「ピーチ」[Peach] MM989便 沖縄(OKA)-バンコク(BKK) 最新搭乗記

ここでは、「「ピーチ」[Peach] MM989便 沖縄(OKA)-バンコク(BKK) 最新搭乗記」 に関する記事を紹介しています。
投稿:2017.03.27 | 更新:2017.03.28
今回読者の方から、ピーチ「沖縄-バンコク」便及び、国内線LCCの沖縄行き搭乗時の最新情報をいただいたので、本日のブログで公開させていただきます。


「おいマシマシ、その前に何か言う事あるだろ!」
と言われる方も、一部いらっしゃるかと、、、
おっしゃる通りです。(汗)

「ずっとサボっててごめんなさい、、、」


「ピーチ」 沖縄-バンコク便 詳細


まずは、いただいた情報を転記する前に、「ピーチ」 沖縄-バンコク便の簡単な概要を。

航空会社 : ピーチ・アビエーション (Peach Aviation)
航空会社コード : MM

  • 沖縄(那覇)- バンコク(スワンナプーム)
    便名 : MM989
    沖縄発 : 午後 22:00前後
    バンコク(スワンナプーム)到着 : :翌日00:30前後

  • バンコク(スワンナプーム)- 沖縄(那覇)
    便名 : MM990
    バンコク(スワンナプーム)出発 : 深夜 01:30前後
    沖縄 到着 : 午前 08:00前後

*時期や曜日によって発着時間が30分前後ずれる為、時間表記に関しては「前後」と言う表現を使いました。

詳しい情報は、Peach AviationのHP (日本語) で。


「ピーチ」MM989 沖縄-バンコク 搭乗記


それでは、ご本人の許可もいただきましたので、今回頂いた その生々しい情報を一挙公開!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京からは成田発のバニラ(約9000円)で那覇に向かいました。ここからLCC地獄です。

成田第3Tは貨物区域の改装でセキュリティーなども狭く混んでいる。

最終人数が確認されるまでバスは発車しない。やっぱおくれる。

向かい偏西風のため3時間以上飛行しました。石垣まで行 くかのと思った。


那覇空港のLCCターミナルは成田3Tよりもっとひどい。

やはり貨物区域で真っ暗、全くの倉庫。LCC-Tから通常Tまでは一度一般道に出てから到着。

差別感満載で移動。


ピーチ スワンナ便。客は99%(たぶん)タイ人。倉庫で荷物の計量。

持ち込みと手荷物合計(両方計量される)で10kgまで。私はオーバー3キロ。

よってPCやら辞書やら重たいものをポケットやズボンに挟んで再計量。  パス。


そしてまたもやディレイ。それをアナウンスしない。タイ人達は床に座ってただ待つ。

(ベンチなどほとんどない) 頭にきてスタッフに事情説明求めたところ、

「では、数分後にアナウンス します」そのアナウンスが日本語と変な英語でした。

当然タイ人は理解できず。 50分遅れで到着。

タイに戻る時間が約4時間と楽だった事、出国スタンプがNAHAだったことが特記事項。


長々書きましたが、一言で言えば「家畜扱い」でした。輸出される牛みたいです。

ピーチBKK-OKA便早くも二度も欠航だしていて(当然返金なし)悪評です。


日程に余裕があればいいですが、そうでない場合は避けるべきかと。

でも近いうちにまた使っちゃうかもね


では。

--------------------------------------

Kさん、詳細情報ありがとうございました!


LCCのリスク


俺も最近は頻繁にLCCを使うが、その「リスク」に関しては、十分認識してチケットを買う様にしている。


ピーチの場合も先日、当日になって この沖縄路線に欠便を出した。

その時乗客は、空港で待たされた上に欠便だと言われたらしいが、、、

沖縄便なんて、リゾート旅行で行く人がほとんどなので、当然ホテルその他のキャンセルも発生するし、頑張って取った会社の休みも台無し。

個人旅行で計画を立ててた人たちは、もう目も当てられないだろう。

気の毒としか言いようがない。


安さとリスクのトレードオフ


しかしLCCの場合、人気がでそうな路線に格安値段で、果敢に挑戦してくる姿勢は評価に値すると思う。

さかのぼれば、エアアジアの「バンコク-札幌」路線なんかも、何か圧力で潰されてしまった感もあるが、、、

あの時も、俺も使おうと思ったが、もう少し就航が安定してからと思い、思いとどまって正解だった。

まあこれは、人それぞれの状況や時間的余裕などで色々変わってくるんだが。


LCC利用時の注意点 俺の場合


俺の場合 最近航空券を買う時に注意している点は、

  1. 乗継便は極力乗らない(レガシーでも)。

  2. LCCの新規路線は、不安定要素も多いので、スケジュールがタイトな時は使わない。

  3. タイ国内では、出来るだけ「Nok Air」は使わない。(優先順位最後)

なんて辺りを頭の隅に置いて、飛行機を利用する様にしている。


1. に関して、俺は人様に比べて、かなり飛行機の利用経験が多いので、乗継便では昔から、世界中で嫌と言うほど痛い目に合ってきた。

順調に乗り継げたとしても、疲れ方も直行便とは格段に違う。

そんな訳で、タイから日本に帰る便でも経由便は安くても極力避ける。


2. に関しては、まあ今回のブログで取り上げた通り。

でも、俺も読者のKさんと同意見で、「バンコク-沖縄」 路線なら、、、リスクを取りたい。(笑)


3. に関しては、タイに住んでいると、どうも「ノックエアー」の欠航や遅延、はたまたストライキのニュースなどが多くみられ、どうしても安定さに欠ける印象がぬぐえない。



まあそんな訳で、一長一短のあるLCCだが、その特性を理解して使えば、十分に利用価値はあると思う。

それぞれの置かれた立場や環境を考慮して、上手に使っていく様にしよう。



俺の知ってる些細なことが、誰かの役に立つならば、、、byマシマシ
コメント
この記事へのコメント
なんか自分で読んでてはずかしくなりました。55
沖縄LCC-TにもFreeWifiあるのですが、行きも帰りも全く使えませんでした。レガシー-Tはサクサクでした。
LCC-Tは必ずレガシー経由専用バスで移動ですので、レガシーで使うことをお勧めします。
2017/03/28(火) 17:39 | URL | けんたろう #fQXc4BfU[ 編集]
> なんか自分で読んでてはずかしくなりました。55

要は中身です!
生きた情報かどうかです!
上っ面ばかりの情報が蔓延する昨今、沖縄便を考えている人には極めて貴重な情報だと思います。
そんな訳で、久しぶりのブログエントリーに上げさせてもらいました。

他の読者の方々になり代わりまして、お礼申し上げます。
ありがとうございました!
2017/03/28(火) 22:12 | URL | マシマシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mashimashith.blog.fc2.com/tb.php/405-e107a636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック