カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン

ここでは、「カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.12.15 | 更新:2016.02.22
アソークで、上品な?カオソーイを食べて、何だか少し物足りない。

前回のエントリー
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』

こんな時にまた、二郎時代の「連食」の悪い癖が。


以前、読者の方に教えて頂いたフォーチュンタウンのカオソーイを思い出す。

アソークからなら地下鉄で2駅。

普段は動きの鈍い亀の様なマシマシだが、こういう時だけは ウサギの様に素早い。

気が付くと、フォーチュンタウンのお店の前に立っていた。


「クイッティアオルア・クンハーン」【Kouay Teau Roue Kuen Hang】


20151215_kuenhang_1.jpg
これが店名の模様。

メニューにも英語で、「Kouay Teau Roue Kuen Hang」 と書いてあった。

無理やりカタカナに直すと、「クイッティアオルア・クンハーン」でいいかな。

クンハン?クンハーン? 、店の正面にでかでかと飾られた日本語雑誌の紹介欄に、「クンハーン」と書いてあったので、この雑誌の命名を尊重しよう。


お店の場所


場所は、フォーチュンタウンの地下。

一番北の端の方。

建物に入ったら、まずは1階をずっと北の方に歩いて、フードコートを目指そう。

フードコート目の前のエスカレーターを降りれば、真下にあるのが その店だ。


お店は午後でも大繁盛


休日という事もあり、3時近かったが ほぼ満席。

お店は、通路を挟んで両側に席がある。

20151215_kuenhang_1_2.jpg
看板が出ている方はメインのお店とキッチン。

20151215_kuenhang_1_3.jpg
逆側はソムタム用キッチンと客席。


注文


メニューはタイ語・中国語・英語

ラチャダーは中国人多いからねぇ。

中国大使館もあるし。

20151215_kuenhang_2.jpg

20151215_kuenhang_3.jpg
「猪肉」って書いてあるのが豚なのかな。

香港なんかでも、ローカルのお店に行って、日本人は なんとなく注文出来てしまう感覚に似ている。

この店でも、無意識のうちに、英語メニューより中国語の漢字を見てしまうリアルジャパニーズのマシマシ。

取り敢えず、カオソーイ・ガイ(鳥)を注文。


暫くして、ウエイトレスが俺の席に、

「ガイ(鳥)」は売り切れで「ムー(豚)」しかないとの事。

仕方が無いのでカオソーイ・ムー(豚)に変更。


注文変更後、あっと言う間にカオソーイが来た。

早っ!


本当に鶏が売り切れだったのか???

ここは ご存じタイランド。

まあ、この辺は突っ込まない様にしよう。


カオソーイ・ムー(豚)


20151215_kuenhang_4.jpg
カオソーイ・ムー 40バーツ
水 10バーツ
氷  1バーツ

やはり都心のアソークと違って値段は安い。

見た目の盛り付けは、、、ちょっと雑な感じ。

一応 念のために書いておくが、食べる前の写真だ。

店頭にでかでかと飾ってある、日本語雑誌の写真とはかなり違う。(笑)


まあ休日で混んでるし、仕方ないのかな。


カオソーイ屋でよく出てくる付け合わせの薬味は無し。


取り敢えず食べてみる事に。


実食



スープ


まずはスープを一口。

かなりカレーの味が強い。

コクもある。

ローカルだけあって辛さも若干強め。

俺はタイ暮らしも長いんで、辛いのは全く問題ないんだが、旅行者で辛いのが苦手な人は、スープを一気に飲むのはやめておこう。


カオソーイとして食べるよりも、カレーに近い感覚で 白いご飯と共に食べたかった。


具材


豚肉は別に普通の薄い こま切れ肉。

骨付きとかではなく、クイッティアオなんかと兼用の肉だと思う。

敢えてレポする様なもんでもない。


高菜みたいな野菜は、忙しいからか、20センチ位の切ってないやつが入ってた。

麺より長いぜまったく、、、



麺はカオソーイの定番、黄色っぽい平打ちちじれ麺。

俺の大好物。


残念ながら、この日は麺ゆで不足。

麺が粉っぽく若干ベチャベチャっとしていた。


俺はラーメン野郎なんでよくわかるんだが、タイのラーメン店でも 太麺だと たまにあるパターン。

麺をゆでるお湯の温度が低いとこうなる。

麺自体は美味しいのに勿体ない。


次回のプラン


スープもコクがあるし、麺の素材も悪くない。

カレー味がかなり強いのは、好みの分かれる所だが。


休日午後のアイドルタイムでも満席なのは、間違えなく美味しい店の証。

このポイントだけは、写真や文章ではごまかせない。

後は、外国人の自分がどれだけ当たりを引けるかだ。


まあ今回俺は、若干はずれを引いてしまった様だが、二郎のはずれに比べりゃ可愛いもんさ。

次回は平日の、ピークを外した時間に来てみよう。


クイッティアオ・ルア(タイヌードル・豚の血入りスープ)は店名にもなっているので、こちらも非常に興味がある。
[これも俺の大好物]

よって次回の作戦は、、、


まず訪店は、余り混んでない時間を狙う。

そして、カオソーイは香辛料も強く後味が残るので、まずはクイッティアオ・ルアを先に食べる。

その次にカオソーイ・ガイを注文。


のダブルオーダーでチャレンジしてみたいと思う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(カオソーイ@バンコク)
「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し!
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店


関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

これは完全にハズレのパターンですね。
どこでもそうですが、忙しくなるとオペレーションが雑になってミスるのがタイランド。

次回は是非鳥に挑戦して下さい。
豚しかなければクイッティアオ・ルアの
方が良いと思います。

七星、ヘビーユーザーになってきてます(笑)
ただ一人で行くとかなりの確率で相席になって
落ち着いて食べられないという、、、
2015/12/16(水) 15:37 | URL | kawasaki #-[ 編集]
kawasaki様
いつもコメントありがとうございます。

> ハズレのパターン
次回のリベンジに期待します。
平日の暇な時間一点狙いで行きたいと思います。

> 七星、ヘビーユーザー
あの味であの値段だと、そうなるのも自然の流れですよね。そういう自分もなんですが(笑)
2015/12/17(木) 07:20 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/117-be0c640f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック