チェンライまで800キロ 車を運転して行ってみよう!

ここでは、「チェンライまで800キロ 車を運転して行ってみよう!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.01.18 | 更新:2017.01.18
まずは遅ればせながら、、、(汗)

皆様、新年あけましておめでとうございます。
今年も、今日からまた細々と「タイ関係のお笑いブログ」を書いて行きますので、宜しくお願いいたします。

さて、年末 締めのブログでは、「俺も正月はゆっくりしようかな」なんて書いたんだが、ゆっくりできたのはブログを書くのを休めた事位。
年末年始 実際には、日本から友人達が大挙して訪タイ、想像を絶する様なハードな毎日が続いた。
正月位、日本でゆっくりすればいいのに、、、
「そんなにいいんですか?タイランド。」
って感じだぜ、まったく。

そんなゴルフ・ピンクツアーの面々も、あらかた1月第一週の終り 8日の日曜日位までには全グループ帰国。
おれも本当の意味で、少しゆっくりする事に。

はじめは、南部の海でも行こうかなと思ったが、今年は洪水や天候不順・海のコンディションも芳しくなさそうだったので、南は諦めタイ北部に予定を変更。

そんな訳で、ちょっとチェンライ方面へ骨休めに行ってきた。
今回はいつも通り、自分で車を運転しての旅行だ。

今回の記事、タイで普段運転している人には、目新しい事は全く無いが、タイでの運転に不慣れな方が、今後 自走でチェンライ方面をを目指す事もあるかとは思うので、「タイでの長距離運転は いつも大体こんな感じ」 といった雰囲気だけでも、感じ取っていただければと思う。


バンコク出発時間


当初の予定では朝の5時に出発、明るいうちにチェンライ市内に入って宿を探す予定だったが、結果的には いつもの通りダラダラ出発。

前の日の酒が抜けきっていなかったと言うのもあるんだが、、、

まず朝一番に、バンコクのガソリンスタンドでガソリン満タン、ついでにタイヤの空気圧をチェック、自分で簡単な点検をして6時半頃にバンコク出発。

予定より1時間半の遅れだが、まあタイではオンスケジュールといったところか。(笑)


長距離運転時 出発前点検と注意事項


タイでは、一日で 500km以上を車で走って旅行に行く事も非常に多い。

因みに今回のバンコクからチェンライまでは、ざっと 800km。

出発前の安全点検は非常に大切だ。

タイにはJAFは無いからねぇ~。

人それぞれだが 今回は、俺の場合のチェックポイントを書いておく。

まずはガソリン

俺は必ず、出発前にガソリンを満タンにする。

理由は、給油するタイミングが判り易いからだ。

複数台の車で行く場合なども、全員満タンにして出発すると、一番タンクの小さい車に合わせて、その都度全車が給油すればいいので計算もしやすい。

タイヤの空気圧

タイでは、どういう訳か車のタイヤの空気が減るのが速い。

そんな訳で、空気圧のチェックは必須だ。

レンタカーや他人の車で 適正空気圧が不明な時は、ガソリン給油口のフタの裏や車のドア所に書いてあることが多いので見てみよう。


旅行に行く場合は荷物も多くなるので、全部の荷物を積み込んで、全員乗車した状態で、出発前に空気圧をチェックするのが理想。

特に北部の場合、バンコクなどの都心部との気温差もかなりある場所も多いので、現地到着後は、再度空気圧を確認すると完璧だ。


あと、タイヤの亀裂等のチェックも目で確認。

そのためにも、可能であれば前日までに洗車しておくことをお勧めする。

ライト等の確認

日本では、こんな事 一度もやった事は無いんだが、、、

しかしタイでは、きちんとした車検制度や定期点検が行われない事も多く、こういった関連の故障や整備不良は多く、それに起因する重大事故も非常に多い。

定期点検をきちんとしている車でも、油断は出来ない。

ここはタイだと言う事を忘れずに。


特に北部の長距離運転旅行では、夜間走行や霧の中での走行も多くなるので、出発前にライトやウインカーなどの点検は、一通りやっておいた方が無難。


後は最後に、車の周りを一回り。

異常がないかどうかを、自分の目でチェックしよう。


まあ、普通の車が普通に走っている日本の人には、ピンとこないとは思うが、、、


満タンでの走行距離と給油ポイント


用意も整って出発したら、後は運転・運転・ひたすら運転、前進あるのみ。

運転は勿論、細心の注意を払うが、それ以外に気を付けなければいけないのが、ガソリンの残量だ。

タイの場合 田舎に行くと、50Kmとか100Km近く、まともなガソリンスタンドが無い場合もあるので、給油のタイミングは常に頭の片隅においておこう。


ガソリンタンクの容量が少ない車(小型乗用車など)だと、通常タンクの容量は満タンで40L前後かな。

長距離だと普通の走り方で、走行可能な距離は500km台前半位かと。


チェンライに行く場合、使う車の種類や台数にもよるが、出来るだけ効率よく給油したいので、俺の場合「ウッタラディット」(ピサヌロークの北に隣接する県)のPTT [ポートートー] (タイで一番メジャーな石油会社)のガソリンスタンドで給油する事が多い。

ウッタラディットのPTTガソリンスタンド
場所 google 座標 17.596568,100.127283

バンコク スクムビット地区からだと、丁度 500 km 位の所にある。
 
このガソリンスタンドは、E20やE85といったエタノール混合比率の高い、地方では取扱いの少ない特殊なガソリンもあるので、バンコクからチェンライ方面へ車で行く場合、途中のガソリンスタンドとしては車種を問わずお勧めだ。

バンコクを満タンで出発後 ここで給油をすれば、後はチェンライまで無給油で到着できるので、到着後、各自の行動に合わせて再度現地でガソリンを入れると丁度いい。


ナビの設定と経路


タイの地方旅行では、時としてナビ通りの道で行こうとすると、笑えない程ひどい目に合う事もたまにある。(笑)

タイ北部旅行 バンコクからメーホンソーンへの地獄の道! 【タイ北西部旅行 2016年1月(1)】

バンコク - チェンライ間の経路に関しては、基本的にはGoogle Map のナビ通りで全く問題ない。


運転手の交代


運転手の疲労は、その人のコンディションや車の種類・運転する時間帯などによっても大きく変わってくる。

長距離運転で同乗者が運転できる場合は、疲れた時に30分とか1時間とか、短時間でもいいから少し運転を変わってもらうだけでも、安全運転の度合いがぐっと高まる。


とにかく一番大事なのは、絶対無理をしない事。

ちょっとでも眠くなったら、疲れたら、すぐに休む!

ヘタレな男に徹しよう。


「無理をしない勇気」


タイでの長距離運転では、これが何より一番大切だ。


チェンライまでの所用時間


昔であればバンコクからチェンライまでは、自走であれば ちょっと頑張って8時間位で到着した。

しかし最近では、速度取締のカメラもあり工事も多く、あまりスピードも出せない。


そんな訳で最近は、比較的 「ナビ通りの時間 + 食事や休憩時間 + あーだこーだ」 と言った感じで、尺取虫の様に進む事も多く、11-12 時間位かかる事が多い。

今回もなんと全体で12時間以上もかかってしまい、夜の7時頃にチェンライ到着。

当然辺りは真っ暗。

長距離運転の後、こういった時間に目的地に着いた場合は、無理して市内のホテルを探すより、郊外の宿に取り敢えず一泊し、翌日日中に市内のホテルへ移動するのがお勧めだ。


チェンライでの格安ホテル


ホテルは取っていなかったので、初日はチェンライ郊外のホテルに寝るだけ宿泊。

今回は 一泊 600バーツ。

市の中心部からは離れており、車が無いと絶対利用不可能な場所だが、シャワーも勿論温水で部屋も結構広くて綺麗。

FREE Wi-Fi も当然あった。


この時期チェンライはハイシーズン、市内のホテルは比較的高めの値段設定になるが、街から一歩はずれると、こういった安い値段のホテルもまだまだ多い。

車だと、こういった割安なホテルに泊まれるのもメリットかな。

まあ車じゃないと利用不可能な場所が多いので、客はタイ人ばかりだが。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ


関連記事
チェンライ・チェンマイ旅行記 (2016年5月)
全17エントリー
そうだ、チェンライへ行こう! 心と体の休暇

チェンライB級グルメ 最強ガイド!
全14エントリー
チェンライ B級グルメ最強ガイド はじめに
コメント
この記事へのコメント
タイの地方、どこがおすすめですか?

自分も色々と行きましたが、どこも風景が似たり寄ったりで。街の中心にテスコとセントラルがあって、みたいな。そして、寺があって、川があって。

それと、長距離移動すると田舎の方は、交通ルールに独自ルールがあったりして?140キロくらいで逆走&爆走してるピックアップがいたりして、今は怖くて南はフアヒン、パタやまで、北はサラブリーくらいまでと、ほとんど長距離移動しなくなりましたね。交通マナー、バンコクもひどいですが、田舎も結構ひどいですよね。まあ、教育されてないだけ、なんでしょうが。
2017/01/18(水) 12:43 | URL | kawasaki #195Lvy4Y[ 編集]
マシマシさん、こんにちは。

去年と同じ日のスタートですね。
今年も楽しく拝見させていただきます。

ところで、今日の車の点検について。
本当にその通りだと思います。
特に忘れがちな「タイヤの点検」。
昔、信頼するディーラーの営業マンに、「どんなスーパーカーでも皆同じようにタイヤ4本で走り、曲がり、止まります。だから、タイヤはとても大切なんですよー」と教わりました。
それ以来、特に空気圧には気を付けております。
マシマシさんのアドバイスは、タイヤに限らず、大切なポイントを押さえていてまったく同感です。
そして。長距離ドライブの要点も。
まだ、最高で1日360㎞くらいしか走ったことがないので、とても参考になりました。ありがとうございます!!
2017/01/18(水) 12:56 | URL | るぼの #-[ 編集]
kawasaki様
コメントありがとうございます。

> タイの地方、どこがおすすめですか?
これは、、、永遠の課題ですかね。
結論が出た時には、自分もバンコクにはいないかもしれません。(笑)
北部だと、ブログに書くのはチェンマイやチェンライなどが多いんですが、基本自然やのんびりしたところが好きなんで、実際には結構小さな町を点々としたりしています。
本当に何もないですけど、食事は中華系が多くて意外と美味しいんですよ。

>交通マナー、
おっしゃる通り、教育が全てだと思います。
地域差別をするわけではないですが、東部や東北部の長距離運転では、本当に用事が無ければ来たくないなぁと思う位危ないと思います。
具体的にはパクチョンから奥の方の東北部や、東部だと昔の359方面など。
住んでいる方には申し訳ないですが。
2017/01/18(水) 22:01 | URL | マシマシ #-[ 編集]
るぼの様
こんばんは。

> 去年と同じ日のスタートですね。
え~っ?本当ですか。
来年は、もう少し早いスタートを目指します。(笑)

> 車の点検
> 長距離ドライブの要点
るぼのさんもタイで運転されるようですので、わかっていただけたかと思いますが、日本の人が読んだら笑っちゃうのかもしれませんね。
かく言う自分も日本では、車のボンネットすら開けたことがありませんでした。
いわんや、タイヤの空気圧なんて夢のまた夢。
そんな訳で今回は、あえて書かせていただきました。

追伸
>1日360㎞
360km走れば十分タイでの運転上級者です!
2017/01/18(水) 22:20 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/390-8dd06ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック