新しいお店が出来ると、皆さんが色々レポートを上げてくれるので、わざわざ俺の様な見栄えの悪いブログで、いちいち書く必要も無いから。

もう一つは、開店直後は何処だってバタバタ、「あれが無い、これが無い」「それはちがう、これも違う」などと、店もてんてこ舞いな事が多い。

特にタイの場合は、ソフトオープンというのが一般的に定着しており、店を開いてから修正をかけていくパターンが非常に多い。


また逆に、オープン直後だけは日本人等の経験者が取り仕切り、味も完璧。

その後は現場タイ人に任せて、味がズルズルと、、、なんてパターンもある。


そんな訳で、出来るだけ先を見た評価をしたいので、おのずとエントリーが遅くなる。

あの超有名店 「鶏そば七星(ななせ)」なんて、俺がブログに書いたのは開店してから3ヶ月もたってからだ。

もう 「亀 亀 亀 ブログ」と呼んでくれ。(笑)


「みそかつ 矢場とん」 タニヤ店 お店の場所


お店の場所は すご~く簡単。

タニヤをシーロム側から入ってすぐ左、サルでもわかる。


コンテナ店舗の中で営業。

(お店の場所 Google 座標 13.728685, 100.533943 )


丁度向いには、両替で有名な「タニヤの酒屋」(タニヤスピリッツ)。


お店の様子


まあハッキリ言って狭い。

20160921_yabatontaniya_2.jpg
店内の客席

横幅は十分だが縦幅が狭い、カウンターもお盆が少し手前にはみ出る。

まあ 二郎で鍛えたこの俺には、この狭さは特に問題にはならないが。


店内も非常に清潔なので、特に居心地が悪いと言う事は無し。


メニュー


メニュー・値段等は、開店直後からは 若干の修正が入っている模様。

20160921_yabatontaniya_1.jpg
現在のメニュー

税・サービス料はかからない。

おまけに、お水が無料なのは嬉しい。


注文


実は俺、国内外含めて「矢場とん」 は初めて。

名古屋方面は友達も多く、昔は遊びに行くと、よく「味噌カツ」を食いにつれて行ってもらったが、「矢場とん」は未経験。

そんな訳で、取り敢えず一番無難そうな「ロース味噌カツ」セットを注文。


実食 「ロース味噌カツ」セット


暫くして、俺の「ロース味噌カツ」セットが出来上がった。


カウンターが狭いので、お盆を受け取って降ろす時も要注意だ。

特にドレッシングのボトルは背が高いので引っかかりやすい。


20160921_yabatontaniya_3.jpg
「ロース味噌カツ」セット
155バーツ


何はさておき、まずはカツだ。

カツの印象


切り口を横にして 断面チェック。

20160921_yabatontaniya_4.jpg
んー、この写真でわかるかなぁ、結構ピンク。

何もつけずに一口食べたが、火が十分通ってないのが明らかにわかった。


タイでB級グルメ生活を送るこの俺だ。

これ位なら問題なく食べてしまうが、ちょっと普通の日本人のお客さんには厳しいんじゃないかなぁ。

勿論タイ人だって、この辺で昼飯を食べるクラスの人たちは同じ。

初めにミソをドバっとかけてしまえば、わからなくなっちゃうのかもしれないが。

豚肉なんで、もう少し火を通そうね~。


俺はここのカツ 当然初めてなんだが、肉が思っていたより 「コンビニのとんかつ」みたいだった。

柔らかいんだけど、肉っぽくないと言うか、何かハムか成型肉みたいな感じ。

こんなもんなのかな。


カレーが主役の安物カツカレーのカツなら こんなんでもいいんだが、「とんかつ」としては、、、、

「そうだ、味噌カツはカツが主役じゃなくて味噌が主役だ。」

こう考えて、カツの肉質に関しては解決。(笑)

味噌


ドロッとしていると思いきや、結構さらっとしている。

一度に全部たらさず、つけながら食った。

非常にご飯が進む味。

なるほど、さっきの様に とんかつの中の肉を考えなければ中々旨い。

これだったら、カツの中の肉は半分位の厚さでもいいから、衣はパリッと 中はしっかり火を通してくれた方が、この味噌をつけて ご飯のおかずにはいいかもしれない。

サラダ その他


サラダのドレッシングや、小鉢の付け合わせも結構味が濃いので、パクパク食べていると間違えなくご飯が足りなくなる。

ご飯のおかわりは有料なので、余計に払いたくない人は ご飯とおかずのペース配分を考えて食べる様にしよう。


総評


まあ、155バーツの定食なんで、カツの肉はあれ位でも仕方が無いのかな。

「矢場とん」の高額メニューを食った事がないんで、何とも言えないが。


カツを中まできちんと火を通してくれれば、俺はこの店リピート有りだ。

しかし、すでにオープンして1カ月以上たっているので、こういった基本的な事は、あまり言い訳できない時期に来ている。

「矢場とん」タニヤ店、今が踏ん張りどころじゃないかな。

頑張って欲しいなぁ。


まあ、「とんかつ」の中の肉質にこだわりたい時は、バンコクだと倍くらい値段は違うけど、美味しい「とんかつ」の店に行った方がいいだろう。

ここで食べる時は、あくまでも 「味噌」 が主役だ。

「とんかつ」 は おまけと考えよう。


後書き


店が狭く、カウンターの後片付けは、従業員が裏から一旦出て 表に回って店に入ってくる。

大変そうだったので、食べ終えたお盆を上げてあげたが、考えてみたらカウンターを拭く物が無いので、結局従業員がまた ぐるっと回って拭きに来なければいけない。

二郎みたいに、布巾とかを置いといてくれれば、お盆を上げてさっと拭いて帰ってあげるのになぁ。

でもまあ、これはタイ人客には無理かな。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
リベンジ! みそかつ「矢場とん」@シーロム タニヤ (2016.11.28. エントリー)

関連記事 (タニヤ ランチ 浪花)
「浪花」でランチ@シーロム タニヤ。値段と味のバランスは最強。
シーロム(タニヤ)の「浪速」でランチ。いつ行ってもコスパ最強。
浪花@シーロム タニヤ 絶対に外さない唯一の店

関連記事 (タニヤ ランチ 青りんご)
バンコクで 旨いラッキョウが食いたければ 迷わずここだ!

関連記事 (日本食 ランチ)
新潟@プロンポンでランチ
投稿:2016.09.19 | 更新:2016.09.20
20160919_bisyamon_1.jpg

さて、先週起こった「麺場きせき」張り紙ショック。

明日は運命の日だ! バンコク少数派 二郎マニア限定

何とか無事に本店が再開し、結果的には一安心。


しかし先週、本店の再開を確認するまでは 気が気ではなく、気持ちを落ち着かせる為、久しぶりにエカマイの「毘沙門」へ行ってきた。


以前から、読者の「権兵衛様」や「kawasaki様」 などからもコメントをいただいていたこのお店。

遅ればせながら、本日エントリーを上げさせていただきたいと思う。


個人的にはこのお店、多分2年ぶり位かな。


お店の場所


お店の場所は、BTSのエカマイとプラカノンの中間位。

(google 座標 13.716945, 100.588556 )

「42 Tee Off」というゴルフ練習場に併設している。

練習場と共有の駐車場があるので、車で食べに行くには便利な店だ。


お店の様子


この日は、平日昼の部に訪問。

食べに来たのはラーメンだが、お店自体は寿司メニューなどもあり、ラーメン屋と言うよりは日本食屋と言った感じだ。


客の入りは、2割位だろうか。


最近では、毎月サービスメニューの様な物を打ち出して、スクムビット側の道路沿いに大きな張り紙を出している。

車でよく通るので、否が応でも目につく。

20160919_bisyamon_2_2.jpg
札幌醤油ラーメン 199 バーツ


そして お店の入り口には、さらなるサービスメニューの表示が。

20160919_bisyamon_3.jpg
豚骨ラーメン 117 バーツ


注:当ブログでは、全ての飲食店の値段表示を総額で明記しています。
例えば「Fujiyama55」の記事なども。
今回のエントリーで 写真の下に書かれた値段も、メニュー表示価格に サービス料 (10%) と 税金 (7%)を加え、小数点以下を切り上げた、この店での実際の支払価格を書いてあります。


注文


サービスメニューも興味はあったが、この日は「「麺場きせき」張り紙ショックの 心の傷をいやしに来たので、迷う事無く「スタミナラーメン」。

ボリュームがあり、「バンコク少数派 二郎マニア」 の皆さんからの支持も高い。


スープは、「味噌」か「醤油」を選べるので、今回は「醤油」を選択。


昔は、野菜だったかニンニク多め可能と メニューに書いてあった様な記憶があるが、今回見たら見当たらなかった。

一応謙虚にノーコールで注文。


実食 「スタミナラーメン」


待つ事暫く、俺の「スタミナラーメン」がやってきた。

20160919_bisyamon_4.jpg
「スタミナラーメン 醤油」
「お水」(有料)

見た目はやはり二郎を意識しているのか、迫力のある盛り付け。

スープは普通の魚介豚骨系(って言うのかな、良く知らないけど)、普通に美味しい。

麺は太め、これも普通に美味しい。


普通、普通、と書いてはいるが、タイではこれが 中々すごい事だ。


野菜はキャベツメインで、少し小さめに切られており、かなりクタ目の茹で加減。

そんな訳で、盛られた野菜には あまり空間がなく、見た目以上にボリュームがある。

野菜補給には、うってつけだ。


チャーシュー(豚)は、普通のラーメンのチャーシュー位の薄さで、ちょっと大きめといった所。

使っている部位のせいか、味は ちょっとベーコンみたいな感じ。


ニンニクはデフォで上に乗っている。


まあザックリ表現すると、二郎風と言うよりは、普通に美味しい「魚介豚骨 太麺」の野菜大盛り ニンニク乗せ、と言った感じかな。


お勘定 チェックビン


お勘定は ラーメンとお水で、


「330バーツ」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


まあこれが、俺の足を遠ざけている最大の理由だ。

もう少し財布に優しいと、ちょこちょこ通えるんだけどなぁ。


正確には329.56バーツだが、お釣りも端数は切り捨てて持ってくるので、これが実質支払額。


詳細は、メニュー表示価格に サービス料 (10%) と 税金 (7%) がかかり、

  • スタミナラーメン 約 306 バーツ (表示価格 B 260 )

  • 水 約 23 バーツ (表示価格 B 20 )

合計で 330バーツとなる。


金額に関しては、人それぞれの物に対する基準や価値観があるので、このブログでは、そのことに関する議論は差し控える。


そんな訳で、俺がここで「スタミナラーメン」を食べるのは、やっぱり2年に一回位かな。(笑)


安くあげたい人 ランチのサービスメニューや割引など


「スタミナラーメン」 にこだわらなければ、上の方で書いた 昼のサービスメニューのラーメンは、値段的には比較的手頃なんじゃないだろうか。(但し、量や味に関しては未確認。)


あとは、お店の入り口の看板に出ていた、「Offpeak」というタイ飲食店の割引サイト( eatigo みたいなもんかな)を使うと、曜日や時間によって、飲み物以外のアラカルト料理に割引がある模様。

ラーメンもアラカルト料理として割引されるのかは不明。

Offpeak ホームページ (外部リンク タイ語)

ちなみに、「eatigo」などとは異なり、このサイトはタイ語のみ。


参考サイト
eatigo のホームページ (外部リンク 英語)


俺はタイ語も読めないし、一人でラーメン一杯食いに行くのに、数日前から事前予約っていうのも、、、

タイ語が読める人や、多人数で利用予定のある方は、使ってみるのもいいんじゃないだろうか。



俺としては、誰かと一緒の食事の時は、相手や状況に応じて 別に食事の予算はいくらでも気にならないんだけど、一人飯のラーメンに関しては一家言あるので、ここはちょっと敷居が高い店なんだよなぁ。

取り敢えず 明日からは、毎日ぶっかけ飯で節約するぞ!(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.09.17 | 更新:2016.09.18

今週は、「麺場きせき」の記事を書いていたら、頭の中が「ラーメン二郎」の事ででいっぱいになってしまった。

そんな訳で今日は、時系列を無視して 突然 「ラーメン二郎 三田本店」!


先日、ちょっと日本に一時帰国。

となれば、、、

俺の人生で一番重要なミッション。

ラーメン 二郎


今回も、前回の一時帰国に引き続き、三田本店を訪問。


行列


この日は平日昼の部、13:00到着で待ちは何とたったの3人。

20161003_jiromita_1.jpg
超ラッキー!

この短い一時帰国では、時間は貴重だ。

時間に余裕があれば神保町も考えたが、三田にして正解。


お店の様子


やはり、平日昼時ということもあり、サラリーマンと学生が半々くらいか。

サラリーマンは皆、ワイシャツやネクタイにはねない様に、心なしか注意深く食べている。


厨房の麺上げは、山田総帥。

助手さんは2名体制。


食券を買って間もなく席が空く。

麺ゆで鍋のすぐ横の席。

ここは、真夏は熱さが厳し席だがが、それ以外の季節は、おやっさんのオペレーションもまじかで見れて、俺は結構お気に入り。


注文


前回は、小ブタで当たりを引けず厳しい思いをしたので、今回は普通のラーメン(小ラーメン)で。

昼時という事もあり、ほとんどの客が同じような注文だ。


三田本店 「野菜マシ」コールの謎


本店の野菜ましコールは、何回通っても謎に満ちている。

ある時は増されたり、ある時は増されなかったり、全く規則性が見いだせない。


そんなこともあって、この日の俺のコールは、「ニンニク・アブラ」

コールを終えて、どんな一杯が出てくるか、ワクワクしながら厨房の俺のどんぶりを凝視する。


まずは、野菜の上に大振りのチャーシューが2枚乗る。

そして、おやっさんのサードスローで、「ニンニクマシマシ」がバシッと丼に投げ入れられる。

ストライーク。


そして横から助手さんが、これまたかなり大振りの脂を丼の中にドサッ。


「野菜」「豚」「にんにく」「脂」が、素晴らしいバランスで俺の丼の上に乗り、ビジュアルはもう完璧。

久しぶりに、超旨そうな写真が撮れそうだ。


震える手で、携帯のカメラを用意する俺。


その、あまりにも美しい一杯が、すぐさま俺の目の前に来るかと思いきや、

まさかの、、、、、


おやっさん、野菜をわしづかみにし、俺の完璧なビジュアルのどんぶりの上に


「ど~~~ん!」

「野菜もマシマシ!!」


「えええええ~ ???」

野菜コールしてないんですけど、、、、、

俺はロットの最後の丼だったので、間違えようがないと思うんだが。


あっという間に俺のどんぶりは、ただの野菜の山と化した。

まあ、増してもらった野菜には感謝なんだけど、写真対象としては何とも見てくれが悪くなってしまった。


勝手に野菜を増された丼が、俺の所にやってきた。

仕方がないので、野菜の山からブタだけ引きずり出して、写真をパチリ。

20161003_jiromita_2.jpg
ラーメン 600 円
にんにく・アブラ +何故か野菜(笑)

普通の人が二郎を知らずにこの店に来て、ラーメンの食券をポチり、これが出てきたら腰ぬかすよなぁ。


実食 小ラーメン ニンニク・アブラ +なぜか野菜


写真を一枚とった後は、もうこのブログの事なんか忘却の彼方だ。

野菜旨し!

麺旨し!

アブラ メチャクチャ旨し!

しかもデカい!

スープ旨し!

ブタ、脂身最高、赤身はちょっと刺しが無く若干硬めだったが、まあ許容範囲。

もう狂ったように食い進む。


やっぱり、本店の脂は旨いよなあ。

俺はこの脂が、野菜やニンニク そして麺に絡まりながら食べるのが最高に好きだ。


そんな訳で、よくネットでやっている、「天地返し」の様な事は 俺はあまりやらない。

完食する為にわざわざあんなことをしたら、せっかくの 神の様な全体の味のバランスが狂ってしまう。


最近はもう若くないんで、だいたいは小か小ブタだ。

目をつぶっていても完食できる量なんで、そんなマンガチックな技を使う必要は全くない。


気が付いたら、あっという間に全部なくなっていた。

ブタの写真をアップで取るのも全く忘れ。


結局、ロット最後の配膳だったが、一番最初に食い終わり あっという間に退席。


またタイに戻ったら、しばらくは食えなくなると思うと、後ろ髪をひかれる様な思いで店を後にした。


おやっさん

ごちそうさまでした!

いつまでもお元気で、美味しいラーメンを食べさせてください。


ニンニクマシマシ!

俺の体にカネシが走るぜ!


関連記事
二郎を食いに日本へ一時帰国!@ラーメン二郎 三田本店
ラーメン二郎 三田本店 (2016年6月)
ラーメン二郎 池袋東口店 (2016年6月)
投稿:2016.09.17 | 更新:2016.09.17
さてと、シルバーウイークも始まり、訪タイする日本人観光客も増えてきた。

そんな訳で今日は、「エンポリアム」{EMPORIUM] と「エムクオーティエ」[EMQUARTIER] のフリーWi-Fiについてちょっと書いておく。


ザ・エム・ディストリクト [THE EM DISTRICT]


タイを良く知らない人の為に、このデパートについて、まずは簡単に説明。

「エンポリアム」と「エムクオーティエ」、まあ双子のデパートだと思ってくれれば判り易い。

BTSの駅の南側(スクムビット偶数側)、昔からあるのが「エンポリアム」、北側(スクムビット奇数側)に最近できたのが「エムクオーティエ」。

場所
  • 「エムクオーティエ」[EMQUARTIER]
    Google 座標 13.731600, 100.569507

  • 「エンポリアム」{EMPORIUM]
    Google 座標 13.730313, 100.568833

共に、バンコク屈指の高級デパート。

そして、BTSプロンポン駅を中心として南北に広がる、この二つの商業施設関係のエリアを総称して「ザ・エム・ディストリクト」[THE EM DISTRICT]と呼んでいる。

非常に紛らわしく、日本から来た友達との待合わせ等でも、よく行き違いが生じる。


フリーWiFi (FREE Wi-Fi) の概要


新しくできた「エムクオーティエ」の開館当初は、無料のWi-Fiが無かったが、いつのまにかサービスが始まっていた。

正式名称:「TOURIST WIFI INTERNET ACCESS]

なお「エンポリアム」も、全く同じシステム。


館内のインフォメーション等でパスワードを貰う方式ではなく、自分でアクセスポイントに接続し、「登録」>「ログイン」と進んでいくシステム。

ログイン画面で、使用可能時間の表示は無かったが、インフォメーションの 生意気そうで 可愛い女の子に聞いたところ2時間との事。


接続方法 手順


通常俺は、フリーWi-Fiの接続手順とかは、子供じゃあるまいし あまり説明しないんだが、ここのシステムはタイのイミグレサイト並みに不安定。

しかもインフォメーションのスタッフの説明も非常に不親切なので、今回はあえて簡単に説明する。

アクセスポイント SSID


まずは、アクセスポイント [SSID] は

[EM District _Free WiFi]

20160917_emwifi_1.jpg
携帯だと 全文字は表示されない場合も

Wi-Fi 電波リストのかなり下の方にある事が多いので、見当たらない場合は下へスクロールして探そう。

個人情報登録方法


初回は登録 [Register] が必要

  1. まずはアクセスポイントに接続すると、初めの画面が現れる。

  2. 初めて使用する場合は、上記の画面で「Username/Password」入力欄のさらに下、青い文字の「Register」をクリック。

    20160917_emwifi_2.jpg
    「Register」ボタン

    これも画面を下にスクロールしないと出てこない。


  3. 次の画面で、「苗字」「名前」「メールアドレス」「電話番号」を、当たり前だが半角英数で入力。

    全部デタラメでオッケー。


    電話番号は、08 や 09 などから始まるタイの番号を、10桁をハイフン無しで。

    但しメールアドレスは、後でユーザーネームとして使うので。覚えやすい物推奨。

    11223344@何とか など。


  4. 全部デタラメ入力が終わったら、確認用の赤い画像内の文字を入力して[Register]をクリック。

    20160917_emwifi_3.jpg
    確認用文字の入力


  5. ここで、かなりの確率でエラーが出る。

    エラーがでたら、もう一回登録画面から やり直し。

「Username/Password」を控える


「Register」クリック後エラーを回避できると、「Username」(ユーザーネーム)と「Password」(パスワード)がポップアップで表示される。

20160917_emwifi_4.jpg
「Username/Password」表示画面

「Username」は、さっき「Register」で入力したメールアドレス。

「Password」は、システム側から出される物なので、両方メモを取るか 画面をキャプチャーして必ず控えよう。

そこで「OK]をクリックする。
すると、普通なら接続完了となり、インターネットが使用できるが、ここでもまたエラーになる事が多い.


登録完了後の再ログイン


上記の様に、パスワード取得後 再度エラーがでたら、一番初めの画面に戻り、今度は上で控えた「Username/Password」を入力。

この為にメルアドは、覚えやすい物の登録を推奨した。

20160917_emwifi_5.jpg
一番初めのログイン画面

「Username/Password」を入力後、[Conect]をクリック。


こんな感じで、行ったり来たりを繰り返すと、何回かやっているうちにつながる。

一旦つながれば、回線速度は非常に速い。


場所による Wi-Fi 電波の強さ


タイのデパートのフリーWi-Fiは、館内でも場所によって電波の強さが異なる事が多い。

館内特定の店舗(カフェやレストラン)などで利用したい場合は、入店前に店の近くでログインを完了させるのがお勧めだ。


なお時間的には、夕方や土日は、登録やログインのエラーが出やすい印象。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事 (バンコク デパート フリーWi-Fi)
「サイアム・パラゴン ツーリストラウンジ」 そんなのあったぁ?? (サイアムパラゴン フリーWi-Fi )
ターミナル21のフリーWiFiは時間無制限。パスポートはコピーでOK。
投稿:2016.09.16 | 更新:2016.09.17
今日のエントリーは、バンコク少数派 二郎マニア向け限定の内容。

それ以外の人は読んでもつまらないだけなので、一応初めにお断りしておく。


実は俺、ここの所 胃がキリキリ痛む日が続いている。
(オーバーな表現だな おい 笑)

原因はこれ。


「麺場きせき」

20160916_kiseki_1.jpg
トンロー本店の張り紙

20160916_kiseki_2.jpg
日本村店の張り紙


まあ額面通りに受け取れば、「日本村店を閉店し本店1店舗で後日(17日から?)営業再開予定」といったところだ。


大丈夫かなぁ、無事に再開してくれるんだろうか?

早く再開してくれないと、俺のタイでのラーメンライフに多大なる影響が出てくる。


2016年9月17日 15:00 追記
先程車で店の前を通ったところ、

「麺場きせき」 本店

無事に営業再開していました!

眠れない日々が続いていましたが、これで一安心。



特に最近は、忙しさに任せてあまり行ってなかったので、

「あー、もっと頻繁に行っておけばよかった。」

とか

「あー、俺のブログがもっと有名だったら、もっと宣伝になったのになぁ。」

とか

「初めの頃、ガチ豚とかって書いちゃったのがいけなかったのかなぁ。」

などと、色々な事が 走馬灯のように頭に浮かんできた。


もしここで「麺場きせき」が、 日本村店の整理に時間がかかり休業が長引くと、俺はかなりピンチに立たされる。

フジヤマ55だけでは心細い。

かといって他はなぁ、、、帯に短したすきに長し。


毎月日本に「二郎」を食いに帰るというのも、現実的には いささか無理がある。
(やって出来ない事はないが、、、)


真剣に、海外で家二郎を考えなきゃいけない時期にきているんだろうか。

オーション日本から持ってくるのも面倒だしなぁ・・・


「麺場きせき」、頼むから明日再開してくれよ!

もう「ガチ豚」とか書きません、ゴメンナサイ。


明日から1週間は日本の連休、また俺の友達が大挙してタイにやってくる。

夏休み同様、俺も殺人的スケジュールなんで、お店の様子を見に行く時間あるかなぁ。

少なくともシルバーウイーク明けには、再開していてくれる事を切に願う。


よし、今日はこれからタンブンに行ってこよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ニンニクマシマシ!
麺場 きせき(本店)@トンロー
病み上がりの栄養補給と言えば、やっぱりこれだぁ!
連休中もマシマシだ!@麺場 きせき(トンロー本店)
「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)
週末は「麺場 きせき」で栄養補給。ニンニクマシマシ 大盛りだ!
バンコクの「麺場 きせき」で、日本では幻の「脂ごはん」を再現!
「麺場 きせき」で きせき郎、日本の二郎と決定的に違う事!
麺場 きせき @ トンロー。 油攻め! 熱攻め! きつかったぁ~。
タイのラーメン店、味のぶれ方は二郎並み? そして昔の習性再び!
豚が神だった「きせき郎」!! @ 麺場 きせき(トンロー本店)
今週の「麺場きせき」、高レベルで安定の味。&サービスも向上?
異常気象のタイランド 2016年。今年もラーメンでスタートだ!
麺場 きせき(トンロー本店) 営業時間の変更
麺場きせき@日本村店 久しぶりの日本村訪問!
暑いバンコク、店内も暑い「麺場きせき」へ。しかし豚は激旨だった!
久々に 大満足の「きせき郎」@麺場きせき 日本村店
進化した「麺場きせき 本店」@トンロー 旨い!涼しい!
体に悪い物は旨い! @麺場きせき 日本村店
久しぶりの 『きせき郎』 実は栄養バランスも最高で体にいい?
投稿:2016.09.15 | 更新:2017.01.30
前回エントリーの バミーに関する情報をいただいたKEさん、同じメールで その劇旨バミー屋台のすぐ斜め向かいにある「クイッティアオルア」のお店情報もいただいた。


お店の場所


場所的には、オンヌットの大型スーパー「Big C」のすぐ横。

スーパーに向かって右隣り。

20160916_onnut_k rua_1
おばちゃんが立っている辺りが入り口

店といっても、オンヌット通り沿いの、銀行(CIMB THAI)の建物と塀(へい)の間の細長い通路に、屋根(テント)をはっただけのお店。

(お店の場所 Google 座標 13.709433, 100.600703 )

2016.12.2 追記:隣にあった銀行(CIMB THAI)は、現在はありません。


道路に面したお店の入り口では、何故かお惣菜等を売っているので、通りを通っていても、言われなければ奥に店が続いているとは まず気付かない様な所だ。

20160916_onnut_k rua_2
日本風に言えば 「間口一間」

「えっ?ここ、入って行っていいの?」 といった感じだ。


しかも、惣菜屋が幅を利かせているので、店の入り口は幅1メートルといった所か。

当然看板等も全くなし。


但し月曜日だけは、歩道の屋台が休業なので、表通りにこの店が姿を現す!

20160916_onnut_k rua_ad
月曜日だけは判り易い (笑)

こんな風に、目の前を100回通っても気づかないような店なんだが、実はここ、何と俺もよく行く店だった!


何と俺もよく行く店!


前回も書いた様に、スクムビットのSoi 77 (オンヌット通り)は、スクムビット通りからシーナカリン方面へ行く時に通る主要な道路。

俺もスクムビットを走っていて、そっち方面へ向かう途中、小腹がすいたりすると、この店のすぐ横の大型スーパー「BIG C」に車を止めて、ここでサクッとっ腹ごしらえすることがよくある。

当然はじめは、タイ人の友達から教えてもらい、その後自分でもチョコチョコ利用する様になった。


それにしても、こんな目立たない無名の店、まさか読者の方から情報を頂くとは、俺も夢にも思っていなかった。

情報をくれたKEさんだって、まさか俺が こんな場末感漂う目立たない店に、ちょくちょく食べに行っているなんで、夢にも思わなかっただろう。(笑)


マシマシの 車移動派向けマメ情報
この通り沿いだと、車移動派のクイッティアオルア屋は、ここか若しくは少し奥、Soi 30 と 32 パクソイの間の店(閉店)かな。
日中でも路駐可。
ただし、今年スタッフの総入れ替えがあり、ちょっと味がブレてきた。
現在、経過観察中。
その向いのクイッティアオ屋は、客は入っているが味は普通。


お店の様子


店はウナギの寝床の様に (これもKEさんの受け売り、笑)、奥に向かってテーブルがずーと一列に並んでおり、かなり異様な配列だ。

20160916_onnut_k rua_3
入り口から見た店内

店名 : 「うなぎの寝床の クイッティアオ ルア」 ってか。


クイッティアオ ルア


ここのメニューは、「クイッティアオ ルア」の一品のみ。

「クイティアオ・ルア」、簡単に言えば、ブタの血を混ぜたスープで食べるタイヌードル。


通常の量で出す店と、わんこそばの様に少量で出す店がある。

ここの場合は後者。

一杯15バーツ。


量が少ないので、2-3杯で通常の一杯分位の量になる。

初めての人は、初めに3杯位頼んで、様子を見ながら追加すればいいだろう。


但しここは、上の方でも書いた様にウナギの寝床。

奥の方に座ると、従業員も中々回ってこないので、追加注文するタイミングは結構難しい。

というか、ここの従業員には「 客の所に注文を取りに行く」 という発想は全くない。(笑)


ブタの皮のから揚げ [ケープ ムー]


クイッティアオルアの店には、通常「ブタの皮のから揚げ [ケープ ムー]」 (若しくは[ケップムー])と言うのが、テーブルに置いてあったり、天井からぶら下がっていたりする。

20160916_onnut_k rua_4
「ブタの皮のから揚げ」 [ケープ ムー]

好みでこれを少しほぐして、麺の上にかけて食べる。

これがまた、濃厚なスープに実によく合う。


但しこの店、「ケップ ムー」の袋が異常に異常に開けにくい。
(まあ この店に限ったことではないが)

袋に、「ここから開ける」みたいな矢印はあるが、全く役に立たない。

ハサミは、各テーブルに置いてあるわけではないので、その辺のテーブルから自分で探してくるか、従業員に言ってハサミを借りよう。(従業員が近くにいればの話しだが)

俺はいつも面倒なので、無理やり自分の歯で食いちぎっている。

2016.12.20 追記
先日タイ人と食いに行った時に、いつもの様に歯で袋をちぎっていると、「お前はアホか?」と言われた。
実際は、袋上の矢印から縦に切るのではなく、その印の下から、横に切るらしい。
20161220_kepmu1_1.jpg
言われたとおりにやったら、スムーズに開封できた。
俺の知能指数の低さを露見してしまったぜ。



2016.12.20 追記 その2
読者のKEさんからの追加情報。
この店には、各テーブルに置いてある「ケープムー」以外に、麺上げ場の近くのカゴに置いてある、手作りの「ケープムー」もあると教えていただいた。
人気商品の様で、店に行く事数回目にして、やっとありつくことが出来た。
20161220_kepmu2_1.jpg
高級「ケープムー」
やはり既製品と違って香りもよく美味しいが、値段がなんと 1個 20バーツ!
絶対値段としては問題ないんだが、ここのクイッティアオが一杯 15バーツと言う事を考えると、貧乏性の俺には、ちょっと毎回は無理かな。(笑)



注文方法


この日は、直前にバミーを食っていたので3杯で注文。

注文時に、麺の種類を指定する。

俺はいつもの 細麺 [センレック]。


入り口の厨房もどきの所で、「センレック サン」と言って注文し、奥の空いている席に適当に座るだけ。

「3」はタイ語でも「サン」だ。

初心者でもすご~く簡単(笑)。

サルでも俺でも言える。


一つ大事な事は、席に座る時に 出来るだけ入り口(調理台)の方を向いて座る様にすること。

店が細長いので、後ろを向いて奥の方に座っていると、忘れられてしまう事がよくある。


実食 クイッティアオルア


注文して席で待つことしばらく、俺の「クイッティアオルア」がやってきた。

20160916_onnut_k rua_5
「クイッティアオ ルア」
15バーツ X3杯

まずは、上記「ブタの皮のから揚げ」 [ケープ ムー]をパラパラと麺の上にかける。

20160916_onnut_k rua_6
面倒なんで 今回はほぐさず投入


スープは変な癖がなく、それでいて非常にコクがある。

クイティアオルアが初めての人でも、全く抵抗のない味。


スープにブタの血を入れて煮込んだと書くと、ちょっととっつきにくい感じはあるが、実際は全くそんなことはない。

非常にコクがあり、慣れると癖になる旨さ。

需要強壮!スタミナアップ!、熱いタイのでの生活を乗り切るには、もってこいの食べ物だ。


麺もしっかり腰があり、ほどよい茹で加減。

20160916_onnut_k rua_7
センレック(細麺)


具で乗っている、ちょっと固めの空芯菜の芯の部分とニンニク揚げが、これまた絶妙にマッチする。


量は少ないので、3口位で一杯終了。


スープはコクがあって抜群に旨いんだが、麺が軽く浸る程度しか入っていないので、俺はいつも、1杯目を食い終わったら、残ったスープを次の丼に流し込む。

そして、最後の丼の時に全部を飲み干す様にしている。


いやー、いつ来ても安定の旨さ。


この店 唯一の難点


この店、味は文句無しなんだが、一つ重大な問題がある。

それは、何故か店内が異常に暑い事だ。

ウナギの寝床の様な形状なので、ビニールハウスみたいになってしまうからだろうか。


今の時期はまだいいが、4月5月の酷暑の時期は、この店はもう激熱。

特に今年の春先は 店内が異常に暑く、まるで真夏の神保町二郎みたいだった。(笑)


しかも、卓上に置いてある この店の唐辛子は「激激激カラ」。

間違って入れすぎると、店の暑さも手伝って、一瞬にして体中から汗が噴き出てくる。

扇風機近くの席は必須だ。



何といっても、基本ローカルな庶民の食事なんで、わざわざ遠くから食べに行く程でもないが、近くを車なんかで通る機会があれば、ぜひ試してみてほしい。


「KEさん」、貴重な情報 ありがとうございました!


2017年1月30日
現在上記店舗は、以前の場所のすぐ奥に移転しました。
詳しくは、下記エントリーを。

オンヌット ブッチャーおやじの店が移転!



後書き


ちなみに、この日2軒目の この店を後にした俺は、何故か一件目のバミー屋の方へ足が戻っていた。

実はその一角にイェンタフォーの屋台があり、並んでいる丼がちょっと変わった形をしていたのが気になったからだ。

場所は、前回と同じプチ屋台村内、バミー屋台の斜め前。

20160916_onnut_y foo_1
ちょっと深い感じのどんぶり


俺の鋭い嗅覚が働く。

「旨そうだ!」

早速食ってみた。

20160916_onnut_y foo_2
センヤイ(平太麺)イェンタフォー
40バーツ

結果はなんと、





全然ダメだぁ~~~!(笑)


無駄な金を使ってしまった。


KEさんが教えてくれた店だけ行っていれば、完璧なグルメブログに昇格かと思われたが、最後に余計な一食を食ったばっかりに、せっかくの貴重な情報にケチをつけてしまった。

やっぱり俺のブログは、いつまでたっても 所詮 「タイのおもしろブログ」 だ。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(B級グルメ 麺類)
「バミーコンセーリー」@トンロー。連休中はさらに連食!(その1)
セーウ【Seaw】@トンロー。連休中はさらに連食!(その2)
「鶏そば七星」VS 隣の「セーウ」 日タイ麺対決! その1 セーウ
ワンタン超山盛り!下の麺が全く見えないドカ盛りバミー
魚のすり身麺(センプラー)でダイエット@セーウ[SEAW]
碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!
たった25バーツの「塩焼きそば」 これが意表を突く旨さだった!
完璧! 「ワンタン入り バミー(卵麺)」 さすがの俺も脱帽だった