タイ 銀行の預金口座。 死んだらどうなる俺の金!

ここでは、「タイ 銀行の預金口座。 死んだらどうなる俺の金!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.02.25 | 更新:2016.02.26
まず初めにお断り。

前回のエントリーで説明させていただいた様に、今回の記事は、以前下記エントリーでコメントをいただいた“太陽様”からの情報を元にしています。

リタイアメントビザの更新(5)Lブースで更新(延長)申請。 (該当エントリー)


タイの定期預金、口座名義人死亡時の法定相続


俺の様に文才が無い人間の説明よりも、まずは太陽様から頂いたコメントをそのまま転記する。
(非公開コメントではないので、原文そのまま。)


Name:太陽
Title:リタイアメントビザの更新(5)Lブースで更新(延長)申請。

マシマシさん 初めまして!

「&%#%$$”’!」
「!*&¥・@$#!」

思わず、笑っちゃいました。他もそうですが、楽しく読まさせて頂きました。 
ところで、Kさんの預金は定期(普通)預金だとの事ですが、大変に失礼なの
ですが万が一、Kさんが突発的な事故、病気等で亡くなられた場合の相続は、
親族だと思いますが、故人口座解約の手数料金:30万THB程、掛かると思いま
すよ。定期預金は金利が良いですが、故人になられた場合の解約は手数料金が
掛かりますので良し悪しですよね。普通預金なら暗証番号を遺族に教えていれ
ばカードさえあれば下ろせますけど。参考情報まで。*手数料金とは、裁判所
による遺産管理人任命の命令書 の取得料金です。



故人の定期預金口座、相続時の費用・手数料。


この情報で、まずびっくりしたのは手数料だけで30万バーツもかかると言う事だ!

このコメントをいただいた記事の流れからして、リタイアメントビザ申請に要した定期預金80万バーツに対してであろう。

俺はこういった知識や経験がないので、こんなパターンでは全部ひっくるめても、所詮数万バーツ位だろうと勝手に思ってた。


手数料だけで30万バーツかかるとすると、故人の家族が日本にいる場合、渡航費用や通訳、弁護士費用なども入れると、半分以上吹っ飛んでしまう事になる。


大変失礼な言い方だが、70才前後のタイ在住ロングステイヤーの方で、ビザの証拠金80万バーツを 自分の亡き後誰かに残したいと思っている方には、非常に考えさせられる事案だろうと思う。


誰が一番得をするのか?


こういったお金は、所詮ゼロサムゲーム。

誰かが損をすれば、誰かが得をする。


故人の口座だって、全部を特定できるわけじゃない。

遺族が手続きをしなければ、最後は、、、


何処の国でも、他国の裕福なロングステイヤーは歓迎される。

その国の雇用も奪わず、ひたすらその国にお金を落とす。


そして上記の様な事が起こると、死んでからもなお、お金を落としてくれる。

国家単位のビックビジネスだよなぁ。


生前の、遺産協議の難しさ。


何処の家庭でもそうだろうが、子供が親と、生前に親の遺産に関して協議をするのは、非常に気難しさが伴なう。

親も当然いい顔はしないし、子供のほうだって奥歯に物の挟まった様な言い方になる。

特に頑固な親だと、

「俺が死んだらって、どういうことだ!(怒)」

何て言いかねない。


俺の知り合いのKさん、まさにこう言った感じの べらんべえオヤジ なんだよなあ。

本当は、真っ先に教えてあげるべきなんだろうけど、、、言いずらいなぁ。

俺の悩みは尽きないのであった。


最後になりますが、再度 お詫びとお礼を。


最後になりますが、コメントをいただきました太陽様。

その節は、本当に申し訳ありませんでした。

今回なんとか、頂いた情報を皆さんにお知らせする事ができ、ホッとしています。

ありがとうございました。

マシマシ


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


2016.2.26 追記
太陽様から、上記費用の明細に関して追加情報をいただきました。
下段のコメント欄で詳細が確認ができます。
太陽様、ありがとうございました。



関連記事
定年退職後 タイでカラオケ嬢にはまるロングステイヤーKさん
リタイアメントビザの更新(3)定期預金の残高証明
コメント
この記事へのコメント
マシマシさん

今晩は!
興味のある表題でしたので覗いてみましたら?私のコメントが!?(笑
同胞が少しでも知識を得てくれたらありがいたい事です。
何故、私が知っているかと言いますとバンコク銀行にメールで確認したからです。参考までに下記にバンコク銀行からの返信メールを添付します。

お客様
いつもバンコック銀行をご利用頂き誠にありがとうございます。
お問合せい頂きました、故人の口座解約について以下ご案内申し上げます。

解約に必要な書類
1.裁判所による遺産管理人任命の命令書
(Court order appointing and estate administrator of the deceased)
2.死亡診断書 
 (Death Certificate)
3.預金口座名義人ご本人様のパスポートの写し
 (Certified true copy of passport of the deceased)
4.遺産管理人様のパスポートの写し
 (Certified true copy of passport of estate administrator)
5.預金通帳(原本)及びATMカード
 (Original a/c passbook and ATM card)

以上をご用意の上、口座開設支店にて直接お手続きを頂いております。
(東京支店・大阪支店ではタイ国内にて開設された口座についてのお手続きは出来かねます。)
Court Orderの取得等につきましては、当地の法律の専門家等の助力が無いと困難と聞いております。
当地の法律の専門家等にご相談いただくことをお勧めしております。
また、Court Orderの取得等には200,000~300,000バーツの費用がかかるようでございます。

以上、宜しくお願い致します。

バンコック銀行
japandesk@bbl.co.th
バンコック銀行日本語ホームページ
www.bangkokbank.com/japanese

つまり、
Court Orderの取得等には200,000~300,000バーツの費用+当地の法律の専門家の費用が掛かるかと思います。

また、何か情報を収集しましたら、コメントさせて貰います。m(_ _)m

2016/02/25(木) 23:25 | URL | 太陽 #a0ggXqYY[ 編集]
太陽様
追加情報ありがとうございます!

初めて知る事ばかりで驚きの連続です。
タイのリタイア組ばかりでなく、タイ在住者全員が真剣に考えなければいけない事だと改めて感じました。
誰でもいつかは土塊に帰るのですが、中々その現実を直視して自分に当てはめられないのが、人間の弱さなんですかね。

タイのロングステイヤーが増えたのは、ここ10年20年位かと思います。
別の国では夫婦で移住も多いですが、タイではどういう訳か(笑)一人で来られる方が多いので、今後こういった問題が現実として散見される様になってくると思います。

ネオン街で吸い取られ、不動産で吸い取られ、死んでからもなお吸い取られる。
すごい国ですよねぇタイって。
私も再度気を引き締めて、タイ生活を送っていきたいと思います。

「毒を食らわば皿まで・・・・・」
ですかね(笑)
2016/02/26(金) 10:31 | URL | マシマシ #-[ 編集]
結構身近な問題だと私は感じています。お二人とも仕事関連の人ですが、2度、コンドーの管理人から呼ばれた事があります。「日本人が部屋で死んでるけど、故人の携帯からかけました。」と電話がありましたね。
お二人とも風呂場で亡くなられてました。
タイで日本人の死体を二回見たことになりますね。ちなみに、日本大使館は何もしてくれないので、亡くなられた方の会社に引き継いで、亡くなられた方の会社のタイ人のスタッフが色々と動いていました。
亡くなられた時に、もちろん警察を呼ばないとだめなのですが、それよりも先に故人の会社の上の方を呼んで、貴重品を預けたほうがいいですね。
故人の関係者の方が誰も来ないと、警察に貴重品など全部押収されるのですが、戻ってくる頃には現金がなくなっています。
2016/02/26(金) 12:19 | URL | kawasaki #mQop/nM.[ 編集]
遺産相続は父の時にかなりモメました。まだモメていると言っても過言ではないですが、本当に難しい問題です。

応援しておきました。ポチッ
2016/02/26(金) 12:26 | URL | 矢田@医療職兼業トレーダー #-[ 編集]
kawasaki様
貴重な体験談ありがとうございます。
>タイで二回
孤独死、日本国内だけでなく海外でも身近な問題なんですね。
>貴重品
これはもうタイの十八番と言ってもいいパターンですよね。
特に死んだ外国人のお金なんて、もう撮り放題。
我々日本人には「火事場泥棒」といった言葉もある様に、こういった行為を忌み嫌いますが、他国の人には関係ないんでしょうね。
銀行のお金だって、しばらく口座をほおっておくと、消えちゃったりする国ですから。
昔自分の知り合いも、よくやられてましたよ。(ほとんどが泣き寝入り)
最近は、こういう行内犯罪もニュースになる様になっただけ、タイも進歩?したんですかね(笑
2016/02/26(金) 17:29 | URL | マシマシ #-[ 編集]
矢田様
コメントありがとうございます。
こういった事案は、自分の身に降りかかって初めて、事の大変さに気づくのかもしれませんね。
>ポチッ
ありがとうございます。
2016/02/26(金) 17:30 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/183-487dad35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック