ガウン姿の美人と食べる 絶品イェンタフォー @パタヤ ブアカオ

ここでは、「ガウン姿の美人と食べる 絶品イェンタフォー @パタヤ ブアカオ」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.08.11 | 更新:2016.08.14
前回紹介した「青いひさしのタイ飯食堂」の隣、金行(ゴールド販売店)を挟んで一件隣には、赤いひさしのクイッティアオ屋(タイヌードル屋)がある。

ここも名前がわからないので 「赤いひさしのクイッティアオ屋」 と俺の方で勝手に命名。

20160811_noodle_1.jpg
「赤いひさしのクイッティアオ屋」
(お店の場所 google 座標 :12.929363, 100.885221 )

営業は夕方から深夜まで。


お店の様子


20160811_noodle_2.jpg

ここの店は、基本おばちゃんと色黒美人の従業員の2人態勢。

仕込みは全ておばちゃんがやっている様だ。


但し営業がはじまると、おばちゃんは注文取りにまわり、色黒美人の子が麺上げ及びナベ回りを担当する。

色黒美人の女の子、基本不愛想だが たまに白くてクリッとした目で軽く微笑んでくれる時があり、南国情緒満点で非常に可愛い。


夕方の時間は、近所のゴーゴーのおネーちゃんたちも、ガウンを着て食べに来る。

目があったらニッコっと笑ってお友達になろう。

(日本人の恥と言われるかもしれないが、それ位は許してくれよ。)


但し、俺と友達がクイッティアオを食いながら、この店でゴーゴーのオネーちゃんと頻繁に会話をする様になってからは、色黒美人従業員の女の子の視線は冷たくなり、以降微笑んでくれる事はなくなった。


尚 たまに、身長180cm超のオカマホステス軍団が食べに来るときもある。

そういう時は常に下を向き、出来るだけ目を合わせない様にして、さっさと食べ終え足早に店を去る様にしよう。


中々旨いクイッティアオ


ここのクイッティアオは、パタヤ繁華街の割には中々美味しい。

20160811_noodle_3.jpg

20160811_noodle_4.jpg
細麺のクリアスープ
[センレック ナーム]
40バーツ

定番のタイヌードルを食べたい人はこれでオッケーだ。


しかし、一番のお勧めは何といってもイェンタフォー!


絶品 「センヤイ イェンタフォー」


「イェンタフォー」、旅行者の人にはあまり馴染みは無いかもしれないが、タイのクイッティアオ屋では人気商品。

*イェンタフォー : 紅豆腐乳(発酵させた豆腐)が入ったピンク色のスープ。


具も色々と入っており、使っている紅豆腐乳も店によって独自性がある。

普通の透明なスープのクイッティアオよりも、格段に店の特色や味の差が出る一品だ。


20160811_noodle_5.jpg
絶品! 平麺のイェンタフォー
[センヤイ イェンタフォー]
40バーツ

もうこれは、バンコクに出てきても、すぐに勝負が出来る程のレベル。

決してゴーゴー嬢に目移りしての評価ではない。


魚のつみれも、土鍋の中で常時煮込まれているので、温かくスープの味もしみこんでいる。

20160811_noodle_8_2.jpg
ルークチン(魚のすり身)を煮込む鍋


その他のパリッとした揚げ物や 柔らかいイカみたいなやつも、これがまたスープや麺と実によく合う。


平麺自体も かなりの旨さ。

この麺だったら、汁無しでも食ってみたい。


イェンタフォーのスープは若干甘めだが、喉に残る様な嫌な甘さは全く無いので、甘いのが苦手な俺にも全く問題ない。

色黒オネーちゃん、たまに調味料の入れ方がちょっと雑な時もあるが、良く混ぜれば問題ないので、その辺はご愛敬。


このイェンタフォー、ソイLKメトロ近辺に行った時には 「MUST EAT」 だ!


バミートムヤムも以外に旨い


タイ人が頻繁に注文していたので、バミートムヤムも食べてみた。

20160811_noodle_6.jpg

20160811_noodle_7.jpg
卵麺のトムヤムスープ
[バミー トムヤム]
40バーツ

バミー(卵麺) と トムヤムスープなんて、バンコクではあまり聞かない組み合わせはなんだが、この店に限って言えば、これもバカ馬。


この店では、普通のスープもいいが 「イェンタフォー」 か 「トムヤムスープ」 がお勧めだ。


全体的に優しい味付けなので、飲んだ後のシメにもぴったり。

因みに俺は、ほぼ毎晩食っていた。

日本から来た友人も絶賛だった。


いやぁー、最近では久々の B級グルメのヒットだなぁ。



それにしてもパタヤでは、俺も友達も、酒は勿論 浴びる様に飲んだが、カオマンガイやここのイェンタフォーも毎日食って、さらにあちこちで色々食事、毎日 1日5食以上食ってたなぁ。

因みに友人も、その昔は筋金入りのジロリアン、胃袋は底なし。

そんな訳で2人とも、パタヤを出る頃にはウエスト周りが大変なことになっていた。

何とかしないと、、、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
パタヤに 初めてバスで行ってみた! パタヤバス(エカマイ発)
「北パタヤ バスターミナル」から ホテルへの移動手段
パタヤの超有名レストラン 「セーラー」が値上げ!
パタヤでカオソーイ これが意外にも「ほぼ」絶品だった!
「センタン パタヤ」 FREE Wi-Fi・カフェ・フードコート
パタヤ ソイLKメトロ近辺のB級グルメ タイ飯食堂ならここの一択! 「青いひさしのタイ飯食堂」

ソイLKメトロ近辺マメ情報 B級グルメ・レンタルバイク・洗濯など
パタヤからバンコクへ タクシー利用 料金とその手順
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/300-854b0043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック