iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その2 アマリンのアップルサービスセンター

ここでは、「iPhone 5、3年目で新品交換へ。 その2 アマリンのアップルサービスセンター」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2015.06.24 | 更新:2015.09.21
早速修理へ。

俺の場合、携帯電話会社経由での購入ではなく、アップルから直接購入なので、チッロムのアップルサービスセンターに直接持ち込む。

場所は、BTSチッロム近く「アマリンプラザ」の中にある。

いちいち行くのは面倒だったが、タダで直してくれるんならしょうがない。

BTSを下車し、外には出ず スカイウォークで直接建物内へ。


ここのサービスセンターには、番号札とかが全くない。

カウンターのあいてる椅子に座り、直接近くの従業員に声をかける。


当然、若干の割り込みも出てくるし順番もデタラメだが、その辺のDQNな底辺タイ人はほとんどいないので、大きな混乱になる事は無い。

以外に皆さん節度を守ってる。


座ってしばらくして、近くの女性従業員から声がかかったので、経緯を説明し無償修理を依頼する。

後は流れ作業で機械的に、テキパキ・テキパキ、、、のはずだったが、俺のiPhoneを見た従業員、一瞬顔色が曇る。


実は俺、携帯カバーやケースなどは一切付けてなく、表裏の薄いフィルムだけで使っている。


通常はズボンのポケットに入れて持ち歩き、一緒に入っている小銭や鍵束と共に常にシェークされている。


よって、表も裏もエッジの部分は上下左右全部傷だらけ。

落下も何回かあるので、それはもうかわいそうな位見た目もアグリー。


MBKなどでも、買った携帯に傷がついてると、保証修理してくれないケースもよくある。


カウンターのおねーさん、怪訝な顔をしながら奥へ。

5分ぐらいバックヤードで、あーだこーだとやっていたが、やっと出てきて俺の所へ。


「無償修理で受付ます。修理と言ってもボタンだけの交換ではなく、機械丸ごと新品への交換になりますが、シンガポールに送るので2週間ほどかかります。よろしいですか?」

やったぁー!

もちろんよろしいよー!


2週間は長いが仕方がない。

しぶしぶ顔で承諾。

が、内心は新品交換を喜ぶ 性格のゆがんだ俺。


交換品は届き次第、電話をくれるそうだ。

代替品のレンタルは、多分無いと思ったから聞かなかった。


その場で携帯を初期化して預かり証を作ってもらう。

初期化のプロセスの途中で SIM を抜くオネーさん。

途中で抜いても問題ないらしい。


暫くは、予備のボロ携帯にこのシムをいれて使うことになる。

ナノシムなので通常シム対応の携帯には下駄(アダプター)が必要だ。


MBKまで行くのは面倒だったので、おねーさんに近くで売ってないか聞くと、

「伊勢丹4階で50バーツ位で売ってますよ」

と教えてもらい、ここでの手続きを終了し、徒歩で伊勢丹へ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/15-d924f520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック