初めてのイミグレーション@チェーンワタナ 基本情報と行き方

ここでは、「初めてのイミグレーション@チェーンワタナ 基本情報と行き方」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.02.01 | 更新:2017.02.05
さてと、前回は俺の知り合いKさんの、リタイアメントビザに同行した話しをかかせてもらった。

リタイアメントビザの更新@バンコク 10年B300万の新制度とTM30は?


今回はそれに付随して、チェーンワタナのイミグレーションに関して、初めて行く人が知っておいた方がいい事を 具体的に書いてみたい。

俺が普段ブログを書く時は、ついついタイ在住者や行った事のある人の目線から書いてしまう事が多いので、今回はその辺を考慮して、出来るだけ まだ行った事が無い人にも判り易く書いて行こうと思う。

そんな訳で今回は、イミグレに何回も行っている人は飛ばしてくれていいだろう。


チェーンワタナ イミグレーションの場所


まずは基本的な事で、チェーンワッタナのイミグレの場所について。


バンコクの北、ドンムアン空港の近くにある「タイ王国政府総合庁舎」 [Gvernment Complex] という、広大な施設の中にある。

住所的には、「チェーンワッタナ ソイ7」 [Chaeng Watthana Soi 7]


読んでの通りの「総合庁舎」、政府のあらゆる機関が入っている施設なので、イミグレのビルだけがポツンとあるわけではない。

その巨大な敷地の中にある、政府総合庁舎B棟 [B Building] というビルの2階に、目指すイミグレーションはある。

20170201_immigration_1.jpg
B棟の巨大な中央ホール(吹き抜け)

上記写真からも見て取れるように、B棟 [B Building] 自体も巨大なビルであり、何カ所も入り口があるので、イミグレに一番近い入り口(南側の出入り口)のピンポイントの座標を貼っておく。

[ B棟南入り口 Google座標 : 13.879868, 100.564425 ]


広大な敷地なので、変な所でタクシーを降りたりすると大変な事になるので注意が必要だ。


主な行き方


一般的な行き方は、大体下記の4つだろう。

  1. 電車(BTS,MRT) + バス + バイタク

  2. 電車(BTS,MRT) + タクシー

  3. 家からタクシー

  4. 自走(若しくは知り合いの車でなど)

以上を、状況に応じて使い分ける様になると思う。


初心者にお勧めの行き方


初めて行く方は、絶対に3.か4.をお勧めする。(90日レポートなどの時は除く)

理由は、判り易いからではない。


以前のエントリーでも書いたが、最近はイミグレも来訪者の服装にうるさい。

と言うか以前は、あまりにも失礼な服装で来る外国人が多すぎた。


規則だからと言うばかりではなく、審査官と相対で接する事になるので、相手に対しての最低限の礼儀でもある。

俺も必ず、カジュアルではあっても、ワイシャツ・チノパン・革靴といった様な恰好でいく様にしている。


しかし、忘れてはいけないのは、タイは常夏・激暑の国、そして年の半分は雨季、時には容赦ないスコールも。

  • 電車を降りて、タクシーを待つ間に汗だく。

  • バスを降りて、バイクタクシー乗り場を探して、また汗だく。

  • 急な大雨でタクシーが捕まらない。

  • おまけにズブ濡れ、靴もビチャビチャ。

タイではこんな事が日常茶飯事だ。


せっかく きちんとした服装で家を出ても、着いたときにはもう 「汗だく」 「びしょびしょ」 「ボロボロ」 の状態では、相手に対する印象も悪いし、自分自身も集中できない。

特にビザ関係の審査面談は、「タイに住む以上 一番重要な日」 と言っても過言ではない。

そんな時に、わずかな額の交通費をケチるのは 絶対にやめておこう。


90日レポートは どの手段で行っても問題なし


但し90日レポートは、審査と言うよりは 窓口での簡単な書類提出だけなので、バスなどの安い方法で行くのも全く問題ない。


「90日はインターネットで出来るじゃないか、お前 さんざんブログで書いただろ!」

と言われそうだが、ハイその通り。

しか~し 最近では、イミグレの90日申請のページは、ず~っとアクセス不可のまま。(笑)

(「けんたろうさん」 情報ありがとうございま~す)


まあ、ラッキーでつながった人もいるのかもしれないが,少なくとも俺は状況確認の為、ここ10日位不定期でアクセスを試みているが全くダメ。

この国は「アメージング タイランド」である事をお忘れなく。


それでは次に、それぞれの方法での行き方を説明する。

因みにバスでの行き方は、先人の方たちが色々書いてくれているので、ここでは割愛。


タクシーでの行き方


チェーンワッタナのイミグレーション、英語での正式名称は、

「Government Complex Immigration Division 1」

但しバンコクでこんな英語、ローカルの移動時にはクソの役にも立たない。


タクシーなどで行く人は、前出の総合庁舎の住所 「チェーンワタナ ソイ チェッ」 [Chaeng Wattana Soi 7] と共に、下記のタイ語だけは覚えておこう。

  • 政府総合庁舎 : 「スーン ラチャカーン」

  • イミグレーション : 「トーモー」

  • B棟 : 「アーカーン B」


今回のエントリーを読む方は、俺と同じ様に、タイ語はあまり得意ではない ピンク帯の人が多いと思う。

タクシーの運ちゃんに目的地を言う時は、まあ簡単に 「トーモー、チェーンワッタナ Soi 7」 でいいと思う。


これだけ言っても通じなければ、素直に違うタクシーを捕まえるか、配車アプリで上記の座標の所に、ピンポイントで行ってもらう方がいいだろう。

【ALL THAI TAXI】全車新車のプリウス。アプリを使って乗ってみた。
徹底比較 [ALL THAI TAXI] VS [GRAB TAXI]。配車サービスの軍配は?


出発地がバンコク中心部やスクムビット日本人エリア辺りからであれば、朝のラッシュの時でも、高速を使って行けば、1時間i以内には大体着く。

但し朝の8時とか、ラッシュのど真ん中の時間に出る様な アホな真似だけはやめておこう。


タクシー代は大体200前半から300バーツ位、高速代は乗る所にもよるが 60バーツ(50+10) 位だ。

高速道路利用を強く推奨。

到着時は、B棟の南側入り口(前出座標の所)で降ろしてもらおう。


車で行く場合の道順


車で行く場合は、あくまでも俺の場合の行き方で説明しておく。

上記と同じく、バンコク中心部やスクムビット日本人エリア辺りからの出発として書く。


まずは近場の高速乗り口から高速に乗って、北へ向かってチェーンワタナ方面へ。

注:ドンムアン空港へ向かうトールウエイ経由の道は使わない。
「高速代が高いから」と言う 非常にセコイ理由からだが。(笑)
もう一本西側の、北に延びる高速を使う。


高速を [Exit 2-11,Chaeng Watthana Road] で降りて「Lak Si」方面へ。

詳しく予習をしたい人は、[ 13.893342, 100.541098 ] が降り口付近の座標なので、Googleのストリートビューでバーチャル運転しておこう。


後はまっすぐ、ラッシュの中を潜り抜け一般道をイミグレビルへと向かう。

まっすぐ行くと政府総合庁舎が見えてくるので、陸橋の側道か陸橋を超えてUターンして敷地内に入る。


ラッシュ時とは言っても この一般道区間、朝のラッシュ時には政府総合庁舎迄、側道からの合流を規制しているので意外とスムーズ。

さすがは政府総合庁舎パワーと行った所か。


屋内駐車場と青空駐車


イミグレーションのあるB棟には屋内駐車場がある。

しかしこれが何と、案内版がオールタイ語。

係員も少なく、タイ語文盲の俺には非常にハードルが高い。


そんな訳で 面倒なんで、いつも俺は 建物周りの道に屋外路駐。

周りの道路沿いに駐車スペースの印も有るが 非常に少ないので、車の往来の邪魔にならなければ、道路の路肩に停めても敷地内なので問題ない。


B棟隣接の屋内駐車場


今回Kさんと行った時は「タニヤのT子」が運転手、屋内駐車場に停める事が出来たので、その時の流れをざっと書いておく。


駐車場建物の西側の入り口から駐車場ビルに入る。

「一般車は4階へ」と言う案内板(タイ語)に従って4階へ。

車で4階まで上るも、さらに 「こっちは関係者用」 「一般車はこっちへ止めろ」 みたいな案内版が、全部タイ語で書いてある。

その案内板に従って、4階の一般用駐車スペースに駐車。

20170201_immigration_2.jpg
駐車した場所の写メを忘れずに!

その後、渡り廊下を歩いて本館(B棟)へ行く。


こちらのリンクに、B棟内案内図と駐車場ビルと渡り廊下などの平面図がある。

イミグレーションのインフォメーションページ (外部リンク)


館内のイミグレーション入り口


B棟館内へ入ったら、イミグレーションの入り口を目指そう。

20170201_immigration_3_2.jpg
入り口は以外と小さい(笑)

前出、建物の南側の入り口から入ると、すぐにここが目に入ってくる。


20170201_immigration_4.jpg
ここから先は 皆さんの運と実力次第だ!

検討を祈る。


帰りの交通手段


行きはタクシーで行った人も、帰りは何でもお好きな方法で。

タクシーでもバイタクでも、バスでも歩きでも!(笑)


但し帰りの時間が夕方5時前後にならない様に、逆算して予定を立てないと、マジで えらい目に合うので注意が必要だ。

バンコクの渋滞をなめてはいけない、、、



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
丁寧に案内され慣れない御仁は助かります。もうチェンワターナー変わってからニューカマーア達を相変わらず
案内してます。一度行くと自身がつき
得意になって友人達をガイドしているようです。それもそうですが物価上昇や年金問題でタイでロングステイが難しくなっております。従って
本当に来れる人が減少しており
他の会が昨年末で解散しました。
ご苦労様ですがどうぞご案内を続けていただければ助かります。
2017/02/01(水) 10:19 | URL | 福岡 #-[ 編集]
福岡様
コメントありがとうございます。

>物価上昇や年金問題でタイでロングステイが難しくなっております。
「昔はよかった」の一言で片づけるのは簡単ですが、直面する方には切実な問題だと思います。
半面、タイの人たちにも豊かになる権利はあるので、難しい所だと思います。

>ご案内を続けていただければ助かります。
こんなブログですが、たまにご笑読いただければ幸いです。
2017/02/01(水) 21:52 | URL | マシマシ #-[ 編集]
渋滞を避けるならモチットかチャトチャックまで行ってタクシーのほうが時間が確実です。
そこからタクシーがいくらでもあります。
目的地までは110B位、無論高速は利用不要。

問題は帰りで、タクシーが少ないです。でもバイタクがあって、大通りまで20bです。「パクソイ」でOK。
しかしそこから通りを渡り、タクシーを拾いますがUターンばかりの逆コースで140Bはかかりますね。
通りを渡らず高速(20B)経由でも同じ位。

とにかくここは外国人罰ゲームのような立地です。


2017/02/03(金) 02:53 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
けんたろう様
おはようございます。

まあ後は皆さん人それぞれで、出発する場所と時間・天気・電車の混雑具合・目的・金銭的な考え方・スケジュール・同行者などなど、置かれている環境に応じて、自分に合った行き方を選択してもらえればと思います。

追記:イミグレサイト90日オンライン、今日も順調にダウン中!
2017/02/03(金) 13:20 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/398-50cb7502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック