カオヤイで 唯一おすすめできるレストラン タイ料理「ペンラオス」

ここでは、「カオヤイで 唯一おすすめできるレストラン タイ料理「ペンラオス」」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2016.12.12 | 更新:2016.12.12
20161212_penlaos_1.jpg
「ペンラオス」 [Penlaos]

名前は「ラオス」となっているが、決してラオス料理の店ではない。(笑)

カオヤイで、俺が唯一お勧めできる普段使いのタイ料理レストランだ。


カオヤイでは 一番のおすすめ


一番のお勧めというか、カオヤイでは他に ろくな飯屋が無い。

しかも値段も高い。


高級店だけでなく、その辺の屋台に毛の生えた様な店でも、かなり割高な値段の所が多い。

しかも、たいがい不味い。


カオヤイに行くたびに、色々回って食ってみてはいるんだが、雰囲気はいいが味は今一みたいな所がほとんどだ。

特にホテルのレストランなんかは最悪。


「ペンラオス」 [Penlaos] お店の場所と営業時間


お店の場所は、、、カオヤイの自然の中の一本道沿い。

20161212_penlaos_2.jpg

当たり前だがランドマーク的な物は全く無いので、正確な場所は 座標を頼りに各自で確認して欲しい。

(お店の場所 Google 座標 : 14.543616, 101.334278)


営業時間 : 昼と夜
夜は閉まるのが異常に早い(20:00頃)ので注意


車をチャーターしている場合は、下記 お店の名刺をドライバーに見せるといいだろう。

20161212_penlaos_3.jpg

20161212_penlaos_4.jpg
お店の名刺


お店の雰囲気


お店は、オープンスペースの広いエリアと、一部 冷房が効いた室内エリアに分かれている。

20161212_penlaos_5.jpg
オープンスペースエリア

昼時は、外の暑さも考慮してか、優先的に室内席の方に通してくれる。


お客は 外国人観光客もいるが、基本 タイ人比率が非常に高い。

結構 金持ちそうなタイ人も多いが、まあカオヤイ自体がそうした人達が集まるエリアなので、当然と言えば当然か。


料理


カオヤイと言う物価の高い土地にもかかわらず、この店は、味も旨いし値段も良心的。

カオヤイでは非常に貴重な一軒だ。


タイ人には、特にトムセーブムー(辛酸っぱい豚肉入りスープ)が有名で一番人気らしい。


注文


この日は、無難な所で下記の様な注文を。

但し、前の晩 別の所でトムセーブを食ったばかりだったので、一番人気のメニューはパス。

20161212_penlaos_6.jpg
ソムタム

20161212_penlaos_7.jpg
ソムタムタイ

20161212_penlaos_8.jpg
ガイヤーン(鶏肉の炭火焼き)

20161212_penlaos_9.jpg
ナムトックムー(豚肉のハーブ和え)

それと、カオニャオ(もち米)と飲み物。



上記の様にオーソドックスな物ばかりの注文だったが、こういった物が一番味の差が出る。

味に関しては、どれを食べても非常に美味しく大満足。


特にカオヤイでは、毎回毎回 値段ばかり高く、見てくれはいいが味はクソみたいなところが多いので、ここで食べると本当にほっとする。

アットホームな雰囲気、美味しいタイ料理、手頃な値段、と三拍子そろったお手本の様な店。


バンコクでも こういった店、意外とないんだよなぁ。


お勘定


この日は上記の様な物を食べて、締めてお会計は 380バーツ。

安い!

もう全く文句なし。


一般的には、何処で食べても 高くて不味いカオヤイのレストラン。

B級グルメの俺にとって、この店は本当に救世主の様な店だ。



カオヤイで、この店以外で安くて美味しい物が食べたければ、カオヤイエリアを抜け出して 近場の町パクチョン辺りまで食べに行くしか、美味しい物にありつけるすべはないんじゃないだろうか。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
「カオヤイ」 気軽に行けるタイの軽井沢 その魅力と現実
チョクチャイファーム@カオヤイ 何故タイ人はここへ行くのか?
カオヤイ 「グランモンテ」 タイ ナンバーワンのワイナリー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/377-277725f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック