コクゾウムシ 対策と駆除方法 その後お米は食べても大丈夫か?

ここでは、「コクゾウムシ 対策と駆除方法 その後お米は食べても大丈夫か?」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.06.27 | 更新:2016.06.27
以前、常温で保管していたタイ産日本米に、コクゾウムシが発生した記事を書いた。

俺の大切な日本米にコクゾウムシが! 涙、涙、涙、・・・

今日は、その続報を。


注意:食事中の方は読まない様に!


コクゾウムシ観察日記


まずはコクゾウムシ発生後、しばらくはそのまま放置して、どれくらい増えるのか観察してみた。


すると1ヶ月程で驚くほどに増殖。

20160627_kokuzoumushi_1.jpg
前にも増してゴマ塩状態に。


駆除方法の検討


前回読者の方から「きれいに水洗いして黒いものを洗い流せば普通に食べられますよ」と教えて頂いた。

しかしここは仏教の国タイランド、一か月も発育を見守り 愛着もでてきてしまい、いきなり水攻めはちょっと可哀想になってしまった。(笑)


そこで、前回同時に、唐辛子をコメの中に入れる事で コクゾウムシが予防出来る事を教えて頂いていたので、それを応用する事に。

予防が出来るのなら、駆除も可能では?

と言うのが俺の計画だ。


特にタイの場合、唐辛子は何処にでもあるので非常に簡単 お手軽だ。


コクゾウムシの逃げ道を作成


まずは袋に少し切れ目を入れ穴を作る。

袋の奥に唐辛子を入れ、作った穴からからコクゾウムシを外に誘導する作戦。

ここまではいいとして、問題は何処でこれをやるかだ。


部屋の中でやれば、逃げ出したコクゾウムシが、部屋中に飛散する事に。

しかし 外でやると、今度はアリが入ってきたり、鳥がやってきたりする。


考えた末、コメの袋より大きなジップロックの中で、コクゾウムシ追い出し作戦を実行する事に。


手順


  1. まずは、コメの入っている袋に、ちょっけい2-3センチ位の穴を作る
    20160627_kokuzoumushi_2.jpg

  2. その穴から唐辛子を何本か入れ、奥の方まで突っ込む。
    20160627_kokuzoumushi_3.jpg

  3. その状態で、大き目のジップロック(具体的にはジップロック「大」を使用)に入れ、密封する。


こんな感じで、追い出し作戦を実施した。


唐辛子の効果


唐辛子の効果は絶大だった。

急にコクゾウムシの活動が活発になり、逃げ道の穴からジップロックの隅の方に次から次へと出てくる。

20160627_kokuzoumushi_4.jpg
隅の方へ集まるコクゾウムシ

一時間に一度くらい、出てきたコクゾウムシを表でリリース。

これを5-6回繰り返すと、かなりのコクゾウムシがいなくなった。


しかし、まだ 粘っているのか 出口が見つからないのかは不明だが、出て来ないコクゾウムシも若干いる。

そこで再度、ジップロックを密閉した状態で1週間程放置する事に。


最終的にはほぼ全滅


唐辛子を入れて放置する事 約1週間。

中のコクゾウムシは、ほぼ全滅。

殆んどのコクゾウムシは、コメの袋の中やジップロックの袋の隅で死んでいた。

20160627_kokuzoumushi_5.jpg
コメの袋の隅にたまった、コクゾウムシの死骸と もみ殻?。

唐辛子の威力は、相当強力な様だ。


最後に 死骸ともみ殻の除去


唐辛子を入れて何回もかき混ぜたせいか、若しくは、コクゾウムシが餌として食べていたからか、コメの袋の下の方に、コクゾウムシの死骸と共に、結構な量の「もみ殻?」「コクゾウムシの糞?」「コクゾウムシの食べたコメのかす?」、がたまっていた。

取り敢えずは何かわからないんので、ここでは「もみ殻」としておこう。


そこで最後に、コメを袋からザルに移し、もみ殻と残ったコクゾウムシの死骸をふるいにかけた。

20160627_kokuzoumushi_6.jpg
ふるい落とされた死骸ともみ殻


最後の仕上げ


最終的に、綺麗になったお米を、新しいジップロックに入れ、唐辛子を何本か入れて完成。

20160627_kokuzoumushi_7.jpg
完成品はこちら!


その後 食べても大丈夫か?


駆除完了後のお米だが、色々調べると 食べても 全く問題はない様だ。

しかし、実際の経験をメインで綴るのが 俺のブログ。

その後 体をはって食べてみた!


ザルで完全に除去しきれなかったコクゾウムシが、ほんの少し残っていたが、読者の方から教えて頂いた様に、洗米中に水にプカプカ浮いてくるので、それを流せばきれいさっぱりいなくなる。

通常通りに炊いて食べてみたが、味の変化も全くなく 美味しくいただけた。

すでに半分以上を食べ終えたが、体にも何の影響もないので、問題は無いと考えていいだろう。


前回情報をいただきました、半隠遁様、kawasaki様、ありがとうございました!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
自己犠牲的(^▽^)実験報告をありがとうございました。
赤唐辛子、効きますね(^_^;
2016/06/27(月) 19:35 | URL | 半隠遁 #-[ 編集]
半隠遁様
おかげさまで、日本人として 大事なお米を捨てずにすみました。
ありがとうございました。
2016/06/27(月) 21:22 | URL | マシマシ #-[ 編集]
お疲れ様でした。
色々と調べると、コクゾウムシを間違って食べてしまっても特に害はないようです(笑
決してフリ、ではありませんよ(笑
2016/06/28(火) 17:52 | URL | kawasaki #195Lvy4Y[ 編集]
kawasaki様
新たなネタフリありがとうございます。

残念ながら当方、プーパラーや よくある虫の佃煮みたいなやつも、全く食べれないヘタレです。
「話しはデカいがキモは小さい」を、地で行く様な小心者。
笑ってやってください。
2016/06/28(火) 19:04 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/273-ff9c28d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック