碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!

ここでは、「碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.07.12 | 更新:2016.09.10
最近は、ゲートウェイに七星がオープンした事もあり、ゲートウェイ・エカマイに行く事も多くなった。


実は、ここの一階フードコート内で、前から気になっていたブースがある。

場所は、エスカレーターを降りて来てすぐ右手。

20160711_wandoryoku_1.jpg
「碗努力」

俺はタイ語が読めないので、店頭に表示されていた漢字の部分を、タイトルの店名に使った。

多分これが店名だと勝手に推測。(笑)

無理やり読むと「わんどりょく」ってか?

2016.9.10 追記
読者のけんたろう様から、タイ語読みの店名を教えて頂きました。
『椀努力はタイ語で店名チャームマーナ(チャームは丼ぶり)。バミ―ムーヤーン、(焼豚そば)クィッティアオプー(かにそば)と書かれています。』
ありがとうございます!



1店舗で他店の倍、2コマ分の場所を取り、タイ人のお客さんの入りも上々だ。


そんな訳で、早速何回か食ってみた。


ワンタン入り卵麺 スープ無し (バミーキアオ ヘーン)


まずは「バミーキアオ ヘーン」(ワンタン入り卵麺 スープ無し)。

20160711_wandoryoku_2.jpg
「バミーキアオ ヘーン」
80バーツ

通常の店だと、ヘーン(汁無し)の場合 別途で頼まないとスープは出てこないが、この店では 自動的にスープも一緒に出てくる。

よっぽどスープを飲ませたいのか?


まずは、そのスープを一口すすってみた。

これが何と バカ旨!


ローカルの値段に比べると、80バーツと言う値段はちょっと高く感じるが、このスープは飲んでみる価値あり。


ワンタンも なかな旨い。

但し、作った後時間がたっているからか、ちょっと冷たかった。

スープに入れて、しばらくしてから食べるのがお勧め。


麺も、茹でてからちょっと時間がたっているので、若干くっつき気味。

この辺が少しマイナスポイント。


全てが出来立てであれば、おそらくは抜群に旨いであろうと推測できる。


量は若干少な目なので、まあ おやつ代わりかな。


カニ肉入りバミー


お店の看板に、でかでかと写真が載っている、「蟹肉入りバミー」(汁無し)。

どうやらこれが一押しの様だ。

これも取り敢えず食べてみた。

20160711_wandoryoku_3.jpg
バミー プー ヘーン
80バーツ

看板にでかでかと「55」とあるが、これはカニ肉無しの値段。

多分客から文句が出たからか、上の方に「80」と小さく訂正した値段が貼ってある。


ここのカニ肉は、多分小さな蟹の足の部分で、ほぐしていない。

あまりジューシーさも無く、別に普通だった。


同じ値段なら、ワンタンの方がお勧めかな。


焼き豚入り卵麺 スープ有り (バミー ナーム ムーデーン)


上で書いた様に、どうも 具材と麺の作り置きが気になる。

そんな訳で別の日に、スープ有りで食べてみた。

20160711_wandoryoku_5_2.jpg
バミー ナーム ムーデーン
55 バーツ

こちらの方が、具材や麺がスープと馴染み温まり、全体的には美味しく感じられるかもしれない。


総評


いやあーそれにしても、灯台下暗しだったなぁ。

あそこまでスープが旨いとは。


俺が、タイのヌードル系でスープまで飲み干す店は、バンコク広しと言えども そう何件もない。


飲み干した後 食後のもたれ感も無く、むしろ体に優しい感じのスープだ。

飲み干すたびに、寿命が縮む様な感覚に襲われる二郎のスープとは 対極をなす。(笑)


但し、バミーナーム(スープ有り)で食べると、若干だが 麺や具材の味もスープに溶け出してくる。

純粋にスープの味を楽しみたい人は、「ヘーン(汁無し)」がお勧めだ。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
リンガーハットで日本の味を懐かしむ@ゲートウェイ・エカマイ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/285-bdd1b644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック