カオヤイ 「グランモンテ」 タイ ナンバーワンのワイナリー

ここでは、「カオヤイ 「グランモンテ」 タイ ナンバーワンのワイナリー」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.12.10 | 更新:2016.12.10
20161210_granmonte_1.jpg

カオヤイには、有名なワイナリーが2か所ある。

CP系列の「PBバレー」 [PB VALLEY] と、今回紹介する「グランモンテ」 [GranMonte] だ。


タイナンバーワン 「グランモンテ」 [GranMonte asoke valley]


「グランモンテ」は、カオヤイにある家族経営のワイナリー。

ワイナリーの場所(入口)
Google 座標 : 14.568827, 101.278496


メディア的には娘のニッキーさんが有名だが、ワインの味の方もタイ産としては中々の物。


「グランモンテ」のワインは、タイ産ワインの中では俺の最もお気に入り。

そんな訳で、タイトルにも勝手にナンバーワンと書かせてもらった。

特に「ヘリテージ」 [Heritage] のシラーとヴィオニア種のワインは、俺の様な平民には 味と値段のバランスが良く、タイ産ワインの中ではお勧めだ。

値段は大体 900バーツ前後。


「えっ?、まだそのワインの記事がないじゃん。」 という声もあるかとは思うが、そんな そこそこの値段で普通に美味しいワインを俺のブログで取り上げても、お笑いブログとしては面白くもなんともない。

このブログでは、300バーツ近辺の激安ワインの中から、ダイヤの原石を見つけるのが最優先だ。

ハズレ9割とも言われているが、、、(笑)


「グランモンテ」のワインに関しては、まあ そのうちと言うことで。


まとめ買いにワイナリーへ


20161210_granmonte_1_2.jpg

現地のワイナリーに直接行けば バンコクより安く買えるのかと思い、ダースで買うつもりで今回初めて行ってみた。


敷地内の店舗では、無料で色々なワインが試飲(テイスティング)できる。

20161210_granmonte_2.jpg
敷地内のワイン販売店舗

まあ俺の場合、車の運転もあるし 味も大体わかっているので、今更試飲はしなかった。


店舗内の表示価格を見る限り、ワインの値段はバンコク市内と全く同じ。


6本買えば5パーセント引きといわれたが、そんな程度だったら、バンコクで飲みたくなったときに毎回買った方がまし。

12本買っても、値引き率は推して知るべしだった。

バカらしいので、ワインを買うのはやめた。


多分、卸の顧客(セントラルグループ等)との契約などで、安くは売れないんじゃないだろうか。


ちなみにここのワイン、レートの関係もあるが、日本の通販の方がタイ国内より安く買える時も結構ある。

但し、大量にはタイに持ち帰れないけどね。


ワイン以外の商品も充実


20161210_granmonte_3.jpg

同じ店舗内には、ワイン以外にも、ここで開発された商品が色々と売られている。

手ぶらで帰るのも何なんで、はちみつとグレープジュースを買ってみた。

20161210_granmonte_hanny.jpg
はちみつ 175バーツ

このはちみつは、花の香りがして中々旨い。

無くなったらまた欲しいけど、バンコクでも売ってるのかな?


グレープジュースは、さすがワイナリー。

20161210_granmonte_grapejuice.jpg
6本 350バーツ

当たり前だが非常に美味しかった。

ちょっと俺の様な庶民には高いけど、、、


ゲストハウスやレストランもあり


同じ敷地の中には、レストランやゲストハウスもある。

20161210_granmonte_restaurant_1.jpg

20161210_granmonte_restaurant_2.jpg
レストラン 「Vinocotto」

中々いい雰囲気だ。


曜日によってはワイナリー内のツアーも行っているので、興味のある人は行ってみよう。


そして、ゲストハウス

あれっ、写真が無い。失礼!
「Gran Monte Guest House」

但しこの界隈は、夜になると陸の孤島で真っ暗闇。

足の無い人が泊まる時は、夜は(まあ昼もそうだが)相当不便だと言う事を覚悟しておこう。


グランモンテのホームページ


PBバレー ワイナリー


因みに「PBバレー ワイナリー」は、俺がPBのワインをあまり好きじゃないんで行かなかった。

レストランは、中々雰囲気がいいと評判だ。

料理の味は定かではないが。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
「カオヤイ」 気軽に行けるタイの軽井沢 その魅力と現実
チョクチャイファーム@カオヤイ 何故タイ人はここへ行くのか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/376-cc2870d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック