タイ産納豆『糸引納豆』(卯の花)。第三の刺客となるか?

ここでは、「タイ産納豆『糸引納豆』(卯の花)。第三の刺客となるか?」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.01.12 | 更新:2016.01.12
先日フジスーパーで、いつもの「社長さんの納豆」を買おうと思い棚へ行く。

が、ちょっと前から気になっていた、豆腐で有名な「卯の花」が出している『糸引納豆』を試してみる事に。

20160112_natto_1.jpg
値段 20バーツ
内容量 40g
からし付き
3個パック売り(60バーツ)

ちょっと、いつも買ってる他のタイ産納豆に比べると割高だ。

タイ産納豆 徹底比較! 『TSUBAKIミニ納豆』VS『社長さんの納豆』 (過去記事)

まあ豆腐と同じように、値段相応の味であれば60バーツも惜しくはない。


材料


大豆自体は日本より輸入と書いてあるので、正確には日泰ハーフ?

まあ、タイで作っているので、取り敢えずはタイ産納豆の括りでいいだろう。


実食


まずは開封。

20160112_natto_2.jpg

綺麗!!!

ていうか、綺麗すぎ?

料亭で納豆が出てくるとしたら、こんな感じなんだろうか。

卯の花が作ってるんで、まあ漂白バリバリと言う事はないだろう。


納豆自体は、粘りが少し弱い。

あの納豆特有の下品なネバネバは感じられない。


大豆は柔らかく、と言うより柔らかすぎ?

大豆として食べるには美味しそうだが、納豆としてはもう少し歯ごたえが欲しい所だ。


不味くはないんだが、ちょっと日本のギトギト安物納豆で育った俺には物足りない。


まあ、ソムタムに例えていえば、「ソムタム タイ」と「ソムタム プーパラー」の違いみたいな感じかな。


ターゲット


全体的にマイルドな味で、値段もちょっと高め。

予算が豊富にある駐在の方や、タイ人の金持ち向けの商品なのかもしれない。

これはこれで美味しいんだろうけど、B級グルメの俺は、いつもの納豆でいいや。


余談だが、予算が許せば豆腐はやっぱり「卯の花」一択。

特に、麻婆豆腐用の豆腐はこれに限る!

『丸美屋 麻婆豆腐の素』 ひと手間加えて激ウマに!(過去記事)


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/143-dd7dc60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック