ラーメン食い納め&年末年始休業情報(きせき、フジヤマ55、七星)

ここでは、「ラーメン食い納め&年末年始休業情報(きせき、フジヤマ55、七星)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.12.30 | 更新:2016.03.24

昨日は、すでに休みの人もいるせいか、比較的道路もすいていた。

一か所だけ、陸運局近辺だけは大渋滞。

大方は、税金の駆け込み払いだ。(笑)


俺も年末の野暮用をテキパキと済ませ、今年最後のラーメンへ。


『麺場 きせき』


今年最後と言う事で、腹もすかせて準備万端!

昼の部後半を狙ってお店に着くと、何と、

休み!!!

ひぇぇぇえええ

最後の最後にやってくれるぜ。

20151230_ramen_1.jpg
おまけに張り紙の上から、工事の職人が服をかけて、店内で何やら作業。

初めは閉店したのかと思って焦ったぜ。

20151230_ramen_2.jpg
『麺場 きせき』の、年末年始休業予定


『鶏そば七星(ななせ)』


仕方がないので、近所の「鶏そば七星(ななせ)」へ。
(場所:google 座標 13.723405, 100.579868 )

まさかこういう展開になるとは思っていなかったので、胃袋はボリューム的に物足り無さが。

連食も考えたが、時間が無かったので「鶏白湯ごはん」を同時注文。

20151230_ramen_3.jpg
ネギ鶏そば 80バーツ

20151230_ramen_4.jpg
鶏白湯ごはん 29バーツ

お水 10バーツ

「鶏白湯ごはん」は初めて食べたが、普通のご飯との違いがよくわからなかった。

来年は、めんどくさがらずに七星もきちんとレポートしないと。

いつも食ってるだけじゃ、怒られちまうぜ。

20151230_ramen_5.jpg
『鶏そば七星(ななせ)』の、年末年始休業予定。


それにしても、今年の最後がこれでは、なんとなく物足りない。

最後はやはり、胃袋を麺で満たして今年を締めくくりたい。

これだけで、この1年を締めくくったんでは、ラーメンの神様に申し訳ない。

考えたあげく 七星の後、残った野暮用を電光石火のごとく片付け、数時間後に最後の1軒へ。


『フジヤマ55』 [Fujiyama Go Go]


今年最後のラーメンは『フジヤマ55』で。
(場所:Google座標 13.733901, 100.571533 )

2015年の最後の一杯だ。

一か八か、今年ずっとしょっぱくてハズレまくった「まぜそば」を注文、勝負に出る。

詳しくはこちらを (関連エントリー)
「フジヤマ55」でニンニクマシマシ!@スクムビットSoi39

20151230_ramen_6.jpg
まぜそば 236バーツ
ニンニク、後から自分でマシマシ。

お水はサービス


卓状のニンニクは、勿論たっぷり追加だ。

今年最後の一杯は、、、


うめぇぇぇえええ!!!!!


ここの所ずっと続いていた味のしょっぱさがなくなり、丁度いい味加減。

このポイントさえクリアーすれば、他の全ての具材に死角は無い。

今年最後のラーメン、美味しくいただきました。


Soi39の「フジヤマ55」は、年末年始休まず営業。


ごちそうさまでした!


いやぁ今年も色々食った食った。(笑)


ニンニクマシマシ!

来年もいい年でありますように!


それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
ニンニクマシマシ!
麺場 きせき(本店)@トンロー
病み上がりの栄養補給と言えば、やっぱりこれだぁ!
連休中もマシマシだ!@麺場 きせき(トンロー本店)
「きせき郎」で口直し@麺場 きせき(トンロー本店)
週末は「麺場 きせき」で栄養補給。ニンニクマシマシ 大盛りだ!
バンコクの「麺場 きせき」で、日本では幻の「脂ごはん」を再現!
「麺場 きせき」で きせき郎、日本の二郎と決定的に違う事!
麺場 きせき @ トンロー。 油攻め! 熱攻め! きつかったぁ~。
タイのラーメン店、味のぶれ方は二郎並み? そして昔の習性再び!
豚が神だった「きせき郎」!! @ 麺場 きせき(トンロー本店)
今週の「麺場きせき」、高レベルで安定の味。&サービスも向上?

バンコク ラーメン定期巡回チェック@フジヤマ55 (Sukhumvit Soi39)
「濃厚つけ麺」 ニンニクマシマシ! @フジヤマ55 Soi39
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/138-b335456b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック