完璧! 「ワンタン入り バミー(卵麺)」 さすがの俺も脱帽だった

ここでは、「完璧! 「ワンタン入り バミー(卵麺)」 さすがの俺も脱帽だった」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.09.14 | 更新:2016.09.20
先日、読者の「KEさん」から あるメールをいただいた。

旨いクイッティアオ(タイヌードル)屋の情報だ。

俺もよく通る道すがらだったので、早速行ってきた。


お店の場所 オンヌット


お店の場所は、スクムビット通りとソイ77(オンヌット通り)が交わる交差点の近く。

(お店の場所 Goodle 座標 13.709223, 100.599844 )


一般的に 「オンヌット」と言われるエリアだ・

「オンヌット」 [On Nut] 駅は ザックリ説明すると、BTSアソークからは郊外に5駅、トンローからは3駅、ローカルなイメージがあるが都心には意外と近い。

俺は普段車移動が多いので あまり立ち寄らないエリアだが、通過と言う面では、バンナーやシーナカリン方面へ行く時、頻繁に付近を往来する。


お店の様子


お店は、歩道から一歩入った空き地(私有地)にある屋台。

最近では、歩道での屋台営業取り締まりが厳しくなり、こういった形態も多くなってきている。

ここも、狭い敷地内に 何件かの屋台が同居し、ミニ屋台村の様になっている。


目指す屋台は、入って一番手前の左側。

20160914_onnut_bami_1.jpg
今回の屋台


屋台の営業時間


KEさん情報では、PM2時ころから8時くらいまでとの事。

週末車で通った時は閉まっていたが、定休日等は不明。(笑)

屋台の場合は個人営業なので、営業時間や定休日に関しては、あくまでも大まかな目安と考えよう。

2016年9月20日 追記
読者の方から、「先週末は営業していた」とのメールをいただきました。
やはり定休日は不明という事で。
Hさん、情報ありがとうございました。



注文


注文は、基本の基本「バミー ナーム」(卵麺 スープあり)

出てくるまでに、少し時間がかかった。

通常だと、こういったクイティアオ屋はあっと言う間に出てくるが、ここは普通の倍以上の時間がかかった。


いつも書いている事だが、タイの飲食店で通常より時間がかかる場合は、殆んどの場合、手順がよくわからず手間取っているか、丁寧に作っているかのどちらかだ。

ここはどちらなんだろうか、、、


実食 「バミー キアオ ナーム」


ほどなくして、俺のバミーがやってきた。

20160914_onnut_bami_2.jpg
卵麺スープあり [バミー ナーム]
35バーツ

注文はしてないが 「ワンタン」[キアオ] も入っていたので、これはデフォなのかな?


盛り付け


それにしても、素晴らしく綺麗な盛り付け。

チャーシューも一枚一枚丁寧に乗せられている。
(決して俺が綺麗に並べ直したわけじゃない)


これも俺の持論だが、盛り付けは 調理人の料理に対する姿勢が表れる。

実際旨いか不味いかは別として、綺麗な盛り付けで出される料理には、調理人の「美味しい物を提供したい」という気持ちが込められていると思う。


但し、「ラーメン二郎」 は また別の話しだが、、、(笑)


実食 バミーナーム


まずは透き通ったスープ。

抜群に旨い。

丁寧にダシを取っているのが、二郎の化調に侵された俺のバカ舌でもよくわかる。


麺は、バミーの中では比較的細い方だ。

20160914_onnut_bami_3.jpg

細いがしっかりコシもあり、バミー特有の打ち粉もしっかり落とされていて、卵麺 [バミー]本来の味が味わえる。

文句なし!


上に乗るチャーシュー [ムーデン]。

正直言うと、俺はタイのこのチャーシュー、あまり好きじゃない。

通常サシが殆んど無く赤身のみ、肉そのものを味わうと言うよりは、タレやスープの味で食べると言った感じ。

二郎の豚の様に、それ自体が強烈に旨さを主張する事は無い。


しか~し、ここの「ムーデン」は、適度に脂の乗りもあり、何といっても良いのは、非常に薄く切られている。

肉自体もバサツキが無いので、上記絶品のスープに浸して食べると非常に旨し。


ワンタンも小ぶりだが、このクリアーなスープと抜群にマッチ。

これまた旨し!


いやぁ、ちょっと文句のつけ様がない位 完璧なバミーだった。


調味料は不要!


頂いた情報では、ここのは 調味料等で味を調えなくても、日本人にも美味しく食べられると言われていたが、正にその通り。

逆に、個々の完成度が高いので、いつもは唐辛子ドバチョの俺も、今回は全く何も入れなかった。

このバミー、まずは絶対に 何も味付けせずに味わってみて欲しい。


汁無しよりも スープ麺がお勧め


この店、非常に印象が良かったので、後日もう一度行ってみた。

その時は、汁無しで注文。

20160914_onnut_bami_4.jpg
バミー ヘーン (卵麺 汁無し)
35バーツ

まあこっちは普通かな。

スープアリの方が断然旨い。


因みに この時は、前回とは異なりワンタン(キアオ)が乗ってなかった。

前回は間違ったのかな?

これからここでは、ワンタンが欲しい時は はっきり「バミー キアオ ナーム」と言うようにしよう。


いやぁー ここの「バミー キアオ ナーム」、久しぶりに大満足の一杯だった。

KEさん、貴重な情報ありがとうございました。


さてと、絶品バミーを味わった俺は、もう一軒 情報をいただいた 斜め向かいのお店へと向かって行った。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事(B級グルメ 麺類)
「バミーコンセーリー」@トンロー。連休中はさらに連食!(その1)
セーウ【Seaw】@トンロー。連休中はさらに連食!(その2)
「鶏そば七星」VS 隣の「セーウ」 日タイ麺対決! その1 セーウ
ワンタン超山盛り!下の麺が全く見えないドカ盛りバミー
魚のすり身麺(センプラー)でダイエット@セーウ[SEAW]
碗努力@エカマイ 俺がタイで飲み干す 数少ないスープ!
たった25バーツの「塩焼きそば」 これが意表を突く旨さだった!
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/14(水) 19:42 | | #[ 編集]
こんばんは。
人に紹介した手前、今日久々食べてきました。
画像にちょっと写ってますが、永島敏行似の兄と弟のコンビなので私はマリオバ―ミ―と勝手に呼んでます。弟は鼻ひげでなく顎髭少々。

一言で言うと東南アジアの中国ラーメン。(小松菜の代わりにチンゲン菜で)。麺リフトしてズルッとすすってきました。最初はストレートで、後半ラー油の親分(半固形の辛いやつ)はじめ調味料少しずつ。

麺、スープ、ムーデーンたっぷりで今どき35Bは頭が下がる。

しかしギアオなんてあったんですね。
私食べた事ありません。偶然の産物?
2016/09/15(木) 00:46 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
ka様
情報ありがとうございます。

>ほどよく麺が油っぽくて、、、
いいですね~、脳みそにビビッときますよ。
次回夜の部で、あっち方面へ行った時に是非食べてみます。


2016/09/15(木) 09:39 | URL | マシマシ #-[ 編集]
けんたろう様
こんにちは

>永島敏行似の兄と弟のコンビ
どちらかと言うと、写真に写っている人(どちらかわかりませんが)の方が、仕事が丁寧に感じました。

> しかしギアオなんてあったんですね。
自分の隣で、買い物途中のおばちゃんが、ただの「ワンタンスープ」で注文して食べてました。
かなり旨そうでしたよ。

良い所を教えて頂き、ありがとうございました。
2016/09/15(木) 09:52 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/315-1a07de7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック