チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!

ここでは、「チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ヌアトゥン(牛煮込み)」必見!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.10.18 | 更新:2016.10.29
バンコクでもチョイスが限られる中、定期的に牛肉を補給する俺。

チェンライでも一軒、「牛煮込み」(ヌアトゥン)屋を発見した。

20161018_beefnoodle_1.jpg
しかも、「緑の丼マーク」の店。


お店の概要


20161018_beefnoodle_2.jpg
店名 「ROTE YIAM BEEF NOODLE」

(お店の場所 Google 座標 : 19.906952, 99.829619 )


店名をカタカナにすると、、、

「ロテ イアム ビーフヌードル」

みたいな感じでいいのかな、


店の場所は、もうおなじみ時計台のすぐ近く。

このシリーズの最初で紹介した、ぶっかけ飯屋と同じ並びにある。


営業は、朝遅い時間から昼前後だけ。

営業時間が比較的短く、あまり商売する気が無い様な店だ。

他の事にご熱心なのか?


違った意味で必見の価値あり!


それにしても この店、もう凄すぎ。

料理ははさておき、何がすごいかと言うと、、、、、、

店が全て 赤 赤 赤

20161018_beefnoodle_3.jpg

従業員の服も

エプロンも

店のひさしもと白

店主のオヤジのサンダルまで

命の危険があったので、携帯のレンズを あちこち向けられなかった。(笑)


壁に張られた大量の写真も、例の服騒動の時 テレビで見た面々ばかり。

当然ペヤングおじさんやプーちゃん一家との写真も多数展示。


お店の壁一面の異様な雰囲気の写真は、とてもブログではアップ出来ない。(汗)

とにかく写真一枚取るのにも、何か文句を言われそうだったので、ビビりながらこっそり撮っていた。


基本的に俺のブログは、政治的な話題は一切扱わない主義なんだが、この店の様にここまでくると、他人から見たら もはや完全なお笑い店舗だ。

まあ、本人は真剣なんだろうけど、、、


この店へ食べに行く時は、赤系の服を着て行こう。

サービスが良くなるかもしれない。(笑)


味は、、、


肝心の味は、まあ普通に美味しくいただけると言った所。

20161018_beefnoodle_4.jpg
牛煮込み細麺 [センレック ヌアトゥン]
80バーツ

20161018_beefnoodle_5.jpg
牛肉は、トロトロで中々旨かった。

但し、全体的に味がかなり濃いので、麺で食べるよりは麺を入れない「ガオラオ」で注文し、白いご飯と一緒に食べる方がいいと思う。


まあ総合的には、「緑の丼」と言ったほどではないかな。

丼マークも、政治力で貰ったのかな?


いやぁ それにしても こんな店、バンコクじゃ絶対にお目にかかれないよなぁ。

タイ北部ならではだ。


チェンライに行ったら、話しのネタにぜひ覗いてみよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば
そして、タイの人々の為にも なるのなら、、、
byマシマシ


関連過去記事
今回の「チェンライB級グルメ最強ガイド」シリーズ (2016年10月アップ分)
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ぶっかけ飯」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 朝食 「お粥」 「カイカタ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「パッタイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオマンガイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ローストダックご飯」

チェンライ B級グルメ最強ガイド 「イサーン料理」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「タイヌードル」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「カオソーイ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 「ナムニャオ」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第三位「絶品イェンタフォー」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第二位「絶品クイッティアオルア」
チェンライ B級グルメ最強ガイド 第一位「超絶品バミー!」

タイ北西部旅行記 (2016年1月)
タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道!
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/337-60b95846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック