チェンマイ バスターミナルから市内への移動 行き方

ここでは、「チェンマイ バスターミナルから市内への移動 行き方」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.06.15 | 更新:2016.08.31
さて、チェンライをバスで出発し、ほぼラッシュ時にチェンマイバスターミナル(google座標 18.800972, 99.017296 )に到着した俺。

相変わらず、宿までの行き方も全く考えていなかった。


市内への移動の選択肢


ターミナルを見渡すと、選択肢は3つ程ある様だ。

  1. タクシー

  2. ソンテウ

  3. トゥクトゥク


目的地は、旧市街からドイインタノーン方面へ向かう「ファイケーオ」と言う通り近くにあるホテル。

所用時間も相場もわからないので、まずはタクシーと交渉。

タクシー


手始めに、出入り口付近に待機していたタクシーと交渉。

目的地を告げると、「180バーツ」との事。

値段交渉をするも、値引きなし。

まあ、相場を確認する意味もあったので、まずはパス。


しかし、外はすでに大渋滞。

悠長に交渉している時間は無い。

次はすぐ近くのトゥクトゥクに。

トゥクトゥク


トゥクトゥクの兄ちゃん、ホテルまで「150バーツ」との事。

もう面倒だったので、言い値でオッケーした「ボラレのマシマシ」。


渋滞時は、タクシーよりトゥクトゥクがお勧め。


実は、タクシーには乗らずにトゥクトゥクにしたのには、もう一つ訳がある。


値段交渉?(交渉してないけど・・・)成立後、初めは市の中心に向かって走っていたトゥクトゥク。

逆車線なども果敢に走り進もうとしたが、渋滞が激しく 中々全く進まない。

するとトゥクトゥク兄ちゃん、渋滞の車列の中 小回りを利かせて突然 無理やりユーターン、市の中心部とは全く逆に走り始た。

そして、チェンマイの外環(スーパーハイウエイ)を走って、大きく街を回り込み宿まで行ってくれた。


こういう時タイでは、交通法規を多少逸脱してもテキパキ走ってくれるトゥクトゥクの方が、タクシーなどより時間がかからず重宝する。

これは、チェンマイだけでなく、他の都市でも同様だ。

最近都心部では めっきり台数の減ってきているトゥクトゥクだが、荷物があって道路は渋滞、出来るだけ早くつきたいなんて時は、タイではトゥクトゥクがお勧めだ。


あっと言う間にホテルに到着。結果的には納得の値段。


バスターミナルを出てから、15分位でファイケーオ通り近くのホテルに到着。

あのままチェンマイ中心部を通過するルートを通っていたら、30分以上は余計にかかっただろう。

ものの15分で150バーツはちょっと微妙な値段だが、夕方のラッシュ時に 機転を利かせ 短時間で到着してくれたので、多少ボラレたとしても納得だった。


ソンテウでの移動


今回は、到着が夕方のラッシュ時にかかる時間だったので、ソンテウは交渉しなかった。

しかしながらチェンマイでは、ソンテウが最もメジャーな移動手段なので、安くあげたい人は、バスターミナルからソンテウでの移動が、安上がりだと思う。


さてと、やっとチェンマイに到着した俺、チェンライ同様 まずは足の確保(レンタルバイク)だ。

次回は、チェンマイのレンタルバイク事情に関して。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ



チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月) 関連記事
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
タイ国内線の航空券 「エアアジア」と「ライオンエアー」
BTSモーチットからドンムアンへ A1バス 必ず座れる裏技!
ドンムアン 空港近くのホテルに前泊 ハッキリ言ってお勧めしない
ドンムアン空港 唯一「緑の丼マーク」 ダックヌードル
ドンムアン空港 タイ国内線利用の流れ
チェンライ空港 空港から市内への移動方法
タイ国内でのレンタルバイク その手順と注意事項を徹底解説!
チェンライ レンタルバイクの相場と注意点
結局 チェンライってどんな所? 5分でわかるチェンライ

チェンライからチェンマイへバス移動 「グリーンバス VIP」


チェンマイでバイクを借りる レンタル料金が安い店
チェンマイ ホテル選びのコツと手順
チェンマイでの宿泊 アパートという選択肢(1週間以上の場合)
結局 チェンマイってどんな所? 5分でわかるチェンマイ
タイライオンエアー チェンマイから バンコク ドンムアンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/263-d82f4e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック