一時帰国の備忘録。買物(課税・免税)・データ通信・その他。

ここでは、「一時帰国の備忘録。買物(課税・免税)・データ通信・その他。」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.04.04 | 更新:2016.04.04
先週1週間は、3月の一時帰国関連のエントリーを集中してアップした。

今日は、今回の一時帰国での俺の備忘録を。


まずは買い物。

今回の一時帰国も、補給物資を色々買った。


生活雑貨


生活雑貨は、重い物もあり いちいち買いに行くのが面倒なので、全て「ヨドバシ.com」で注文。

一時帰国の買い物。免税利用以外は、このネット通販が安くてお勧め!(過去記事)

値段も ポイント還元を考えると、あえて市中の実店舗で免税購入する必要性を感じなかった。


家電


家電も3万円以下の物が多く、値段もヨドが頑張っていたので、免税にこだわらず一緒にネットで注文。

出発前に頼み忘れがあっても、日本で即日・翌日配達で対応してくれるので、相変わらず重宝する。

やはり、プライム会員でない俺には、アマゾンは使いづらい。


食料品


こちらは、免税適用の実店舗で出来るだけまとめ買い。

麺類、缶詰、レトルト食品からビン物、その他色々。

預け荷物重量に余裕があるので、缶詰などの重い物を少々多めに。


それにしても、どの店に行っても、免税カウンターにタイ人多すぎ!


関連過去記事
海外在住の日本人は日本での買い物が免税!知らなかったのは俺だけ?
海外在住の日本人は日本での買い物が免税!【続編】本当に得なのか?
一時帰国、日本国内での免税ショッピング。実際色々買ってみた。


データ通信 (AISのローミング)


日本での滞在日数が少なかったので、今回もAISのデータローミングを使った。

最近では、一時帰国で使用できる手頃なデータSIMも色々出ているが、SIMを差し替えると、現在使っている電話番号の一つが使用不能になってしまう。

短期滞在と言う事もあり、臨時SIM専用の電話機を用意したり ルーターを使うほど ネット依存ではないので、俺の場合 現状ではこの方法で不自由は無い。

データローミング申込みのコマンドは、出発前に電話で確認、前回と同じだった。
(以前も書いたが、このコマンドは毎回要確認!)

AISのコールセンターは、タイ国内から「1175」。

関連過去記事
【AIS】 日本での無制限データローミング。誰でも解る簡単設定!

以下、今回確認のコマンド。
  • 111*3389#   B375/1day
    (Soft Bank Only)

  • 111*3390#   B1017/3days
    (Soft Bank Only)


「あまおう」


この時期が旬の果物は、何といっても「あまおう」だ。

1月~4月が旬と言われている。

果物王国タイランドと言われているが、いちごに関しては、まだまだ日本には遠く及ばない。

しかし、タイのテレビ番組等で「あまおう」は頻繁に紹介されているので、「あまおう」という名前はタイ人にもよく知られている。

タイ人へのお土産にも、非常に喜ばれるこの一品だ。

日本の免税適用店舗で、「明朝の便で出国し、到着後すぐに食べる」などと説明すれば、一時帰国時に免税でも購入は可能。


しかし!

ネットで軽く調べてみると、どうも タイの関税法上の規制に引っかかる or もしくは手続きが非常に煩雑な様なので、お土産としてタイに持ち込む場合は、必ず事前に、関係各所でタイへの輸入の可否を調べ、可能な場合のみお土産として持ち帰る様にしよう。


荷物の総重量


今回のエアアジアはビジネスだったので、荷物は40kgまで無料だったが、何か大物を買わない限りは、せいぜい30kg位までで十分収まりそうだ。

いざとなったら、パソコンと別カバンで7キロまで機内に持ち込める訳だし。

今回も全部で29kgと、鞄2個で30kgいかなかった。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/207-837a4256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック