都心とイサーンを結ぶ魔の道路!赤土の大地を後にバンコクへ。

ここでは、「都心とイサーンを結ぶ魔の道路!赤土の大地を後にバンコクへ。」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.12.11 | 更新:2015.12.11
結局、数日間をイサーンで過ごし、一路バンコクへの帰路につく。

前回までのエントリー
イサーンのリアルな“ど田舎農村”、赤土の大地へ行ってみた。
イサーンのガチな田舎集落を後にして、近場の田舎町に泊まってみた。
イサーンの田舎町で 地鶏のカオマンガイ。何とこれが驚愕の旨さ!

帰りも相変わらず、俺は一人ぼっちの運転手。


後の3人は爆睡。

むかついた。


イサーン地方での交通事故


俺は普通の日本人に比べると、タイでの運転経験はかなり多い方だと思う。

都内だけでなくタイ国内も、東西南北 車でしょっちゅう行っている。


ご存じの様に、タイは世界でも有数の事故多発国。

俺も、運転には細心の注意を払っている。


その中でも、イサーン地方で運転する時には特に注意して運転をしている。

俺の経験上、イサーン地方への行き帰りは、他の地方に比べ 明らかに事故の遭遇率が高い。

しかも、殆んどの事故車は「大型トラック」か「4輪ピックアップトラック」。


タイで自動車事故を見たければイサーンへ行け!

と言いたい位の遭遇率だ。


今回も交通事故に遭遇


今回も、バンコクへの帰り道 途中で突然の渋滞が。

案の定 交通事故だ。

追い越していくレスキュー隊の車の数が、事故のひどさを物語る。


暫く進むと現場に到着。

事故現場では、右手に2連結の超大型トラックが横倒し、左脇にはピックアップトラックがぐちゃぐちゃに。

まあ普通に考えれば、どちらかの無謀な追い越しか居眠りだろう。


事故後しばらくたっているからか、道端にはすでに白い布にくるまれた二つの遺体とお坊さんが。

一つはまだ小さかったなぁ。

20151211_isan_jiko_1.jpg
合掌。


タイで社用車の運転手、会社任せではなく自分で選ぶ勇気を持とう!


くどい様だが、タイは本当に事故が多い。

日本人だって、タイ国内に1歩でも足を踏み入れれば、巻き添えを食らう可能性は十分にある。

先日も、イサーン地方でではないが、日本人の方が社用車で、タイ人運転手の運転で亡くなっている。


俺は、自分でもタイで頻繁に運転するのでよくわかるんだが、事故を起こすタイ人は、たいがい普段からそれなりの運転をしている。


駐在の方などで、会社から運転手を付けてもらっている人は、くれぐれも注意して欲しい。

まあ、高学歴で教養のある駐在の人は、こんな俺の鼻くそブログ、まず読まないとは思うが。(笑)


この国では、「運転手を付けてもらえば安心」などと思ったら大間違えだ。

あてがわれた運転手が、不必要にスピードを出したり車間を詰めたり、無理な割り込みや追い越しを普段から頻発する様だったら、すぐさま変えてもらう事をお勧めする。

それだけでも、事故に巻き込まれる確率は格段に減少するはずだ。


会社の総務あたりにブツブツ言われても、気にする必要は全く無い。

まあ、あなたが会社に命を捧げるつもりなら話しは別だが。


海外では、自分の命は自分で守る。


鉄則だぜ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/115-76738715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック