今年のソンクラーン最大の見所 明日はタイ人の民度がわかる一日だ!

ここでは、「今年のソンクラーン最大の見所 明日はタイ人の民度がわかる一日だ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.04.12 | 更新:2016.04.13
日本は、今年のゴールデンウークは大型連休。

しかし、それを前倒しして、ソンクラーンに訪タイする人も多いだろう。


通常であれば、水鉄砲やバケツで水をかけあう楽しい行事。

20160412_songkran_1.jpg
ローカルのスーパーでも販売に余念がない。


しかし今年はちょっと状況が違う。


今年のタイは深刻な水不足


今年の水不足はかなり深刻。

田舎の方では、シャワーも浴びれない地域もあるらしい。

農作物の被害も甚大だ。


政府系のTVコマーシャルも、今年のソンクラーンは出来るだけ派手な事は避け、自粛ムードで行うよう 協力を呼び掛けている。


本来のソンクラーン(タイの正月)


昔から続く本来のソンクラーンは、小さな容器に水を入れ、仏像や目上の人の手にそっと水をかけるのが作法。

特別な場所に行かなくても、近場のデパートやスーパーにも 下の写真の様なコーナーが設置されるので、観光客の方でも気軽に体験できる。

20160412_songkran_2.jpg
小さな容器で水をすくい、そっとかける。

チャンスがあれば、ぜひやってみよう。


今の様に、派手に水をかけ合うお祭り騒ぎに変わったのは、近年になってからの事だ。


そうはいっても・・・


そうはいっても、大人から子供まで、はては それを目当てに来る外国人観光客なども、ソンクラーンを楽しみにしている人は大勢いる。

しかも、観光収入の依存度が高い国だけに、それ目当てでくる観光客用には ある程度目をつぶらざるを得ない部分もあるだろう。

タイと言う階級社会の底辺で暮らす タイ人の人達にとっても、一年に一回のエアー抜きみたいな行事である事も確かだ。



さて、明日は例年通りのバカ騒ぎが各地で繰り広げられるのか?

若しくは、今の水不足の状況を憂慮し、自粛ムードのソンクラーンとなるのか?


「我慢」 と言う言葉が嫌いなタイ人。

「ほどほど」 と言う物の考え方が出来ないタイ人。

明日は、タイ人の民度や本質が はっきりわかる一日になるだろう (笑)


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/225-b4004001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック