俺が3桁食ったカオマンガイ 「ラック カファエ」[Rak kafae]

ここでは、「俺が3桁食ったカオマンガイ 「ラック カファエ」[Rak kafae]」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.04.22 | 更新:2016.04.22
暑い暑いバンコク。

もう50m以上の移動は、絶対に車かバイタクだ。

完全にタイ人化した俺。(笑)


どうしても冷房の効いた場所に自然と足が向いてしまう。

ラーメン屋も、ちょっと足が遠のく今日この頃。

ヘタレになったなぁ。


ラーメンが若干疎遠になっている今日この頃、今回は珍しくカオマンガイのエントリーを。

珍しくとはいっても、以前も書いたが、俺は3日と開けずにカオマンガイを食う、カオマンガイ大好き人間だ。


今回は、タイで間違えなく 俺が3桁食っているカオマンガイ屋を紹介する。

「ピンクの・・」「緑の・・」「サパーンクワイの・・」などなど、

残念ながら全部ハズレだ。

こういった有名店は、先人たちが星の数程レポートしてくれているので、俺としては、まあ暇が出来た時にでも書けばいいやと言った感じ。


今回紹介するお店の場所は、サイアムパラゴンのフードコート!

「おいおい ふざけるなよ」と思った人はここまでで(笑)


名店を集めた、パラゴンのフードコート


サイアムパラゴンのフードコートは、開店当初から 美味しい店を引っ張ってきてテナントに入れているので、味には定評がある。

手軽に庶民の味を堪能できる場所としては、ターミナル21のフードコートと実力を二分している。

まあ、値段的にはターミナル21の異常とも言える激安値段には及ばないが。


カオマンガイ屋は2軒ある


ここのフードコートには、カオマンガイのテナントが2軒ある。

店構えは全く同じなので、注意が必要だ。


並んでいるブースに向かって左の方、スーパーに近い方が、「コー ヘン」 [Ko Heng]。

20160422_kaomangai_1.jpg
メニューに英語での店名表記は無い。


もう一軒は向かって右側、出口に近い方、店名 「ラック カファエ」 [Rak Kafae]

20160422_kaomangai_2.jpg
メニューボード左上に英語表記の店名あり

迷ったら、これで判断しよう。


今回 俺がお勧めするのは後者の方だ。

前者の方は、盛り付けのバランスが悪く、鶏肉が乾いている事も多い。

まあ、ハッキリ言えば旨くない。

とは言え、初めの頃は同じ店だと思って、何回も食っていたマヌケな俺。

その俺の経験上からいっても、「コー ヘン」はお勧めできない。


店名 「ラック カファエ」 [Rak Kafae]


店名は何て読むのかな?

取り敢えず「ラック カファエ」としておこう。

20160422_kaomangai_3.jpg
「ラック カファエ」[Rak Kafae]

まずこの店でのキーポイントは、何と言っても鶏をさばいている女の子。

少々小太りで、パンダみたいな顔をしている。

俺の記憶が確かなら、少なくとも7-8年前からは ここで働いている。


昔は、ただの可愛い小太りな女の子だったが、最近は少し貫禄も出てきた。

実はこのネーちゃんが凄腕!


俺が3桁食ったカオマンガイ



20160422_kaomangai_4.jpg
カオマンガイ 80バーツ
(Rabbit Cardの支払いで70バーツ)


特定の部位に偏らない絶妙なバランスの盛り付け。

あまり大量に切り置きもしないので、写真でもわかる様に 肉も乾いておらず見るからにジューシーだ。


スープも、変な調味料の味が立つ事も無くまろやか。


つけタレも、非常に旨い。

タレ自体にも おろした生姜などは混ざっているが、それとは別に、角切り生姜・青唐辛子等が別々においてあるので、外国人にも味を調整しやすい。


ご飯の量はちょっと少ないが、そこは場所柄仕方がない。


とにかく、いつ行っても安定した味でブレが無い。

これは、鶏を切り分け盛り付ける、彼女の腕によるところが非常に大きい。


妥当な値段


値段に関しては、パラゴンのフードコートも昔は安かったんだが、あの最低賃金B300辺りから、じわじわと上がってきてしまった感じがする。

こればっかりは世の流れ、お店には罪はない。


現在は定価 80バーツ、ラビットカードでの支払いで10バーツ引きのB70だ。

20160422_kaomangai_5.jpg
ラビットカードの割引ポップ

ラビットカードを持っている人は、フードコートのカード購入は不要だ

20160422_kaomangai_6.jpg
このカードは購入不要!

直接、各ブースで「Rabbit Card」で支払いを。


カオマンガイと言えば、普段は屋台に毛の生えた様な店で、排ガスにまみれながら30~40バーツ位で食べるのがほとんどな俺だが、ここはいつも安定して旨いんで、値上がり傾向にある現在でも、足蹴く通う店の一つだ。


足が無い旅行者の人なんかも、バンコクで下手にタクシーを使って、土地勘が無い店を探して行くよりも、サイアムパラゴンであればBTSで降りて目の前。

いわんやこの暑さの中を、店を探して外をウロウロなんて最悪だ。

ここなら、初心者でも 迷う事も無く簡単に行ける。

次回の訪タイ時には、ぜひ行ってみてくれ!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
イサーンの田舎町で 地鶏のカオマンガイ。何とこれが驚愕の旨さ!
特典多数!「BTSのラビットカード」。飲食店の割引やポイントも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/226-4e13cc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック