浪花@シーロム タニヤ 絶対に外さない唯一の店

ここでは、「浪花@シーロム タニヤ 絶対に外さない唯一の店」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.07.16 | 更新:2016.07.17
最近、俺のB級グルメは外しまくり。

ターミナル21
ルンルアン
ワッタナーパニチ
カスタードナカムラ
などなど。

(最近のエントリーを読んでない人は、最下段の過去記事を参照)

B級グルメに限らず、今のバンコクでは、飲食関係の浮き沈みが本当に激しいと思う。


絶対に外さない昼飯が食いたい! しかし現実は・・・


安定したものが食べたければ、日本食にすれば?なんて思うかもしれない。

しかしバンコクでは、日本食屋だからといっても安心はできない。


例えば俺が、大昔から数えきれない位通っていた「ラーメン亭」。

そんな老舗の店でさえ、あの最低賃金300バーツの頃からかなあ、メニューや値段の迷走が始まり、そのうち味までぶれだした。

そして俺の足も遠のき、最近では、全くと言っていいほど行かなくなってしまった。


しかし、本当に長い年月、俺にリーズナブルで美味しい物を提供してくれたので、変な感情はまったくない。

行かなくなった今でも、本当に感謝している。


昔はラーメン亭で、

「ビール、餃子、野菜炒め、そして締めに 味噌ラーメンの小(卓状のニンニク マシマシ!)」。

これが鉄板だったなぁ。

懐かしい、、、、、


最後の駆け込み寺


そんなハズレまくりの昨今に、いい加減うんざりな俺。

そんな時は、いつも何故か 自然と タニヤの「浪花」へ足が向く。

20160716_naniwa_0.jpg

400バーツ500バーツ出せば、何処ででもそこそこの日本食ランチが食えるバンコクだが、200バーツ台前半だと やっぱりここしかないだろう。

20160716_naniwa_1.jpg
魚味噌
220バーツ

20160716_naniwa_2.jpg
浪花定食(日替り)
210バーツ


意外と質素に見えるかもしれないが、だからこそ ごまかしがきかない。

毎度の事だが、いつ行っても 文句のつけようが無い味だ。


昼も夜も、休む事無くカウンターに立ち続ける店主に、この店の姿勢を感じる事が出来る。

味だけではなく安定感も、その辺の日本食屋とは別物だ。


俺の様なタイブログの末席にいる者の声が届くとは思わないが、この場を借りてお礼申し上げたい。


いつも、美味しい物を手頃な値段で提供していただき、本当にありがとうございます!


末永く、手頃な値段で美味しいランチを提供していただきたいと切に願う。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事 「浪花」
「浪花」でランチ@シーロム タニヤ。値段と味のバランスは最強。
シーロム(タニヤ)の「浪花」でランチ。いつ行ってもコスパ最強。

関連過去記事 「ハズレシリーズ」
どうしたんだ? ターミナル21 フードコート!
ルンルアン@プロンポン 今が老舗の踏ん張りどころか
「ワッタナー パニチ」 お前もかぁ? 名店の根性を見せてくれ!
コメント
この記事へのコメント
初めまして(^^)
8月に一人でタイで旅行するので、記事参考にさせていただいてます!
魚味噌とっても美味しそうですね(ง ᐛ )วタイ料理も楽しみたいですが、和食のお店があるというのは心強いです。

旅行の際、女一人でタクシーは不安…と思っていたのですがこちらでall thai taxiを知って安心しました。
さっそくアプリを登録しよう!
…と思ったのですが、iPhoneにSMSが届かず…。
日本の携帯電話番号では登録できないのでしょうか(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)+81をつけたり色々試しているのですが………。
何か知っていらっしゃいましたら、教えてください><
2016/07/18(月) 12:10 | URL | さぼん #-[ 編集]
さぼん様
はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 日本の携帯電話番号では、、、
All Thai Taxi の母体は、タイ国内のローカルバス会社です。
未確認ではありますが、タイ国内から海外へのSMSはそこそこ料金がかかるので、対応していないんじゃないでしょうか。
実際タイ国内で利用する場合も、ドライバーから場所確認の電話があったりするので、タイの携帯番号はいずれにしても必須かと思います。

くれぐれも安全第一で、楽しい御旅行を!
2016/07/18(月) 18:38 | URL | マシマシ #-[ 編集]
やはりそうなのですね〜〜(´・ω・`)
教えてくださりありがとうございました!
2016/07/19(火) 18:37 | URL | さぼん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/289-611a9560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック