骨付き豚肉のクイッティアオ。こりゃあ旨いぜ!

ここでは、「骨付き豚肉のクイッティアオ。こりゃあ旨いぜ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.02.22 | 更新:2016.04.30
先日所用で、タイ南部の町チュンポン(チュムポーン若しくはチュンポーンと書く人も)へ行ってきた。

チュンポンって何処だよ?っていう質問も出てきそうだが、、、


タイ南部の町「チュンポン」[Chumphon]


タイ南部の、結構大きな町。

サムイ島・パンガン島・タオ島なんかにいく高速フェリーの出発地でもある。

地理的には、タイランド湾に面しており、ラノーンなどにビザランで行く人は、ここで西側に進路を取り、アンダマン側に抜ける交通の要所でもある。

しかし、特に名所等があるわけでもなく、ツーリストには素通りされる可哀想な町だ。


何故かそんな街まで出かけた俺は、用事を済ませて地元の奴と遅めの昼飯に。


地元民から絶大な人気のクイッティアオ店


お店の名前は「タピスット ヌードル」[Tha Phi Sut Noodle]

20160222_noodle_1.jpg
「タピスット ヌードル」[Tha Phi Sut Noodle]

タイの田舎によくある、掘立小屋に毛の生えた程度の店。

ランチ時には、地元民で激コミらしい。

俺達は確か2時位に行ったので、時間的には丁度良かった。


場所は、チュンポンの町はずれ。


場所はハッキリ言って、チュンポンの町からも外れた場末の場末。
(Google 座標 10.510866, 99.109887 )

足が無ければ絶対に行けない。

まあ、車で移動できる人限定だな。

2016.4.30. 追記:
現在お店は、道を挟んで反対側に移転しています。
骨付き豚肉の旨さには、全く衰え無し!
最近では、ムーサテーも人気商品。
新店舗 Google座標: 10.511400, 99.109769


20160430_shop_replacement_1.jpg

20160430_shop_replacement_2.jpg
新店舗外観


注文


取り敢えず、連れのお勧めを注文。

20160222_noodle_2.jpg
骨付きブタ肉のクイッティアオ トムヤム
60バーツ

20160222_noodle_3.jpg
シーフードのクイッティアオ トムヤム
50バーツ


両方とも、麺・スープ共に文句なく旨い。


特筆するのは、豚の骨付き肉だ。

じっくり煮込まれており、口の中でとろけていく!

あっと言う間に平らげたぜ。


これだけ旨けりゃ、はやるわけだ。

バンコクへ出店しても、十分勝負できるだろう。


バンコクのラーメン屋のチャーシューなんて、足元にも及ばない。


20160222_noodle_4.jpg

60バーツのクイッティアオ屋で これだけバカ旨の骨付き豚肉が出せるのに、なぜ バンコクの日本式ラーメン屋で出てくる豚(チャーシュー)は、しょぼい物ばかりなんだろう。

まあ、ここは田舎の店と言う事もあるだろうけど、それを差し引いてもあまりにも差がありすぎる。

バンコクで、こんな豚が乗っるラーメン屋があれば、週3訪問確定だよ。


チュンポンなんて、あまり行く機会もないだろうけど、次回も再訪は決定だ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/184-36c46cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック