エアアジア XJ607 成田-バンコク [夜便] (2016年6月利用)

ここでは、「エアアジア XJ607 成田-バンコク [夜便] (2016年6月利用)」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.07.07 | 更新:2016.07.09
さて 今回の一時帰国、バンコクへの戻り便もエアアジア [NRT-DMK]。

今回は、夜便を選択してみた。


スケジュールは、「成田発 20:15 - バンコク着 00:55(+)」だ。

バンコク ドンムアン空港には、日付が変わって深夜 00:55の到着予定。

ちょっと到着時間が遅いのが気になるが、LCCなんで まあこんなもんだろう。


Webチェックイン


バンコク出発前に、Webチェックインは済ませてある。

今回は、復路(成田-バンコク)分の2Dバーコードが送られてこなかったので、面倒なので旅程評も搭乗券も印刷しなかった。

エアアジアのWebチェックイン。ドンムアン空港からの出国。


Webチェックイン後の、預け荷物重量の追加購入。


日本に行くと いつもそうだが、あれもこれも欲しくなる。

最終的には補給物資の買い出しで、荷物の重量が20kgをオーバーすることが判明。

色々と、機内持ち込みのカバンに分散するも、それでも4-5kgオーバーだった。


急遽、日本出発日の朝に、インターネットでエアアジアのサイトにログイン。

当初、20kgを805バーツで購入済みだったのを、新たに25kgへ変更。


預け荷物重量購入済みの場合や、Webチェックイン後であっても、アドオンで荷物の重量の追加は可能だ。


やり方は、購入済みの20kg(805バーツ)から 25kg(970バーツ)に、プルダウンメニューを変更するだけ。

そうすると自動的に、差額の料金が表示される。、

変更した場合は、その差額料金を払うだけでいい。


支払いはクレジットカード。

最後のプロセスで、「決済には、別途手数料 [prosessing Fee] が、かかるかもしれません。」

と表示されたが、実際にはチャージされず、純粋に差額金額 165バーツ分のみの決済だった。


成田空港チェックイン バックドロップ


成田空港第二ターミナル、チェックインカウンターには17時30位に到着。


チェックインの列 目視50人位。

バックドロップの列  30人。

ビジネス 0人。


何故か、俺の並んでいたチェックイン済み [Baggage Drop] の列の進みが遅く、通常の列とあまり時間が変わらなかった。

相変わらず、お土産山盛りのタイ人。

チェックインカウンターで、重量調整の為 荷物を開いたり入れ替えたり。

これじゃあ列も進まないぜ。


今回も、印刷物は何も出さずにパスポートだけ。

特に問題も無く搭乗券がて来た。


チェックインカウンター 機内持ち込み手荷物のチェック


今回俺は、荷造りの関係上、

  1. 預け荷物 1個

  2. 機内持ち込みの、キャスター付きカバン 1個

  3. デイパック 1個

以上の3つに分散。


「1.」は、出発前に重量を計測し、超過分重量を追加で購入済みなので問題なし。


「2.」は、正確に言うと規定サイズより若干大きい。

しかしサイズに関しては、極端にオーバーしていなければ、全く気にしていない様だった。
但し、重さだけはしっかり計られた。(機内持ち込みは、7kgまで。)


「3.」は、パソコンその他 色々入れて背中にしょっていたが、全く何も言われなかった。
特に隠す様な姿勢でもなかったので、カウンターの職員も 背中のカバンは認識していた。
重量を計測されることも無し。


空港での時間つぶし


今回は早めに着いたので、時間が余った。

空港内では いつものルーティーン。


まずは、アナゴ寿司を買って、展望デッキで日本最後の食事。

成田空港、展望デッキで日本最後の時。ふるさとは遠きにありて・・・

20160707_xj607_1.jpg
アナゴ寿司 799円(税込)

この時期の展望デッキは、涼しくて気分最高!

20160707_xj607_2.jpg
ビールを飲んでる人たちも。


その後、世界一使えないラウンジで少々休息

成田空港第二の 「Priority / カードラウンジ」 が少しだけ進歩。

20160707_xj607_3.jpg
いつものカードラウンジ


食料調達 セブンイレブンのおにぎりが売り切れ!


夜19時頃にラウンジを出て、保安検査場に向かう前にセブンイレブンへ。

おにぎりを買おうとすると、なんと2個しか残ってなかった。

20160707_xj607_4.jpg
棚の中はガラガラ

選択肢は無い。

最後の2個をわしづかみにし、レジへ向かった。

20160707_xj607_5.jpg
危ない危ない。


夜便利用の人で、機内で食べる おにぎりを購入予定の人は、早めにセブンイレブンに寄る様にしよう。


ゲート 出発


成田空港も、夜の7時を回ると利用客もまばら。

オフシーズンということもあるのか、保安検査・出国審査、共にがーらがら。


ゲートはいつものサテライト側

この日の便は ほぼ満席で、9割以上がタイ人。


搭乗前にゲートの所で、さっき買ったバッテラを食べる。

おいおい京樽の兄ちゃん、醤油が入ってねーよ。

20160707_xj607_6.jpg
バッテラ 醤油無し!
648円 (税込)

もう最悪(怒)

むりやり胃の中に流し込む。


飛行機は、ほぼ定刻に出発。


機内の様子


夜のフライトということもあり、機内の照明も早めに落とされ、みなさん爆睡。


ドンムアン到着


到着は ほぼ定刻通り。

入国審査はガラガラだった。


ドンムアン 深夜到着 パスポートスタンプの日付


この日の便は、定刻 00:55着。

入国審査到場着時は、すでに深夜の1時を回っていた。

押された入国スタンプの日付を見ると、きっちり次の日の日付。

昔は結構、日付の変更をしていない時が多かったんだが。


色々なビザ関係の絡みがある人は、覚えておこう。


ちなみに今回、俺が押されたスタンプの滞在期限は、所持するビザの期限より10日も多かった。

やっぱりいい加減なタイランド。


荷物ベルト


飛行機が混んでいたせいもあり、荷物が出てくるまで20分位待った。

20160707_xj607_7.jpg
何故か、安物ビニール傘を預けているタイ人多数。


深夜到着 空港泊 空港内で夜を明かす


荷物をピックアップし税関を抜けると、時間はすでに深夜の1時半。

乗り継ぎの人だと、空港内で夜を明かすのも選択肢の一つだが、まあ俺はバンコク市内なんで、勿論すぐに帰宅の途に。


空港内、床の上でもいいから、静かに横になって 朝までぐっすり眠りたい人は、第一ターミナル4Fのパノラマラウンジへ。

関連過去記事(パノラマラウンジの場所明記)
ドンムアン空港情報 番外編 (2015.7.11.エントリー)


お金に余裕のある人は、空港のアマリホテルやT2の「スリープボックス」を利用しよう
ドンムアン空港内のホテル 「スリープ ボックス」[Sleep Box](2016.4.26_エントリー)

以前も書いたが、ドンムアン空港近場のホテルはお勧めしない。
ドンムアン 空港近くのホテルに前泊 ハッキリ言ってお勧めしない


深夜到着 ドンムアンから市内への移動


今回俺は、迎えの車等は頼んでいなかった。

深夜なので空港バスも、もう終わっている。

20160707_xj607_8_v102.jpg
空港バス(A1, A2) の運行時間

同じく時間的な理由で、3階に来るタクシーも期待できない。

荷物も多いので、空港表陸橋下の一般タクシーは階段を降りるのがちょっとしんどい。

ドンムアン到着、流し(空港施設外)のタクシーの拾い方。


消去法で、今回は珍しく 空港施設内 正規乗場のタクシーで帰宅。

20160707_xj607_9.jpg
最後の1台だった。危ない危ない。
(この件に関しては、明日の別エントリーで詳しく。)


お疲れさまでした!


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


エアアジア XJ607 成田ードンムアン 20:15ー00:55(2015.7.8.エントリー)
XJ601 成田ードンムアン ビジネスクラス(PREMIUM FLATBED) (2015.10.7_エントリー)
国際線。飛行機の機内で快適に過ごす為の 俺の持ち物。 (2015.10.2_エントリー)
エアアジア XJ601[NRT-DMK] ビジネスクラス(2015年12月)
大混雑のドンムアン到着!市内移動の選択肢。(2015年12月)
エアアジア XJ601 (C) 成田-ドンムアン[NRT-DMK](2016年3月利用)
エアアジア ビジネスクラスとエコノミーを徹底比較!(2016.4.5_エントリー)
ドンムアン空港のリムジンバスが、遂にシーロム・ラチャダムリへ!(2016.4.25_エントリー)

ドンムアン空港 フロアガイド(空港マップ) 最新 完全保存版!(随時更新)
コメント
この記事へのコメント
有り難く拝見させていただいてます。
2017年12月12日エアアジアX601便成田0915発を利用しました。
預け入れ荷物はなし、機内持ち込みはキャリーケースと日常的に使用しているリュックの2つで、チェックインカウンターにて手続き。キャリーケースだけ量ってもらおうとしましたが、しっかり背負っていたリュックも量られ、微量ながら重量オーバーで追加料金でした泣。さすがにミニショルダーみたいなのは言われてませんでしたが、リュック系は小さくてもチェックされていました。
いざ機内で見てみると、自分より大きな荷物の乗客もいましたので、運もあるかと思いますが、微妙なら預けた方が無難かもしれません。
2017/12/15(金) 09:32 | URL | まさみ #-[ 編集]
まさみ様
最新情報ありがとうございます。

>微量ながら重量オーバーで、、、
やはりエアアジア利用者にとって、成田出国は鬼門中の鬼門ですね。
自分もコンスタントにエアアジアは利用していますが、国際線利用やちょっと長旅の場合、トータルで荷物の重量を7キロまでに抑えるのは至難の業です。
「カバンの重量」+「パソコン」+「その他コード類」、これだけでもかなりの重量になってしまいます。
今回のエアアジアの改悪は、「大改悪」と言っても過言ではないと思います。
年末年始の旅行シーズンを控え、貴重な情報ありがとうございました。

2017/12/16(土) 14:12 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/281-bdfcac2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック