結局 チェンライってどんな所? 5分でわかるチェンライ

ここでは、「結局 チェンライってどんな所? 5分でわかるチェンライ」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.06.13 | 更新:2016.08.31
20160613_cei_clocktower.jpg

チェンライに到着し、足の確保(バイクのレンタル)も済んだ俺。

あとは、ゆっくりするだけだ。


チェンライの街中


チェンライの街中は、ハッキリ言って何もない。

バイクがあれば、町の中心部から10分程度で何処にでも行けてしまう小さな町だ。

街の中心部にバスターミナル があるので、土地勘が無い人は、そこだけ最低限頭に入れておけばいいだろう。

現在の仮設バス乗り場
(場所 google座標: 19.904947, 99.834184 )

工事中の新バスターミナル
(場所 google座標: 19.904665, 99.834478 )


チェンマイの様に醜い渋滞は無く、落ち着いた雰囲気。

街自体も綺麗で、イサーンなどの砂漠化一歩手前の様な田舎町と比べると、はるかに快適。

ストレス無く滞在できる。


ホテル ゲストハウス


宿に関しては、旅のスタイルによって人それぞれ。

ロケーションとしては、市内のバスターミナルと時計台、両方に歩いて行ける位の範囲に宿泊すると、何かと便利でお勧めだ。

値段は、他の観光都市に比べると安いと思う。


街中の移動


20160613_cei_sonteu.jpg

移動は主にソンテウ・トゥクトゥク。

流しのタクシーは、あまり走っていない。


自分で回る場合は「徒歩」「自転車」「バイク」。

街が小さいので、チャリでも十分回れるが、酷暑と雨の時はツライ。


食事


俺はずっとタイ飯ばかりだった。

中華系が多いからか、中々旨い店も多かった。


市内の観光ポイント


細かい観光名所は、ガイドブック等に譲るとしよう。

まあ一言でいえば、市内で大した見所は無い。

しいてあげると、、、、、

時計台

(場所 google座標:19.907166, 99.830957 )

夜は、一定時間ごとに、5分位 音楽と共にライトアップされ、中々綺麗だ。

20160613_cei_clocktower_night_1.jpg

20160613_cei_clocktower_night_2.jpg

これは見といていいと思う。

ライトアップの時間は決まっているので、その都度現地で確認。
(俺が行った時は、19, 20, 21 時だった。)


上記時計台の、道路2本ほど北の交差点に、普通の時計台もある。

(場所 google座標:19.910306, 99.830549 )

20160613_cei_clocktower_b.jpg
可哀想だから、暇な人は見てあげよう。

ナイトバザール

(場所 google座標:19.904983, 99.833112 )

市内バスターミナルの近くのナイトバザール

20160613_cei_night bazzar
かなりしょぼい。

タイ初心者向け?


サタデー・サンデーマーケットの方がデカい。

Saturday Market
(場所 google座標:19.908984, 99.835138 )

Sunday Market
(場所 google座標:19.901113, 99.821213 )


お寺

市内にも何カ所かあるが、まあ個人の興味次第。


「ワット・ロンクン」(ホワイトテンプル)

(場所 google座標:19.824363, 99.763091 )

チェンライの近郊で有名なのは、市街の少し離れた所にある「ワット・ロンクン」(ホワイトテンプル)位か。

レンタルバイクで気軽に行ける。


それ以外の殆んどの風光明媚な観光地は、町からかなり離れている。

チェンライの町自体は、周辺観光地を回る際の拠点として考えるのがいいだろう。


郊外観光地の回り方


チェンライ郊外には、素晴らしい自然が沢山あり、俺的には かなりお勧めだ。

俺も過去には 何度も行っているが、機会があればまた 再訪したいと思う所が多い。


普通の観光客の方は、近場であればレンタルバイクで、遠い所は現地の旅行会社のツアーなんかで行くのが簡単かもしれない。

本来であれば、車の自走での移動が、自由度も高く色々な所を回れるのでお勧めだが、観光客にはあまり一般的ではないかな。


それでも自分で運転して、あちこち見てみたいと言うチャレンジャーは、チェンライの空港や市内でレンタカーを借りて、色々な所を回ってみよう。

今は、携帯のナビ機能も かなり精度が上がっているし、タイ自体も 山奥でも電波の届く所が多い。

山道の走行が多くはなるが、「プーチーファー」や「パータン」方面など、素晴らしい自然を満喫できる事は保証する。
(特に乾季の冬)


残念ながら今回の俺は のんびり旅行なので、近隣の観光地は一切行かなかった。

詳しい事は、ガイドブックやインターネットに山ほど出ているので、そちらを参照していただきたい。


チェンライ街中の商業施設


市内で商業施設と呼べるのは、セントラルデパート(センタン)位か。
(場所 google座標:19.886548, 99.833145 )

20160613_cei_central.jpg
「セントラル・プラザ」 [Centrai plaza]


大型スーパーは「Big C」が、センタンの国道を挟んで はす向かいにある。
(場所 google座標:19.888436, 99.837771 )

セブンイレブンは街中にちらほら。

まあ、バンコクなどの都心で馴染みのある店は こんな感じか。


夜の部


夜の部に関しては、以前にぎやかだった通りは現在壊滅状態。

言われなければ、通り過ぎてしまうほど。


チェンライ街中での過ごし方


まあ、ハッキリ言って何もない田舎町。

都会の生活に慣れた人には、街中だけだと時間を持て余すだろう。

俺の様に、ぼけーっとして過ごすことが出来るダメ人間以外は、街中での長期滞在は難しいと思う。

因みに今回の俺の過ごし方は、、、

まずは朝

バイクは借りてあるが、朝は涼しいので歩いて朝飯を食いに行った。

宿でも簡単な朝飯は付いていたが、せっかくなので、毎日街中でローカル飯を食べていた。


その後は、本当にやることなし。

ゴロゴロしたり、ぼけーっとしたり。

昼・午後

昼飯は市内で適当に。

暑いので、バイクで移動。


その後は食後のコーヒータイム。

街中に冷房の効いたカフェはあまりないので、午後はセントラルデパート(センタン)へ行き、冷房の効いたカフェでまったり。


その後宿に戻り、またしても、ゴロゴロしたり、ぼけーっとしたり。

夕方・夜

日が暮れる頃に軽く一杯ひっかけて、近所で晩飯。


あとは宿に戻って、ネットで日本のテレビを見たりしてまったり過ごす。

ほどなく眠気が襲ってきて、自然と就寝。zzzzz


これで一日が終了だ。(笑)


普通の人にはクソ面白くも無い一日だろうが、5月の大型連休(ゴールデンウイーク)で身も心もボロボロの俺には、心休まる至福の時だった。


チェンライで、そんなまったりとした休日を過ごした俺、その後バンコクに戻ると思いきや、突然予定を変更し、チェンマイへ行く事に!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ



チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月) 関連記事
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
タイ国内線の航空券 「エアアジア」と「ライオンエアー」
BTSモーチットからドンムアンへ A1バス 必ず座れる裏技!
ドンムアン 空港近くのホテルに前泊 ハッキリ言ってお勧めしない
ドンムアン空港 唯一「緑の丼マーク」 ダックヌードル
ドンムアン空港 タイ国内線利用の流れ
チェンライ空港 空港から市内への移動方法
タイ国内でのレンタルバイク その手順と注意事項を徹底解説!
チェンライ レンタルバイクの相場と注意点


チェンライからチェンマイへバス移動 「グリーンバス VIP」

チェンマイ バスターミナルから市内への移動 行き方
チェンマイでバイクを借りる レンタル料金が安い店
チェンマイ ホテル選びのコツと手順
チェンマイでの宿泊 アパートという選択肢(1週間以上の場合)
結局 チェンマイってどんな所? 5分でわかるチェンマイ
タイライオンエアー チェンマイから バンコク ドンムアンへ
コメント
この記事へのコメント
いくつか記事拝見しました。ただいま、チェンライから帰りのグリーンバスですがチケット事前購入や地味に席の情報など有り難かったです。
そして、所々面白いです
またお世話になります。引き続き宜しくお願いします。
2017/05/09(火) 12:23 | URL | A #-[ 編集]
A 様
コメントありがとうございます。
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
今年もすでに何度か北部を訪れているので、今月か来月位には、追加情報や新情報の記事などをアップしたいと思っています。
暫くして忘れた頃にでも、のぞきに来ていただければと思います。
2017/05/10(水) 12:24 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/261-486ffdfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック