バンコクのB級グルメは 何処へ向かうのか?

ここでは、「バンコクのB級グルメは 何処へ向かうのか?」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.07.15 | 更新:2016.12.16
最近、バンコク中心部のB級グルメでは、味のぶれが目立つ店が多くなってきている。

味だけではなく、量が少なくなったり、無料の水でも氷代を取る所なんかも増えてきた。

みんな厳しいんだなぁ、というのを本当に肌で感じる今日この頃。


バンコクのB級グルメは過渡期なのか


俺の巡回コースの中でも、「ターミナル21のフードコート」 「ルンルアン」 そして前回の「ワッタナー パニチ」など、今まで鉄板と思われていた場所でも、ハズレを引く事が多くなってきた。

関連過去記事
どうしたんだ? ターミナル21 フードコート!
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!


B級グルメと言えるかどうかは微妙な所だが、バンコク中心部、日本人に人気のタイ海鮮中華の店(ポーチャナー)なんかも、昔に比べると明らかに味の落ちている所が多い。

最近では、安くて旨いローカル飯を食おうと思うと、どんどん中心部からハズレて、郊外に出ていくパターンが多くなってきた。


おまけに先日は カスタードナカムラのメンチカツまで


おまけに最近では、俺の好物「カスタードナカムラのメンチカツサンド」までが ぶれだした。

絶品!メンチカツサンド@カスタードナカムラ

先日も訪店時に、相変わらず山の様に積まれていた「メンチカツサンド」を購入。

いつも通り買って食するも、衣が一部硬く焦げてたり、ソースを塗ってない所があり味がしなかったりと、何か今までじゃあ絶対なかったようなハズレ。

ハズレた時に、ブログのエントリーとしては上げなかったが、「それは無いでしょう」という位ひどかった。


但し今週も買って食べてみたが、今回は何とかいつも通り。

20160715_1.jpg
ほっと一安心。

再発が無い事を祈る。

2016.12.16 追記
やはり最近も、味が今一。
詳しくは、上記リンクのエントリーで。



もう、バンコクのB級グルメは限界なんだろうか?


賃金の上昇、材料費や家賃の高騰、などなど。

一般の生活でさえ、高くなったなぁと思う事が多いバンコク。


B級グルメの店は、俺達の様な外国人を楽しませてくれると共に、タイの一般庶民の生活をも支えている。

極端に値段を上げられないので、一時的に味やサービスにしわ寄せが来る事も多い。


加えて都内のあちこちでは、屋台街の撤去なども加速してきており、良き昔のタイの風景が どんどん消えて行っているのは 本当に寂しい限りだ。


近い将来 屋台での食事も、

クイッティアオ 100バーツ
カオマンガイ 100バーツ

なんて時代が、もうそこまで迫ってきているのかもしれない。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
確かにおいしい屋台料理屋減りましたよねぇ。
60B前後でまずい屋台メシ食わされるなら牛野屋で200Bでどんぶり飯食った方が満足度高いです。値上げはしょうがないからいいんですけど、その分付加価値も高くしてくれたら、払っても良いと思えるんですけどねぇ。
無駄に、値段だけ上げて劣化してる店が多すぎるな、と。
フ◯レストラン(デパートによく入ってる日本食レストラン)とかまずいし、高いし、サービス良くないし、でひどいんですけど人入ってますね。タイ人の消費者のレベルがあがれば変な店は淘汰されていくのでしょうが、、、
2016/07/15(金) 17:26 | URL | kawasaki #3eQvvr92[ 編集]
kawasaki様
コメントありがとうございます。

> 確かにおいしい屋台料理屋減りましたよねぇ。
本当に困ったもんです。
ブレで済んで回復すればいいんですけど、そのままズルズルというのが、一番怖いです。
自分の場合、飲食店のブレは日本の二郎で慣れていると思ってたんですけど、、、

>ひどいんですけど人入ってますね。
タイ人で繁盛している店、日本人には理解できない時ありますよね。
逆に言えば、それだけタイ人相手のマーケッティング手法が優れているのかもしれませんが。
2016/07/15(金) 20:09 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/288-4cdc723b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック