テング熱・ジカ熱・マラリア、タイでの俺流「蚊」対策(薬品編)

ここでは、「テング熱・ジカ熱・マラリア、タイでの俺流「蚊」対策(薬品編)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.03.16 | 更新:2016.03.16
前回に引き続き、タイでの蚊対策について。

今回は タイでの蚊よけに関する薬品関係の話しを書いてみる。


虫よけスプレー(防虫スプレー)


まずは基本の虫よけスプレー(防虫スプレー)。

コンビニや薬局、いたるところで売っている。

20160316_mosquito_1.jpg
タイの虫よけスプレー(防虫スプレー)

このピンクの奴は一番出回っており、コンビニなどでも気軽に手に入る。

但し俺の感想としては、効き目は今一。


かといってベタベタ量を塗るのも嫌なんで、最近は赤ちゃん用のこれを使っている。

20160316_mosquito_2.jpg
ジョンソン クリアーローション アンチ モスキート
(Johnson’s baby clear lotion anti-mosquito)

タイでは良く汗をかくので、ぬぐってる時に誤って目などに入っても、他の物よりは安心そうだという、勝手な俺の思い込み。

これは、あまりコンビニでは見かけない。

街中やSC内のドラッグストアなんかには、だいたい置いてある。


タイはさすが蚊大国?だけあって、色々な種類が売っている。

天然系やディート(Deet)成分の少ないものなども、日本で買うよりかなり安い。

各自の体質に合ったものを見つけて使う様にしよう。


但し、何を塗っていても 結局刺されやすい人はある程度刺されるので、基本的には肌の露出の少ない服の着用を心掛けよう。


殺虫スプレー


タイでも勿論、殺虫スプレーも売っている。

20160316_mosquito_3.jpg
タイの殺虫スプレー

俺も一応 家にも常備はしているが、タイのこういった薬品類は、日本と違ってかなり強力な成分の物もあるので、よほどでない限りは使わない様にしている。


蚊取り線香や、電気カートリッジ式の殺虫(防虫)剤。


これは、仕方なく使う時も多い。

20160316_mosquito_5.jpg
日本の製薬会社の製品も売っている

だが、上記の殺虫スプレーと同じ理由で、屋外や出来るだけ風通しのいい部屋で使う様にし、締め切った室内では 絶対使わないようにしている。

なおかつ、長時間継続して使わない様にも注意している。

主成分である「ピレスロイド系」は、短時間で体内から排出されるので健康上問題は無いと言われているが、、、、、、



今回の、こういった薬品関係に関しては、俺の超個人的な感想で書いているので、実際使われる方は、あくまでも自己責任で。


次回は、タイでの俺の経験からくる、蚊対策の豆知識総集編だ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
テング熱・ジカ熱・マラリア、タイでの俺流「蚊」対策(電撃編)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/199-9bef6e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック