チェンマイ カオソーイ最強ガイド はじめに

ここでは、「チェンマイ カオソーイ最強ガイド はじめに」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.10.31 | 更新:2016.11.08
20161031_khaosoi_2.jpg

明日からは11月、最近は豪雨が続くバンコク。

毎年これが最後の大雨と言った感じで、あと少し我慢すれば、タイで一番いい季節 乾季が訪れる。

乾季と言えば北タイ、そんな訳で 前回までのチェンライB級グルメ情報に続いて、今回からは、チェンマイのカオソーイ情報をまとめてアップしていこうと思う。

これからの時期、チェンマイを訪れる人も多いと思うので、参考にして欲しい。


カオソーイがおすすめなのは やっぱりチェンマイ


北タイの郷土料理 カレー味のカオソーイは、日本人にも大人気。

そして カオソーイと言ったら、何といってもチェンマイだ。


前回のシリーズでも書いた様に、チェンライはカオソーイに関しては ちょっと役不足。

それに比べてチェンマイは 都市が大きい分店舗も多く、旨いカオソーイを色々食べてみたい人にはうってつけだ。


地理の把握


チェンマイは リピーターの方が非常に多い都市だが、未訪問の方もこのブログを読むと思う。

前回のチェンライB級グルメシリーズの時と同様、お店のgoogle座標は必ず明記するが、文章の中でも 場所の大雑把な説明をしている。


それに先立って、チェンマイを全く知らない人は、取り敢えずチェンマイの「旧市街」と「ピン川」だけは頭に入れておいて欲しい。

Google Map などの地図でチェンマイを見ると、中心部に四角くなっている、お堀に囲まれた一角が「旧市街」だ。

そして、その旧市街の東側を南北に流れるのが「ピン川」。


この2つを中心に 文章で場所の説明をするので、頭に入れておいてもらえると、スムーズに読み進む事が出来ると思う。


カオソーイの評価基準


カオソーイは、バンコクなんかでも色々な味の店がある。

元々、郷土料理・家庭料理の様な色合いが濃い食べ物なので、一口にカオソーイと言っても味のレパートリーは非常に豊富。


日本で言えば、、、荒っぽく例えれば「お雑煮」何かを思い浮かべてほしい。

「お雑煮」は、その地方によって、味や具の種類なんかも多種多様、一概にどれが美味しいと決めるのは難しい。


お雑煮以外でも、、、例えばカレーライス。

ジャガイモやニンジンがゴロゴロしているのが好きな人もいれば、俺に用に、肉とタマネギだけの、シンプルな物が好きな人間もいる。

関連過去記事
市販のルーで絶品カレー 超簡単で旨すぎ注意 !

甘さや辛さに関しても、人それぞれ。


カオソーイも同じように、スープや麺もお店によってさまざまだ。


そんな訳で 今回も、チェンマイのメジャーなカオソーイの店を一気にレポートはするが、味に関する完全な優劣をつける事は難しいので、その辺はご了承いただきたい。

あくまでも、二郎の化調に侵された、俺のバカ舌が基準だ。(笑)


尚、B級グルメのカオソーイなので、レストラン等で出てくる様な高級?なカオソーイは登場しない。

基本、ほとんど全部が40-50バーツ前後の庶民のカオソーイだ。


チェンマイでお勧めな カオソーイの食べ方


さて、味の事はさておいて、俺がチェンマイでお勧めするカオソーイの食べ方は、ずばり、


カオソーイの食べ歩き!


上記説明した様に、日本のお雑煮やカレーライス同様、作り手の出身地方や家庭の味が色濃く反映され、様々な味が楽しめるのがカオソーイの魅力の一つでもある。

しかも幸いにも、俺達日本人はカレー大好き民族。

味の違いこそあれ、カオソーイを食べて大きく外すことはあまりないと思う。


バンコクなんかだと、広さや距離、渋滞なんかの要因も重なり、次の店に移動するのに30分とか1時間かかる事もざら。

しかしチェンマイであれば、比較的狭いエリアであちこちの店を回れるメリットを生かして、ぜひとも「カオソーイ屋のハシゴ」をして、本場カオソーイの奥の深さを堪能して欲しい。


味に関する表現


ご存じの様に 俺のブログは、たとえ有名店であっても、不味い物は不味いとはっきり書く。

グルメブログであればタブーの様な、「不味い」の三文字も、俺のお笑いブログでは、全く問題無く使用出来る。


「不味いと思ったら書かなきゃいいじゃん」

と言う人もいるかもしれないが、世の中には「美味しい」情報があふれている。

それに比べて「不味い」情報は、何故か驚くほど少ない。(笑)


少なくとも俺のブログの読者の方々には、「楽しみにして食べに行ってガッカリ」、何て思いは出来るだけして欲しくない。

そんな訳で今回は、不味い店も含めて色々と紹介するので、読んでてつまらないエントリーも一部有るかとは思う。

しかし、ただ読んでて楽しいブログよりも、実際に生きた情報、役立つ情報を書くのが、俺のブログの真骨頂だ。


奥歯に物の詰まった様な表現はしないが、人それぞれの味覚には個人差がある。

まあその辺だけは理解しておいてくれ。


追加情報の掲載


尚、今回のシリーズでは、各店舗ごとの個別のエントリーを上げるので、将来再訪して味の変更やブレ等があれば、基本的にはそれぞれのエントリーに、追記と言う形で書いて行こうと思う。


それでは、「チェンマイ カオソーイ最強ガイド」のスタートだ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば
そして、タイの人々の為にも なるのなら、、、
byマシマシ


関連記事(チェンマイ カオソーイ最強ガイド) [今回のシリーズ] 
チェンマイ カオソーイ最強ガイド はじめに (当エントリー)
超有名店
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 超有名店「ラムドゥアン」
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 超有名店「サムージャイ」
イスラム系
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 「カオソーイ パーパイ」
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 「カオソーイ イスラム」
中心部
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 素朴な名店「ムアングレーン」
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 最近普通な「テン ルンルアン」
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 「カオソーイ ウアラーイ」
郊外店
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 郊外の名店「メージャンパー」
チェンマイ カオソーイ最強ガイド その他郊外店
第一位
チェンマイ カオソーイ最強ガイド 第一位「カオソーイ メーサイ」


関連記事(チェンライ B級グルメ最強ガイド) [前回のシリーズ]
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに

関連記事(カオソーイ@タイ北部)
カオソーイ@メーラノイ [Mae La Noi] 今回の旅行 最初のカオソーイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(4)】
タイ北部 お勧めカオソーイ 「メーナーイ」@メーテン[Mae Taeng] 【タイ北西部旅行 2016年1月(12)】
カオソーイ フエンファー [FUENG FAH]@チェンマイ 【タイ北西部旅行 2016年1月(15)】
チェンマイ おすすめカオソーイ 「テック ルンルアン」! 【タイ北西部旅行 2016年1月(16)】

関連記事(カオソーイ@バンコク)
「カオソーイ チェンマイ」 バンコク中心部なら ここが一押し!
場違いな店でカオソーイ@アソーク パックベーカリー『PAK BAKERY』
カオソーイ連食!『クンハーン』 Kuen Hang @フォーチュンタウン
カオソーイ「シップソーンパンナー」@シーロム 俺の苦手な有名店
コメント
この記事へのコメント
昨夜は、近所のタイ料理店で雑談、コックさんがチェンマイ出身なので、カオソーイが絶品、チェンマイで食べたものより美味しいとタイ語で伝えると、地味ににっこりと。まあ値段(1000円)は比べようがありませんが。当然ですが、有名なカオソーイ店はご存じ、まあ知り合いも多いようなので、比較コメントはありませんでしたが、ほかに地元民御用達しの店があるようで、次回チェンマイ訪問の際は教えて貰います。
さてさて明日の今頃は、チェンライでイエンタッフォかカオソーイか?
2016/11/01(火) 14:40 | URL | matsu #-[ 編集]
matsu 様
長旅お疲れさまでした。
チェンライはこじんまりしてて、いい街ですよねぇ。

>カオソーイが絶品
到着からいきなり絶品カオソーイとは、幸先がいいですね。
貴重なチェンライでの休暇、おもいっきり満喫して下さい!
うらやましい、、、、、
2016/11/01(火) 19:29 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/345-8c16c9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック