エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!

ここでは、「エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.04.05 | 更新:2016.04.05
ここ何回かの一時帰国では、エアアジアのバンコク-成田便 ビジネスクラス[Premium Flatbed] に往復乗ってみた。

日本での短期野暮用の為と言うのが理由の半分、後はお試し利用が半分だ。

一概どちらがいいとは言えないが、一長一短書いてみたいと思う。


チェックインの混雑


当たり前だがビジネスのチェックインカウンターはいつもガラガラ。

待つ事はほとんどない。


エコノミーの列は通常二つ、Webチェックイン済みとそれ以外。

その時の状況にもよるが、過去の経験上Webチェックインの方が、確率的には待ちが少ないが、それでも20人位並んでいる時もある。


補足:ドンムアンの場合、預け荷物が無い場合は、Webチェックイン済みで搭乗券の印刷があれば、エコノミーでもカウンターに寄らず直接出国審査へ。


ラウンジ


エアアジアはビジネスクラスのラウンジが無い。

カード会社のラウンジパス等がある人は、空港によっては自力利用。

ドンムアンはラウンジそのものが無い。

成田のカードラウンジはしょぼい。


優先搭乗


いつも思うんだが、優先搭乗って何のためにあるんだろう。

機内に入る時、並ばなくていいって言う程度かな。

レガシーのビジネスなら、機内に入ってシャンパンやジュースが出たりと、離陸前のサービスも色々有るが、エアアジアは水が1本出てくるだけ。

20151222_xj606_aura.jpg
無料の水

個人的には、人より先に、あの狭い機内に入りたいとは思わない。


目的地到着後、一番先に機外に出れる事の方は、色々とメリットは大きいと思う。


シート


エコノミーと比べると、これはもちろん文句なしの差。

20160405_seat.jpg
値段の差を感じるのはこれ位か。

但し、ここ数回の俺のパターンの様に、昼間の便では、シートをフルフラットにする事も全く無く、ありがたみは薄かった。

厚手の毛布を無料で貸してくれるので、夜便で寝る時には快適さが増す。


以前も書いたが、ビジネスクラスのこのシート、平行(FLAT) にはなるが180度水平になるわけではない。

微妙な傾斜が「ずり落ち感」を生み、個人的には好きになれない。


電源設備


20160407_aa_ac_2.jpg

取り敢えず電源設備はあるが、現在はPCや携帯のバッテリーの持ちも良くなってきている。

パワーバンク保持者も多い。

短距離及び中距離路線では、無いよりましと言った程度か。


機内食


ビジネスは1食無料で食べられる。

とはいっても、内容は エコノミーの有料食と一緒。

無料だからと言って、喜んで食う様なものじゃない。


因みに、何度もこのブログで書いているが、一番高額な 「弁当セット」(これも無料で選択可) はまずい。

20151222_xj606_bento.jpg
「弁当セット」

いわんや、金を払ってまで食う様なもんじゃない。


預け荷物 40kg 無料


これに関しては、人それぞれ。

一時帰国で目いっぱい買い物をする人や、スポーツ用品等を預ける人にはメリット大だろう。

俺の場合 ここ何回かの利用では、あまりこのメリットを生かし切れなかった。

特に大物を買わなかったので、毎回カバン2つで30kg位だったかな。


荷物の優先タグ(XPRESS BAG)


預け荷物には、優先タグ(XPRESS BAG)の札を付けてくれる。

20151005_xj606_1.jpg
優先タグ(XPRESS BAG)

到着後の荷物受け取りベルトでは、最優先で荷物が出てくる。


レガシーのビジネスでは、FやCの席数の多さやYでも上級会員には優先タグをつけるので、経験上タグがあっても結構待たされることが多い。

しかしエアアジアでは、ビジネスの席数そのものが少ないので、いつもあっと言う間に荷物が出てくる。

急いでいる人には、これは助かるだろう。


結論


結論から言うと、やはりシートの快適さ以外は、ほとんど大きな差は無い。

特にデイフライト(昼間の便)だと、シートをフラットにして寝る事も少ない。


まあ、チェックインや到着地での荷物のローディングが、エコノミーより早いのは助かるが。


そう考えると、倍以上の値段を出してビジネスに固執する必要はあまり無いかなというのが俺の印象。


あとは、通常の旅行では、行きより帰りの便の方が、疲れている時が多い。

しかもタイ在住者は、復路便(成田ーバンコク)の方が、1時間ほどフライト時間も長いので、賢い方は往路エコノミー・復路ビジネスという選択肢もあるだろう。

荷物に関しても、復路便の方が、買出し荷物等で重くなる人が多いだろう。


まあ、時々気分転換で使ったり、深夜便でどうしても快適に寝たい時なんかに、たまに使ってみるのもいいかな と言うのが、今回の俺 の率直な感想だ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
XJ606 ドンムアンー成田 ビジネスクラス (PREMIUM FLATBED) (2015.10.5_エントリー)
XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED) (2015.10.7_エントリー)
エアアジア XJ606 [DMK-NRT] ビジネスクラス(2015年12月)
エアアジア XJ601[NRT-DMK] ビジネスクラス(2015年12月)
エアアジア XJ606 (C) ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年3月利用)
エアアジア XJ601 (C) 成田-ドンムアン[NRT-DMK](2016年3月利用)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/211-81d3075c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック