「カオキッチャクット」 中途半端な心構えで行ってはいけない!

ここでは、「「カオキッチャクット」 中途半端な心構えで行ってはいけない!」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.01.27 | 更新:2017.01.28
20170125_khaokhitchakut_1.jpg

前回は、タイで名実ともにNo1のパワースポット 「カオキチャクート」 [Khao Khitchakut] の概要を書かせてもらった。

聖なる巨岩「カオキチャクット」 名実共にタイNo.1のパワースポット

前回のエントリーを読んだ人は、何か良さそうな所だなぁ、ふらっと行ってみようかなぁ、なんて思うかもしれない。


所がどっこい、期間中の特に人が集中する週末の夜間ともなると、人間の精神力が試されるがのごとくの、ハードな道のりが待っている。

「ふらっと気軽に」なんて、とんでもない話しだ!


今回は、直近で俺が実際に行った時の時系列を、備忘録の意味も含めて、出来るだけ正確に書いてみようと思う。
まあ、現時点では最新情報と思ってもらっていいだろう。
但し、記録違い・記憶違い・ボラレは、この「マシマシタイランド」の18番だ。(笑)
多少の誤記はご勘弁いただきたい。

それでは、「カオキチャクット」 バーチャルツアーのスタートだ!


  • 18:30
    土曜日の18:30、自走で同行タイ人達とバンコク出発。
    会社が終わってから行く人間が多く、いつも大体 金曜や土曜日・祝祭日前の この位の時間になる。
    19時前には絶対に出発しておきたい。(これに関しては後述)
    遅刻厳禁!

    出発してまずは高速に乗り、モーターウェイ経由でチャンタブリ方面へ。
    この辺の道のりは、チャン島へ遊びに行く時に いつも走っている、俺には走り慣れたコースだ。

    食事は、高速のサービスエリア若しくは、高速をおりて暫く走ると、立体交差の所に「Big C」や「テスコ ロータス」があるので、そこで食べるのがいいだろう。
    サクッと済ませる事を心掛けよう。
    街道沿いには、大した店は無い。

    夜道をひたすら走り、チャンタブリー県に入る。


  • 22:45
    カオキチャクット国立公園 [Khao Khitchakut National Park] の麓に到着。
    麓にあるお寺の近くに駐車。
    後で、仮眠に戻る場合もあるので、出来るだけ寺やソンテウ乗り場から近い所がお勧め。
    一回 50バーツ

    注意!
    週末は午前00:00-01:00時に到着する車が非常に多く、その時間帯は近隣は大渋滞。
    駐車場も満車になり、車が多くて止められない事も多い。
    出来るだけ23:00前後までには到着しておく様にしよう。

    但し、02:00頃には駐車場探しの渋滞は解消する。


  • 23:00-24:00
    タイ人同伴の場合、麓のお寺にある色々な所で 集金 お参り(タンブン)。
    4-5ヵ所以上回るタイ人が多い


  • 24:00
    登山口に上るピックアップトラックのチケットを購入

    チケットの番号は670番
    その時呼出番号は340番
    ざっと330番の待ち

    20170127_khaokhitchakut_2.jpg

    一時間後の午前1時すぎには、販売されるソンテウのチケット番号は1550番に到達!

    結局俺達は、乗れるまでに330番で約3時間半待った。
    1500番以降の人って、いったい何時間待つんだよ。

    飯を食って時間をつぶす人、ゴザ(自前やレンタル)をひいて待つ人、もう一度お参りに行く人などさまざま。
    運転手は、車に戻って仮眠推奨。
    順番が近くなったら、乗場にいるメンバーに電話で起こしてもらおう。


    その時の状況にもよるが、時間が許す人は、やっぱり平日に来た方がいいだろう。


  • 03:30
    ソンテウ1台目に乗車
    10分位で上の第一中継地点へ。

    再度ダッシュで、2回目のソンテウチケット購入50バーツ
    2回目はそんなに待たない

    再度ソンテウ
    2回目はかなり急な登坂
    スリル満点
    また10分位乗車


  • 03:50
    登山口に到着。
    暗い山道を、、、歩く 歩く

    20170127_khaokhitchakut_3.jpg
    とにかく歩いて登っていく。
    道が狭く、登と下りの人は行きかう所は大渋滞。

    タイ人同行の場合、山道の途中何カ所かにも お参り(タンブン)ポイントがあり、そのたびに寄る事になる。
    お参りのたびに靴を脱ぐので、巨岩の所に着く前に靴下は真っ黒。
    靴も真っ黒。

    「ちょっと登っては停まって」の繰り返しが多く、時間はかかるが、登山自体は体力的にはそんなにきつくない。
    年配の方も、頑張って登っている。
    有料で、タンカみたいなやつで担いでもらって登れるサービスも有る。

    登山道途中には、仮眠するところもあるにはあるが、、、ここもすごい人。
    朝日が丁度昇る頃に巨岩に到着したい人は、ここで時間調整をする様だ。


  • 05:00
    目的の巨岩に到着
    前回も書いたが、岩の周りは屋外だが土足禁止。
    当然靴下も土だらけになる。

    20170127_khaokhitchakut_4.jpg
    岩の近くでお参り (総入れ替え制)
    まあ、ラーメン二郎の神保町みたいな感じかな。(←つまらん!)

    お参りをしたり岩の写真を撮ったりして30分程滞在。
    前回も書いたが、ここにある仏陀の足跡は、いつも花やお供え物が多く、俺は今まで 一度も見れたことはない。


  • 05:30
    さらに奥へ。
    巨岩の所を後にして、最終目的地「パーデン」(赤い布)へ向かう。

    但し「パーデン」へは向かわず、巨岩の所で帰ってしまうタイ人も多い。


  • 07:00
    「パー デン」へ到着。
    赤い布に願いを書いて その辺に結び付け、速攻で終了。
    下山の徒につく。

    帰りに道は、途中のカップ麺売り場から右へ折れるショートカットの道がある。
    この道は灯りがあまりないので、夜間に下山する場合はライトが必要。
    このショートカットの道を選択した場合は、さっきの巨岩の所は通らない。
    若しくは、元来た道で下山。


  • 08:00
    麓へ戻るソンテウ乗り場へ。
    1回目の下山ソンテウは、相変わらずスリル満点。
    富士急ハイランドも真っ青だ。
    動画もあるんだが、アップの仕方がよくわからないので割愛。(笑)
    帰りのソンテウは、2回共そんなに待たない。

  • 08:30
    下山。
    お寺の周りでは、トイレやシャワーも全て無料。
    無料の食事や仮眠場所もある。

    敷地内のタイ飯屋で食事。
    運転手は満腹だと眠くなるので、あまり食べない事。


  • 09:00
    出発、バンコクへの帰路に就く。
    運転手(俺)は、すでにヘロヘロ。(笑)

    日曜日だったので、高速に乗る前に少し渋滞。


  • 13:00
    バンコク到着。
    往復丁度500km位。
    運転手マシマシ倒れる?(笑)


バンコクを出たのが、前日の夕方18:30だから、ざっと18時間ちょっとと言った所か。
ハッキリ言って、メチャクチャ疲れる。(特に運転手は)


総括


上記の様に、特にタイ人と一緒だと、お参り(タンブン)が多くなり かなり時間がかかる。
基本的には観光地と言うよりも、神聖な宗教的な場所なので、それに関してとやかく言う訳にはいかない。

一番のネックは、登りの「乗り合いトラック」の待ち時間だろう。
日によって(週末や祝祭日など)は、 3時間待ちとか6時間待ちとか、時にはそれ以上!
本当に気が遠くなる。
以前平日に行って、ほとんど待たなかった事もあるが、こればっかりは何とも言えない。

麓での お参りに要する時間と待ち人数にもよるが、本来であれば、麓でのお参りの前にチケットを買ってしまうのが賢明だと思う。しかし何故かタイ人には、こういった計算に弱い奴が多いんだよなぁ。(笑)
やはり観光ではないので、時間的な効率よりも お参り(タンブン)重視といったところなんだろうか。


全体の旅程を考えると、体力的にも精神的にも かなりハードな道のりだ。
バンコクに戻った直後は 「もう二度ごめんだ」 なんて思うんだが、反面不思議な達成感もあり、しばらくすると また訪れてみたくなる不思議な場所でもある。


「カオキチャクット」 我こそはと思う方は ぜひ!



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
どうも。2ヶ月?だけというのは、乾季の雨が降らない季節だけなんでしょうかね?雨季は道が泥濘んで危険だから?

しかし、マシマシさんのブログを見てお腹いっぱいになったので、行かなそうです(笑)
日本人の他ブログの旅行記でもほぼマシマシさんと同様の記述がありましたので、本当にきつそうですね。
2017/01/27(金) 12:08 | URL | kawasaki #6GgKOieI[ 編集]
kawasaki様
コメントありがとうございます。
バーチャルツアーにご参加いただき、ありがとうございました。

>雨季は道が泥濘んで危険だから?
一部急な所もあり、雨が降ると土の階段が消滅して登れないと思います。
そんな訳で期間中でも、天候不順が続くと一時的に閉山になる事もあります。

>行かなそうです(笑)
タイにいると、いつかは付き合いで 行かなければならない時が来るかもしれません。
そんな時は、今回のエントリーを思い出して腹をくくってください。(笑)
2017/01/27(金) 16:54 | URL | マシマシ #-[ 編集]
私が行った時
登山口に上るピックアップトラックのチケットを購入して待っていると
番号が放送されても
食事とかタンブンで居ないグループが多いみたいで
そうゆうのを見計らって横取りで乗ってしまいました
チケット番号が違っても乗せれれば金になるので気にしないみたいでした
ツアーを企画したタイ人もなれていたんでしょうね

帰りもどこかのお寺によってタンブンでした
みやげに買った胡椒が良かったです
2017/01/28(土) 00:04 | URL | ナッチャン #-[ 編集]
ナッチャンさん
おはようございます。
追加情報ありがとうございました。

>乗ってしまいました
11人もいたのに、さすがですねぇ。

>ツアーを企画したタイ人もなれていたんでしょうね
自分が一緒に行くタイ人は、どんくさいのが多いのかもしれません。
個人的には、あれ(薄い紙)で何とかならないもんかと思うんですが、何分場所が場所(お寺)なんで、口には出さないようにしています。(笑)
2017/01/28(土) 11:03 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/396-b0f52c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック