プラチュアップキリカンでシーフド。静かな海辺で至福の一時が、、

ここでは、「プラチュアップキリカンでシーフド。静かな海辺で至福の一時が、、」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.02.24 | 更新:2016.02.24
先日、タイ南部の町チュンポンからの帰り道、丁度海の近くの道を走っていてシーフードが食いたくなった。

すぐ近くに、プラチュアップキリカン(プラチュワップキーリーカン)という海辺の町があったので、そこで店を探すことに。


プラチュアップキリカン [Prachuap Khiri Khan] はバンコクから南へ300キロ程の所にあり、さすがに観光客の姿もまばら。

やはり、バンコクから陸路近場のビーチリゾートとしては、パタヤ若しくは頑張ってもチャーム・ホアヒン辺りまでなんだろうか。


静かで雰囲気のいい海岸線


夕暮れ前には到着し、まずはビーチ沿いを流してみた。

パタヤやホアヒンの様にごみごみしておらず、砂浜にも人気(ひとけ)がほとんどない。

物凄く静かで落ちく いい所だ。


地元で評判のシーフードレストラン


地元で適当に聞いて回り、良さそうな店の情報をゲット。

早速車で向かう。


しかし、どういう訳か この日の俺には徹底的にツキが無かった。

まずは、お目当ての店に到着するも、まだ開店前の様だ。

20160223_Prachuap_1.jpg
店の前にはすでに当日の食材のカニが。

うまそー。

やっぱり地元情報は頼りになるぜ。


店の子に、何時に開店するか聞くと、

「今日は料理人が急病で、急遽お店は休みになりました。」

がぁ~ん


しょうがないので、その子に「どこか他にないか?」と聞いて、そこより少し北側ビーチ沿いの小奇麗なシーフードの店を教えてもらった。


「プローン サムット レストラン」 [Ploen Samut Restaurant]


(Google 座標 11.805253, 99.799024)

教えてもらった店は結構な大箱、道の角 ビーチ沿いの一等地にありにすぐにわかった。

20160223_Prachuap_2.jpg
「プローン サムット レストラン」 [Ploen Samut Restaurant]

店も綺麗で、海に沿ってテーブルが並んでいるので眺めもすごくいい。

早速、カキ、蒸し蟹、カニチャーハンなどなど、適当に頼む。


注文した料理が運ばれてきたが、、、


まつこと暫く、料理が運ばれてきた。

20160223_Prachuap_3.jpg
カキ
色つやも何だか、、、

20160223_Prachuap_4.jpg
蟹チャーハン
見た目は旨そうだが、まあ普通。

20160223_Prachuap_5.jpg
蒸し蟹
出てくるまで異常に時間がかかった。
その割には、甲羅の近辺は暖いが、足の方は何故か冷たかった。
身もスカスカで、鮮度の悪さが俺にもわかる。

周りを見ると、客は結構入っているが、タイ人は皆炒め料理類ばかり頼んでいる。


さっきも言ったが、この日の俺にはツキが無い。

嫌な感じはしたが、取り敢えず腹が減っていたので、ささっと食ってバンコクへの帰路に就いた。


帰りの道中も、何だか胃がムカムカする。

二郎で鍛えた俺の胃がだ!


やっぱり当たった。朝方に吐き気と下痢が。


ついてない時は、とことんついてない。

バンコクに着いて床に就き 翌日の朝方、案の定グーグーピーピー。

トイレに直行。

吐き気は有ったが、重度の下痢ではなかったので、何とか1日苦しんで回復した。


おそらくカニだろう。

生ガキだったら、こんなもんじゃ済まないからだ。


ついてないぜ、まったく。


次回は再訪問で仕切り直しだ!


今回食べた店は、サービスも悪くクソだった。


しかし、プラチュアップキリカン自体は、のどかでパタヤやホアヒンとは違った良さがある。

次回はぜひ、泊りがけで訪れてみたいと思う。


今回 臨時休業だったシーフードの店もぜひ行きたいので、近いうちに必ずリベンジだ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/185-0929ab93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック