なんと 完全無料の空港ラウンジ!資格も不要 @成田空港第二

ここでは、「なんと 完全無料の空港ラウンジ!資格も不要 @成田空港第二」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.10.05 | 更新:2016.10.05
ご存じの様に、エアアジアには航空会社のラウンジも無い。

成田空港には、カード会社やプライオリティーカードのラウンジもあるが、相当ショボい。


空港に着いて時間が余った、何処かでゆっくりしたい、でも空港のラウンジアクセスは無い、そんな人にお勧めなのが、今日紹介する無料ラウンジだ。


「Narita Sky Lounge 和」


名前は、、、「わ」でいいのかな?

空港のコンコース沿いにあり、かなり広いスペースを占めている。

パッと見た感じ、普通の人が利用していいのかな?と思う様な空間だが、全く問題なし。


ラウンジの場所


成田空港第二でエアアジアを利用する場合、殆んどは空港サテライト側のゲートからの搭乗となる。

今回紹介するラウンジの場所は、出国審査を終えて、そのサテライト側に渡るコンコースの途中。

20161005_narita_lounge_1.jpg
フロアマップ


ラウンジの設備


ラウンジと言っても、決して壁で閉ざされた部屋ではない。

コンコース上の細長く広い空間に席を設け、ゆっくり休める様になっている。


特筆すべきは、オットマンチェアなども多数設置されている事。

20161005_narita_lounge_2.jpg
航空会社ラウンジよりもくつろげる!

席によっては、マッサージチェアなどがパーテーションで囲まれ配置されており、至れり尽くせり。

20161005_narita_lounge_3.jpg
パーテーションに囲まれた椅子

その時によってパーテーション内の椅子は、マッサージチェアだったりオットマンだったりと、若干の入れ替わりはあるが、いずれにせよ至極快適。

殆んどの席が電源完備というのも素晴らしい。


正に「なごみ」の空間。

寝過ごし要注意のラウンジだ。


ラウンジに何を求めるか


但し、ラウンジと銘打ってはいるが、航空会社等のラウンジの様に、無料飲食があるわけではない。

しかしそこは、ラウンジに何を求めるかだ。


俺も今まで、かなり色々な航空会社のラウンジを利用しているが、そこで一番望むことは やはり 「ゆっくり休む」 事だ。

航空会社のラウンジでも、オットマンチェアなどを置いているラウンジは非常に少ない。

逆に、客の寝過ごし防止の為かもしれないが。


そういった意味では、ここの一画は非常にリラックスできる。


その気になれば、和風の席で軽く横になって寝る事も。

20161005_narita_lounge_4.jpg
和風の席


今回使った時は、西川の快眠マットレス 「エアー」{Air] が展示されていたが、爆睡してしまいそうだったので、寝心地を確かめる程度にとどめた。


このラウンジでの飲食


このラウンジのすぐ横には、カフェもある。

コーヒーを飲みながら、ゆっくりするのもいいだろう。

このカフェは、エアアジアのケバケバCA達もよく利用する。


ここで何か食べたい場合は、出国審査前に、空港内で何か買ってここで食べるのがお勧め。

出国前エリアや、搭乗ゲート付近などよりもよっぽどゆっくり出来る。


俺の最近のパターンは、以前は搭乗寸前にゲート近くで食べていた俺の好物 「バッテラ」を、最近はここで食べる様にしている。

20161005_narita_lounge_5.jpg
バッテラ 648 円 (税込)


搭乗ゲートも非常に近い!


サテライト側のゲート利用の場合、ここからだと搭乗ゲートはもう目と鼻の先。

出国審査や保安検査の様に、並んだりする (時間のかかる)ポイントはもうないので、搭乗ギリギリまで休んでいられる。

ゲート付近のザワザワした所で長時間待つのとは、雲泥の差だ。


これも、このラウンジの大きなメリット。


お勧めだよ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連過去記事
成田空港第二の 「Priority / カードラウンジ」 が少しだけ進歩。
成田空港、展望デッキで日本最後の時。ふるさとは遠きにありて・・・

関連記事 (2016年9月 一時帰国)
バンコク市内からドンムアン空港へ 所要時間 [BTS & A1バス]
ドンムアン空港 エアアジア ドキュメントチェックが必要に?
エアアジア XJ606 ドンムアン-成田[DMK-NRT](2016年9月利用)
エアアジア XJ607 成田-バンコク [NRT-DMK](2016年9月利用)
ドンムアン空港 アクセス・施設・飲食関係アップデート(2016年9月)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/329-a8b10874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック