ニンニク入れますか?
↑過去の有益情報は、上の「全記事一覧」からが見やすくお勧め↑

2019年01月11日 更新  ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版! V110


投稿:2018.11.28 | 更新:2019.02.17
201811_kplus_cover.jpg

最近バンコクでは、やたらと目につく 「カシコン銀行 ケープラス」 [K+] の広告。

携帯電話だけでATMからカードレス出金が出来る、今話題のアプリだ。

昔は百姓銀行と馬鹿にされたこの銀行、変わったよなぁ、、、


周りのタイ人も、このアプリをチラホラ使いだしており、俺も時代に乗り遅れない為に使ってみることに。


尚このブログは、タイ関係の面白ブログです。

細かい申し込み方法や、使い方の詳しい説明はありません。(笑)


システムの概要


ざっくり言うとこのシステム、、今までのモバイルバンキングに、自分の携帯電話だけで(ATMカード無しでも)ATMで現金がおろせる機能が付いた新しいアプリ。

通常のモバイルバンキング機能だけでも、振り込み、「携帯電話」「Rabbit Line Pay」「Easy Pass」(タイ版ECT)などのトップアップ、各種支払い(家賃・ローン・保険・その他)などを、このアプリだけで行う事が出来る。

ATM出金以外だと、普通の人が一番よく使うのは、携帯電話のチャージ(TOP-UP)とかかなあ。


携帯電話のチャージ(TOP-UP)


但しこのアプリを利用してのチャージは、AISが最低20バーツから、TRUEは最低50バーツから。

AISに関しては、店頭のチャージする機械と最低金額は一緒だが、TRUEは店頭マシンの場合10バーツからなので、少ない金額で有効期限を延ばしたい人は、店頭でチャージするのがお勧めだ。

タイの「TRUE プリペイドSIM」 最安10バーツでの有効期限延長方法


まあそんな事もあり、俺も興味をひかれたのは、カードレスでのATMからの出金だけ。


携帯電話だけでお金がおろせる!


それにしてもこのシステム、何と携帯電話だけでATMから現金がおろせてしまう!

将来的にはそれが主流になっていくんだろうが、現時点では 機械音痴の俺には、

「便利なような 怖いような・・・」

ってのが正直な印象だ。


そんな訳で、「話しはデカいが肝は小さい」 マシマシタイランド、新しく別口座を作ってこのシステムを利用してみることに。


カシコン銀行での手続きの流れ


まともなブログであれば、細かい手順を解説するところだが、なんたってこのブログは『タイ関連の面白ブログ』、そんな面倒な事は自分でも全くしない。

いつものように、

「当たって砕けろ!」

「行動あるのみ!」


そんな訳で、いつもの調子で 何の下調べも無く カシコン銀行の店舗へゴー。


各種手続きカウンターで、「口座開設」と「K PLUS」を利用したい旨を告げる。

後はカウンターのオネーちゃんに、俺の携帯を渡して丸投げだ。(笑)


この「K PLUS」、現在 絶賛宣伝中という事もあるからだろうか、アプリのダウンロードから設定まで、全部そのオネーちゃんがやってくれた。

201811_kplus_1.jpg

アプリのダウンロードも、カシコン銀行店舗のWiFiでサクサク。

201811_kplus_2.jpg

ついでにアプリも、英語で使えるように設定してもらった。


この間俺は 全く何もせず。(笑)

ただひたすら、行員のオネーちゃんが、俺の携帯に変な事をしない様に常時監視(←ここはタイでは非常に大事)してるだけだった。


セキュリティーに関する不安 暗証番号123456


セッティングの途中で行員のおねーちゃんが、6桁の暗証番号を入れてくれと。

冗談で「123456でもいいの?」と聞いたらオッケーとの事。

たとえ携帯アプリとはいえ、人様のお金を扱う銀行のシステムで こうした単純な連番は、プログラムで自動的にはじかれて欲しいもんだ。


ところが実際、「123456」で番号を入れてみると、本当にそれで承認されてしまった。

後で変更が出来るとはいえ、これではやっぱり不安が付きまとう。


大丈夫なのかなぁ、百姓銀行、、、


そんな訳で、初回入金及びこの口座の残高は、常に何かあってもいい金額、かつ行員のオネーちゃんなどにパクられてもいい金額、までにしておこうと、心に誓った俺だった。


「何かあっても・・・」、これに関する詳しい説明は、ここでは省略させてもらう。

タイ生活の長い方には理解してもらえると思うが、あえて一言で説明するならば、


「長い経験からだ・・・笑」


実際の使い方


実際の使い方に関しても、行員のオネーちゃんが、外のATMまで一緒に行って その場で詳しく説明してくれた。

すご~く親切

但し、申し込んだシステムがアクティベートされるのは翌日以降なので、その日のATMでの説明は、行員のオネーちゃんの携帯を使っての説明だった。

201811_kplus_3.jpg

まあ、画面の指示に従って操作していけば、ほぼ直感的に使いこなせると思う。


日本など海外(タイ国外)での利用


日本在住の方などは、携帯電話の使用期限を延ばす為、日本国内でもトップアップ機能を利用出来るか 気になる所だろう。

実際に 周りのタイ人友達にも協力してもらい、タイ周辺国で使ったり、俺も 一時帰国の時に日本国内で 「KPLUS」 を使ってトップアップを行ってみた。

結論からいうと、どの国からでも問題なくチャージがで来たので、このアプリは海外での使用も可能なようだ。


メリット デメリット

メリット

ATMカードが不要なメリットは意外と大きい。

  • まずは基本的に ATMカードの発行が不要なので(デビット機能を使わなければだが)、毎年のATMカード手数料を払わなくても済む。

  • そして万が一、財布を忘れて飯を食いに行ったり、 カードごと財布などを紛失しても、携帯電話が残っていれば エマージェンシーキャッシュが手に入る。

  • さらにタイでは、ATMにカードが吸い込まれる事が非常によくある。
    タイ在住者は、常にこのリスクを頭の片隅に置いてATMを利用するが、カードレス出金では、この心配事から解放される。
    *俺はよほどの事が無い限り、支店併設のATM以外は利用しない。

  • あと個人的には、ちょっと運動などで外出するとき、以前は少額の金とATMカードを持って出かけていたが、このアプリの利用により、その手間から解放された。

2019年2月17日_追記
読者の方より、下記の様なメリットもあるとの情報を頂きました。

********
カードだと他県でATMカードを使うと手数料を取られますが、スマホで出金すると他県でも手数料は取られません。
また、他行への振込み手数料も無料だし、QRコード決済も便利です。
********

特に他県で出金手数料無しは、タイ在住者には非常にありがたいんじゃないだろうか。
長老様、情報ありがとうございました。

デメリット

デメリットとしては、やっぱりセキュリティー上の不安かな。


現在 携帯電話の認証は、簡単な暗証番号や指紋、もしくは顔認証など。

生き馬の目を抜くタイランド(笑)、これを誰かに破られた時の事も考えると、、、

こうしたシステム、将来的には主流となっていくんだろうが、個人的には、もう少し様子を見たいというのが正直な所だ。


おまけに暗証番号「123456」がオッケーなんて、、、


結論


最終的にこのアプリ、俺としては しばらくの間、

「少額決済用」+「緊急時 現金用立て用」

といった用途で使っていきたいと思う。


申し込み終了後、速やかに残高を確認し暗証番号を変更したのは言うまでもない。(笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
投稿:2018.11.22 | 更新:2018.12.01
20181122_applestore_cover.jpg

先日遂に、タイでは初となる 正規の「アップルストア」[Apple Store ICONSIAM]直営店が、川向こうの新しい商業施設「アイコンサイアム」[ICONSIAM]にオープンした。

俺は別にアップル信者でも何でもないんだが、タイ現地でのアップル製品の修理やリコール等 もろもろの事を考えて、一度行ってみることに。


場所と行き方


場所は、川向こうに新しく出来た「アイコンサイアム」[ICONSIAM]という商業施設内。

日本の高島屋も入っている。

場所Google座標 :13.727505, 100.509083


一般旅行者の人は、近くまで電車で行って、後はタクシーやバイタク若しくは船 っていう感じになるのかなぁ。


俺は車で行ったので、バンコク スクムビットエリアから高速利用。

座標も駐車場入り口の辺りを張っておいた。


印象はたった一言

「遠い!」

(↑これは、今回の話しでは非常に重要。)


バンコクでのアップル製品修理場所


今までバンコクで、アップル製品を正規に修理する場合、一般的には下記の場所へ持ち込むのが一般的だった。

  1. BTSチッロム駅近くのアマリンプラザ内、アップルサービスセンター。

  2. アップル公認店舗(「iStudio」「 Studio7」など)

  3. 「AIS」「TRUE」「DTAC」などの携帯キャリアショップ

などなど、各自が商品を買った場所や 故障・破損の状況によって、持込み場所は色々だ。


俺は今までいつも 「1」のアマリンに持ち込んでいたが、そこがなくなって川向こうに一本化されると非常に遠くなるので面倒だ。

サイアムエリアにも、将来「アップルストア」がオープンするようなので、そうなれば少しは楽になるんだが。


そんな訳で今回行ってみたんだが、やっぱり川向こうは遠いし渋滞もきつい。

スクムビットエリアに住む俺としては、川向こうには ゴルフの時以外は行きたくないというのが偽らざる感想だ。


タイでのアップルケアや携帯破損時の保険・保障


ちょっと話しはずれるが、以前読者の方からタイのアップルケアに関して質問があった。

その方にはメールで返信したんだが、ついでなんでここでも簡単に書いておく。


まずタイでは、アップル製品を落として画面が割れたり壊れた時などに、無償修理や交換をしてくれるアップルケアは、iPhone(携帯電話)には適用されない。

これは正規の「アップルストア」が出来ても変わらないようだ。


唯一、携帯の破損等に対する保険みたいなものをかけられるのは、俺の知る限り携帯電話のキャリアショップだ。


例えばタイ通信事業最大手「AIS」では、アイフォンの破損や盗難、さらには紛失までカバーする保険に入る事が出来る。

但し、加入できるのは同社での携帯購入当日のみ。

ちなみに、保険適用時の免責金額は結構高い。


正規「アップルストア」 店舗の様子


20181122_applestore_shop_1.jpg

さてと、肝心のアップルストアだが、、、、

別に普通の「アップルストア」、何も目新しいものは全くない。

20181122_applestore_shop_2.jpg

えーそれだけかよ、と言われそうだが、本当にそう思ったんだから仕方がない。

店舗内滞在時間は約5分。

遠いし 人も多いし、、、、、


バンコクでの正規「アップルストア」 利用のメリットは?


タイでは、バンコク市内などでアップル製品を買う場合、特定の色やモデルが店舗に在庫が無い時に、他店舗の在庫照会をしてくれる様な対応は中々望めない。

そういった場合、やはり現物在庫が一番多いのは、新規オープンの この正規「アップルストア」になると思う。


アップルの公式サイト(タイ語と英語 タイ国内送料無料)もあるが、ここを使った場合税金の還付[TAX REFUND]は利用出来ない。


と、そんな訳で、オープン間もないアップルスト訪問は、無駄足だった、遠いという事が分かっただけでも収穫としなければいけないのかなぁ。


余談だが、この日は平日にもかかわらず、ICONSIAM の駐車場で車に乗り込んでから、駐車場を出て表の道にたどり着くまでに、30分以上もかかった!

なんだかなぁ~



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


【関連過去記事】
iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その1 スリープボタンの不具合
投稿:2018.11.11 | 更新:2018.11.11
20181111_dmk_intl_miracle2_cover.jpg

雨後のタケノコの様に、次から次へと新しいラウンジが登場する「ドンムアン国際空港」[Don Mueang International Airport]。
今回も、また新しいラウンジができたので、一応書いておく事に。

新しいとは言っても、すでに今年の春先には登場しており、ブログをずっとさぼっていた俺的には「新しく書く」といった程度なので、そこはご理解の程を。


「ミラクルラウンジ」[MIRACLE LOUNGE] 国際線制限エリア内


今回新しく紹介するのは、ドンムアンではすでに何か所もラウンジを運営する「ミラクルラウンジ」[MIRACLE LOUNGE]だ。

ドンムアンをよく知る読者の方は、
「あれ?国際線制限エリアのミラクルなら前からあるじゃん」
と思われるだろう。

ところが今回のラウンジは、旧ミラクルラウンジの目と鼻の先に新しくオープンした全くの別物。
ちなみに旧ラウンジも、現在でも絶賛営業中。

賃貸契約の関係とかなのか、何を考えているのかよくわからないミラクルグループ。


場所と営業時間


場所は、ドンムアン国際線制限エリア内、古い方の「ミラクルラウンジ」の、すぐはす向かい。

20181111_dmk_intl_miracle2_1.jpg
もっとわかりやすく言うと、スターバックスの真正面。

フロアーに面して受付があり、ラウンジはその裏の階段を上った、ひとつ上の階になる。

20181111_dmk_intl_miracle2_2.jpg
注:エレベーターやエスカレーターは無い

昔のドンムアンでは、このスペースはレストランだったが、ドンムアン空港の国際線再使用後は、長らく使われていなかったエリアだ。


営業時間は24時間。


利用資格


利用資格は他のラウンジとほぼ一緒。
プライオリティパスや各種クレジットカードの優待、その他もろもろ。

20181111_dmk_intl_miracle2_3.jpg
受付には 所狭しと案内板が並ぶ


設備


今までさんざん、ドンムアンのミラクルラウンジをけなしてきた俺だが、ここは内装に相当金をかけてる!

20181111_dmk_intl_miracle2_4.jpg

しかも吹き抜けの天井で、解放感もばっちりだ。

唯一の難点は、(人の好みにもよるが)外の景色や滑走路が見えない事くらいだろうか。


食事と飲み物


食事は見た目綺麗に並べられているが、レパートリーも少なく、この点に関しては相変わらず 明らかにコーラルラウンジに軍配が上がる。

20181111_dmk_intl_miracle2_5.jpg
まあ見た目は豪華

ビール等は他のミラクル同様 冷蔵庫に入っており、客が自由に取れるシステム。
ここは、人によってはプラスポイントかな。


静かな雰囲気で爆睡保障


20181111_dmk_intl_miracle2_7.jpg

ここのラウンジ、特筆すべきは、壁で仕切られたオットマンチェアーのあるブースが、たくさん設置されている事だ。

20181111_dmk_intl_miracle2_6.jpg
プライバシーも保たれ、リクライニングもばっちり。
ゆったりと休むことができる。

しかもこのラウンジ、今年の春先からすでに5-6回は利用しているが、なぜか3人以上客を見たことが一度もない!
まあ、常にそんな状況では成り立つ訳もなく、たまたまなのかもしれないが、、、
いつ行っても、気持ち悪いくらいに静かなこのラウンジ。(笑)

ドンムアン到着後、出発まで雑踏を忘れて過ごしたい人、二日酔いで飛行機に乗るまで少しでも寝たい人、などには是非お勧めのラウンジだ。
テーブル席もゆったりとして綺麗なので、静かに落ち着いて、何か仕事や作業をしたい人などにも是非お勧めだ。

ただし、くどいようだが、、、


「寝過ごし注意!!」 (笑)



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)
2019年11月11日update (V109)


関連記事(ドンムアン国際空港 ラウンジ関係)
ドンムアン空港 一般エリア ラウンジ
ドンムアン空港の有料ラウンジ 飲食もついて200バーツは絶対お得! (2017.6.17_Priority Pass対応を追記)

ドンムアン空港 国内線 ラウンジ
ドンムアン空港の本格ラウンジ 「The Coral Executive Lounge」 (2017.8.3_ミラクルラウンジ追記)
ドンムアン空港 美人客室乗務員も利用する「ミラクルラウンジ」(2017.9.23_エントリー)

ドンムアン空港 国際線 ラウンジ
ドンムアン国際線 待望のラウンジが一気に2箇所もオープン!
ドンムアン空港 国際線 「ミラクルラウンジ」 びみょ~(2017.10.2_エントリー)