チェンライ レンタルバイクの相場と注意点

ここでは、「チェンライ レンタルバイクの相場と注意点」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.06.10 | 更新:2016.08.31
前回は、タイ全土で通用する、一般的なレンタルバイクの実情を書かせてもらった。

今日は具体的に、今回のチェンライ旅行でバイクを借りた時の話しを。


チェンライ レンタルバイクの相場


チェンライは、ビーチリゾートなどに比べると、レンタル料が若干高く感じた。

大体200バーツから250バーツの価格を表示する店がほとんどだった。

需要が少ないからか、もしくは店が少なく競争原理があまり働いていないからなのか、その辺は不明。


安いレンタルバイク屋


俺が色々見た中で、一番安い表示があったのは下記の店

20160610_cei_bikerent_1.jpg

お店の場所
(Google 座標 19.906323, 99.833343 )

奥の方に置いてあるバイクは、一日150バーツと表示されていた。


今回 俺のレンタルバイク


俺の場合は、上記の店が 宿から少し遠かったので、別の店でレンタルを。


表示は1日200バーツだった。

パスポートが無かったので、デポジット3000バーツ。

デポジットの3000バーツは、俺の経験上かなり安い。

田舎の人だから、のんびりしているんだろうか。(笑)


俺の場合、他の地域でデポジット無しで借りている店もあるが、そういう店は過去何度も実績があり常連なので特例だ。


レンタル料金も 「安くしてよぉ」 とお願いし、1日170バーツ(お店のおばちゃんの言い値)。

デポジットも安かったので、それ以上値切らなかった。


チェンライでバイクレンタル時の注意点


チェンライやチェンマイでバイクを借りる場合、他の観光地(パタヤ・プーケット・離島など)に比べると、明らかに異なる点がある。

それは行動範囲だ。

北部の場合、有名観光地等は市街地からも かなり離れている所が多く、標高の高い場所も多い。

そこで、バイクで遠出をする場合、下記の2点に関しては特に注意する様にしよう

車両のコンディション

コンディションの悪いバイクだと、悪路や急勾配の道路で、えらい目に合う事になる。

今回俺の行動範囲は、チェンライ市内でブラブラだけだったが、あまりコンディションのいいバイクとは言えず、少し表の国道に出て走ったりするだけでも、かなり危険を感じる事が多かった。

北部でバイクをレンタルし、長距離走行の予定がある人は、レンタルの金額よりもバイクのコンディションを最優先で借りる様にしよう。

ガソリン

タイの田舎 特に山の方は、意外とガソリンスタンドが少ない。

遠出をする時は、必ずガソリンを満タンにして出発だ。


最後に返却


返却日の朝 店に行くと、オープンはしているが 店には誰もいない。

30分位して再度行くも まだいない。

3回目に行って、やっとおばちゃん登場、返却できた。

前回のエントリーでは、「必ず店の人の携帯番号を聞いておく様に」などと偉そうに書いていた俺だが、この時はデポジットの控えの紙まで無くしてしまっており、完全にタイ人化していた。

俺はちょっとあせったが、はやっぱり田舎の人は、すべてにおいてのんびりだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ



チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月) 関連記事
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
タイ国内線の航空券 「エアアジア」と「ライオンエアー」
BTSモーチットからドンムアンへ A1バス 必ず座れる裏技!
ドンムアン 空港近くのホテルに前泊 ハッキリ言ってお勧めしない
ドンムアン空港 唯一「緑の丼マーク」 ダックヌードル
ドンムアン空港 タイ国内線利用の流れ
チェンライ空港 空港から市内への移動方法
タイ国内でのレンタルバイク その手順と注意事項を徹底解説!

結局 チェンライってどんな所? 5分でわかるチェンライ

チェンライからチェンマイへバス移動 「グリーンバス VIP」

チェンマイ バスターミナルから市内への移動 行き方
チェンマイでバイクを借りる レンタル料金が安い店
チェンマイ ホテル選びのコツと手順
チェンマイでの宿泊 アパートという選択肢(1週間以上の場合)
結局 チェンマイってどんな所? 5分でわかるチェンマイ
タイライオンエアー チェンマイから バンコク ドンムアンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/258-bf2eb55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック