ドンムアン空港のリムジンバスが、遂にシーロム・ラチャダムリへ!

ここでは、「ドンムアン空港のリムジンバスが、遂にシーロム・ラチャダムリへ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.04.25 | 更新:2016.07.09
以前、ドンムアン空港から市内への移動手段のエントリーで、150バーツの WiFi 付きリムジンバス(リモバス[Limo Bus])を紹介した。

大混雑のドンムアン到着!市内移動の選択肢。(2015年12月) (過去記事)


正式名称は「エアポート リモバス エクスプレス」


ホームページを見ると、正式には「エアポート リモバス エクスプレス」 [Airport LimoBus Express] となっているが、長ったらしいし判りづらいので 今回ここでは判り易く「リムジンバス」とする。

まあ、そのうち通称「ドンムアンのリモバス」なんて言い方で定着するとは思うけど。

Airport LimoBus Express (外部リンク 音が出ます)


スタート当初は目的地がカオサンとルンピニだったが、いつの間にかルンピニ行きがなくなっていた。

但し、上記のホームページは昔のまま。

その辺はやっぱりタイランド。


新ルートは「ドンムアン - シーロム・ラチャダムリ」


カオサンルートはそのままだが、いつのまにかルンピニ行きのルートがシーロム[Silom]・ラチャダムリ[Ratchadamri]行きに変更になっていた。

20160425_limobus_1.jpg
新ルート(右側)

カウンターにあったパンフレットにはプルンチット[Ploenchit]・パトナム[Pratunam]の文字もあるが、尋ねたら現在は行ってないとの事。

20160425_limobus_2.jpg
パンフレット・時刻表

以前は、「ルンピニなんかで降ろされてもしょうがねーだろ」と思っていたが、この変更で旅行者の利便性は格段に上がるだろう。


特にメリットのあるエリア


シーロムからは、シーロム・スリウォン・サラデーン・サートンエリアなど。
ラチャダムリだとラチャダムリ通りやランスワン近辺の宿をとる人には非常に便利になる。


上記のエリアであれば、降車後タクシーを使わなくてもホテルまで徒歩で行けるパターンも多くなるので、余計なタクシー代を使わずに済む。

荷物が少なければ、降りてすぐBTSやMRTに乗り換える事も可能だ。


注意事項


但しここはアメージングタイランド、特にドンムアン空港関係は 現在全てにおいて試行錯誤 迷走中なので、予期せぬ変更も多い。

必ずプランBも用意して、旅行の段取りを組む様にしよう。


因みに今回の情報は、先週末 友人を迎えにドンムアン空港へ行った時に確認したものだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事:上記施設の場所がフロアガイドに記されています
ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)
コメント
この記事へのコメント
めっちゃ助かります!
2017/04/13(木) 12:23 | URL | ちゃさおたん #GUQc0Tts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/228-a6027047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック