パタヤの超有名レストラン 「セーラー」が値上げ!

ここでは、「パタヤの超有名レストラン 「セーラー」が値上げ!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.08.06 | 更新:2016.08.14
20160806_sailor_1.jpg

さて、友達のリクエスト 第3のミッション。

パタヤでコスパ最強との異名をとる超有名店 「セーラー」 [Sailor Bar and Restaurant]。

タイ在住の日本人なら、知らない人はいないだろう。


俺の様なタイブログの末席にいる者が、こんなメジャーな店に関して書くのも「いまさら」という感じがするが、今回の友人の3つのリクエストのうちのひとつなので、話の流れ上、あえてエントリーを上げる事に。


お店の場所


お店の場所は、いつもの様に座標をはっておくので、行った事が無い旅行者の方は各自確認で。

セーラー [Sailor Bar and Restaurant]
(お店の場所 Google 座標 12.936235, 100.883321 )


前の晩に、パタヤで しこたま飲んだ俺たちは、当然遅めの起床。

バービア上の宿の割には騒音もあまり気にならず、前夜は爆睡。

朝は、酒抜きと運動不足解消も兼ねて、ソイLKメトロ近辺から歩いて「セーラー」のあるSoi 8へ。


この時期は、午前中10時前後であれば、太陽も真上には無く、日陰を選んで歩いて行けばそんなに暑くもない。

しかも、バンコクの様に車が多いわけではないので、気のせいか空気も綺麗な感じがして、歩く事も全く苦にならなかった。


激安の朝食は3セット


超二日酔いで、朝からステーキや揚げ物類なんて絶対に食えない俺達。

当然のごとく、軽めに食べれる朝飯のセットを注文。

20160806_sailor_2.jpg
セーラーの朝食は、全部で3セット。

入り口に写真と番号があるので、言葉が全く喋れなくても問題はない。

席について従業員に番号だけ言えばオッケー。


写真を見て頂ければわかる様に、朝食セットのサービス時間は06:00-15:00。

15:00までやっているので、パタヤでの超不規則な生活にも好都合だ。


最近パタヤに来る日本人は、俺も含めて 猫も杓子も「セーラー」だ。

常に開拓精神を重んじる俺は、歩いてセーラーへ行く道すがら、もっとお得な店が無いか、目を皿の様にして見て回ったが、ほとんどの店がABF(アメリカンブレックファースト)は100-150バーツ。

まあ、3rdロード近辺なら100バーツ以下の店もチラホラあるが。

やっぱり「セーラー」の朝食セット 65バーツは、安いと言うより異常としか表現のしようがない値段と内容。


セーラーの朝食セット コーヒー付


初日は、俺も友人も2番のスクランブルエッグのセットを注文。

店のおばちゃん、こんな65バーツセットの注文にも関わらず、物凄く愛想がいい。

ほどなくして朝食セットが到着。

20160806_sailor_3.jpg
2番の朝食セット
これでたったの 65バーツ!

激安!!!

スクランブルエッグ、ベーコン、ハム、ソーセージ、レタス、トマト、トースト、ジャム、バター、コーヒー、オレンジジュース

たまに、スクランブルエッグの隠し味の塩(若しくはバターの塩分?)が少し多いと感じる時もあるが、まあ許容範囲。


20160806_sailor_4.jpg
因みに別の日の目玉焼きのセット(1番)
これも同じく 65バーツ

ちょっと、白身の火の通りが甘いが、カイダーオ(揚げ卵焼き)みたいなのを出されるよりは100倍ましだ。


それにしても、バンコクじゃあ65バーツなんて、コーヒー一杯も飲めない値段だぜ。

コーヒーもインスタントだが、俺はこれで十分。


今回は朝飯だけだったが、セーラーは普通の食事やステーキなんかも安くて美味しい。

しかもパタヤの超一等地、どうやって経営が成り立っているのか本当に不思議な店だ。


改善してほしい点


この「セーラー」は、英文の店名にも「BAR」と入っているように、店内の手前半分は パタヤでよくあるバービアの様な作り。

ウエイトレスには若い女の子もおり、朝からそんな子たちに朝飯をサーブされると、頭の中を昨夜のピンクモードから通常モードへ切り替えるのが難しくなる。

少なくとも昼前までは、おばちゃんスタッフだけにしてほしいもんだ。

まあ、あくまでも俺の個人的な意見だが。


滞在中に、何と値上げに遭遇!


最後に本題。(笑)

滞在中、65バーツでいつも食ってたこの大満足朝食セットが、ある日突然70バーツに値上げされていた。

20160806_sailor_5.jpg
相変わらずデリカシーのかけらも無いタイ人風の値段修正

この短い滞在中に、記念すべきセーラーの値上げに遭遇するとは。

ついているのか、ついていないのか。(笑)


まあそれでも、ぶっちぎりのコストパフォーマンスを誇る事に変わりはない。

これからもパタヤに来たら、やっぱりセーラーは外せない。


因みに、他のメニューは値段を確認していないので、値上げされたかどうかは不明。


俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
パタヤに 初めてバスで行ってみた! パタヤバス(エカマイ発)
「北パタヤ バスターミナル」から ホテルへの移動手段

パタヤでカオソーイ これが意外にも「ほぼ」絶品だった!
「センタン パタヤ」 FREE Wi-Fi・カフェ・フードコート
パタヤ ソイLKメトロ近辺のB級グルメ タイ飯食堂ならここの一択! 「青いひさしのタイ飯食堂」
ガウン姿の美人と食べる 絶品イェンタフォー @パタヤ ブアカオ 「赤いひさしのクイッティアオ屋」
ソイLKメトロ近辺マメ情報 B級グルメ・レンタルバイク・洗濯など
パタヤからバンコクへ タクシー利用 料金とその手順
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/295-0585632e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック