「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!

ここでは、「「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.07.14 | 更新:2016.07.14
先日、いつもの俺の牛肉補給店「ワッタナー パニチ」へ。

関連過去記事
『ワッタナー パニチ』 バンコクでの牛肉補給はやっぱりここだ!

(お店の場所 ; Google 座標 13.734158, 100.587621 )


お店の様子


この時は、いつもの巨大ナベ担当のおばちゃんがおらず、店主のオヤジが盛り付け。

従業員といろいろ話しながら、営業中なのに肉を全部ナベから上げていた。

問題があって、味の調整でもしてたんだろうか?

何か嫌な予感。


注文


注文は、定番の牛煮込みスープ(ガオラオ ヌアトゥン)。

20160714_Wattana Panich_1
牛煮込みスープ
ごはん
110バーツ

いざ食べ始めると、初めの予感は悲しくも的中。

この日は、肉も硬いし何か今一。

今までこんな事は ほとんどなかったのになぁ。


しかしここは、俺のバンコクでの牛肉補給定番店。

崩れてもらう訳にはいかない。


再訪


どうも納得がいかないので、数日置いて 確認の為 再度訪問。

ナベ番は いつものおばちゃん。

前回と、まったく同じ物を注文した。

20160714_Wattana Panich_2
牛煮込みスープ
ご飯
110バーツ

しかしと言うか、やっぱりと言うか、残念ながら結果は前回と同じ。

何か肉も薄いし硬いし・・・

これじゃあ、その辺で食べるヌアトゥンの方が安いし旨いだろう。

マジでかなりショック。


この店の メリット・デメリット


正直ここは、他の店よりも値段が若干割高、交通の便も良くない。

しかし、肉のボリュームがあって旨いんで 俺は長年通ってきた。

それが何で・・・


名店と言われる所以


名店と言われる店には理由がある。

長年お店を続けていくためには、色々な環境の変化を乗り越えなければならない。

そんな荒波を乗り越えて、長年やってきたからこそ、名店としての現在があるのだ。


「ワッタナー パニチ」だって、そういう店の一つ。


しばらくすれば、軌道修正を終えて、今まで通り美味しい物を提供してくれるだろう。

但し、ここしばらくはちょっとパスかな。(笑)


代替店の発掘


バンコクでの俺の牛肉補給店「ワッタナー パニチ」がダメとなると、毎回「牛野屋」って訳にもいかないんで、最近は 急遽代替店の発掘作業中。

そんな中、先日タイ人友達に教えてもらい 一軒開拓。

20160714_Wattana Panich_3_2
牛煮込みスープ
ごはん
63バーツ!

スープはちゃんとクレイポットに入って出てくる。

もやしもパリパリで、中々いいアクセント。

20160714_Wattana Panich_4
肉も プリプリ トロトロ

ズバリ 旨い!


好調時のワッタナーパニチ程のボリュームは無いが、値段も安く、これぞ本当のバンコクB級グルメだ。


もうすでに何回か通っているが、味のぶれも無く安定している。

あと何回か通って、いけそうだったらエントリーを上げてみようかな。

場所はちょっと不便なんだけど、当分はここでいいや。


そして、「ワッタナー パニチ」の復活を待つとしよう。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
昨今のワッタナーパニチ事情(笑)には、マシマシさん同様に感じていました。

自分の場合は肉質は勿論のこと、ボリュームも心なしか寂しくなっているような。それに気のせいかお客さんも少なくなっている気がします。
あの不利な場所で続けていくんは相当なパワーも必要だとは思いますが、同様に復活を待つことにします。

ちなみに自分の場合、某紹介サイトなどで有名になってっしまったヘンチュンセンが今では主戦場になっています。(時間帯によっては渋滞が・・・)
2016/07/16(土) 11:05 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
権兵衛 様
コメントありがとうございます。

最近は、「どこそこが美味しくない」なんてエントリーが多く申し訳ありません。
読み物としては、自分でも面白くないなぁ、なんて思っているんですが、生きた情報・真の情報を伝えるのが自分のブログ゙の役目だと思って書いています。

訪店された方の、がっかりする顔は想像したくはないですからね。

アナロン近辺は、おっしゃる通り まさに渋滞がネックだと思います。
特に最近は、雨が降るともう最悪、車を捨てて歩きたくなる衝動に駆られます
2016/07/17(日) 19:42 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/287-b64e9861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック