ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2016.10.16 | 更新:2016.10.29
俺のタイでの準主食と言ってもいいのが 「カオマンガイ」 (タイ風チキンライス)。

チェンライでも、毎回リサーチはかかさない。


まあ結論から先に言えば、カオマンガイに関してはバンコクの勝ちかな。

やはり分母が大きい分、バンコクに分があるのは仕方がないと思う。


そんな中でも、チェンライで普通に美味しく食べられるカオマンガイの店を、何件か紹介しておこう。


街ハズレの国道付近、屋台ストリートのカオマンガイ


道路沿いの店で、昼間は雑貨屋が営業している軒先を、夜だけ間借りしての営業。

ちょっと前に紹介した「パッタイ屋」と同じ通り沿いにある。

20161015_kaomangai_11.jpg
店名 「ゴールド チキン」 [ GOLD CHICKEN ]
って看板に書いてあるんで、それでいいのかな。(笑)

(お店の場所 Google 座標 : 19.910883, 99.839206 )

営業時間:夕方から


この通りは、パッタイのエントリーの時にも書いたが、夜になると食べ物屋が沢山出てくる通りなので、ぜひ頭の中に入れておこう。

20161015_kaomangai_12.jpg
ここのカオマンガイ屋は席数も多く、かなり繁盛している。

20161015_kaomangai_13.jpg
カオマンガイ 40バーツ

ちょっとタレが少ない。

スープは中々旨く、ご飯も硬めで俺好み。

鶏は歯ごたえが有り まあまあ旨い。

田舎町のカオマンガイとしては、十分合格点だ。


「カオモックガイ」もあり。

カオモックガイ ; 鶏肉とお米を、カレー風味などのスパイス等で炊き込んだもの。

20161015_kaomangai_14.jpg
カオモックガイ
50バーツ
持ち帰り

ちょっと、チェンライにしては高めだなぁ~。

このカオモックガイ、味はまあ及第点かな。


時計台近く カシコン銀行向いのカオマンガイ


ここは、カオマンガイだけでなく、麺類も扱っている。

20161015_kaomangai_21.jpg
店名 「???」

(お店の場所 Google 座標 : 19.906845, 99.832473 )

営業時間 : 夜


店先に鶏が吊るしていないので、ちょっと判りづらい。

20161015_kaomangai_22.jpg
カオマンガイ 35バーツ

ここも、まあまあの味。

値段はリーズナブル。


以上。


えっ、それだけ?

はいそうです。


チェンライに関しては、絶品カオマンガイ屋さんは、見つけられませんでした。

ゴメンナサイ(笑)


明日は、このシリーズ前半戦 一押しの店を紹介だ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば
そして、タイの人々の為にも なるのなら、、、
byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
投稿:2016.10.15 | 更新:2017.07.23
『俺の知ってる些細な事が、誰かの役に立つのなら、、、』
いつも文末で書いているこの言葉。
普段基本的には、他の日本人の方々の役に立てばと思って書いている。
現在継続中の このシリーズでも、このブログを読んで、一人でも多くの人がタイに興味を持ち、観光や中長期滞在でタイを訪れてくれれば、こんなにうれしい事は無い。
そして、ひいてはそれが、微々たる事かもしれないが、タイという国の為にもなってくれればと思う。
タイの国王様が崩御された関係で、一旦ブログの更新を休止させてもらったが、そんな訳で、少し早いかもしれないが、今日からまた ブログを再開することにした。
自分なりにきちんと考えての再スタートなので、王様(プミポン国王)も きっと許してくれるだろう。

==================================

タイ風焼きそば「パッタイ」、大好きな人も多いんじゃないだろうか。
今回は、用途別に二軒紹介する。

*2017年7月23日 更新


まずは一件目。

時計台のライトアップを見ながら食べる「パッタイ」


チェンライの時計台は、夜になるとカラフルにライトアップされる事は、以前のブログで書いた。

結局 チェンライってどんな所? 5分でわかるチェンライ

今回一件目で紹介するパッタイ屋は、その時計台のロータリーの一画にある。

お店は、建物の軒先を借り、夜だけ営業している屋外店舗。

20161014_padthai_11.jpg
「チェンライ時計台のパッタイ」

お店の場所 Google 座標 ; 19.907064, 99.831108

営業時間 : 夜


ライトアップ時間の前後に合わせて行けば、お手軽値段で食事をしながら、観光気分が味わえる。

20161014_padthai_12.jpg
パッタイ 55バーツ
水 10バーツ

何気にエビがデカい!
しかも 3匹!

これで 55バーツは かなりお得だ。

味はまあ、普通に美味しくいただけた。


このロケーションを考えれば、「ビール片手に 時計台のライトアップを眺めながら、でかエビのパッタイをつっつく。」、なんて言うのも いいんじゃないだろうか。


地元民ご用達のパッタイ屋


二件目に紹介するこの店は、中心部から少し離れている(時計台方面とは逆方向)が、夜になると通りに食い物屋台が密集しているエリアの人気パッタイ屋。

20161014_padthai_21.jpg
店名 : パッタイ「ターペー」

お店の場所 Google 座標 ; 19.910670, 99.839093

バスターミナル近辺からだと、歩いて行くのはちょっとしんどいかな。
(あくまでも、タイ人化した俺の基準)

まあ夜だけの営業なんで、昼間と違い 直射日光の攻撃は無い。
涼しければ、ぶらぶら歩いて行けない距離ではないと思う。
人によるが、、、(笑)

20161014_padthai_22.jpg
店内の様子

注文時に作っている所を覗くと、結構な量を作り置きしていた。
経験上こういう店は、味が今一な所が多い。

ところが何とこの店は、商品の回転がいいからか、調理方法が上手いのか、よくある油っこさも全く無く、非常に旨かった。

20161014_padthai_23.jpg
パッタイ 40バーツ

持ち帰りで、かつ俺の写真がド下手と言う事もあるんだが、、、
これが何と中々の旨さに、ちょっとビックリ!

但し、悔やまれるのは、周りの客は ほぼ全員 「パッタイ ホーカイ」 (卵で包んだパッタイ) を注文していた。
時間が無く、ホーカイは未食。

洗濯屋のおばちゃん(情報主)、もっと正確に教えてほしかったなぁ。(笑)

このパッタイ屋は お勧めだ。


*2017年7月22日 追記
上記、 「パッタイ ホーカイ」 (卵で包んだパッタイ)を食べてみた。

20170722_cei_padthai_1.jpg
「パッタイ ホーカイ」(持ち帰り)
40バーツ

オリジナルも旨いが、やはり卵が絡んだ方が更に旨い!

何故か値段は同じ。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば
そして、タイの人々の為にも なるのなら、、、
byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
投稿:2016.10.13 | 更新:2020.01.19
チェンライで朝のお粥というと、街の中心部では、ここが一番流行っているかな。

「お粥」と「トムルアットムー」(豚の肉・内臓・血の煮凝りなどを煮込んだスープ)がメインの店。

20161013_bkf_1.jpg
店名 : 「サハロッ」

お店の場所 Google 座標 : 19.906790, 99.829532


時計台の近くと言う事もあり、タイ人観光客も多く、空席を見つけるのも苦労するほど 毎朝大繁盛。

20161013_bkf_2.jpg
お粥 卵入り 
40バーツ

20161013_bkf_4.jpg
トムルアットムー(ガオラオ)
+ご飯
計60バーツ

かなりボリュームがあり、それぞれの具財も豪快に入ってくる。

20161013_bkf_3.jpg
具材のミートボールもデカい!


味はまあ、普通に美味しく食べれるが、混雑に比例するほど旨いかと言われると、そうは思わない。

近くにライバルがいないからだろうか、値段は中々強気。


やはり時計台近辺は、早朝車も停めやすく地理的にも判り易いので、タイ人観光客の利用も多い。

そんな訳で、全体的に高めの値段設定になるのかも。


とはいえ、チェンライ中心部で朝飯のお粥を食える店は少ないので (あまり発見できなかっただけかもしれないが、)、取り敢えずここは、押さえておいた方がいいだろう。

そんな理由で、かく言う俺も、昔からチェンライに行った時はよく利用している。


もし他にも、美味しい朝飯のお粥屋さんがあれば、教えていただきたい。


「カイカタ」(フライパン卵焼き) と 「ABF」


最近では、上記お粥屋の少し手前(時計台より)に、移動式の車で来る朝食屋が登場し、結構繁盛している。

あれっ、写真が見当たらない!失礼!
今度行った時に撮ってきます。

店名 :「Yellow Car Coffee」 [ロッ ルアン コーヒー]

お店の場所 Google 座標 : 19.906812, 99.829864

2020年1月 追記
現在の場所 新座標 19.907006, 99.831088
時計台の角に移転してます

営業時間:朝

「アメリカン ブレックファースト」系や「カイカタ」(タイ風フライパン卵焼き) などを提供し、新し物好きのタイ人には結構流行っている。

タイ飯に飽きた時は、こちらへどうぞ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
投稿:2016.10.12 | 更新:2017.07.23
さて、今回の 「チェンライ B級グルメ最強ガイド」、まず最初は「ぶっかけ飯」から。

タイの「ぶっけけ飯」は、あらかじめ作ってあるおかずの現物を見ながら注文が出来るので、旅行者などにもハードルが低い。
タイ全土で ほぼ同じスタイルなので、あらゆる場所で食べる事が出来る。

*2017年7月22日 1軒追加


注文方法 便利なタイ語「ラーカウ」


注文の仕方は簡単だ。
お店で、おかずが並んでいる前に立って、店のおばちゃんにタイ語で、

「ラーカウ」

と言えば、おばちゃんが皿にご飯を盛って 目の前でスタンバイしてくれる。
後は、乗せて欲しいおかずを 何品か位指させばオッケー。

「ラーカウ!」 

この一言だけ覚えておけば、タイ全土で活用できる便利なタイ語。
難しいタイ語を無理して沢山覚えるよりも、この単語を一つを覚えた方が、ぐっとタイ旅行の世界も広がるってくる。
是非覚えておこう。

*2017年7月22日 追記
お店によっては、乗せる料理の品数によってお皿の種類を変えている。
上記セリフと共に、2とか3とか 乗せたい品数を指で伝えれば完璧だ。


チェンライ ぶっかけ飯 一軒目


まずは一軒目、お店の場所は 時計台から歩いてすぐの所。
というか、何故かチェンライのぶっかけ飯屋は、時計台近辺に多い。

20161012_kaoken_11.jpg
店名: 「ラッブリー食堂」 [Ratchaburi Restaurant]
通称 『赤のぶっけけ飯屋』

お店の場所 Google 座標 : 19.906970, 99.829895

営業時間は、朝昼+夕方早い時間まで。


このお店がいいのは、営業時間が 今回紹介する3件の中では一番長い。
とは言っても、それでも夕方位までかな。
基本作ったものが無くなったら終了、タイでは よくあるパターンだ。

店の前に車も停めやすいので、お客の入りも上々。
俺も以前は、チェンライに訪れると よく使っていた。

但し、最近では色々回ってみると、味は今回紹介する3件の中では3番目かな?と言う事が判明。(笑)
決してまずい訳ではないが、あくまでも3件中では3番目。

20161012_kaoken_12.jpg

20161012_kaoken_13.jpg

20161012_kaoken_14.jpg
おかず3品 持ち帰り
100バーツ

値段は安い!

まあ、極端に不味いわけではないので、下記の2軒が閉まっていたら利用しよう。


ぶっかけ飯 二軒目


二軒目も 時計台のすぐ近く、角地の店で向いがセブンイレブン。

20161012_kaoken_21.jpg
店名 : 「シートラン食堂」 [Si Trang Restaurant]
通称 『黄色のぶっけけ飯屋』

お店の場所 Google 座標 : 19.906933, 99.829435

営業時間は、朝昼。
多分 月曜休み。


昔は、、、あったかなぁ、ちょっと記憶が無い。
比較的新しい、若しくは改装したのかな。
この黄色い色が 記憶にないんだよなぁ。

ここは地元の人にも人気があるので、一件目よりは早めに売り切れてしまう。
確かに味は、何を食べても 無難に美味しく、ほとんどハズレが無い。
但し、ご飯の量がちょっと少ない。

20161012_kaoken_22.jpg
おかず2品乗せ 40バーツ


別の日

20161012_kaoken_23.jpg
おかず2品乗せ 40バーツ

20161012_kaoken_24.jpg
スープ 50バーツ (たかっ?)

スープの値段が気のせいかちょっと高めのような、、、
ボラレのマシマシ復活かぁ?
それとも間違えたんだろうか、詳細は不明。(笑)

値段がちょっと高め (と言っても、5バーツ 10バーツの世界だが) なのと、ご飯の量が少ないのが難点かな。


ぶっかけ飯 三軒目 俺の一番のお勧め!


三件目。ここも時計台からは、ちょっと遠いが徒歩圏内。
前出の二軒からは少し離れており、1本裏の道沿いにある。
車で来るタイ人の観光客などは少なく、ほとんどが地元客。

20161012_kaoken_31.jpg
店名 : 「スコータイ食堂」
通称 『裏通りのぶっかけ飯屋』

お店の場所 Google 座標 : 19.908142, 99.827149

営業時間は、朝昼
休業日:日曜

20161012_kaoken_32.jpg

ここは、俺の一番お気に入りの ぶっかけ飯屋。
朝からお店は大繁盛。

何といっても 安くて旨い!

この店の料理は、全体的に変な油っこさもなく、ご飯が進む優しい味。
時計台近辺のぶっかけ飯屋では、ここが一番旨い。

20161012_kaoken_33.jpg
おかず2品盛り
これでたったの 30バーツ!

全般的に油っこくないので、年配の方にもお勧めだ。


別の日

20161012_kaoken_34.jpg
おかず2品盛り
同じく 30バーツ!

お水はタダ、氷代も無料!

チェンライに中長期滞在する人は、絶対に押さえておきたい一店だ。

但し、中心部のバスターミナル近辺からだと、時計台を超えてさらに歩くので、徒歩ではちょっと厳しい距離かも。


2017年7月22日 NEW

時計台メイン通りで新規オープン 4軒目のぶっかけ飯屋


20170722_cei_kaoken_1.jpg

昨年記事を書いて以降に、メイン通り沿いに、新しくぶっかけ飯屋が一軒新規オープン。
時計台近辺、このブログでは4件目、メイン通りでは3件目だ。

店名: 「ペッブリー食堂」
通称 『緑のぶっけけ飯屋』

場所 Google 座標:19.906949, 99.829706

緑色の看板が目印なんで、「緑のぶっかけ飯屋」と勝手に命名。
今後は「○件目」ではなく、色で区別していく。(笑)

20170722_cei_kaoken_2.jpg
2品乗せ 40バーツ

20170722_cei_kaoken_3.jpg
3品乗せ 50バーツ

値段も高めで、しかも盛りが あまりにもセコイ。
2品乗せの方、卵とセットの肉がねーぞ!(怒)

因みに下の写真は、一つ裏通りにある、いつものぶっかけ飯屋(スコータイ食堂)の 3品盛り35バーツだ。

20170722_cei_kaoken_4.jpg
値段も、量も、味も、あまりにも違いすぎ。(笑)

この新規店舗、味はまあ普通だが、もう100パーセント行く事は無いだろう。


これで、時計台メイン通りの「ぶっかけ飯屋」は、向かって左から、

「黄色のぶっかけ飯屋」(角)
「緑のぶっかけ飯屋」(新店舗)
「赤のぶっかけ飯屋」(一番右側)

と3件そろい踏みだ。


そして、俺がいつも行く一本裏通りにある、
「裏通りのぶっかけ飯屋」(スコータイ食堂)
やっぱりこの店の「ぶっかけ飯 No1」の座は、揺るぎの無い所だ。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに

チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
投稿:2016.10.11 | 更新:2016.10.28
最近は、激しい豪雨の続く10月のバンコク。

これが終わると、タイも一年で一番過ごしやすい乾季に突入する。


乾季と言えばタイ北部、穏やかな気候の時期が続き、観光客やロングステイヤーが各国から訪れる。

日本人の方も、過ごしやすい乾季だけタイ北部で過ごすという人も多い。

俺自身も毎年乾季には、タイ北部を何度も旅行で訪れる。


情報収集


そんな中いつも思うのは、タイ北部に関して、俺の愛するB級グルメの情報が極端に少ない事だ。


特にチェンライなどは、日本人も年配の方が多いからか、ほとんどと言っていいほど そういった情報が上がっていない。

日本語のフリーペーパーなども、見たことがないし。

(俺が知らないだけかもしれないが。)


そんな訳で今回は、特にチェンライにスポットをあて、俺の知っているチェンライB級グルメ情報を、何回かに分けて一気に公開していこうと思う。

基本的には、観光客にも利便性がいい 市内近郊の店情報を、種類別に紹介していく予定だ。

乾季にチェンライを訪れる予定の人は、今からしっかり頭に叩き込んでおこう。


地理の把握


このブログを読まれている方の中には、チェンライは未訪問という方も多いと思う。

飲食店関係の店のgoogle座標は必ず明記するが、文章の中でも 場所の大雑把な説明をしている。

そのため土地勘のない人は、あらかじめチェンライの、「町中心部のバスターミナル」 と 「時計台」 の2か所の場所だけは頭に入れておくと、ある程度イメージがわきやすいと思う。


そこまで説明するんなら 「わかりやすい地図ぐらい貼れよ!」 と言われそうだが、そこまでのブログ管理知識は俺にはない!

どうも、他の人がやっている様な、固定地図に文字を挿入して貼り付ける作業が、今一よくわからない。

著作権の問題なんかも、ググって調べていると頭が痛くなってくる。


まあ、そんな知識があったら、とっくに このブログのトップページに、ラーメン二郎の写真でも張り付けているけどね。


地図の代わりに、上記2か所の座標を貼っておくので、場所がわからない人は、あらかじめそちらで各自確認してほしい。

  • 市内バスターミナル
    2016年現在の仮設ターミナル
    google 座標 19.904947, 99.834179

  • 時計台
    google 座標 19.907165, 99.830957




そんな訳で、次回から何回かに分けて、俺が足で稼いだ (正確には車やバイクだが、、、笑) チェンライB級グルメ情報を、一挙に公開させてもらう。

これで皆 チェンライに行っても、ローカルの旨いもんには不自由しないぜ!


但し、1品100バーツ以上のお洒落な店は一軒も出てこないので、そのつもりで読んでくれ。

そういう店は、ガイドブック等にお任せだ。(笑)


それでは、「チェンライ B級グルメ最強ガイド」 のスタート!


追記 チェンライ在住日本人の皆様へ


チェンライ在住日本人の皆様。

わたくしの様なよそ者が 「俺達の街のローカルフードを語るとは100年早い!」、とご立腹の方もいらっしゃるとは思いますが、そこは どうか 温かい目で見て頂ければと思います。

間違え等がありましたら、ご一報いただければ 速やかに訂正させていただきます。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
投稿:2016.10.08 | 更新:2020.01.20
ご存知の様に、バンコクは空気が汚い。

各方面から発表される数値は中国程ではないんだが、実感としては かなり、、、


空気が汚いと感じる時


バンコクに住んでいて、特に空気が汚いと感じるのは、特に下記の二つの時だ。


まずは車の運転中。

タイは電車の整備が遅れており、一般庶民の足はまだまだバスが主流。

運転中に、こういったバスの後ろにつくと、ものすごい量の真っ黒な排気ガスを浴びる。

排ガス規制なんて、あってないようなもの。

車の中なので何とかしのげるが。バイクの人などは本当に可哀想だ。


そしてもう一つは、部屋のエアコンをクリーニングした時。

タイでは1~2年に1回、業者に頼んでエアコンの掃除をするのが一般的。

言葉で説明するのは難しいが、これがまた 驚くほど汚い。


そんな訳で今回、今更感はあるものの タイで空気清浄機を一台買ってみることに。


メーカーの選択肢


タイは、日本ほど家電製品が豊富なわけではない。

空気清浄機のメーカーとしては、現在 下記の3社で、売り場のほとんどを占めている。

  • シャープ [SHARP]

  • 日立 [HITACHI]

  • ブルーエアー [BLUEAIR]


ブルーエアーは、あまり日本ではなじみが無いが、空気清浄機では非常に評価の高いスウェーデンのメーカー。

そして それ以外に、どこの売り場にも1台だけポツンと置いてあるのが、「ハタリ」[HATARI] というメーカーの空気清浄機だ。


「ハタリ」 [HATARI] 扇風機では タイのシェアをほぼ独占!


日本在住の人は、たぶんほとんど知らないであろう、このタイのローカル企業「ハタリ」。

知っているとしたら、よほどタイで、おネーちゃんの家に泊まったりしている様な人かもしれない。(笑)


タイの一般家庭では、一人一台と言ってもいい位、扇風機は必需品。

そして何故か、ほとんどの家の扇風機はこのメーカー。


丈夫で長持ち、値段も手頃。

実績に裏打ちされた、タイではテッパンの扇風機メーカーだ。

当然ながら、俺の扇風機も勿論 「ハタリ」 。


但し この「ハタリ」、空気清浄機では 何故か一機種しか販売していない。


メーカー・機種別の特徴


シャープ {SHARP]


まずは「シャープ」、 ご存知の様に この分野では日本で一番有名だ。

タイでも、発売する空気清浄機の種類が最も多く、選択肢の幅が広い。

何処の売り場でも、一番幅をきかせている。


日立 [HITACHI]


シャープほどではないが、それぞれの適応する広さごとにモデルを取り揃え、さすがはそつのない日本メーカーといったところ。

値段はシャープと同程度。

デザインは、シャープの丸みを持ったデザインに対し、こちらが角ばったオーソドックスなもの。


ブルーエアー [BLUEAIR]


空気清浄機では、非常に定評のあるメーカー。

値段は比較的高め。

難点は、全体的に本体がデカい事。

広い家に住んでいる人、ペットがいる人、予算はいくらでも、なんて人には お勧めのメーカーだ。


ハタリ [HATARI]


一機種しかないが、対応する広さの割に値段も安い。

しかも今回は、交換用のフィルターが 1セット無料サービスだった。
(但し 販売店舗による)

空気清浄機のフィルターは結構高いので、これは大きなポイントだ。


結局今回は ハタリの空気清浄器を購入


上記の様な点を色々考慮して、今回は「ハタリ」の空気清浄機を購入した。

20161008_hatari_1.jpg
HATARI HT-AP12 32SQM

最終的にハタリを選んだ理由は

  • 対応する広さに対して、値段が安かった。 価格 4,888バーツ (32㎡ 対応)。
    特に空気清浄機は初めてなので、あまり高い物をいきなり買って外したくなかった。

  • 空気清浄機の駆動系はモーター。
    ハタリは扇風機で実績があるので、根拠はないが安心感がある。

  • 替えのフィルターが無料で一個ついてくる。定価 888バーツ。

  • 店員の説明では、ハタリのHEPAフィルターは、他のメーカーよりも品質がいいとのこと。
    目が細かいとか何とかタイ語で言われたが、半分くらいしか理解出来なかった。
    比べてみると、確かに他のメーカーのフィルターより、ずっしり重く しっかりしている様な気がした。

    20161008_hatari_2.jpg
    HATARI のフィルター

    あくまでも、タイ人店員の説明プラス、適当男マシマシの見立てなので、フィルターの性能に関しては話し半分ということで聞いて欲しいが、俺的にはこれが、今回「ハタリ」を選んだ重要なポイントだった。


シャープの一部機種では、フィルター寿命10年などの物もあるようだが、こういった家電は日進月歩、十年も同じ機種を使うとはちょっと考えづらい。

タイで空気清浄機を買うのは初めてという事もあり、扇風機の様な感覚で、あまり高くない物を買って、3年から5年位でもし壊れたら,さっさと買い替える方がいいと判断し「ハタリ」に決定。

PM2.5対応

2020年1月 追記
この機械(HT-AP12)のフィルター(RAP-1201)はPM2.5にも対応しています。


使用感


一応、プラズマやマイナスイオンのファンクションもついてはいるが、効果の程もよくわからないのでほとんど使用せず。

20161008_hatari_3.jpg

基本、空気清浄の一点使用。


説明書もタイ語オンリーだが、普段の操作はオンとオフだけなので問題なし。

20161008_hatari_4.jpg
付属説明書

風速は4段階、タイマーもついており、共にリモコンで操作可。


しかし、何といっても一番の関心事は、音だ。

就寝時にも運転させるので、そこが一番気になった。


しかしさすがは、タイの扇風機トップメーカー。

低い風速であれば、音も静かで、全く問題なし。


リモコンのレスポンスが若干のろいが、頻繁に使うわけではないので、その辺はマイペンライ。

20161008_hatari_5.jpg
付属のリモコン

本体のタッチパネルでも操作が可能。


デザインに関しては、本体上部の裏側が一部へこんでおり、取っ手の様な感じで、片手で簡単に持ち上げて 機械を移動させられる。

床に直置きで使う人は、掃除の時や 場所の移動時に非常に便利。



実は最後まで、シャープの蚊取り機能付きと迷ったが、蚊取り機能付きは まだ出始めであり 改良型が出てくる可能性もある事と、蚊取りシートの交換頻度なども考えて今回は見送った。



今回買った「ハタリ」の空気清浄機、今の所 特に不満な点も無いので、一年ぐらいして問題がなければ、値段も安いんで もう一台買ってもいいかなと思っている。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2016.10.05 | 更新:2016.10.05
ご存じの様に、エアアジアには航空会社のラウンジも無い。

成田空港には、カード会社やプライオリティーカードのラウンジもあるが、相当ショボい。


空港に着いて時間が余った、何処かでゆっくりしたい、でも空港のラウンジアクセスは無い、そんな人にお勧めなのが、今日紹介する無料ラウンジだ。


「Narita Sky Lounge 和」


名前は、、、「わ」でいいのかな?

空港のコンコース沿いにあり、かなり広いスペースを占めている。

パッと見た感じ、普通の人が利用していいのかな?と思う様な空間だが、全く問題なし。


ラウンジの場所


成田空港第二でエアアジアを利用する場合、殆んどは空港サテライト側のゲートからの搭乗となる。

今回紹介するラウンジの場所は、出国審査を終えて、そのサテライト側に渡るコンコースの途中。

20161005_narita_lounge_1.jpg
フロアマップ


ラウンジの設備


ラウンジと言っても、決して壁で閉ざされた部屋ではない。

コンコース上の細長く広い空間に席を設け、ゆっくり休める様になっている。


特筆すべきは、オットマンチェアなども多数設置されている事。

20161005_narita_lounge_2.jpg
航空会社ラウンジよりもくつろげる!

席によっては、マッサージチェアなどがパーテーションで囲まれ配置されており、至れり尽くせり。

20161005_narita_lounge_3.jpg
パーテーションに囲まれた椅子

その時によってパーテーション内の椅子は、マッサージチェアだったりオットマンだったりと、若干の入れ替わりはあるが、いずれにせよ至極快適。

殆んどの席が電源完備というのも素晴らしい。


正に「なごみ」の空間。

寝過ごし要注意のラウンジだ。


ラウンジに何を求めるか


但し、ラウンジと銘打ってはいるが、航空会社等のラウンジの様に、無料飲食があるわけではない。

しかしそこは、ラウンジに何を求めるかだ。


俺も今まで、かなり色々な航空会社のラウンジを利用しているが、そこで一番望むことは やはり 「ゆっくり休む」 事だ。

航空会社のラウンジでも、オットマンチェアなどを置いているラウンジは非常に少ない。

逆に、客の寝過ごし防止の為かもしれないが。


そういった意味では、ここの一画は非常にリラックスできる。


その気になれば、和風の席で軽く横になって寝る事も。

20161005_narita_lounge_4.jpg
和風の席


今回使った時は、西川の快眠マットレス 「エアー」{Air] が展示されていたが、爆睡してしまいそうだったので、寝心地を確かめる程度にとどめた。


このラウンジでの飲食


このラウンジのすぐ横には、カフェもある。

コーヒーを飲みながら、ゆっくりするのもいいだろう。

このカフェは、エアアジアのケバケバCA達もよく利用する。


ここで何か食べたい場合は、出国審査前に、空港内で何か買ってここで食べるのがお勧め。

出国前エリアや、搭乗ゲート付近などよりもよっぽどゆっくり出来る。


俺の最近のパターンは、以前は搭乗寸前にゲート近くで食べていた俺の好物 「バッテラ」を、最近はここで食べる様にしている。

20161005_narita_lounge_5.jpg
バッテラ 648 円 (税込)


搭乗ゲートも非常に近い!


サテライト側のゲート利用の場合、ここからだと搭乗ゲートはもう目と鼻の先。

出国審査や保安検査の様に、並んだりする (時間のかかる)ポイントはもうないので、搭乗ギリギリまで休んでいられる。

ゲート付近のザワザワした所で長時間待つのとは、雲泥の差だ。


これも、このラウンジの大きなメリット。


お勧めだよ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
成田空港第二の 「Priority / カードラウンジ」 が少しだけ進歩。
成田空港、展望デッキで日本最後の時。ふるさとは遠きにありて・・・

関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
ドンムアン空港 アクセス・施設・飲食関係アップデート(2016年9月)
投稿:2016.10.03 | 更新:2017.04.06
現在もドンムアン空港は、まだまだ工事中の所が多い(特に第二ターミナル)。

新しい店も毎回増えてきている。


今回一番アレっと思ったのは、第1ターミナルの 「さぼてん」 [Saboten] が無くなっていた。

どこかに移ったんだろうか、ざっと見た限りでは無かったけどなあ。

取り敢えず、俺の空港マップからは消しておこう。


マジック・フードパーク [Magic Food Park]


今回も空港到着後、まずは いつものマジック・フードパーク [Magic Food Park]へ。

おかず2品乗せぶっかけ飯。

20161003_dmk_magic_1.jpg
ぶっかけ飯 (おかず2品)
40バーツ

おかずの盛りが、以前に比べるとかなり貧弱な印象。

確かに周りで注文していた空港職員は、ほとんどの男性はご飯大盛り。

味はまあ、相変わらず及第点と行ったところかな。


マジック・ガーデン[Magic Garden]


エアアジアの機内で、クソ不味くて高い飯を食いたくなかったので、ある程度胃袋を満たしておくため連食。

2食目は、空港第2ビル4階の「マジック・ガーデン」でカレーを食ってみた。

20161003_dmk_magic_2_1.jpg
「Kaomok Siam Indo」

20161003_dmk_magic_2_2.jpg
チキンカレー 100バーツ

これが、中々旨かった。


カレーライスとはいっても、日本式ではなくタイ式だ。

カレー味のライスに、日本のカレーに非常に近いルーで煮込んだチキンと野菜が乗る。

ルーは少ないが、ご飯がすでにカレー味、具もしっかり煮込まれているので物足りなくなる事は無い。

ニンジンやジャガイモなどの野菜にも しっかり味が染みており、非常に旨し。


ここのカレー、メガバンナーのフードコートのカレーに似てるなぁ。


まあ、これから日本に帰るのにカレーと言う選択肢もどうかとは思うが、興味のある人は食べてみよう。


カフェ 「ムアン チョン」 [CAFFE Muan Chon]


今回初めて、以前紹介した激安カフェ 「ムアン チョン」 で、コーヒーを買って飲んでみた。

20161003_dmk_coffee_1.jpg
「ムアン チョン」

20161003_dmk_coffee_2.jpg
ホットコーヒー 35バーツ

安~い!

サービスも普通、味も別に他店とそん色はない。

少なくとも、「Sleep Box Cafe」のコーヒーよりは格段に旨い。


時間がある人は、ここでコーヒーを買って、空港第二ビル4階の、レストラン「FUJI」の裏にあるフリースペースでゆっくりしよう。

20161003_dmk_coffee_3.jpg
「FUJI」レストラン裏のフリースペース

ここは人がほとんどおらず静かで快適。

2016.12.26 追記
今月確認したところ。テーブルと椅子が撤去されていました。



バレットパーキング (バレーパーキング)


第1第2両ターミナルで、バレットパーキング(バレーパーキング)サービスがスタートしていた。

「VALET PARKING DONMUEANG」


このサービス、日本ではあまりなじみがないが、まあ簡単に言えば、スタッフが運転者にかわって、駐車場などへの車の入出庫をしてくれるサービス。

よくアメリカ映画のシーンなんかで出てくるあれだ。


タイで車を運転する人以外、99パーセント不要な情報だが、俺は使う機会もあるかもしれないので、備忘録代わりに書いておく。

まあ、自分で車を運転しなくても、友達や彼女に空港まで送ってもらい、空港内で少し一緒に過ごしたい、でも駐車場にいちいち車を停めるのは時間がもったいない、なんて人にも使えるかな。


受付は、第一ターミナル出発階1番ドアの外と第二ターミナル到着階の中央あたり。

20161003_dmk_parking_1.jpg
第1ターミナル3階外の受付

あと一か所 何処かにあると言われたがちょっと忘れた。

電話番号とホームページを張っておく。

ドンムアン空港 バレットパーキング ホームページ (外部リンク)

電話番号 : 063-902-2830-1

金額は一応

20161003_dmk_parking_2.jpg

こんな感じらしい。


まあ自分で駐車場に止めるよりはちょっと高いが、これからはドンムアン空港も、駐車場は飽和状態になっていくと思うので、俺の場合、将来的には使う事も出てくると思う。


タイの通信大手「TRUE」の新しいブースがオープン


一階、第1ターミナル(T1)と第2ターミナル(T2)の連絡通路、前回まではAISとDTACのブースのみだったが、今回行くと、その横に「TRUE」の新ブースもオープンしていた。

20161003_dmk_true_1.jpg
連絡通路沿いの新しい「TRUE」ブース

これで、この通路にタイの通信大手3社のカウンターがそろい踏み。

旅行者の方は、ここで条件を比較しながらSIMを買えばいいだろう。


通信関係の細かいパッケージ条件は、タイの場合はコロコロかわる。

3社横一列に並んでいるので、到着後条件を全部聞いて、自分に合う会社を選択すればいいだろう。

まあ主なパッケージは各社張り出してあるので、10分もあれば全部比較できる。


但し、以前も書いたが、タイの地方に行く人は、場所にもよるが、まだやはりAISが一番電波がいいかな。


ちなみに、以前T1到着ロビー中央にあったTRUEのブースも、まだ営業している。。



尚、それぞれの細かい場所は、当ブログのドンムアン空港フロアマップを参照。

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
投稿:2016.10.01 | 更新:2016.10.03
今回の一時帰国(2016年9月)、バンコクへの戻りも、前回と同じエアアジア XJ607便。

スケジュールは、成田[NRT] 20:15発- ドンムアン空港[DMK] 00:55(+)着


今回は、少し早めに成田空港到着。

前回、遅い時間にセブンイレブンでおにぎりが売り切れだったので、まずは早めのおにぎり確保。

ついでにアナゴ寿司とバッテラを買って、まずは世界一使えないラウンジへ。

20161001_nrtxj607_1.jpg
成田空港第二 簡易ラウンジ

空港のフリーWi-Fiがあるので、ビールを飲みながら時間潰し。

ラウンジ専用のフリーWi-Fiもあるので、まあどちらでも。


チェックイン


XJ607便の場合、チェックイン開始直後が比較的混むので、少し時間をずらしてドキュメントチェックへ行くことに。

18:30位(出発の1時間45分前)にカウンターへ。

20161001_nrtxj607_2.jpg
すでにガラガラ。

今回は、手荷物の重さはきっちり計られた。

パスポートとドンムアン空港のセルフチェックイン機で印刷した搭乗券だけ出して、あっと言う間に手続き終了。


この時間は、パスポートコントロールもガラガラだ。


出発エリア


搭乗ゲート近くでボーディングを待っていると、俺の座っていたすぐ近くの席に、かなり美人のタイ人4人組。

意味も無くワクワクする俺。(笑)


しかし よく見ると、コンビニ袋の中にはスーパーアサヒの缶ビール、それにストローをさして(タイスタイル)飲んでいる。

周りを見渡しても、搭乗待ちで酒飲んでるのは彼女達だけだったなぁ。

別に飲むなとは言わないが、お里が知れるとはこの事だろうか。


搭乗と機内の様子


客はタイ人9割、日本人1割。

搭乗率は7割位。

定刻より20分ほど遅れて出発。


機内のキャビンアテンダントは、行きと同じ様なケバケバチーム。

キャバ嬢指数80パーセント超。

日本人乗務員一名


夜のフライトという事もあり、食事だけ早めに配膳を終え、早々に機内は消灯。

定刻10分前位にドンムアン到着。


ドンムアン 入国審査


ここ何回かのドンムアン到着利用では、入国審査で5人以上待った経験が全くなく、今回も楽勝と考えていた。

しかし今回は、中国人観光客の団体とモロにかち合ってしまい大変な事に。

イミグレも、中国人専用のラインを作り対応したが、結局そちらに限られたスタッフを持って行かれ、通常ラインも大混雑。

久しぶりに30分以上並んだ。

いやぁ、深夜と言えども、やっぱりタイの入国審査(パスポートコントロール)は油断できない。


深夜の正規タクシー乗場


税関検査も無事に通過し タイに入国、ドンムアン空港内の正規タクシー乗り場に着いたのは、深夜の2時近くだった。

並び客はほとんど無し。

前回は、タクシーが一台しかいなかったが、今回は深夜にも関わらず10台以上待機しており、問題なく乗車できた。


ディンデンまではトールウェイ下の一般道を走り、その後高速に乗る。


ターボメータータクシー対策 市内へのメーター目安


いつも俺が言っている事だが、タイで空港から市内へ、一般の空港タクシー利用は 最後の最後の手段。


在住者でさえ不愉快な思いをする事が多い空港からの一般タクシー。

最低でも一般旅行者がボラれたかどうかわかる様に(笑)、今回はドンムアン空港で乗車後、メインのポイントでのメーターのキロ数と料金を記録しておいた。

尚 今回の一時帰国、行き(市内からドンムアンまで)の電車&バスは経過時間を計測したが、タクシーで市内への所要時間は、道路状況で大きく変わるので今回は割愛。


一般タクシー メーター値 ドンムアン空港深夜発
(ディンデンまではトールウエイの下の一般道)

  • ディンデン高速乗り口まで 18.4(km) - 143バーツ

  • スクムビット降り口まで 21.5(km) - 165バーツ

尚 一般旅行者は、ぼられても絶対に、途中で自分で交渉しない様に。

ドンムアン空港の一般タクシーは、特にたちが悪い。


家に着いたのは、深夜の2時半位だったかなぁ。

無事に帰宅。


お疲れさまでした~。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
エアアジア XJ607 成田ードンムアン 20:15ー00:55(2015.7.8.エントリー)
XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED) (2015.10.7_エントリー)
成田空港第二の 「Priority / カードラウンジ」 が少しだけ進歩。
成田空港、展望デッキで日本最後の時。ふるさとは遠きにありて・・・
エアアジア XJ601[NRT-DMK] ビジネスクラス(2015年12月)
エアアジア XJ601 (C) 成田-ドンムアン[NRT-DMK](2016年3月利用)
エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!(2016.4.5_エントリー)
エアアジア ビジネスクラス 電源コンセントの不具合(2016.4.7_エントリー)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年6月利用)

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)

関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
投稿:2016.10.01 | 更新:2016.10.02
今回のバンコク発成田行きは、いつもの「タイエアアジアX XJ606便」。

スケジュールは、ドンムアン空港[DMK]発10:40- 成田[NRT]着19:00


今回は、機内持込手荷物のみだったが、前回のエントリーで書いた様にドキュメントチェックの確認で、無駄な時間を取られてしまった。


チェックインカウンターでの荷物チェック


ドキュメントチェックの要不要確認の為チェックインカウンターに寄ったが、手荷物は特にチェックされなかった。


一応空港の自動発券機(セルフチェックイン機)の横にある計りで計測はしておいたが、それも取り越し苦労に終わった。

20160930_dnkxj606_1.jpg
自動発券機横の計り


出発一時間半前位で、チェックインの列20人、荷物預けの列5人といったところだろうか。

パスポートコントロールは、ガラガラ。


機内飲食用の食料調達


保安検査終了後は、ルーティーンの食料調達。


いつもの様にゲート手前のS&Pで菓子パンを2個購入。


水は、前回ブログで書いた、S&Pはす向かいの「ピリピリ」 [Piri Piri] で17バーツで購入。

前回は、店の奥の冷蔵庫内にしか置いてなかったが、今回は店の入り口のカウンター上に堂々と置かれていたので、見逃すことはないだろう。

20160930_dnkxj606_2.jpg
「Piri Piri」


間違っても、周りの店で40ガーツとか45バーツも出して買わない様に。


搭乗エリア


搭乗エリア入場時、何故か俺の搭乗券だ預けさせられ、3分くらい何か調べられた。

後で聞いたら、ここで書類確認作業(ドキュメントチェック)をしているらしい。

とはいっても、もしここで何か問題があったらどうすんの?という疑問も付きまとうが。


搭乗エリアは、かなりの混雑。

タイ人7割、日本人3割位か。

いつもより日本人率が多い。


搭乗


20160930_dnkxj606_3.jpg

予定時刻に搭乗開始。

搭乗率は9割近く、割と混んでいた。


機内の女性キャビンアテンダントは、キャバ嬢指数80パーセント超。

かなりケバいチーム編成。

どっからこんな子ばかり見つけてくるんだろう?


男性?(笑)クルーと日本人乗務員、各一名。


定刻出発。


機内食と飲み物


機内では、200バーツ以上のくそまず機内食には手を出さず、コーヒーだけ注文。

それでも、市価1本2バーツ位のインスタントスティックを目の前で入れられ、60バーツ取られる。

20160930_dnkxj606_5.jpg
機内販売のコーヒー
60 バーツ


ちなみにペットボトルの水も60バーツ。

20160930_dnkxj606_4.jpg
機内販売の飲料水 60バーツ
(市価7バーツ程度)


もう最近では、機内で金を使う気には全くならないエアアジア。

まあコーヒだけは、食料持ち込み代だと思って買っている。


成田到着


成田到着は、定刻の10分遅れ。

この路線の場合、最近ではLCCだからと言って、大幅な遅延はほとんどない。

乗客も、大陸人グループなどは全くおらず タイ人客がほとんどなので、機内も非常に静か。


機内でのフルサービスを期待しなければ、もうレガシーには乗れないよなぁ。

カビが生えている俺のレガシーのマイル達、どうしよう、、、、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
エアアジア XJ 606 ドンムアンー成田 10:40-19:00(2015.7.2.エントリー)
ドンムアン空港情報 番外編 (2015.7.11.エントリー)
エアアジアのWebチェックイン。ドンムアン空港からの出国。
エアアジアで一時帰国。ドンムアン到着から成田行き搭乗まで。(2015.10.3_エントリー)
XJ606 ドンムアンー成田 ビジネスクラス (PREMIUM FLATBED) (2015.10.5_エントリー)
国際線。飛行機の機内で快適に過ごす為の 俺の持ち物。 (2015.10.2_エントリー)
エアアジアのWebチェックイン。DMK-NRT-DMK(2015年12月)
エアアジア XJ606 [DMK-NRT] ビジネスクラス(2015年12月)
エアアジア XJ606 (C) ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年3月利用)
エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!(2016.4.5_エントリー)
エアアジア ビジネスクラス 電源コンセントの不具合(2016.4.7_エントリー)
エアアジア XJ606 成田行き 富士山が見える席 (2016年6月)

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)

関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)